スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッキョクグマが共食いする写真を、地球温暖化の警鐘にしてはならない

2009.12.11
  
テレビをつけると 「アース」(BBC製作)という映画を放送していました。
地球全体の環境や生物を扱う中で、シロクマが途中途中にクローズアップされるのを見て、ははんこれ伏線かなと思いましたが、案の定、エンディングは、シロクマがずっと北極の海を泳いでいく映像が流れ、北極海の氷が減ってシロクマがだんだん住めなくなっているほど地球温暖化が進んでいます という締めくくりになっていました。 2013.5.6
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ グリーンランド南部が草地になるまで地球温暖化は大丈夫!(鵜野日出男さんへ)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




2009年12月

■ ホッキョクグマが共食い始める 気候変動の影響で 2009.12.10 産経
 http://sankei.jp.msn.com/science/science/091210/scn0912101350002-n1.htm
米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。  11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。(ロイター)
ホッキョクグマが共食い始めるscn0912101350002-p1
11月20日、米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが
狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマも現れた。 写真はカナダのマニトバ州で(2009年ロイター)



C・W・ニコルさんだったでしょうか。
どなたか冒険家のエッセイを読んだときに、ある国(カナダ?ノルウェー?)では、北極海沿岸で外出する場合に、ライフル銃は必携のルールになっている とお書きになっていたように思います。

それは、ホッキョクグマとで出合ったときのためです。

ホッキョクグマは、臭覚で氷の下を泳ぐアザラシを見つけると言われるぐらい嗅覚が鋭く、かなり遠くにいてもホッキョクグマは人を見つけてしまう。そして、ずっと追って来る。

北極圏では、獲物に出会う可能性が少ない。

ホッキョクグマは、一度、見つけた獲物をどこまでも執念深く追い続ける。昼に引き離したと思っても、夜、テントで就寝していて襲われる。寝ている時に襲われるとどうしようもない。

だから、ホッキョクグマに出会ったら、どこかで銃撃して脅してあきらめさせるか、殺してしまうかしない。そうしないと、外出の道中がとても危険なものになる。
 
遠出する時に、C・W・ニコルさん(だったと思うのですが)は、規定どおりライフルを持たされたものの、撃たないで済むようにと願った… というような感じの場面があったような記憶があります。 

あと、ホッキョクグマの肝臓には濃厚にビタミンAが入っていて、クマをもしも食べる時なことになったときには、肝臓は避けなくてはならないそうで(イヌイットたちも肝臓は食べない)、食べて中毒し死亡する事件が時々ある… とかも書いてあったような。

そして、ムツゴロウさん(畑 正憲)だったかのエッセイで、シロクマは交尾する時に命がけ。共食いになりねないから、と読んだ気がします。


おぼろな記憶に頼って書いてきましたが、
こういう時には、wikiです。

wikiによれば、

出生時の仔の体重は1kg程度と、成獣に比べ非常に小さい。その後、2年ほど仔は親と行動を共にする。なお、仔の2頭に1頭は生後1年以内に死亡することが多く、この中にはホッキョクグマのオスの成獣に捕食される個体も多い。このため、子グマをつれたメスはオスをひどく怖がる。

とあります。


北極海は環境が変わってきているのかもしれません。

しかし、もとより、肉食性が強く(ふつう熊は雑食)、氷の下を泳ぐアザラシの臭いがわかる恐るべき臭覚と、執念深く獲物を追い続ける性質で、いままでもホッキョクグマの共食いはよくあることだったのに、ショッキングなホッキョクグマが共食いする写真を地球温暖化の警鐘に使うのは、それはフェアじゃないと思います。


この写真に「温暖化が騒がれる以前からホッキョクグマの共食いはあります」
と注意書きが付記されていなくてはフェアじゃないと思います。 
しかし、その注意書きはありません。印象操作!

このシロクマの共食い写真を見たときのショックは大きいです。
このショッキングさを、地球温暖化の危機感へとつなげることが目的でしょう。

地球温暖化の印象を広げるやり口に、反感を覚えます。

地球寒冷化の学説もしっかりあるのに、
こぞってマスコミは地球温暖化への危機だけを叫んでいます。


ちなみに、十勝は、昨年(2008年)12月に異例の零下20度となりました。
 ● 最新の家は、どの部屋も、トイレも風呂場もどこも、気持ちよく暖かい

おととし(2007年)の夏は寒くて作物が厳しかったです。

昨年(2008年)は3月間近になって零下20度になりました。
昨年(2008年)夏は、曇りと雨で圧倒的に日射が不足し、冷夏となりました。

体感では、寒冷化の印象です。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨年2009年の11月に、地球が温暖化していると主張する科学グループが
電子データーを改竄し、温暖化説に都合のいいグラフへ加工したことが内部告発され、COP15の前に問題化しました。

欧米では、当初は新聞テレビはあまり報道せず、ネットでまず広がりました。
それからマスコミが取り上げるようになりました。

クライメートゲート事件です。

そのあと、欧米のマスコミがさかんに記事に取り上げているのにも関わらず、日本のテレビと大手新聞社は、クライメートゲート事件を無視し ほとんど取り上げないままでした。

それを問題視して、池田信夫さんがネットで紹介し、日本のネットに広がりましたが、それでも日本のマスコミは、あとになって少し取り上げるかどうか程度でした。


日本のマスコミには、「地球温暖化」という先入観があります。
反対の意見を報道しようとしません。
地球寒冷化説があって、根拠を示し続けているにも関わらずです。


実際、太陽の黒点ゼロ期間が長く、太陽の活動が弱くなっています。
北極海の海面の夏の氷の面積が、ここ数年で30%増えています。(2009年当時)




  




   クライメートゲート事件 池田信夫
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ IPCCの「データ捏造」疑惑         池田信夫 blog 2009年11月22日
■ Climategate                  池田信夫 blog 2009年12月08日
■ 「クライメートゲート」事件が壊すマスメディアの情報独占 2009年12月9日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  日本の大手新聞が報道しない クライメートゲート事件
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 地球温暖化を疑問視、温室効果ガス削減支持者が減少 米国 CNN 2009.12.08
 科学史上最悪のスキャンダル?! "Climategate"  化学者のつぶやき 2009.12.7
■ 温暖化データねつ造疑惑 衝撃強く、欧米で大騒ぎ   J-CAST 2009/12/ 9
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スパコン予算と クライメートゲート事件の、大手新聞が報道しない事実 2009.12.10 青空と麦穂
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ほんとうに、地球温暖化なのでしょうか?
昨年(2008年)は、太陽の黒点がゼロが多く、太陽の活動が弱かったです。
北極海の氷面積が広がりました。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
太陽黒点がやっと出現:異例の「太陽活動低下」は今後どうなる?
http://wiredvision.jp/news/200909/2009092823.html WIRED VISION 2009年9月28日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
太陽黒点が約100年ぶりにゼロに。小氷期の始まりか? 国際情勢の分析と予測
<2008年9月05日 昨日は太陽黒点がゼロになっていることを書きましたが、今日は北極海の氷です。極端な地球温暖化論者は今年の夏は北極の氷が消失するかもしれないと予測していましたが、現実は昨年に比べ30%も増加しました。>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 太陽この100年で一番元気なし、黒点見えない日88% 2009.4.10 読売
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 海外研究:地球はミニ氷河期に突入か? 大紀元日本 2010.1.15 
   http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d11871.html
英紙「デイリーメール」10日の報道によると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の重要メンバーであるドイツ・キール大学ライプニッツ研究所は、太平洋および大西洋の水温自然循環の分析により、「地球ミニ氷河期説」を発表
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




■ 「クライメートゲート」事件が壊すマスメディアの情報独占  2009年12月09日
              池田信夫の「サイバーリバタリアン」

 暴かれた温暖化データ「改竄」の証拠

 コペンハーゲンで国連気候変動枠組条約会議(COP15)が開かれているが、それにタイミングを合わせたようにIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のメンバーの電子メールが大量にウェブで公表された。その中にデータの偽造を示すものがあり、ウォーターゲートにならって「クライメートゲート」事件と呼ばれて論議を呼んでいる。

 問題の電子メールは、イギリスのイースト・アングリア大学のサーバへの不正アクセスによって持ち出されたもので、11月17日に温暖化懐疑派サイトで公開され、世界中のメディアで取り上げられた。全部で1000通以上のメールがあるとされるが、特に問題になったのは次のような部分だ。  (中 略)

さらに問題なのは、日本のメディアの対応だ。この電子メールは、ニューヨーク・タイムズが 11月20日に取り上げるなど、その週のうちに世界の主要紙で報道されたが、日本の新聞もテレビもまったく報じなかった。
これは偶然とは思えないので、環境省記者クラブで何らかの申し合わせ(おそらく「違法な手段で公表された情報は報じない」といった協定)があったものと思われる。

 しかしウェブでは、日本でも私のブログなどで話題になり、「なぜマスメディアは取り上げないのか」という批判も多かった。
ようやく12月4日にIPCCが問題のメールの存在を認めてデータ改竄を否定する声明を発表すると、各社がそろってこの事件を小さく取り上げた。
欧米ではクライメートゲートをめぐって大論争が起きているが、日本ではそれも報じられない。

 事件発生から2週間、本人が事実を認めてから10日もたってから初めて、IPCC側の反論と一緒に報じるのは、いかにも「当局の発表」がないと自分の責任で報道できない日本のメディアの横並び意識をよく表わしている。
折からCOP15に合わせて、各社はそろって「人類の課題に取り組め」といった格調高い社説を掲げており、その根拠となっているIPCCのデータの信頼性を疑わせるデータは隠したかったのだろう。

ニューヨーク・タイムズやEconomistなどが、
否定的な情報も公平に伝えているのとは対照的だ。


 このように最初から結論が決まっていて「不都合な真実」を各社が申し合わせて隠す翼賛体質は、太平洋戦争の「大本営発表」の頃と変わらない。
ちょっと前なら、これだけ報道管制を敷いたら、事件の存在そのものが知られないで終わったかもしれないが、インターネット時代には国境の壁もマスメディアの権威もない。
今回の騒動でわかったのは、日本のジャーナリストが自分の頭で判断できず記者クラブで談合すること、しかしそういう「自主検閲」は、インターネット時代には無意味だということである。 以上引用








  太陽の黒点
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
太陽黒点がやっと出現:異例の「太陽活動低下」は今後どうなる?
http://wiredvision.jp/news/200909/2009092823.html WIRED VISION 2009年9月28日

■ きょう、あす放送NHK「SAVE THE FUTURE」―太陽黒点100年に1度の低水準 温暖化どころか「寒冷化」? Funny Restaurant

太陽黒点が約100年ぶりにゼロに。小氷期の始まりか? 国際情勢の分析と予測

2008年9月05日 昨日は太陽黒点がゼロになっていることを書きましたが、今日は北極海の氷です。極端な地球温暖化論者は今年の夏は北極の氷が消失するかもしれないと予測していましたが、現実は昨年に比べ30%も増加しました。


■ 太陽この100年で一番元気なし、黒点見えない日88% 2009.4.10 読売

 太陽の活動が過去100年間で最低の水準に落ちており、活動が活発な時に現れる「黒点」が今年はほとんど観測されていないことが、米航空宇宙局(NASA)などの調べでわかった。  地球の気候への影響が注目されるが、NASAは「地球温暖化の傾向を逆転させるほどの活動変化ではない」とみている。  黒点は、強い磁場のためにガスの対流が抑えられ、周辺より低温になって黒く見える現象。黒点の観測されない日数が、今年は4月9日までの99日間で87日(88%)となり、過去100年で最も多かった1913年の約85%を上回っている。昨年も366日のうち266日(73%)で、13年に次ぐ低水準だったが、その傾向が長期化している。  太陽活動は11年周期で変動していることが知られ、現在は活動の極小期にあたる。 NASAによると、前回の極小期の1996年に比べ、太陽の可視光の強さが0・02%、紫外線は6%それぞれ低下している。(2009年4月10日 読売新聞)











 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イギリスに約30年ぶりの大寒波襲来、国内全土が真っ白に GIGAZINE 2010. 1.8
   http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100108_deep_freeze_in_uk/

イギリスが30年ぶりの大寒波に襲われて国土全域が雪で覆われ真っ白になってしまったそうです。 もともと日本と比べて平均気温が低い国ですが国中が雪に埋もれるということはほとんど無く、イギリスとヨーロッパ大陸を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」もこの寒波が原因とみられる運行トラブルが頻発しています。(中略) イギリスに1981年から1982年以来の大寒波が襲来し、イギリス全土が真っ白な世界に変わってしまったそうです。最も寒いときでは気温がマイナス20度まで下がった 

イギリスに約30年ぶりの大寒波襲来、国内全土が真っ白に 以上引用




■ 白いグレートブリテン 大寒波襲来、地上では停電も 2010.1.13 朝日
■ 凍る英国 大寒波で大混乱   2010.1.9 産経 

英BBC放送によると、ドイツでは多くの地方で気温がマイナス10度を下回り、スウェーデン北部やノルウェーではマイナス40度を下回った。ポーランドでは、これまでに路上生活者122人が凍死した。







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ COP15: 気候変動第15回締約国会議 wikiより)

COPは、締約国会議(Conference of Parties)の略。COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて設置された会議で、年に一度、各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、同条約の成果について話し合う。2009年12月7日から18日までの2週間にわたり、デンマークの首都コペンハーゲンで行われる。会議の目的は、京都議定書に定めのない2013年以降の地球温暖化対策を決定し、各国の同意を求めること。世界190か国から1万人以上が参加し、98カ国からは首脳が出席。気温上昇2度以内の目標、2050年までの世界全体の排出量を50%減、先進国全体の排出量を80%減を目指す。日本は、1990年比で25%の削減を掲げている。小沢鋭仁環境大臣が出席。最終日には鳩山由紀夫首相も合流。






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 海外研究:地球はミニ氷河期に突入か?  
   http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d11871.html 大紀元日本 2010.1.15

【大紀元日本 1月15日】英紙「デイリーメール」10日の報道によると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の重要メンバーであるドイツ・キール大学ライプニッツ研究所は、太平洋および大西洋の水温自然循環の分析により、「地球ミニ氷河期説」を発表したという。

実際、コロラド州の米国家雪氷資料センターの数値によると、2007年より、北極は夏に海面氷結面積がすでに約106万平方キロ増加しており、増加率は26%にのぼったという。

「地球ミニ氷河期説」は、北極が2013年の夏までに、完璧に融けてしまう「地球温暖化説」と1900年から始まった地球温暖化は人類が排出した温室効果ガスが原因であるとのこれまでの認識を覆した。

 ライプニッツ研究所・研究チームを率いるラティフ氏は、海洋の寒さと暖かさの循環の始まる所、即ち地表下914メートルのところの海水温度の測定を発案し成功したと2008年に発表、地球が寒い成り行きに変わることを予測し、2009年のIPCC会議で同説の主張を繰り返した。

 ラティフ氏は、20世紀初頭及び1980年~2000年の地球温暖化をもたらした大部分の原因が海洋の寒さと暖かさの循環にあると指摘した。さらに、その循環は現在 逆の動きになっていることから、ここ数年のような寒冬と冷夏が現れたとした。この現象が長く続くとさらに、氷河が融け海水が上昇する現象は無くなり、地球温暖化に終止符が打たれ、気候も寒くなると示した。ラティフ氏は、この現象は今後20年間またはそれ以上にわたり続くと予測した。

 また、現在の寒冬現象は北極振動(Arctic oscillation、北極と北半球中緯度地域の気圧が逆の傾向で変動する現象のこと)によるものであっても、実質上、長期にわたる太平洋および大西洋の「数十年振動(multi-decadal oscillations、MDOs)」と深く関わっているとラティフ氏が指摘。

 これに対して、米ウィスコンシン大学大気科学組織責任者ティサンニス氏は、「数十年振動」は世界各地で同時に発生したことによって、地球気候は「温暖化」から「寒冷化」に変化し、20~30年後に再び逆転すると説明した。ティサンニス氏は、「数十年振動」は地球の気候を変え、20世紀と21世紀における地球気候変化の重大な要因の一つであるとラティフ氏に同調した。

【大紀元日本1月15日】英紙「デイリーメール」10日の報道によると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の重要メンバーであるドイツ・キール大学ライプニッツ研究所は、太平洋および大西洋の水温自然循環の分析により、「地球ミニ氷河期説」を発表したという。実際、コロラド州の米国家雪氷資料センターの数値によると、2007年より、北極は夏に海面氷結面積がすでに約106万平方キロ増加しており、増加率は26%にのぼったという。「地球ミニ氷河期説」は、北極が2013年の夏までに、完璧に融けてしまう「地球温暖化説」と1900年から始まった地球温暖化は人類が排出した温室効果ガスが原因であるとのこれまでの認識を覆した。

 ライプニッツ研究所・研究チームを率いるラティフ氏は、海洋の寒さと暖かさの循環の始まる所、即ち地表下914メートルのところの海水温度の測定を発案し成功したと2008年に発表、地球が寒い成り行きに変わることを予測し、2009年のIPCC会議で同説の主張を繰り返した。

 ラティフ氏は、20世紀初頭及び1980年~2000年の地球温暖化をもたらした大部分の原因が海洋の寒さと暖かさの循環にあると指摘した。さらに、その循環は現在逆の動きになっていることから、ここ数年のような寒冬と冷夏が現れたとした。この現象が長く続くとさらに、氷河が融け海水が上昇する現象は無くなり、地球温暖化に終止符が打たれ、気候も寒くなると示した。ラティフ氏は、この現象は今後20年間またはそれ以上にわたり続くと予測した。

 また、現在の寒冬現象は北極振動(Arctic oscillation、北極と北半球中緯度地域の気圧が逆の傾向で変動する現象のこと)によるものであっても、実質上、長期にわたる太平洋および大西洋の「数十年振動(multi-decadal oscillations、MDOs)」と深く関わっているとラティフ氏が指摘。

 これに対して、米ウィスコンシン大学大気科学組織責任者ティサンニス氏は、「数十年振動」は世界各地で同時に発生したことによって、地球気候は「温暖化」から「寒冷化」に変化し、20~30年後に再び逆転すると説明した。ティサンニス氏は、「数十年振動」は地球の気候を変え、20世紀と21世紀における地球気候変化の重大な要因の一つであるとラティフ氏に同調した。
(翻訳編集・豊山) 2010.1.15  大紀元日本より 以上引用









 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホッキョクグマが共食いする写真を、地球温暖化の警鐘にしてはならない
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
25年後、ヒマラヤ氷河消失説は「根拠なく 憶測で」と判明 英 サンデー・タイムズ 2010.1.20
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヒマラヤ氷河が2035年までに溶ける」の インド人科学者は匿名のまま     2010.1.20
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りとIPCC陳謝 国連が 見直し決定     2010.1.22
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「過去10年は史上最も暖かった」NASA説はダメ。 最低の平均気温は2008年! 2010.1.23
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地球温暖化を疑問視、温室効果ガス削減支持者が減少 米国 CNN     2010.1.23
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
菜の花沖の高田屋嘉平と鵜野日出男。 冬 暖かくして 人を健康に長寿に幸せに 2010.1.23
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グリーンランド南部が草地になるまで地球温暖化は大丈夫! (経験的知見) 2010.1.23
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スパコン予算と クライメートゲート事件の、大手新聞が報道しない事実
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 粘菌。物流経路の設計に応用可能   (そのもの青き衣をまといて金色の野に降りたつべし)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事
コメント
No title
いのさん、

本当にそうですよね。

私の住んでるフロリダは沖縄のように暖かいですが、
すっごく寒くなって、一時は43年ぶりに雪が降るかもと言われたくらいです。

なんでも温暖化に結びつけるのに疑問を感じます。

~与喜


2010/01/20(水) 10:57 | URL | 与喜 #ZJ.ph6nY[ 編集]
コメントありがとうございます!
.




与喜さん
コメントありがとうございます!


「フロリダが寒かった!」
を記事にしようかどうか目下、迷っている矢先でした(笑)

そのネタ元の記事は、こちらでした

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2684476/5196997

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2683268/5175691

あと、ついでにこちらも
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100119/scn1001192055002-n1.htm

ただ、ホキョクグマの写真で記事にしてしまったので
同じ内容になるか…と ためらい中です。




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 家族に結婚してもらいたくない人 2010.01.14
 http://ushrp.jugem.jp/?eid=217
53%の黒人が自分の生活がよくならないのは、自己責任だと言い、わずか3分の1が差別のせいだと言っているそうです。15年前までは、この結果の反対の意見が述べられていたのです!」というところに、感動しました。

 アメリカは、これからもますます発展しそうです!


.
2010/01/20(水) 12:54 | URL | いの #-[ 編集]
No title
いのさぁ~ん、

フロリダのキイは、アメリカの一番南に当たるところです。

私には、すっごくインパクトがある記事ですねぇ。

うちの周りでは、外に停めてあった車に霜が下りてて、

すっごくたまげて、

寒いのが嫌でフロリダに来たのに~ってブツブツ言っていた私でした。 (笑)


『「53%の黒人が自分の生活がよくならないのは、自己責任だと言い、わずか3分の1が差別のせいだと言っているそうです。15年前までは、この結果の反対の意見が述べられていたのです!」というところに、感動しました。 』

私もなんですよ。

だから、ついその記事を書きました。

そのインタービューを受けていた人も黒人で、私の好きなニュース・キャスターです。

彼が本当に興奮して嬉しそうに答えていたのがすっごく印象に残りました。

彼も黒人の未来が明るくなったきたって思ったんだと思います。

~与喜


2010/01/21(木) 12:07 | URL | 与喜 #ZJ.ph6nY[ 編集]
与喜さん コメントありがとうございます。
.


与喜さん
コメントありがとうございます。


フロリダは、アメリカの一番南…。
なるほど です。

アラスカが北は意識していましたが
フロリダは、南の象徴ですね。

太陽の照り輝く、南国。 ステキです。


.
2010/01/23(土) 08:07 | URL | いの #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/27(火) 23:42 | | #[ 編集]
No title
.




うああさん
コメントありがとうございます。



この記事、
きっと、海外の記事を購入しての
はりつけ記事なのではないかと思います。

もともとの作成元に対しての
苦情です。




ほかのい領域の記事で誠実なので
産経新聞は、わたし、応援しています!!!



.
2010/07/31(土) 23:47 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。