竹原信一は、市職員と市議の過重な人件費の財政を立て直せばそれでいい

.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ブログ市長の「切ない」思い    (日経ビジネス) 2009/03/26 (木) 井上 理 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ブログ市長」が語る食税族のアッパー待遇   2009.10.1 プレジデントロイター
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 実はたっぷりもらっている公務員のボーナス
 この不況時でも失業の不安なく、高額支給 JBpress 2009.12.16 木下 敏之
   http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2357
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ブログ市長」竹原氏が再選された阿久根市長選は行政改革の光明
   http://mojix.org/2009/06/03/blog_takehara    2009.06.03 モジックス
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根対立                 読売新聞 九州 
■ 由紀日記                 群馬県桐生市の 庭山由紀 市議会議員
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さるさる日記 - 阿久根時事報 竹原信一      2009年3月25日~
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



阿久根市の竹原信一市長さんのブログ記事に、
ちょっと電波な感じの?な記事が混じるのは、枝葉末節な事です。


大切なのは、阿久根市の財政の建て直しです。

「市職員の高給な人件費と、仕事のない市議を削らないことには、
阿久根市の財政は大変です。」
という問題意識を持っている竹原信一さんは、その点で抜群と思います。


大手新聞社が、
竹原信一市長を叩き始めました。

右翼の街宣車が60台、阿久根市に集結し、
大音量で街宣しました。


でも、そんなこともどうでもいいです。

適正なところまで、人件費を削って、
阿久根市の財政が、バランスを取り戻したならそれでいいです。

そして、市職員も、胸を張って、外の雑音を気にせずに
日々の仕事にいそしんだらいいです。



大切なのは、市議会の不信任決議を受け、
阿久根市民は、2度、竹原信一さんを直接選挙で市長に選んでいることです。

国民主権が、民主主義の 統治の原理です。
直接、市民から直接に選挙で、短期間に2度、選ばれたということで、
竹原信一さんには”正統性”があります。


正統性を無視して、市長が張っておくことと命じた掲示物を、
勝手にはがした市幹部。

市の職員が、市長の指示を守らないなら、市役所にはいれません。
市長は、住民から選ばれているからです。
その職員は、市役所を辞める覚悟で、掲示物を剥がしたのでしょう。


また、その正当性を無視して、地方の裁判所が下した判決も無意味です。

司法がまともな判断を下せていないのは、いま国民の悩むところです。
なので、法律のシロウトによる裁判員の制度が導入されているぐらいです。

竹原信一市長は、住民から選ばれています。
その意味がこの裁判官にはわかっていない…。

公約実現に関わる掲示物をはがし、反省せず、自治労に守られていることを誇示する市の幹部がいたのでは、公約実現が出来ないから、辞めていただいたのです。
ということが理解できない裁判官…。

それを竹原信一市長は、「裁判官も公務員だからわからない」と一喝しているのです。
それで、ブログ記事で、いろいろ問題記事をだし、裁判官の理解レベルを揶揄していたりしているわけです。
それが読めていない人は、狂人… としか思えないでしょう。


また、マスコミは、言葉狩りして辞職を煽っていますが、これもダメです。
マスコミのほうが、常識がないのです。

マスコミは、阿久根市の財政の問題を取り上げないまま、ただ言葉狩りにいそしんでいます。
マスコミは、阿久根市の問題の本質がわかっていません。


竹原信一さんが短期の2度の直接選挙で選ばれています。

竹原信一さんと、竹原信一さんが掲げる公約は、阿久根市で
正統性 レジティマシー Legitimacy があるとことが、マスコミは わからない…。

マスコミが、正統性を わかろうとしないのは、
自分が第一権力 という 勝手な 自負心があるからです。

しかし、それは違います。
国民は、マスコミなどに、主権は託していません。









お茶汲みで年収1千万とか、よく地方公務員のネタ話がありますが、
実際のところ、どうなのか私は知りません。

ただ、思うことは、早く財政状況に応じた給料水準にしていただいて、
そういう都市伝説的な待遇水準の与太話しがなくなり、
根拠のない、地方公務員バッシングがなくなるといいのに と思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

 タグ: 竹原信一 
.
.




  阿久根市職員の人件費は年間24億円です。
  阿久根市の税収は20億円ですよ。
  そういう状況で、前市長と市議会は職員の退職金を増額したんだから、
  デタラメもいいところです。  (竹原信一 阿久根市長)

■ さるさる日記 - 阿久根時事報 の 2009年3月13日(金)の記事 より引用 
























   リンク切れ、記事削除の備えて、自分用の資料

 リンク先のもと記事には、資料があります。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ブログ市長」が語る食税族のアッパー待遇   2009.10.1 プレジデントロイター
  「市の税収は20億円なのに、人件費だけで24億円が出ていく。公務員は泥棒だ」
   プレジデント 2009年5.4号 文:若林亜紀

ついに白日の下にさらされた。
鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市職員の全給与明細をネットで公開した。
賛否はともかく、現地から聞こえたのは「自分たちと全然違う」と嘆く市民の声だった。


 旅行三昧の市議団は「とんでもないバカ」

「市民の平均所得は約200万円、でも市職員の54%が年収700万円以上。市の税収は20億円なのに、人件費だけで24億円が出ていく。公務員は泥棒だ」

鹿児島県阿久根市に、こんな過激な発言を続ける市長がいる。竹原信一市長は、2008年8月に当選。議員の数や報酬を減らそうとして市議会に不信任決議を可決されたため、議会を解散させた。この3月の出直し市議選では、定数16人に23人が立候補。4人の新人を含む市長支持派の5人が上位を独占し、反市長派の前職のうち4人が議席を失った。ただし市長の不信任案再可決に必要な11議席を「反市長」派が占めている。

竹原市長の名を全国に知らしめたのは「ブログ」だ。自らのブログで「辞めさせたい市議アンケート」を実施。さらに2月には、市のホームページで07年度決算での全職員268人の給与を1円単位まで公表。これには大阪府の橋下徹知事が「納得できる」と賛意を示した。

阿久根市はJR鹿児島駅から電車で1時間半ほどのところにある。人口は2万4356人(09年1月末)。海辺の丘にぼんたん畑が広がる過疎の市である。

昨年度の歳入107億円のうち、市税は20億円。国から51億円、県から6億円をもらっている。それでも足りず、借金である市債を7億円も発行した。

庁舎は赤い壁が印象的な3階建て。2階に上がると、作業服のジャンパーを着た竹原市長が出迎えてくれた。背は高く、やや細身。書棚には拙著を含め公務員問題に関する本がずらり。

鹿児島弁交じりの朴訥とした口調で、市長になった経緯を話してくれた。

「仕事で役所にいくたび腹がたった。役人は、仕事はできない、能力低い、やる気なし。でも権力を持っている。あるとき、受注した市営住宅の建設図面がおかしいから『自分が住むならと考えてみろ』と言った。そうしたら、市の担当者は『俺は住まんから』とうそぶいたんだ。それで、反感もあって市長と役所についていろいろ調べ始めたら、知れば知るほどおかしいことだらけだった」

まずは「一人で暴動をおこすつもり」で、市長や市役所を糾弾するビラをつくった。バイクで配ってまわり、自分の車にも貼り付けて走った。建設会社にとって市役所は大口の客。親からは絶縁されかかった。それでも、徐々に賛同者が集まり、05年には市議選で当選した。


「議員になってみると、まわりの議員はとんでもなくバカだった」

憤るのは無理もない。
市議たちは「政務調査費」を使い、タイのアユタヤ遺跡や大分の別府温泉への「視察旅行」を繰り返していた。07年9月には領収書偽造の詐欺などの疑いで市議の一人が書類送検されている。この市議は今回の出直し選挙にも出馬したがあえなく落選した。


08年には市長選へ立ち、500票差で辛勝。

「ブログ市長」の異名はこのとき以来だ。選挙活動中にもブログの更新を続け、公職選挙法違反のおそれがあると警告を受けると、「総務省のほうがおかしい」と噛みついた。職員の給与公開もまっさきにブログで報告した。

「市の職員がこんなに厚遇とは知らなかった。もし『自分はがんばっているから文句を言われる筋合いはない』という職員がいるなら堂々と言えばいい。でも、誰も言ってこんよ」

鹿児島県統計協会がまとめた阿久根市民の年間所得推計は一人当たり186万9000円。市職員のボーナスにも届かない。給与構成は「逆ピラミッド型」。年功序列で誰でも昇給するうえ、若者の採用を少なくしているからだ。

とどめは退職金だ。06年度に退職した28人のうち15人は3000万円以上。市民の所得から考えるとばか高い。

「市内で新築のきれいな家は大方公務員の家。夫婦共稼ぎで、城のような家に住んでるのもいるわ」

給与や退職金の公開には一部から強い反発があったが、気にかけない。この4月には職員の大量降格を断行した。

「でも給料は下がらないんだよ。地方公務員法で、たとえ降格されても『人事管理の円滑な運営』のため給料は下げられない。公務員は二重三重に守られてる」

手腕は強硬だが、語り口は飄々としている。公務員の異常な世界に怒りを感じているのかと問うと、首をかしげた。

「怒りではない。うーん、ただ切ない」

そして、こう結んだ。

「市民のために働ける役所にしたい」


インタビューの前、筆者は市役所内をそれとなく見てまわった。
なるほど、身を乗り出して向かいの席の男性とおしゃべりに興じる市民課の女性職員、片肘をつきながらパソコンを叩く水道課の初老の職員、ロビーで堂々と血圧を測っていたシステム担当者……。インタビューを終えた5時過ぎには、庁舎の電気が消え、ほとんどの職員がさっと帰っていった。

翌日、街に出て市民の声を聞いた。

08年に市の総務課長から「阿久根市美しい海のまちづくり公社」の事務局長へと転籍し、今回の市議選で「反市長」を訴えて当選した浜崎国治市議はこう反論する。

「阿久根市の職員給与は、県内の18市の中では16番目で、決して高いほうではない。行財政改革の結果、職員数も今では244人と02年に比べて100人も減っている。退職金も職員を減らすための必要経費で妥当だ」

市の元職員は、親切にも筆者らを豪邸に招き入れ、こう話してくれた。

「私は学校を出たときに銀行や生保の内定もあったけど、市役所を選んだ。お給料は民間のほうがよっぽどよかった。いまさら給料が高すぎると言われても……。家を建てて、子供を都会の大学に通わせたら、家計はきつきつ。第一、市職員の給料を下げたら、車も買い替えんようになるから、市の景気はもっと悪くなる」

阿久根駅前の商店街はすっかり廃れたシャッター通りだ。内陸のトンネルを通る九州新幹線の開業に伴い、JRの在来線は5年前に廃止された。第三セクター方式の鉄道会社として存続したが、経営は厳しい。駅前では客待ちのタクシーが列を成していた。厳しくなる一方の市民生活と、右肩上がりで増える一方の公務員給与。その対比がなんとも切ない。





  「公開! 地方役人の給料」は2回連載。目次はこちら

  プレジデントロイターの最新記事をチェック


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━













 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   青空と麦穂 サイトマップ  全記事 表示)
1、家づくり      2、子育て・学力・意欲・子供に身につけさせたい お金の知識、家族  
3、最近の記事   4、テーマ別 (政治 経済 宗教)   5、健康・食育・家族・音楽・PC他・リンク集

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  タグ: 竹原信一     地方からの行政改革(阿久根市)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 竹原信一は、市職員と市議の過重な人件費の財政を立て直せばそれでいい
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 大阪市は 市民20人に1人が生活保護。 13万人で2888億円 歳出の17%
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 3月22日の鹿児島県阿久根市の市会議員選挙の結果に注目!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 出生率「2.04」と村民増加を実現。 長野県下條村 伊藤喜平 村長 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 竹原信一市長は狂の人。「職員の人件費は、半分に可能か」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 竹原信一から幸福実現党を思う。 選挙で民意は成長し 争点が深まる。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 竹原信一が再選。 民意は改革支持 鹿児島県阿久根市長選
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 鹿児島県阿久根市の市議選で竹原信一市長支持派5人 上位当選! 2009年3月23日 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 広報あくね3月号市長のコラム(鹿児島県阿久根市 竹原信一市長)と市議選と
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
  ■ wiki 阿久根市
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
.
関連記事
コメント
No title
.




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長:「司法の存在意義を否定」 元係長訴訟 2009年12月25日 毎日

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が掲示させた張り紙をはがしたとして、懲戒免職とされた元係長の男性(45)が「処分は裁量権の逸脱・乱用で違法」として、市に処分取り消しを求めた訴訟の第2回口頭弁論が25日、鹿児島地裁(牧賢二裁判長)であった。出廷した竹原市長は、準備書面で「人事は首長の専権事項。裁判所は首長と対等の立場からその適否を論じる資格は持たない」と指摘し、司法の存在意義を否定した格好だ。元係長側は早期判決を求め、結審した。判決は4月9日。

 この日、市側は「市政運営上の必要から処分を行った」とする書面を陳述。「どのような人事でも円滑な行政に必要として行われた以上、適法」としている。

 市長の出廷は弁護士費用を計上した補正予算案が市議会で否決されたため。

 一方、元係長側は自治労県本部が支援。「訴状で主張は尽くした」として、結審を求めた。

 元係長の処分を巡っては、鹿児島地裁は10月、判決確定まで処分の効力を停止する決定を出した。元係長は毎日登庁するも、竹原市長は「職場がない」などとして復職を拒否し、地裁の決定に従っていない。また、法的に支払い義務がある決定以降の給料やボーナスも支給しない「異常事態」が続いている。【川島紘一、福岡静哉】












 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市賞罰委 市長派占める、職員厳罰化狙いか 2009年12月29日 読売
 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20091229-OYS1T00195.htm?from=os4
 
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は28日、市の賞罰審査委員会の4委員を総入れ替えし、市長派市議や自身が採用した職員ら計4人を任命する意向を明らかにした。
市長の命令に背くなどした職員の厳罰化を意図した人事とみられる。

 28日の課長会で竹原市長が伝えた。
4人は市長の改革を支持する市議2人と、市長が民間から公募し、採用した幹部2人。

 竹原市長は今月9日付で市の「職員の賞罰に関する規定」を改正。
賞罰委員をこれまでの職員だけから「民間及び職員の中から市長が任命する者」、 委員会の招集権者も委員長から市長に変更した。

 同市では、4月に庁舎内の張り紙をはがした元係長の男性(45)について、賞罰委が過去の処分例などを参考に「文書戒告が相当」としたが、市長は受け入れず、7月に懲戒免職とした。

 市議の一人は「賞罰委に市議を入れるのは前代未聞。市長派の市議ならば公平な審査ができないのは目に見えている」と話した。
(2009年12月29日 読売新聞)








 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「私のやり方加速」阿久根市長、ブログでは「革命宣言」 2010年1月4日 朝日

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は4日、市役所であった仕事始め式で約3分間あいさつし「今後は私のやり方を加速する。命令に従わない職員は辞めてもらいます」と述べた。

 式には職員約50人が出席した。新聞各社の取材は2009年の仕事納めと同様に拒否した。出席者によると、竹原市長は「今の市の状況で、給料が上がらないと言う職員はいらない。私がやることは国がまねします」などと語った。

 また、1日付のブログでは「今年は激動の年になります。阿久根市政に革命をおこします。これからの作業に比べれば、これまでのものは児戯です」と記載。「革命には多くの苦労と、おそらく血も涙も伴います。全(すべ)てを乗り越えます。私は、これからの作業に全てを賭けようと思います」と宣言した。







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長「従わない職員辞めてもらう」 2010年1月5日 読売

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は4日の仕事始め式で、「命令に従わない職員には辞めてもらう」と発言し、「反抗的」と判断した職員には懲戒免職も辞さない構えを改めて示した。

 式には幹部職員ら約50人が出席。竹原市長はテレビ局のカメラだけを会場に入れ、新聞各社は閉め出した。

 出席者によると、竹原市長は、民主党が公職選挙法を改正し、インターネットを使った選挙運動などを解禁する方針を固めたことに触れ、「これまでは総務省の役人が勝手に法を解釈して違法にし、現実の社会の動きを制限していた。私がやることは国がまねする」と述べ、自身のブログ活用を正当化した。

 竹原市長は昨年、庁舎内に張り出した職員人件費の張り紙をはがした市職員を懲戒免職処分にした。

しかし、「不適法の可能性がある」と処分の効力停止を認めた司法判断が確定したが、市長はこれを無視し、職員の復職や給与支払を拒否している。

また、市長選期間中に更新した自らのブログで対抗馬を批判したり、障害者の出生を否定するかのような記述をしたりするなどして、物議を醸している。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 阿久根市長、賞罰審査委を自派で固める意向 2009年12月28日 読売

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は28日、市の賞罰審査委員会の4委員を総入れ替えし、市長派市議や自身が採用した職員ら計4人を任命する意向を明らかにした。

 市長の命令に背くなどした職員の厳罰化を意図した人事とみられる。

 28日の課長会で竹原市長が伝えた。4人は市長の改革を支持する市議2人と、市長が民間から公募し、採用した幹部2人。

 竹原市長は今月9日付で市の「職員の賞罰に関する規定」を改正。賞罰委員をこれまでの職員だけから「民間及び職員の中から市長が任命する者」、委員会の招集権者も委員長から市長に変更した。

 同市では、4月に庁舎内の張り紙をはがした元係長の男性(45)について、賞罰委が過去の処分例などを参考に「文書戒告が相当」としたが、市長は受け入れず、7月に懲戒免職処分とした。

 市議の一人は「賞罰委に市議を入れるのは前代未聞。市長派の市議ならば公平な審査ができないのは目に見えている」と話した。

 また、竹原市長は28日の課長会で、来年1月に予定されていた職員の定期昇給を凍結する意向を示した。市長は5月の出直し市長選で職員の厚遇批判を展開し、人件費の削減を公約に掲げていた。

 一方、竹原市長は28日の仕事納め式の取材をテレビ各社だけに許可し、地元紙を含む新聞5社の取材を拒否した。各社は理由の説明を求めたが、市長は答えなかった。
(2009年12月28日21時24分 読売新聞)










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ブログ市長「今年は私のやり方を加速する」「従わぬ職員は辞めろ」 2010.1.5 産経
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100105/lcl1001050904000-n1.htm

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は4日、仕事始め式のあいさつで「今年は私のやり方を加速する。命令に従わない職員には辞めてもらう」などと宣言し、市政運営方針に不満を抱く職員の動きを牽制(けんせい)した。竹原氏は昨年12月、市賞罰審査委員会規程を改め、委員だった市職員4人を解任、代わりに市長支持派の市議らを充てる意向を表明。職員処分に自らの意向を反映させる狙いとみられていただけに、今回の発言は波紋を広げそうだ。

 式典に出席した職員によると、市長は大会議室に集まった幹部職員ら約50人に行財政改革を訴える中で発言した。入室は放送各社のみに限定し、新聞各社には取材を認めなかった。

 市長は昨年、自らが役所内に張り出させた紙をはがしたとして男性職員(45)を懲戒免職処分とした。処分執行停止とした鹿児島地裁の決定が確定したが、男性職員の復職を認めない状態を続けている。













 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ブログ市長、防災無線で「マスコミが私を陥れようとしている」  2010.1.6  産経

 ブログ市長として知られる鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が5日夜、市の防災行政無線を使った市民へのあいさつの中で、ブログの記述をめぐって障害者団体から批判された問題に触れ「マスコミが私を陥れようとしている」などと話していたことが6日、関係者への取材で分かった。

 複数の市議によると、無線を通じてあいさつが流れたのは5日午後7時35分から数分間。竹原市長が市政運営を報告する中で、ブログの記述について「文章を掲載して1カ月後にマスコミが騒いだ。陥れるためだ」と報道を批判したという。

 竹原市長は昨年11月、ブログに「高度医療が障害者を生き残らせている」などと書き込み、抗議を受けた。現在は「修正中」としている。

 市総務課によると、今回の無線使用は市民への年頭あいさつが目的で行政事務上の利用に当たるとしている。








 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「裏社会はヤクザと同和、在日」 阿久根市長ブログ 2010年1月15日 朝日

 ブログで物議を醸している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が15日付で、自身のブログに「日本の裏社会を構成している主な要素はヤクザと同和そして在日」などと差別的な記述をしていた。いずれもインターネットの別のサイトから引用した内容が大半で、一部に私見と思われる記述もある。

 15日付には二つの書き込みがあり、一つは「この国の真実」とのタイトル。「元公安調査庁第二部長 菅沼光弘氏の講演」と題した別サイトのリンクを張っており、暴力団の構成員の内訳について触れたうえで、「日本の経済、外交、政治は同和と在日に乗っ取られているのかもしれない」などと記述している。

 もう一つは「右翼らしき街宣活動」とのタイトルで、「右翼団体の構成員は『朝鮮半島出身者』が占めている」などと書き、右翼団体や暴力団名を羅列した。同じようにリンク先があり、右翼団体などの一覧表は別のサイトを引用したとみられる。













 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「日本の裏社会は…」阿久根市長また問題ブログ 2010年1月15日1 読売

 ブログを使った書き込みで物議を醸している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が15日付のブログに、「日本の裏社会を構成しているのはヤクザと同和、在日」などと書いた。

 インターネットの別サイトに投稿された他人の発言や文章を引用したものが大半と見られる。

 ブログは二つのタイトルで記述している。「この国の真実」のタイトルでは、別の動画サイトの発言を視聴できるようリンクを張った上で、「日本の裏社会を構成している主な要素はヤクザと同和そして在日である」、「日本の経済、外交、政治は同和と在日に乗っ取られているのかもしれない」などとしている。

 「右翼らしき街宣活動」のタイトルでは、「右翼団体の構成員は『朝鮮半島出身者』が占めている」などと、別サイトから引用した一文や右翼団体名などを記載している。

 竹原市長は昨年11月、ブログに障害者の出生を否定するような内容を書き込み、同市役所に抗議が相次いでいる。
(2010年1月15日18時52分 読売新聞)










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市、3度目の給料不払い 懲戒免職の元係長に  2010年1月22日 朝日

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、人件費の張り紙をはがした元男性係長(45)を懲戒免職処分にした問題で、市は21日、昨年11、12月に続いて男性に給料を支払わなかった。冬のボーナスも支給していない。男性が支給を求めた訴訟では、市は19日付答弁書で男性の職場復帰により「市が生活支援することは市民への裏切り行為」と主張している。

 男性が地位保全を求めた訴訟では、鹿児島地裁が昨年10月に「判決確定まで免職処分の効力を停止する」と決定し、判決は4月9日に言い渡される。

男性は、市長が市庁舎に張り出させた職員人件費の紙をはがし、昨年7月31日に懲戒免職になった。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長出廷 「免職の元係長、復職は悪影響」 2010年1月26日 読売

 市庁舎の職員人件費の張り紙をはがして懲戒免職処分になった鹿児島県阿久根市の元係長の男性(45)が、「処分の効力は停止とされた司法判断後も、給与やボーナスが支給されていない」として、市に支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、鹿児島地裁(牧賢二裁判官)であった。

 市側は竹原信一市長(50)が出廷し「男性の生活を支援することは、市民への裏切り行為になる」とした答弁書を提出。裁判は即日結審し、判決は3月2日に言い渡される。

 訴状などによると、地裁は「処分は市長の裁量権の逸脱乱用に当たる」とする男性の主張通り、処分の効力停止を認め、福岡高裁宮崎支部も地裁の決定を支持した。しかし、市長は復職や給与の支払いを認めず、男性は未払いになっている給与(計約128万円)や12月のボーナス(約52万円)の支給を求めて提訴した。

 市側は答弁書で「原告が復職すれば、公共の福祉に取り返しがつかない重大な悪影響が発生する」と主張。

 閉廷後、男性の代理人を務める小川正弁護士は「法を無視する竹原市長の考えは、阿久根市という独立国を作るようなもの。勝訴判決は間違いない」と話した。

 竹原市長は報道関係者の取材に応じなかった。
(2010年1月26日21時17分 読売新聞)









 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市庁舎内の撮影禁止、市長が報道各社に通達 2010年1月27日 読売

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は27日、新聞、テレビの報道各社に、取材の際、庁舎内の撮影を原則禁止する、と文書で伝えた。

 文書は「市政運営への影響を考慮し、取材における庁舎内での撮影を原則禁止させていただきます」とし、市長が認めた場合は撮影できるとしている。

 市総務課によると、庁舎内の会合など公式行事の撮影も原則禁止という。同課は「26日に市長から指示を受けた。明確な理由は分からないが、過去には勤務中の職員を撮影し、職員から業務に専念できないと苦情もあった」と話している。

 地方自治法149条は首長の庁舎管理権を定め、総務省によると、庁舎内でトラブルが起こる恐れがある場合などに行政は外部からの立ち入りなどを規制することができる。同省行政課は「首長の裁量によるところが大きい」としている。

 鹿児島大の平井一臣教授(政治学)は「行政が持つ情報は市民と共有していくのが現在の流れ。竹原市長の対応はこの動きに反する。庁舎管理権はあるにせよ、一般的には原則公開とするべきで、混乱がある際にだけ一定の規制をかけるべきだ」と話している。

 読売新聞は27日、竹原市長に取材を申し込んだが、総務課を通じて「取材は受けない」と回答した。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根対立 : : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20090210-154510/index.htm






. 
2010/01/30(土) 00:20 | URL | 阿久根 #-[ 編集]
No title
.
 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長 市職員年収をHPで公開 職員からは不満の声 2009.2.25 産経
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090225/lcl0902251159001-n1.htm
 
 ブログで市議の「不人気投票」を行い不信任決議を受けた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が、市のホームページ(HP)で、消防を除く全市職員約270人の給与明細を1円単位まで公開した。

 市長は自身のブログにも、このHPへのリンクを掲載し「年収700万円以上の職員が54%もいる。

市の将来は人件費を適正化できるかどうかにかかっている」と主張。

一方、職員からは「説明もなく唐突すぎる」と不満の声も上がっている。

 HPには、平成19年度の職員の給与や諸手当、時間外勤務などの金額が表で掲載されている。

市長、副市長ら4人については役職を明記しているが、それ以外の職員は匿名。

また20年度の見込み額を含む過去3年度分の退職手当も掲載されている。

竹原市長は不信任決議を受け市議会を解散、出直し市議選が3月22日に実施される。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 職員は戦々恐々…ブログ市長が賞罰委規定改定、民間人任命も 2009.12.16 産経
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/091216/lcl0912161420009-n1.htm

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、従来は市幹部で構成されていた賞罰審査委員会(4人)の規程を改めていたことが16日、市への取材で分かった。

市長による民間人の任命を可能とし、委員会の招集権も市長がもつように改定。

市職員の間では、市長が委員会を掌握する可能性があるとの懸念も出ている。

 同市の賞罰委員会をめぐっては、市長が掲示した各課の総人件費を記した張り紙をはがした元係長について、委員会が「文書戒告が相当」と判断したが、市長は自身の判断で懲戒免職にした経緯がある。

 改定は9日付で、市長は委員4人全員を解任。委員長に副市長、委員に課長職などを充てていた従来の規程を「民間及び職員の中から市長が任命する」と改めた。招集権も委員長から市長に移した。

 市長は取材に応じず、総務課に「勝手に見解を話せば責任を取らせる」と指示。 市議会事務局によると、規程改定は市長の決裁で可能という。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ブログ市長、給与明細はがしの職員にボーナス不支給 2009.12.9 産経

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が各課の人件費を記した張り紙をはがしたとして懲戒免職処分となり、法的には復職している男性職員(45)に対し、市が約100日分の期末・勤勉手当(ボーナス)を支給しない方針であることが9日、分かった。市は「市長の指示がない」と説明、市長は取材に応じなかった。

 市総務課によると、ボーナスの支給日は10日。「一般職に属する職員の給与に関する条例」に基づき、6月2日から12月1日までの勤務が対象になる。市長は男性を7月31日付で懲戒免職。鹿児島地裁が10月21日付で処分の執行停止を決定したため、処分前の約60日、地裁決定後の約40日の計約100日分の手当について市は支給義務がある。

 地裁の決定後も、市は「処遇が決まっていない」として、男性の職場復帰を認めていない。11月分の給与は、市長が総務課に「必要はない」と指示したため支給されなかった。










 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1円単位でボーナス公開 阿久根市HPで222人分  2009.12.11 産経
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/091211/lcl0912112154004-n1.htm

 鹿児島県阿久根市は11日、ホームページ(HP)で、竹原信一市長を含む全職員222人について、冬の期末・勤勉手当(ボーナス)の支給額を1円単位で公開した。

市長以外は匿名。
市議会で公開の意向を示し、職員に指示していた。

 10日に支給され、支給額の平均は約74万円、合計は約1億6400万円。最高額は市長の約130万円だった。

 市長は2月にもHPに職員268人の年収を表にして掲載。職員の給与が高いと訴える意図があり、当時は「市の将来は人件費を適正化できるかどうかにかかっている」と主張していた。















 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長、差別発言の謝罪拒否 「これは戦いだ」 2009年12月20日 朝日
 http://www.asahi.com/national/update/1220/TKY200912190396.html

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、自身のブログに「高度医療のおかげで機能障害を持ったのを生き残らせている」と記した問題で、竹原市長は19日までに記述を削除した。だが謝罪はせず、障害者団体などが反発を続けている。これまでも市議会や職員への批判を繰り返し、混乱を招いてきた「ブログ市長」。迷走が止まらない。

 「世間体を見ながら成果を出すことはできない。どこで勝負するかが大切。いい人であり続ける必要はない」。竹原市長は19日夜、阿久根市の集会所で開かれた後援会集会で、こう訴えた。

 「一言、謝っても良かったんじゃないか」。ある男性の発言に対し、竹原市長は言い切った。「謝ったら竹原の全部を否定するきっかけになる。これは戦いだ」

 今回、問題になっているのは、11月8日付のブログ。医師会を批判する中で「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果、擁護施設に行く子供が増えてしまった」(原文のまま)と記していた。

 批判が相次ぐなか、市長は18日、抗議に訪れた障害のある地方議員3人に「乱暴で誤解を招いた」と記述の修正を約束。ブログの問題部分を削除し「ただいま修正中」とした。

 だが、会談では、市長の意識の薄さが浮き彫りになったと3人は言う。面会した平野みどり・熊本県議らによると、「傷ついた人がいる」と謝罪を求めると、市長は「そういうつもりはなかったんですけどね」と語った。

 その後、障害者の表現をめぐる話になり、「めくらとか、ちんばとかいう言葉は今は使わない」と平野さんが話すと、市長は「では『めくら千人めあき千人』という言葉があるが、それも駄目なのか」と尋ね、平野さんが「差別語で傷つく人がいるから使いません」と諭したという。

 市長は「謝罪はしない」とも述べたという。平野さんは「謝罪は必要ないという認識のようだ。これを機にいろんな所で議論が起こればいいという考えみたいで、あきれた」と話した。

竹原市長はこれまでも物議をかもす言動を重ねてきた。昨年8月、市長選の告示後もブログで他候補を批判。市選管から公職選挙法違反の疑いがあると指導を受け、記述を削除し、初当選した。

 その後もブログで「議会は時間の無駄」と書き込み、市議を名指しで批判。今年1月12日付では市議全員の名前をあげ、「最も辞めてもらいたい議員は?」と投票を呼びかけた。後に県議らが市長を公選法違反容疑で刑事告発。鹿児島県警が9月に同容疑で書類送検した。

 市職員に対しては、2月に市ホームページに、職員一人ひとりの年収の詳細、退職金の額を1円単位で掲載。各課の人件費を記した紙を庁舎内に張り出させ、勝手にはがした男性職員を懲戒処分にしたが、裁判所は処分の効力停止の決定を出した。

 一方で、職員給与の情報公開などが一定程度の市民の共感を得ているとの見方もある。市議会で市長の不信任決議案が2回可決され、竹原市長は4月に自動失職したが、5月の出直し市長選で再選した。竹原市長を支持する松元薫久議員は「市長の基本にあるのは、やはり公民(公務員と民間)格差。市民もそこを支持している」と擁護する。(三輪千尋、矢崎慶一、周防原孝司)












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市、12月も給与支払わず 懲戒免職の元係長に 2009年12月21日 朝日

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市庁舎内に張らせた職員人件費の張り紙をはがしたことを理由に懲戒免職にした元係長(45)の復職を認めない問題で、市は給与支給日の21日、元係長に対し給与を支払わなかった。

 男性には11月にも支払われず、冬のボーナスも支給されていない。市総務課は「市長からの指示、命令がない」と話している。

 男性は7月31日に懲戒免職になり、処分取り消しを求めて提訴。鹿児島地裁が「判決確定まで男性の免職処分の効力を停止する」とした決定が今月15日に確定したが、市長はこれを無視している。












  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長、自在に職員処罰? 支持派市議を賞罰委員に 2009年12月29日 朝日

阿久根市の竹原信一市長は28日、職員の処罰を協議する市の賞罰審査委員会の委員に市長を支持する市議2人を任命する意向を、市の課長会で明らかにした。竹原市長は、一般的に副市長や市の部課長で構成する同委員会に民間から委員を任命できるよう、今月9日付で規定を改めていた。市長自らが委員会を招集できるように規定も改定しており、職員の処罰を市長の思い通りに進めようとする狙いがあるとみられる。

 4人いる委員のうちほか2人は市企画調整課長と市美しい海のまちづくり公社事務局長にする意向だという。

 さらに同市長はこの課長会の席上、来年から職員の定期昇給を停止する方針を示した。市によると定期昇給は毎年1月1日付で全職員を対象に行われており、月額で2千~1万円、平均は約3500円。市職労役員は「労使交渉事項であるのに事前の交渉もなかった。12月議会で上程して条例を改正すべきだった」と反発している。

 これらの問題について、竹原市長は取材に対し「応じない」と総務課職員を通じて伝えた。また28日、市役所であった仕事納め式の取材にはテレビカメラだけを入れ、新聞社の取材は「市長の意向」(市総務課)で拒否した。














━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長ブログ、天皇制に関する市議時代の記述を修正 2009年12月22日 朝日

ブログでの記述が物議を醸している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市議時代の2007年6月に掲載した天皇制に関する記述を一部修正した。この記述をめぐり県内外の政治結社が反発。21、22日には街宣車が市役所周辺で街宣活動を展開した。

 ブログは07年6月7日付で、天皇制や天皇家について「どこの馬の骨とも分からない家系」などと1~5に分けて掲載。その後、今月22日までに一部記述を削除したほか、「○○家」としたり「  」と空白にしたりした。

 この記述は14日の市議会一般質問でも取り上げられ、市議1人が修正前の記述内容を読み上げ、「天皇家に対する侮辱であり、考えられない内容」として見解をただした。その際、竹原市長は「市長として書いたものではない。以前、書いたことのある人間が市長になっている。何でもかんでも議論のテーブルに載せていいものではない。それぐらいの判断能力は持ってもらいたい」と述べていた。







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長:定期昇給を突然凍結 1月1日付 2009年12月29日 毎日

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が、市職員の来年1月1日付定期昇給を凍結する方針を示したことが分かった。

昇給の凍結は本来、市職員労働組合の了解が必要。
市職労は「法的措置も視野に対応を検討したい」と反発しており、新たな法廷闘争となる可能性もある。

 複数の関係者によると、竹原市長は24日に全員の定昇を決裁。

各課に全員分の昇給辞令が配布され、年明けに手渡すよう指示が出ていた。ところが、市長は28日朝の課長会議で突然、凍結を打ち出した。理由や根拠は示さなかったという。

 ある市議は「市長は障害者に対する差別的記述の問題などで批判を浴びており、再び『公務員バッシング』に世論の視線を誘導する狙いがあるのでは」と話す。

 同市では毎年1月1日に、平均3000~4000円の定昇を実施している。

懲戒処分を受けた職員の定昇を1年間停止することはあるが、全員の凍結は異例。

市職労は「事前折衝や交渉もない昇給停止は認められない」と怒りをあらわにしている。【馬場茂】









 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 鹿児島・阿久根市長:元係長懲戒免職問題 訴訟で「裁判所が人事を論じる資格ない」  2009年12月25日 毎日

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が掲示させた張り紙をはがしたとして、懲戒免職とされた元係長の男性(45)が「処分は裁量権の逸脱・乱用で違法」として、市に処分取り消しを求めた訴訟の第2回口頭弁論が25日、鹿児島地裁(牧賢二裁判長)であった。出廷した竹原市長は、準備書面で「人事は首長の専権事項。裁判所は首長と対等の立場からその適否を論じる資格は持たない」と指摘し、司法の存在意義を否定した格好だ。元係長側は早期判決を求め、結審した。判決は4月9日。

 この日、市側は「市政運営上の必要から処分を行った」とする書面を陳述。「どのような人事でも円滑な行政に必要として行われた以上、適法」としている。

 市長の出廷は弁護士費用を計上した補正予算案が市議会で否決されたため。【川島紘一】







.
2010/01/30(土) 00:42 | URL | 阿久根 #-[ 編集]
No title
.




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市、元係長に給与支払わず…判決無視  2010年4月21日 読売
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100421-OYT1T01066.htm?from=main4

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、庁舎内の職員人件費の張り紙をはがした元係長の男性(45)を懲戒免職処分にした問題で、処分を取り消した鹿児島地裁の判決後、初の給与日を迎えた21日、市は給与を支払わなかった。

 男性は昨年7月末に懲戒免職処分を受けた後、市を相手取り、懲戒免職処分の取り消しや、未払い給与の支払いを求める訴訟を地裁に起こし、いずれも勝訴した。しかし、市は男性の復職を認めず、給与も支払わなかった。

 男性側は今後、未払い分の支払いを求める新たな訴訟を検討している。さらに未払いが出るたびに訴訟を起こす方針だ。

 鹿児島大の平井一臣教授(政治学)は「首長が司法判断を無視するという信じがたい行動だ」と指摘。男性は「同じことの繰り返しと思うと、むなしさがこみ上げてきます」と話した。




.
2010/04/24(土) 15:58 | URL | 阿久根市 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。