スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ議員、国会の食堂で アザラシ肉でメインコース。  EU に抗議 !

.
■ カナダ人はアザラシ(肉)が好き! ニューズウィーク 2010.3.10
   http://newsweekjapan.jp/foreignpolicy/2010/03/post-101.php 

カナダ議会の議員たちは3月10日、議会食堂のメニューに新たに加わるアザラシ肉の料理を食べる。 アザラシ肉を禁輸にしたEU(欧州連合)に抗議するため。
食べ物に見える? カナダは、アザラシ猟は非人道的と決めつけたEUと徹底的に戦う構え passport040310




EUは、カナダのアザラシ猟を 「残酷で非人道的」としました。

「残酷で非人道的」と勝手に決めつけ、
それを世界に発信するEUは、ある意味たいしたものです。
大きな声で語られ続けることは、やがて世界標準の価値観になるかもです。



このEUの価値観を押しつけに対し、
カナダは、 おとなしくしているわけではありません。


上の記事のように、反発し、パフォーマンスし、注目を集め
EUからの価値観の押しつけを跳ね返そうとしています。

抗議や反発なしに座視していては、相手の価値観に居座られてしまいますから・・・



考え方や価値観は、その国の文化そのものと思います。

そして、他国からの価値観の押しつけは、自国の誇りや文化を壊すだけでなく、
独立した国であるという気概をも壊す一面があると思います。


これを カナダ人たちはよくわかっているのだと思います。






EUは、カナダの誇りと文化と侵し、
カナダの国のイメージを 「残酷で非人道的」である と傷つけている。
「そんなことは許さない」と、
カナダの国会議員たちは考えています。


それで、国会の食堂で アザラシ肉料理を出して、
国会議員 有志一同で 美味しくいただく… という 企画を立てたのでしょう。


そして、
真に野蛮なのは、価値観を押しつけるEUの態度だ。 
世界の文化は多様なのだ。 そんなこともわからないEUは知的ではない。
と、暗に伝えています。



カナダの毅然としたこの対応の一方で、日本はどうなのでしょうか。
捕鯨は「残酷で非人道的」と、欧米諸国の価値観を押しつけられたままではないでしょうか。



イメージはこわいです。

「残酷で非人道的」な捕鯨を続ける日本なら、
たとえば、日本の車は欠陥をそのままに放置することはありえる…と、
他の事に結びついていきます。


イメージとは、なんにでもくっつく性質をもっています。

捕鯨は、「残酷で非人道的」なことなのでしょうか。
もしも、そうなら、捕鯨を続ける日本人は、残酷で非人道的な人々となります。




捕鯨船に対するシーシェパードの横暴にただ耐えるだけの日本。

「鯨猟は残酷で非人道的」と決めつける オランダやオーストラリアやアメリカに対して、
日本は ほとんど カウンターでの情報を発信していないです。 


このことは、日本の政治家に
国益に鈍感な人が多いことを反映してはいないでしょうか。 心配です。






日本は、島国で、外国に侵略され支配されたことがありません。
このことから、伝統的に日本人は、危機にうとい人も多くなるのでしょうか。

先日、佐渡島で、トキ9羽がゲージの中でテンに殺されました。

昨年にイタチに侵入されていたにも関わらず
同じ構造の他舎のゲージを補修しないままなことが原因でした。 
トキ9羽 死んだケージは テン侵入防げぬ設計施工。 200か所以上にすき間


トキには、設備や人件費に何十億円というお金がかけられ、一大事業でしょうに。
また、トキの学名は、Nipponia nippon ニッポニア・ニッポン。
多くの人々の関心や期待が集まっていますでしょうに。


著名な、話題の、注目されている鳥にも関わらず、

イタチに侵入された、隙間の大きなゲージがあっても、
同じ構造の、他舎のゲージを補修しないまま という・・・ 危機への うとさ。

この危機感のなさは、日本の体質なのでしょうか? 
それとも、たまたま?   どっちなんでしょう。 こわいなぁ。
 







カナダの国会議員たちは、危機に敏感と思います。

ただ黙っていては、「野蛮で残酷で非人道的」イメージを押し付けられてしまう・・・
ので、アクションを起こしています。



日本の国会議員たちは、どうなんでしょうか。

捕鯨を通じて「野蛮で残酷で非人道的」イメージを押し付けられっぱなしで
戦略的に情報発信し、カウンターを入れているような話しは聞きません。



国のイメージも、大切な国益と思います。

日本の国会議員も、カナダの国会議員たちのように、
国益と誇りに敏感であってほしいです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



国家のイメージは、これも価値ある国益の一つと思います。


商品のブランドは、商品の値段を大きく変えますが、
国のイメージも、これと同じではないでしょうか。


国家のイメージは たとえば、為替を変えるでしょう。

また、海外から呼び込む投資資金の量を変えるでしょう。
そして、株式市場の総額を変え、社債や国債の評価を変えるかもです。


「残酷で非人道的」なイメージの国では、
通貨が強くなりきれず、株が高くなりきれない ことでしょう。

また、生産される商品も、ふだんはなんでもなくても、
一度クレームやリコール問題が起こったときには、国のイメージが関係するかもしれません。


国外に旅行したときにも、どんな風に接せられるかにも影響があるかもしれません。
外国からの観光客にも、新たに開発した技術や製品のイメージにも影響があるでしょう。

そして、国のイメージが、安全保障にもつながる ことでしょう。





カナダ議員の打ち返し、見事と思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トキ9羽 死んだケージは テン侵入防げぬ設計施工。 200か所以上にすき間
 カナダ議員、議会食堂でアザラシ肉。 残酷とするEUに抗議 !
● ジャコウ牛の産毛の男性用スーツは 約 50万円
● 三橋貴明 3/9記事の タラ戦争 の記述が間違っている件について
● 「鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史」は、食育にぴったり!
● ハイチ自衛隊PKOは、日韓の連携を戦略的に強化する好機 (読売社説)
● 日本の安全保障の一番の土台は、米国と韓国(台湾)への親近感
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ カナダ人はアザラシ(肉)が好き!  
http://newsweekjapan.jp/foreignpolicy/2010/03/post-101.php ニューズウィーク 2010.3.10

カナダ議会の議員たちは3月10日、議会食堂のメニューに新たに加わるアザラシ肉の料理を食べる。
アザラシ肉を禁輸にしたEU(欧州連合)に抗議するため。
食べ物に見える? カナダは、アザラシ猟は非人道的と決めつけたEUと徹底的に戦う構え passport040310

EUは昨年7月、大西洋沖で行われるアザラシ猟が残酷で非人道的だとしてアザラシ製品の禁輸を決めた。
 カナダの保守党政権はこの決定と戦うという。
10日のメインコースは、アザラシの腰肉の薫製をベーコンで巻き、ポートワインソースを添えた料理になると、セリーヌ・ハルビューペイエット上院議員の事務所は8日、説明した。 「アザラシ猟で生計を立てる人々を支援するカナダ議会の団結を、国際社会に示すための機会だ。あらゆる政党からの参加を歓迎する」と、ハルビューペイエットは声明で訴えている。
カナダ政府によれば、3~4月に行われるアザラシ猟は、大西洋岸の漁業コミュニティーの貴重な収入源。 アザラシは、銃で撃つか、先端に金属が付いたハカピックと呼ばれる棒で頭部を殴って殺すという。


イラク戦争に反対したフランスに抗議して、食堂の「フレンチフライ」を「フリーダムフライ」に名称変更した米議会などとてもかなわない強気の挑発だ。 昨年(2009年)は、イヌイット(エスキモー)の村を訪ねたカナダ総督のミカエル・ジャンが アザラシの心臓 を生で食べて見せて世間を驚かせたし、モントリオールのレストランでも食材としてのアザラシ人気は盛り上がる一方だ。










日本の国会議員で、知人のカナダの議員に招待してもらえばいいのに、と思ったりします。
そんな交友関係はないものでしょうか。

カナダ国会の食堂で、カナダ議員とアザラシ料理をいっしょに美味しく食べるのです。
そして、ユーチューブにアップして世界にアピールしたらいいです。 

もちろん「クジラ肉は…」とは一言も言わないのがポイントです。
 

言えばカナダの野党の中に捕鯨反対派はいるでしょうから、言わない。
カナダの海洋文化である、アザラシ猟の応援に来た で通すのです。
クジラ肉は…」とは言わなくて伝わります。



このアザラシ肉料理記事から、カナダ人の愛国心はとても強いとわかりました。
旧宗祖国(EU)側の自然観を、なんとも思ってません。

もしも、日本の国会議員たちが、カナダの食文化の応援にかけつけたことで話題が盛り上がれば、愛国心が強いカナダの人に大受けです。話題が大きくなった分、カナダの主張がより広くアピールされます。
カナダの人々の多くは、日本にきっと親しみを感じます。


カナダには、イヌイットという沿岸捕鯨を何百年も続けている先住民族がいます。
カナダには、捕鯨文化やクジラ料理文化を理解する土壌があるのではないでしょうか。
アザラシのすぐ横には、クジラがいます。



欧米とかEUとかと言って、白人国家を地域でひとくくりで考えてはいけないと思います。

アザラシ猟をするカナダのような国があります。
捕鯨するアイスランドやノルウェーがあります。
一口にアングロサクソン(ゲルマン民族)と言っても、海洋民族色の強い国や、バイキングの末裔たちの国があります。

それらの国は、海洋文化、海洋からの食文化を通じて、同じ海洋文化のある日本を理解しやすく、その面から友好関係を結びやすい国々です。


ただ、バイキングの末裔と言ってもオランダ(デーン人)(ジーランド)のように、酪農と畜産で栄えた陸文化の農業国もあり、オランダは、捕鯨反対の最先鋭国だったりもします。



白色人種とか、アングロサクソンとか、ゲルマン民族と言っても、海洋文化や海洋からの食文化を持つ国で見ていけば、日本が友好関係を深めれる国やきっかけは見つかります。

カナダがその有力な候補の一つではないでしょうか。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 
カナダの食文化を応援にカナダを訪れた日本の議員がいれば、ですが、
お薦めがあります。

カナダ来訪のついでに、新田次郎の「アラスカ物語」をプレゼントしてはいかがでしょうか。


カナダの議員たちに、取材に来てくれたテレビ局のクルーに、新聞記者に、そしてカナダ各都市の大学に、また滞在した都市にある中小の図書館に、100冊200冊とプレゼントしてきたらいいのに…と思います。
日本語で書いてあって読めなくても、どなたか日本語を勉強したカナダ人の目に留まって英訳するが出るでしょう。いらないからと、何人もの人手を介して、日本語を勉強するカナダ人の手に渡るのではないかと思います。


「アラスカ物語」は、イヌイットの一族ごと移動させ飢饉から救った日本人ヤスダの物語です。
北極海の沿岸で捕鯨して生活していたイヌイットたちは、白人がクジラやアザラシを乱獲することで生活できなくなり窮地に陥ります。それを、ヤスダが救う実話に基づく小説です。

アラスカ物語510HWK63ZPL._SL500_AA300_
         アラスカ物語 amazon



「残酷で非人道的」と決めつけられたら、しっかり打ち返すカナダ。
カナダには、一国の主権や文化への誇りがあります。
そして、自分の国のイメージを決して傷つけられたまま放置はしない気概があります。


そんなカナダの議員たちと、これから友好関係を深める機会があれば活かしてほしいです。








ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ wiki アラスカ物語
アラスカ物語は、新田次郎作の長編小説で、新潮社のち新潮文庫。日系一世フランク安田の半生を描く。

明治時代の初め、日本を離れアラスカにたどり着き、現地の女性と結婚した男がいた。その男は飢餓に苦しむエスキモーのために新天地を築き、「ジャパニーズ・モーゼ」と呼ばれた…。 主人公とアラスカ住民とのふれあい、夢と挑戦の生涯を描く。




■ wiki フランク安田

フランク安田 または 安田恭輔(Frank Yasuda、1868年 - 1958 年1月12日)は、アメリカ合衆国アラスカ州で村人を導いて新しい村をつくった日系アメリカ人一世。 その活躍から「ジャパニーズモーゼ」あるいは「アラスカのサンタクロース」などもと呼ばれている。 家族には、妻でイヌイットのネビロ安田。

1868 年宮城県石巻市に生まれた。妹と兄がいる。
両親は医師で15歳の時に死んでる。生計を立てる為、三菱社の船積みで働き、太平洋を横断もし、22歳の時にアメリカのカリフォルニア州に渡った。1891年アメリカ沿岸警備船「ベアー号」の乗り組み員となる為、フランク・ハーレイ船長に頼み、ベアー号の雑用係になった。1893年ベアー号がアラスカで寒波に巻き込まれて身動きができなくなる。

救助を求めて、フランク安田はイヌピアト・イヌイットが多く住むバロー村に行くが、その途中で意識が朦朧として倒れてしまう。その時、イヌイットに助けられ、バロー村たどり着く。バローで捕鯨会社の交易所を経営するチャールズ・ブロワー所長と出会う。それ以来、その村で暮らす事となる。

イヌイットの指導にあたるブロワーの元で、フランク安田は鯨の狩猟やエスキモー語などを学びながら、イヌイットと共に生活して良好な関係を築き、ポイント・バローの捕鯨のリーダーであるアマオーカとも交流し、イヌイットの一員として受け入れられた。アマオカのロッジを訪れた時、アマオカの 16歳の1人娘である、ネビロと運命的な出会いをし、すぐにネビロと交際結婚をした。そしてフランク安田はイヌイットの捕鯨の指導者ともなっていた。

しかし、麻疹の流行で多くのイヌイットの村人が病死(フランク安田、ネビロ夫妻の1人娘キョウコも死んでいる)し、さらに鯨の不漁で食料危機に苦しんだ。その時、フランク安田はブロワーの紹介でアラスカで砂金を掘りにバローにやって来た、鉱山師トーマス・カーターと出会った。そして、フランク安田はカーターと、そして妻ネビロの他、助手として、数人のエスキモーも含めた一行は状況を見に行くため、ポイント・バローから出発した。イヌイットが住む村々は麻疹の影響で壊滅的だった。

旅の途中、ジョージ大島と言う日本人と出会うが、後にフランク安田の前から去っていった。アナクトブック村に着いたフランク安田一行は、フランク安田を幕ってノームからポイント・バローに来てアナクトブック村に着いたイヌイットの一団が来る。その中にエスキモーの妻を連れた日本人ジェームス・ミナノと出会う。そして、カーターと金鉱探しの手伝いもしながら、イヌイットの為の新たな土地探しの為、フランク安田と妻ネビロ、カーター、ジェームス・ミナノと妻クナーナ、2人のイヌイットのセ二ックとカタブックの7人はアナクトブック村からブルックス山脈を越え、南下し出発した。

旅の途中で鉱山で栄えるワイズマンと言う町に辿り着いた。
フランク安田達は町周辺の森にあったロッジに落ち着いた。しかし、ワイズマンの鉱山監督局の出張所に寄った時、役人から新しい金鉱はもうないと告げられた。さらに、旅の資金がいよいよ底を突き、解散しなければならない事をカーターに告げられると、・・・ 







関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。