霧島市教育長 高田肥文さんは 「天窓ない報告は 誰かよく分からない」でOKなの?

 
2010.4.10


■ 天窓破り児童転落の小学校、教委調査に「天窓ない」 2010.4.8 読売
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100408-OYT1T00637.htm?from=navlp
男児が転落した校舎屋上の天窓=大原一郎撮影20100408-589886-1-L
男児が転落した校舎屋上の天窓=大原一郎撮影



■ 「屋上には上がらない」 児童転落の小学校、教委に報告 2010.4.9 朝日
http://www.asahi.com/national/update/0409/SEB201004090001.html
 朝日新聞の記事をまとめると、

・ 東京都杉並区の小学校で2008年6月、児童が天窓から転落して死亡した事故を受けて、鹿児島県教委は各学校に同様の事故を防ぐよう通知を出していた。

・ 2008年6月と8月に市の教育委員会が天窓の有無などを調査した際、鹿児島県 霧島市の市立 陵南小学校は 2回とも「天窓はない」と回答。 和田敏郎 校長は「市教委の調査に 天窓はないと報告したのは誰かよく分からない」と話した。

・ 市教委は2008年9月、校舎の耐震工事の事前調査で天窓があるのを把握したが、陵南小学校側が「出入り口を施錠しており、屋上に上がることはない」と説明。しかし、実際は遅くとも2008年4月から、社会科の授業で年1回ほど屋上が使われていた。  
 霧島市の市教委の教育長は、高田肥文さん。





記事を読んで、危機管理が弱いと思いました。

危機管理を分けると、おそらく4種類あると思います。
 ① (予防)まだ起こっていない事態に備える。また予防する。 
 ② (対処)起こってしまった事態に円滑に対処し、被害を小さくする。 
 ③ (反省)分析し、責任の所在を明らかにする。原因を究明し、
   社会全体の経験(知恵)になるように資料化する。
 ④ (広報)関わる人たちへ情報を届ける。人々に広く広報し意識を高める。

この ③(反省)が、ぜんぜん出来てないように思います。



あまりにも危機管理が弱すぎる…と感じるのですが、
これは、日本の文化が影響していないでしょうか。

日本人は、和を尊びます。
伝統的な文化として、上下の序列をわきまえ、礼節を重んじる風土です。

この文化の長所は、集団のまとまりがいいこと です。
この集団戦に強い文化は、日本の企業の特色です。
そして、この長所の裏返しが、問題が生じたときの責任のあいまいさ です。
誰に責任があったのかを問いにくくなっていると思います。


責任の所在があいまいになれば、原因の追求もまた緩くなります。
組織的な反省が弱いかも、ときにはできないかもです。

しっかり具体的に一つ一つの経緯や行程を振り返り点検できたときに、
問題点から役に立つ経験(知恵)を取り出すことができます。

問題点から学ぶことで、より安全に、より確かにできます。
それが日本は弱いのかもしれない…と思いました。

また、経験からの教訓が引き出せないだけでなく、
教訓を資料化し、広報し、共有することも弱いでしょう。

社会全体で経験やそこからの教訓を共有していこうという意識が低いかもです。

それがまわりまわって、日本人の論理的な思考の弱さに、
戦略的な思考の欠如ににつながっているような気がします。
そして、それが、もっと大きな危機管理である、
国防や安全保障の意識の低さにつながっているように思います。




鹿児島県霧島市の教育長 高田肥文さんは、

和田敏郎校長からの
「天窓はない。の報告は 誰がしたか分からない」で
それで OK とするのでしょうか?


それとも、誰がいい加減な報告を市教委や教育長に上げたのか
を究明する気概はあるのでしょうか。


それは人を責めるためではありません。
原因を究明し、一つ一つの経緯や行程を具体的に振り返る一環のためです。

あいまいな反省など、情緒でしかありません。
問題点を知恵に変えられない反省など無意味です。


霧島市の一小学校での出来事だから…
と たかをくくらないでください。
霧島市の一小学校での出来事ですが、それをしっかり究明し資料化し広報することで、全国の市教委と全国の小学校によい影響があります。

それに、なによりも、原因を究明し、問題点を詳細に突き詰めることで、小学校に子供たちを預ける親からの信頼を回復しなくてはなりません。

問題点を詳細に突き詰める責任は、まず霧島市教育長の高田肥文さんです。
そして、霧島市の市長 前田終止さんと、数十人の市会議員にあります。




そして、2008年6月、東京都杉並区の小学校で児童が天窓から転落して死亡した事故は全国的に報道されています。陵南小の屋上で、授業を実施した教員自身に責任はないでしょうか?
「知らなかった」で済ませていいことなのでしょうか?



■ <天窓転落死>校長と教諭、業過致死容疑で書類送検 警視庁 2008.12.17毎日

東京都杉並区の区立杉並第十小学校(児童数約390人)で6月、屋上で授業中に6年生の中村京誠君(12)が天窓から転落死した事故で、警視庁捜査1課は17日、宮山延敬校長(55)と 授業を担当していた女性教諭(50)を業務上過失致死容疑で書類送検した。捜査1課は、校長は児童が天窓に乗れば転落の危険性があると認識していたのに、防護さくの設置など安全対策を講じなかったと判断。女性教諭も天窓に近づかないよう具体的な安全指導をしなかったため、事故が起きたと結論づけた。

dst0806181635013-p3-thumbnail2.jpg




また、2008年6月と8月の市教委からの2度の問い合わせに、2度「天窓がない」と報告したのが陵南小学校側の誰かが「わからない」としても、その返答を聞くなりFAXを受け取った市教委側の人間は、誰かだったかの氏名はわかるはずです。そのかた一人に責任があるということではなく、具体的に究明している一環として、公表するべきではないでしょうか?

なぜなら、9月、校舎の耐震工事の事前調査で陵南小に天窓があるのを市教委は業者の報告で把握したのですから、2008年6月と8月の市教委からの2度の問い合わせに、2度「天窓がない」と報告したのが陵南小の対応を、追求できたはずです。 「いい加減な報告をしたのは誰だ」と、問題提議し、紛糾できたはずです。 また、それだけいい加減な陵南小なら、教員間で、天窓への注意を確認しあわないかもしれないと予想できたでしょう。

校長や陵南小の教員たちだけでなく、市教委もいい加減なのです。


それに、2008年6月と8月の市教委から「天窓がないか」の2度の問い合わせがあった時期の校長・教頭は、現 和田敏郎校長だったのでしょうか? 実は、転勤で移動している別な校長じゃないですか? 前任者に聞くことなく ただただ「わからない」と とぼけていませんか?


現 和田敏郎校長だったとして、2008年6月と8月の市教委から「天窓がないか」の2度の問い合わせがあったことを、和田敏郎校長は、朝や夕方に行なうであろう職員ミーティングで、職員へ共有したのでしょうか?
 ミィーティングをしなかったなら、校長の責任は重大でしょう。
 ミィーティングしていたなら、屋上で授業した教員の責任が重大でしょう。
また、陵南小学校では、日教組が強くて、校長や教頭主催のミーティングが開けないような状況はありませんでしたか? もしもそうなら、日教組の責任も出てきます。


民間のまともな企業なら、トラブルがあったときには、状況を忠実に再現して、そこから経緯や行程の一つ一つに問題がなかったかを検証し、資料化し、のちの予防に備えます

トラぶったときの状況を忠実に再現すること。
これが、トラブル処理、危機管理③ の一番のキモです。
そして、状況を忠実に再現したら、登場人物にはすべて名前があります。

それを匿名のままにしておきたいのが、日本の文化の欠点です。
いいえ、それは日本の文化うんぬんではなく、ただの公務員体質なのかもです。

教育長も、校長も、屋上で授業した教員も公務員です。
市教委を構成するメンバーの何割かは、退職した教員かもです。


匿名のままにしておきたい…、
やり過ごしたい…、はやくほとぼりがさめてくれ…、運が悪かった…、
こまったときには おたがいさまだから… と、

互いにかばいあう気持ちが以心伝心で作用し、責任の所在をあきらかにしないほうがいい という空気が出てきたら、それは公務員の悪しき体質… かもしれません。



「天窓ない報告は 誰がしたか よく分からない」
で、ホントウに それで OKなのでしょうか?


子供の安全のためにも、全国の小学校に危機管理意識を高めるためにも、
しっかりと究明し、そしてマスコミが扱わなくても、HP上で資料を公開し、
広報して、全国の益としていただきたいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しっかりと究明し広報する動きは、
日本の風土や文化に、いい影響を与えるのではないかと思います。

和を尊び序列と礼節を大切に情緒豊かな文化でありながらも、

情に流されずに、理詰めで原因究明ができ、反省できる文化。
反省から知恵を取り出すことができる文化 になっていってほしいです。


それが、文化の進化と思います。
日本の文化の伝統的な長所に、新たな長所が加われば文化も進化するのだと思います。

また、それが危機管理の力につながり、戦略的な思考力につながり、
一番大きな危機管理である、安全保障 を理解することにつながる と思います。


身近な出来事に 危機管理意識が低い風土のままなら、
国家規模の 安全保障の大切さを理解することは 難しいままではないでしょうか。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小学校の屋上の天窓から子供が落ちて死んだ痛ましい事故があったら(2年前)、そのときすぐに、「うちの学校は大丈夫か? 天窓ないか?」と 学校の屋上に駆け上がって 確認したくならないものなのでしょうか。 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



     

 







   リンク切れ、記事削除のときの自分用控え
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 天窓破り児童転落の小学校、教委調査に「天窓ない」 2010.4.8 読売
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100408-OYT1T00637.htm?from=navlp

8日午前10時50分頃、鹿児島県霧島市溝辺町麓(ふもと)、市立陵南(りょうなん)小学校 (和田敏郎校長、329人)で、3階建て校舎の屋上で社会の授業を受けていた3年生の男児(8)が天窓に乗って遊んでいたところ、天窓が割れて約5メートル下の3階廊下に転落、頭の骨を折る大けがを負った。 霧島署の発表によると、天窓は明かり取り用で、屋上の2か所に設置。 約1・15メートル四方の台座(高さ45センチ)にドーム型の厚さ3ミリのアクリル板が付いている。屋上にいた担任教諭は男児が天窓に乗っていたことに気付いていなかったという。 普段は屋上に通じるドアには鍵をかけて管理。 教諭は7日に屋上を下見したが、天窓の危険性は意識していなかったという。 和田校長は記者会見で「監督不行き届きで、誠に申し訳ありません」と陳謝した。 同様の事故は、2008年6月に東京都杉並区の小学校でも発生。 これを受け鹿児島県教委は同年、県内の全公立学校を対象に天窓の調査をしたが、陵南小は確認せず「天窓はない」と回答をしていた。
  男児が転落した校舎屋上の天窓=大原一郎撮影20100408-589882-1-N
  男児が転落した校舎屋上の天窓=大原一郎撮影 



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「屋上には上がらない」 児童転落の小学校、教委に報告 2010.4.9 朝日
http://www.asahi.com/national/update/0409/SEB201004090001.html

鹿児島県霧島市の市立陵南小学校(和田敏郎校長)で8日、3年生の男子児童(8)が屋上の天窓から落ちて大けがをした事故で、市教委は同小が授業で屋上を使うとは認識していなかったことがわかった。学校は「児童が屋上に上がることはない」と市教委に報告していた。県警は、学校側に安全管理上の不備がなかったかも含め、事故の詳しい状況を調べている。 県警霧島署によると、男児は約4.6メートル下の3階部分の廊下に転落し、頭の骨が折れて大けがをした。天窓は高さ45センチの台座の上にアクリル製のドーム状の覆いがされ、内部にガラスがある構造。覆いは底辺が縦横84センチの正方形になっている。児童は覆いの上に乗り、覆いとガラスを突き破って落ちたらしい。 天窓の周りには防護さくなどはなかった。担任の教諭によると、事故の直前、2、3人の児童が天窓付近で跳びはねているのを見た児童がいるという。

東京都杉並区の小学校で2008年6月、児童が天窓から転落して死亡した事故を受けて、鹿児島県教委は各学校に同様の事故を防ぐよう通知を出していた。天窓の周囲に防護さくを設けることなどを求める文部科学省の通知を踏まえたものだ。

霧島市教委によると、同年6月と8月、市内の小中学校について天窓の有無などを調査した際、陵南小は2回とも「天窓はない」と回答。

市教委は同年9月、校舎の耐震工事の事前調査で天窓があるのを把握した。
それでも「出入り口を施錠しており、屋上に上がることはない」と学校側が説明したため、県の調査に対し「立ち入り不可で授業での使用も無し」と報告していたという。 しかし、実際は遅くとも08年4月から、社会科の授業で年1回ほど屋上が使われていた。

市教委の高田肥文教育長は「授業で屋上を使うことは今回初めて知った」と話した。
和田校長は記者会見で「天窓に上るとは想定していなかった。私の監督不行き届きで申し訳ない」と陳謝。 「市教委の調査に天窓はないと報告したのは誰かよく分からない」と話した。




  2010年 3月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ <天窓転落>校長ら略式起訴 杉並の小学校  2010年3月30日 毎日
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000104-mai-soci

東京都杉並区立杉並第十小学校で2008年6月、6年生の中村京誠(きよまさ)君(当時12歳)が校舎屋上の天窓を突き破って転落死した事故で、東京区検は30日、宮山延敬(のぶたか)校長(56)と 塩田弥生教諭(51)=現・区立桃井第五小教諭= の2人を業務上過失致死罪で略式起訴した。
 同種事故で学校関係者が刑事責任を問われるのは異例。
中村君は3階建て校舎の屋上で算数の体験授業中、ドーム形のアクリル製採光用窓(直径約1.3メートル、厚さ4ミリ)に乗って遊んでいたところ、天窓が割れて約12メートル下の1階床に落下し死亡した。 起訴状によると、宮山校長は天窓に児童が乗れば破損して転落する恐れがあると知っていたのに、児童が近づかないよう教諭に指示しなかったとされる。当時、授業を担当していた塩田教諭について児童に天窓の危険性を注意したり近づかないよう指導せず、事故防止義務を怠ったとしている。
警視庁が2人を書類送検していた。
区検は略式起訴で罰金刑を求めた理由を「過失の程度や他の学校事故の処分から総合判断した」と説明。
遺族の 処罰感情が強い ことも考慮したとみられる。

この事故の前に、学校の天窓からの転落死事故は 1997年以降 4件あった。

神奈川県横須賀市立小学校で女児が重体となった 2001年9月 の事故では 校長と担任教諭が書類送検され、不起訴処分となった。

杉並区教委は「事実関係の確認が取れておらずコメントを差し控える」としている。【三木幸治】




   2008年 12月17日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ <天窓転落死>校長と教諭、業過致死容疑で書類送検 警視庁 2008.12.17毎日

東京都杉並区の区立杉並第十小学校(児童数約390人)で6月、屋上で授業中に6年生の中村京誠君(12)が天窓から転落死した事故で、警視庁捜査1課は17日、宮山延敬校長(55)と 授業を担当していた女性教諭(50)を業務上過失致死容疑で書類送検した。捜査1課は、校長は児童が天窓に乗れば転落の危険性があると認識していたのに、防護さくの設置など安全対策を講じなかったと判断。女性教諭も天窓に近づかないよう具体的な安全指導をしなかったため、事故が起きたと結論づけた。
dst0806181635013-p3-thumbnail2.jpg
調べでは、中村君は6月18日午前9時25分ごろ、校舎3階の屋上にあるドーム型の 天窓(直径約1.3メートル)に乗ったところ、アクリル樹脂製の覆い(厚さ4ミリ)が割れ、約12メートル下の1階床に転落、死亡した。

捜査1課によると、当時は女性教諭が1人で引率し、児童25人が自分の歩幅で距離を測る算数の体験授業を終えて教室に戻る途中だった。教諭は児童を出入り口に誘導し、他の児童を注意している最中だったという。
区の事故調査委員会が9月にまとめた報告書によると、86年の校舎改築時の校長は、 設計業者や区教委から「屋上は児童の活動場所ではない」と説明を受け、屋上は使用しなかった。だが、そのルールは引き継がれず、89年ごろから授業で使うようになったという。
また、同校では学校施設の安全点検を毎月実施していたが、屋上は点検対象外だった。
屋上を使用する場合、校長ら管理職に事前に報告する仕組みもなかった。出入り口の扉の鍵は十数個複製され、貸し出し簿への記載は有名無実化していたという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000044-mai-soci

【天窓転落死:校長と教諭、業過致死容疑で書類送検 警視庁】30_convert_20100410104902
杉並第十小学校の屋上にある採光用窓(中央から転落)=杉並区教委提供 毎日








2年前の事故は、痛ましい事件でした。
せめて、後に教訓を生かして事故防止につなげ、他の子供の命が助かるようにするのが 亡くなった子供への供養ではないかと思います。

今回、教訓を生かして事故防止につなげる姿勢が、鹿児島県 霧島市の市立 陵南小学校に、まったくありませんでした。 
屋上で授業を担当した教員は、屋上の天窓を、まったく気にしていなかったです。


せめて、これから後にこの教訓を生かし事故防止につなげるために、
状況を入念に記録していただきたいです。

市教委の対応も含め、どことどことどこに、どんな問題があったかを究明し資料化し、広く日本中が見れるように、広報してほしいです。

霧島市教育長 高田肥文さんと、霧島市長 前田終止さんに期待します。


霧島市長 前田終止さんは、
今回の件を、資料にまとめ、市のHPに公開していただきたいです。
そうすれば、全国の市町村と、全国の小学校の役に立ちます。

これは大きな公益になります。 そして国益です。


前田終止市長に 責任ある政治家としての仕事を期待します。




 

    タグ: 危機管理
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 霧島市教育長 高田肥文さんは 「天窓ない報告は 誰かよく分からない」でOKなの?
 トキ9羽 死んだケージは テン侵入防げぬ設計施工。 200か所以上にすき間
 カナダ議員、議会食堂でアザラシ肉。 残酷とするEUに抗議 !
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   タグ: 安全保障
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● ハイチ自衛隊PKOは、日韓の連携を戦略的に強化する好機 (読売社説)
● 日本の安全保障の一番の土台は、米国と韓国(台湾)への親近感
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




■ 霧島市 龍馬と妻・お龍による日本最初の新婚旅行地 市役所HP
■ wiki 霧島市

霧島市は鹿児島県中央部に位置する市。
2005年11月7日、国分市と姶良郡溝辺町・横川町・牧園町・霧島町・隼人町・福山町の1市6町が合併し誕生した、鹿児島県で2番目の人口規模を有する市である。

薩摩地方と大隅地方、また宮崎県を結ぶ交通の要所で、国道・鉄道などの交通手段が発達し、古くから鹿児島県内有数の都市として発展してきたが、さらに鹿児島空港が開港し、九州自動車道が開通したことから、その地理的好条件を生かし、国分隼人テクノポリスの指定を受けて、ソニーや京セラなどのハイテク産業が発展した。

一方で日本百名山の霧島山や、鹿児島神宮の初午祭、霧島温泉郷や日当山温泉、妙見温泉などの温泉で知られる観光都市でもある。鹿児島県を代表する民謡の鹿児島おはら節の歌詞1番「花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島」に歌われる“霧島”とは当地が原産地とされるキリシマツツジ、“国分”とは合併前の旧国分市を中心に栽培されてきた葉タバコの銘柄、面する鹿児島湾(錦江湾)越しに南に桜島を望む当地は、まさに鹿児島を代表する土地

mapdata鹿児島県霧島市
鹿児島県霧島市









関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。