ナイアガラ   葡萄の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭い 白ワイン

2008年11月26日 記事


お酒が好きな人には楽しい席も、
お酒が弱かったり、お酒がキライな人だとなかなか大変かもです。

せめて、自分にあうお酒が何か見つかれば
お酒に弱いままであろうとも、席を楽しめるというものです。
 
困ったわたしが、そんなときに友人から紹介されたのが、
「ナイアガラ」という白ワインでした。




ぶどうの香りが
馥郁と甘く高貴に立ちます。

味は、べたべたしない甘さで、
すっきり鋭く冴えた甘さです。

そして、ぶどうの小さなトゲの生えた緑の茎を思わせるような
わずかに にがみがあります。

葡萄が 香りに味に まさに 凝縮しています。


国産品と聞いたときに、驚きました。

そして、値段。
他の高いお酒に比べれば、申し訳ないほどの安さです。


ナイアガラが好きになってしばらくしてから、
日本酒でも、研いた米で作った高いお酒なら飲めるようになりました。
香りが なんとなくナイアガラに通じるところがあったからです。

また、ウイスキーでも、
10年12年と寝かした、高いブレンドモノのなかに、
飲めるものが見つかり始めました。

旨みというのでしょうか、甘い薫りが
ナイアガラに通じるところがあったためです。


ナイアガラを飲んで、
作った人、作った会社、おそらくは創業者が、しっかりした思い入れをもって
つくっている・・・と、ふと思いました。
そういう思いが、このステキな風味と金色の輝きに加わっているような。


それから、20年が経ち、
ビールのにがさが 多少はおいしく感じるようにもなり、
安い日本酒も、安いウイスキーも えごみを耐えて飲むこともできるようになり
いい焼酎は、お湯割で香りが立つことを知るようになりました。
そして、やはり、日本酒もワインもウイスキーも 
高いものは やはり値段相応に格段の味です。


しかし、ナイアガラ。
ナイアガラのときの大きな感動には、まだであっていません。

ナイアガラは、白く透明な炎です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ウイスキーの聖地 スコットランドのアイラ島。 ラフロイグ友の会が面白い
◆ メチル、目が散る、命散る  飲むと体内でメチルが猛毒のホルマリンや蟻酸へ
◆ 幸せな人は 9.4年 長生きする     ( エド・ディーナー博士) 日経ビジネス
◆ 癌を防ぐ、一日1粒の生アーモンド健康法。   エドガー・ケイシー
◆ 赤ワインは男性の勃起障害(ED)に効果!? (大阪大学 辻村晃)
◆ 赤ワインに記憶力アップの効果。 認知症も改善 (名古屋市立大 岡嶋研二教授)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 





読売新聞のHPに ナイアガラの記事を見つけ、社長さんの人となりを知って、
なるほど と思いました。

製法や素材へのこだわりの部分は記事になっていませんが、
社長さんのこだわりの部分だけは知ることができました。 
 

国産ブドウで 農家 潤わす
http://job.yomiuri.co.jp/interview/jo_in_08112501.cfm

 農家は、私達の利益を生み出す手段ではない

北海道ワイン(北海道小樽市)の社員手帳に、この“結社の意義”が記されている。
国産、北海道産のブドウにこだわり、農家から正価でブドウを買う。 「地元の人が古里で生きられる仕組みを作りたい」という強い思いがある。

山梨県奥野田村(現・甲州市)出身。
北海道に渡った時は21歳だった。「山梨の狭い畑を見て育ったから、リンゴ畑も田んぼもどこまでも続くようでした」。広い大地に魅せられた。

最初に始めた商売は繊維の卸会社。中古車を買い、服の裏地を積んで道内を売り歩いた。気づいたのは、学校を出るといや応なく土地を離れる若者が多いこと。「地元に働く場を」。アメリカから最新の裁断機を仕入れ、72年に紳士服メーカー「紳装」を設立した。工場網は程なく道内各地に広がり、札幌と旭川のほぼ中間にある北海道浦臼町にも工場を建てた。

 値切らず買い取る 

ある時、町に広い土地があることを知る。思いついたのはワイン用のブドウ造りだ。山梨の実家はブドウ農家。以前にドイツでワイン醸造施設を視察し、「ドイツ系の品種は北海道の気候に合う」とにらんでいた。74年に北海道ワインを設立、試行錯誤しながら栽培を始めた。

唐突とも思える新事業に周囲は「120%つぶれる」と冷ややかだった。
初出荷は、会社設立から6年後。だが、皮肉にも、もう一方の“本業”は大手メーカーに押されて苦戦が続いていた。初出荷と前後して経営を外れ、結局紳装は81年に倒産、億単位の借金を抱えた。

ただ、ワインへの熱意は変わらない。
結社の意義そのまま、地元の求めに応じて大量のブドウを受け入れ続けた。そのうち一部の発酵タンクは工場内に収まらず、冬場の吹きさらしで周辺部を凍らせてしまう。

ところが、凍らずに残った中心部分は、
果実の風味が凝縮した極上のワインに化けていた。

86年に売り出したこの「ナイヤガラ」のヒットで、事業はようやく軌道に乗り始めた。

90年代の赤ワインブームの時は、多くのメーカーが輸入ワインや濃縮果汁に頼る中、やはり国産にこだわった。そのため生産量は需要に追いつかず、98年には他社と対照的に、売り上げの前年割れも経験した。

一転、ブームが過ぎた2000年には、生産過剰の農家を助けるため、工場の限界を5割も上回る3800トンのブドウを受け入れた。「ブドウの買い取りは1円も値切らず、会社の人員整理もしない。北海道という地名を社名に持った、それが責任だと思っています」。その商売は、どこまでも愚直だ。 川村律文


 嶌村 彰禧(しまむら・あきよし)さん
北海道ワイン社長   1927年、山梨県生まれ。74年、北海道小樽市に「北海道ワイン」を設立し、現在も社長を務める。05年には「貴腐葡萄37ケルナー」が、国産ワインコンクールで金賞に。 著書に「完全『国産』主義」(東洋経済新報社)





おたる ナイアガラ
Hokkaido Wine





みい☆のお部屋にようこそ (みいさん) の「すぐれもの 」より 

    いのさん
いのさんのお勧め  気になって気になって(笑)買っちゃいました~♪
ほんとフルーティーでとっても飲みやすくて美味しかったですよ
周りにいた人たちも「美味しい・美味しい」と あっという間になくなっちゃいました
「お酒じゃない感じなので 飲み過ぎそう危険だね~」 と言いながらついつい(笑)

 

ちかさんのコメント

山形は昔からナイアガラぶどうの産地。

ワイナリーもいっぱいあって、
手頃な値段のナイアガラは地酒感覚(?)で飲んでました。

(昨年洞爺湖サミットの乾杯で使われたスパークリングワイン、
実は山形のワイナリーのものだったんですよ)

ワインがまだハイソな飲みものだったころは、
「アメリカぶどうで作るワインなんて邪道、
フォクシーで品がない」と嫌うひともいましたけど、
私的にはそんなの関係なく好きでしたね~。
ウイスキーだって、
スコッチよりバーボンのほうが好みだし!

ナイアガラがお好きなら、
オリンピアワインもきっと気に入ると思います。

文字通り、太陽のような、蜜のようなワインです。
機会があったらお試しください。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジョニー・ウォーカー100年の熟成 (日経HP) → サイト 閉鎖

■ 第15回 100年ぶりに蘇った 幻の名品を味わう  土屋守
■ 第16回 スコッチ党が 思わず唸った 台湾産ウイスキー 土屋守

「台湾産シングルモルトが並みいるスコッチウイスキーを抜いて断トツのトップ…」という、衝撃のニュースが飛び込んできたのは昨年秋のことだった。エジンバラ在住のウイスキー評論家、チャールズ・マクリーン氏らが主催したブラインドテイスティングで、台湾産シングルモルト、「カバラン・ウイスキー」が、30点満点中27.5点という高スコアをマークしたのだ。 ・・・ 

それにしても、あの暑い台湾でウイスキーが造れるのか…。 

蒸留所が建てられたのは台北の東南に位置するイーラン県(宜蘭)のユエンシャン(員山)という町。太平洋に面した肥沃な平野部で、背後には台湾第2の高峰である雪山(標高3884メートル、富士山より高い)が、そびえている。ウイスキー造りに欠かせない糖化槽も発酵槽も、ポットスチルと呼ばれる銅製の単式蒸留釜も、すべてスコットランドからの輸入で、蒸留所のプラン作り、実際の製造コンサルタントには世界的に著名な、スコットランド人のジム・スワン博士が加わっている。つまり何もかもが、スコットランド伝統の本格ウイスキーなのだが、スコットランドと決定的に異なることがある。それは、高温多湿な台湾の気候・風土である…。 

蒸留所が所在する宜蘭県の夏の気温は42℃にも達する。スコットランドの平均気温が13~15℃であるのと比べると、その差は一目瞭然だ。 ・・・ カバランではスピリッツのアルコール度数を高くすることで、それに対処した。その結果、ブラインドでスコッチの12~15年クラスに匹敵すると評価されたのだ。 実際、私も飲んでみたが、スイートでフルーティ、熟成感もあり、とても3年物とは思えない。

世界的に評判なのはジャパニーズばかりではないのである。 ・・・









何気ない穀物も、
醸造とさまざまな工夫で、
黄金のような値打ちに








関連記事
コメント
先日より訪問ありがとうございます^^

いのさんのワインのお話を聞いていたら白もいいなぁ~と
私は赤ワイン派でフルボディが好きです
って今も飲みながらなんですが(笑)
お酒は強い私
普段は殆ど飲みませんがたま~にリラックスしたくなると
家で安い自分の好きなワインを買ってきて半分くらい飲んじゃいます
今日もそんなペースですが(爆)

これ空けたらナイアガラ・・・試して見ますね♪
2008/11/25(火) 22:55 | URL | みい☆ #bxvF113M[ 編集]
おおお、美味しそう。
普段全く飲まない私でも、買いたくなってしまいました。(汗)
これから年末年始で飲む機会も作れそうなので、探してみようかな♪
2008/11/25(火) 23:07 | URL | かぱ #RdrASfiE[ 編集]
いの様の記事を読んでいましたら、
ナイアガラを飲んでみたくなりました♪
これから年末に向けて出会う機会が増えそうなので
私も探してみようと思います(*´∇`*)
2008/11/25(火) 23:22 | URL | ぬかlife #-[ 編集]
私も!!!
なんだか飲みたくなってきました^m^
ワインは特別な時に飲むようにしてます。
今度は、クリスマスなので私も探してみようかなぁ
2008/11/25(火) 23:37 | URL | あくび@ #-[ 編集]
みい☆さん 
かぱさん 
ぬかlife さん 
あくび@さん

ご期待ください。
淡麗な甘さで
金色の極上の天の雫です。
感想をご一報ください。 お待ちしてます♪
2008/11/26(水) 19:14 | URL | いの #-[ 編集]
日本の白ワイン、おいしいですよね。
私は毎年勝沼のワイナリーへワインの買出しに行くのですが、ほとんど白です。
ナイアガラ、是非試してみたいです。
卒乳後ですが・・・
2008/11/27(木) 21:18 | URL | Pokuko #-[ 編集]
Pokukoさん 
ナイアガラとの衝撃の出会い、
待ち遠しいですね!

うちの3歳娘は卒業したはずなのに、
毎夜飲みに行って妻が困ってます。
いつ卒業することやら…
2008/11/29(土) 15:11 | URL | いの #-[ 編集]
大好きです
山形は昔からナイアガラぶどうの産地。
ワイナリーもいっぱいあって、
手頃な値段のナイアガラは地酒感覚(?)で飲んでました。
(昨年洞爺湖サミットの乾杯で使われたスパークリングワイン、
実は山形のワイナリーのものだったんですよ)

ワインがまだハイソな飲みものだったころは、
「アメリカぶどうで作るワインなんて邪道、
フォクシーで品がない」と嫌うひともいましたけど、
私的にはそんなの関係なく好きでしたね~。
ウイスキーだって、
スコッチよりバーボンのほうが好みだし!

ナイアガラがお好きなら、
オリンピアワインもきっと気に入ると思います。
文字通り、太陽のような、蜜のようなワインです。
機会があったらお試しください。
2009/11/06(金) 16:06 | URL | ちかおばちゃん #-[ 編集]
No title
.

ちかさんの記事を読んで、
http://chikaova.blog123.fc2.com/blog-entry-318.html

北海道米への偏見を捨てて
(おりよく安売りに出ていた)、新米の『おぼろつき』を
買いました。


家族一同より、 お礼 申し上げます。
これは…。おいしい。
うちはコシヒカリ派なのですが、
個人の好みにもよるでしょうが
「おぼろつき」の段階で、コシよりも美味しく感じました。

少し安いのは、運送費分安く済む、
地産地消だからなのか よくわかりませんが


「おぼろつき」を試してみて
食事が、いままで以上に幸せです。

ありがとうございます。


エドガーケイシーは、リーディングのなかで、
地元で取れた食べ物を食べると健康になる
と言っています。
(その原理も、なにか言っていたのですが
 忘れてしまいました)
2009/11/08(日) 12:01 | URL | いの(青空と麦穂) #-[ 編集]
身土不二ですね
エドガーケーシーさんのことは存じ上げませんが、
明治の軍医、石塚左玄が同様の食習慣を提唱しています。
後日仏典から「身土不二」という言葉があてはめられ、
その流れをくんだマクロビオティックの創始者が桜沢如一。
その桜沢に師事したのがいまの久司道夫氏です。
久司さんはもともと食ではなく、
世界平和の観点からマクロビの世界に入られたと聞いています。
霊能力にたいへん優れたかたです。
単なる「地産地消」とは違い、
「身土不二」には霊的な意味が込められています。

洋の東西を問わず、
同じ場所につながっているのがおもしろいですね。
2009/11/09(月) 01:01 | URL | ちかおばちゃん #-[ 編集]
No title
.

ちかさん

明治の軍医というと、
日露戦争で、経験的に予防する麦飯を否定して、
白米を指定し、
脚気で、戦争の戦死者と同じぐらい死者を出した
という ボーンヘッドで石頭のイメージがあったりして
ちょっと・・・ なのですが
http://iinoakazonae03.blog77.fc2.com/blog-entry-811.html



石塚左玄さんですか・・・

「身土不二」 これは聞いたことがあります

マクロビオティック???
桜沢如一さん

いまの久司道夫
(ちかさん、わたし知りません・・・)

世界平和の観点から
マクロビの世界に入られた・・・


うーん 
なにか、いい鉱脈がありそうです。
ご紹介、ありがとうございます。


ちかさん お礼に、
http://iinoakazonae03.blog77.fc2.com/blog-entry-440.html
ご参考までv-25
2009/11/09(月) 09:34 | URL | いの(青空と麦穂) #-[ 編集]
マクロビオティックなど
つぎつぎとお名前を持ち出してごめんなさいね。
自分のブログで、
簡単な解説をしてみました。
よろしかったらおいでください。
2009/11/12(木) 21:55 | URL | ちかおばちゃん #-[ 編集]
No title
.

ちかさん
ありがとうございます!!!

読ませていただきます♪

マクロビオティックについて
いずれ探求して深めたいと思います。

2009/11/13(金) 22:54 | URL | いの(青空と麦穂) #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。