スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売社説 5.18に 「赤松広隆農水相は 口蹄疫より外遊優先」の記述なし

2010.5.22


口蹄疫が収まる気配がありませんが、

大手新聞の、読売、朝日、日経が、
「赤松農水相は 口蹄疫より外遊優先」を一向に報道しないです。


発生報道から、1ヶ月した 2010年5月18日時点ですら、
読売新聞は、社説で「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」には触れないままです。



■ 口蹄疫感染拡大 封じ込めに全力を挙げよ5月18日付・読売社説

家畜の伝染病である口蹄疫が、宮崎県で猛威を振るっている。
感染が広がれば、日本の畜産全体に甚大な被害が出る。
政府は封じ込めに全力を挙げるべきである。

口蹄疫は、牛や豚など蹄(ひづめ)のある動物がかかる病気だ。
人体に影響はないが、ウイルスによる感染力が強く、治療法はない。
感染した家畜だけでなく、一緒に飼育されている家畜もすべて「殺処分」するよう義務付けられている。

4月20日以降、疑いのある例を含めて100以上の農場で発見され、
処分しなければならない牛や豚は8万5000頭を超えた。

国内で確認されたのは、2000年以来 10年ぶりだ。
当時は、宮崎県と北海道で740頭の牛が処分され、3か月で終息した。

今回は発生後1か月で、殺処分の対象となった家畜が前回の100倍を超えている。
長年かけて育て上げた種牛に、感染が広がったことも大きな打撃だ。

宮崎産の種牛は評価が高く、子牛は県外に出荷され、
松阪牛などのブランド牛として育てられるケースも多い。
県は、感染を避けて事前に一部の種牛を移動させたが、避難した種牛にも感染の恐れがあるという。出荷する子牛が減れば、全国の産地が影響を受ける。
発生地では、半径10キロ以内の家畜の移動を禁止し、ウイルスを運ぶ可能性がある人や車を消毒するなど、封じ込めに躍起だ。

 だが、この間の行政の対応は、十分とは言い難い。

宮崎県は最初に疑いのある水牛の事例が農家から報告された後、3週間たって初めて感染を確認した。その間に感染が拡大した可能性が高く、県の判断は甘かったと言われても仕方あるまい。
農林水産省にも問題があった。
今年に入って東アジア各地で口蹄疫感染が報告され、韓国では4月には被害が拡大していた。こうした国々からウイルスが宮崎に上陸した疑いもある。水際で防ぐ措置が必要だったのではないか。

現地の畜産農家は、精神的にも経済的にも打撃を受けている。
処分した家畜を埋める土地が見つからない農家も多いという。

感染防止を確実にするためにも農家への支援は重要である。

2001年に口蹄疫が大流行した英国では、対応の遅れで600万頭以上の処分に追い込まれた。

政府は対策本部を設置し、1000億円の予算措置を打ち出したが、
被害が拡大するようであれば、追加対策も検討すべきだろう。




麻生太郎首相のときには
漢字の読みミスすらあげつらっていたというのに…

読売新聞は、「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」を批判していません。
批判どころか、何事も問題がなかったかのようにスルーです。



赤松広隆さんは、ありえないことをしでかしてますのに、
大手の新聞社が口裏を合わせたかのようにどこも指摘しないのは、おかしいと思います。




赤松広隆農水相が、猛烈な伝染性の 口蹄疫 が発生したのに
政治 口蹄疫 宮崎県 赤松広隆農水相 19日、biz1005221217004-n1_convert_20100522152157


どれだけ、緊張感を欠いていたか
次の 産経の記事から、時系列で、明白にわかります。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【口蹄疫】やっと対策本部 危機感欠如の政府に批判    2010.5.17 産経

 口蹄疫の被害が拡大していることを受けて政府は17日、これまで「対策の遅れはない」(平野博文官房長官)と言い張ってきた姿勢を事実上修正し、ようやく鳩山由紀夫首相直轄の対策本部を設置した。感染経路解明の難しさや被害拡大が予想を上回る早さだったとはいえ、遅きに失した感は否めない。鳩山政権にとっては、米軍普天間飛行場移設問題に続く「失政」となる懸念も出ている。(酒井充)

首相は今回、赤松広隆農水相がトップの同省対策本部では対応できない事態と判断し、自ら指揮を執る選択をした。背景には、被害拡大の中、現地からの悲鳴をよそに外遊や政治活動を優先した赤松氏への批判の高まりもあるとみられる。


赤松氏は4月20日に感染が確認されていたにもかかわらず、
4月30日から9日間、中南米を訪問した。
この間、殺処分対象の牛と豚は4369頭から一気に14倍以上の6万2426頭に跳ね上がった。
しかし、5月8日に帰国した赤松氏が真っ先に向かったのは栃木県。
民主党衆院議員の後援会会合出席のためだった。
赤松氏がやっと宮崎県を訪れたのは5月10日になってから。
鳩山首相は「必要以上にさまざまな風評が立つと、農家の方が困る」と、対応の遅れを釈明したが、すでに感染は拡大しており、風評被害を気にする段階は過ぎていた。赤松氏は17日昼、首相との会談後も記者団に「対応が遅れたとは思っていない」と自己正当化を試みた。
与党内からも批判は噴出している。鹿児島5区が地盤の民主党・網屋信介衆院議員は17日の衆院決算行政監視委員会で「地域と農水省の話には、ずいぶん情報にギャップがある」と指摘。同党の宮崎岳志議員も「やはり赤松氏自ら、迅速に現地に乗り込んで陣頭指揮を振るっていただきたい」とくぎを刺した。
国会周辺では17日、「口蹄疫被害拡大は政府のテロに等しい」と題し、「政府が備蓄した消毒薬を民主党幹部が地元に流した」とするビラがまかれた。農水省は「国は消毒薬を備蓄する仕組みになっていない。ましてや『横流し』なんて完全な作り話だ」と否定するが、政府の対応の遅れが疑惑を招いたともいえる。
平野氏は5月17日の記者会見で政府の対策本部設置を「首相の指示だ」と何度も強調した。

最初の感染確認からその指示が出るまで 27日間が過ぎていた。
政治 口蹄疫 赤松広隆農水相 宮崎県 plc1005172301023-n1_convert_20100522122152
口蹄疫対策本部の初会合のため、首相官邸に入る赤松農相=17日午後






大手新聞、読売、朝日、日経が、
「赤松農水相は 口蹄疫より外遊優先」を報道していません。

報道しないことを通じて、世論に影響を与えることができます。
7月の参議院選に、農村票が民主党から離れないように誘導しています。


大手新聞が、不公正な報道をしていては、日本はよくならないです。

特に、業界一位の読売新聞は、業界に大きな影響があり、責任は重大です。
公正に報道していただきたいです。






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










産経新聞の社説もあわせて収納します。

産経の社説には、一行、
「赤松広隆農水相は口蹄疫より外遊優先」があります。

たった、これだけのこと。
これで、知らせる 報道の使命は果たせます。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【主張】口蹄疫被害 種牛も汚染された不手際  2010.5.18 産経

宮崎県で家畜伝染病の「口蹄疫」が爆発的に広がり、
宮崎牛ブランドを支える種牛までが、殺処分の対象となった。

10年前の流行時の100倍以上、約8万6千頭もの牛や豚を殺処分せざる
を得ない非常事態で、被害総額は160億円にも上る。

政府はようやく鳩山由紀夫首相を本部長とする対策本部を発足させたが、
日本の畜産業全体に打撃が及ばないよう、迅速に対処していくべきだ。

宮崎牛の種牛は、松阪牛や近江牛、佐賀牛にもなる貴重な遺伝子資源であり、
日本の知的財産として守られてきた。
一元管理する県家畜改良事業団でも感染の疑いが出て、肥育牛と合わせ約300頭が殺処分の対象となった。

宮崎県は最近になって、最も優れた種牛6頭を隔離、避難させている。
これらにまで感染が広がれば、宮崎牛の生産は壊滅的な事態にもなりかねない。

口蹄疫の被害は宮崎県東部だけでなく、熊本と鹿児島両県に隣接する地域にも飛び火している。監視体制を強化するとともに牛豚の移動禁止を厳守して封じ込め、県外に感染を拡大させないことが重要だ。人や車の消毒も、さらに徹底せねばならない。

今回は被害の90%以上が豚だ。
専門家によると、豚は一度感染すると、大量のウイルスを放出して感染を広げてしまう。
養豚場を中心に家畜の健康に細心の注意を払うなど、流行の特徴をとらえた防疫を進めることが肝要である。

中国や台湾、韓国でも発生していた。
これだけ人や物資の流れが激しい時代だ。
海外の情報をいち早く把握し、速やかに対応すべきだった。
感染経路を可能な限り特定して、今後の対策に役立てることも忘れてはならない。

1頭でも感染が確認されると、その農場のすべての牛豚を殺処分にしなければならず、
農家の痛手は大きい。損害は国や家畜共済などで全額補償されるが、手塩にかけた牛豚を殺処分する心理的なショックや、畜産を続けられないのではとの不安が生じる。風評被害の影響も懸念される。

国や宮崎県の対応のまずさは指摘しておきたい。
初動が遅れ、
その後も緊張感に欠けていた。
赤松広隆農林水産相は外遊に出て、地元民の怒りをかった。


鳩山政権の危機管理を批判されても、反論できないだろう。
今後の反省材料とすべきである。 




産経の社説には、一行、
「赤松広隆農水相は口蹄疫より外遊優先」があります。



なのに、読売社説には、
「赤松広隆農水相は口蹄疫より外遊優先」が皆無です。

たった一行で、国民に知らせる 報道の使命は果たせます。



この1行がないがゆえに、読売社説は、不公平な報道をしています。
この1行を報道しなかったら、読者は、知りようがないです。


この1行がないのは読売、朝日、日経など、大手新聞です。
大手新聞が報道しないままなので、多くの国民が知らないままです。

これは、7月の参議院選挙に影響します。
大手新聞が報道しないままということは、不公正です。



読売新聞を購読している人が、
誰かから「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先したんだよ」と聞いたとき、

読売では載っていなかったから、
それは根拠のない中傷じゃないの?
」 と感じるかも… です。
これが、こわいことです。



大手新聞が、足並みそろえ「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」に触れてません。
これは、世論へ操作をしています。
公器として、あってはならないことと思います。

世論を動かしたいのなら、
堂々と自説を掲載すればいいです。

それを 報道しないことで 世論を誘導してはならないです。
それは、読者に無礼であり、読者を軽んじています。



せめて、上位の数社で足並みが違い、相手に論戦するようなマスコミ業界なら
救いがあります。
それなら、どこかが報道しなくても、「報道しないから知らない」人は少ないでしょう。


しかし、「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」に触れている新聞は、産経だけです。
しかも、産経は部数で、まだ業界7位に過ぎないです。
産経新聞がしっかりしているだけでは、力不足です。



上位の数社、
なかでも読売新聞に公正に報道していただきたいです。



報道しないこともあるような最大手では、
わたしたちは、トップブランドすら信頼できなくて、本当に困ります。


ひょっとして、最大手の読売がしっかりエリを正していただくよりも、
産経新聞が、業界1位の部数に成長していただくほうが早いのでしょうか。

もしそうなら、産経新聞に頑張っていただきたいです。












九州のみなさま

昨年より、産経新聞は、印刷拠点を九州に設置しタイムリーな内容になっています。
■ 産経新聞が九州山口地区で新創刊 現地印刷スタート 2009.9.30 産経

いままで九州の産経新聞は、大阪で印刷されたものが届いていました。
それで、前日の夕方締め切りになっていたので、他紙よりもやや記事が遅れていました。
ですが、昨年より、九州印刷版がスタートし、タイムリーになっています。



「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」に触れていない
読売、朝日、日経の大手新聞は、今後も、他にも、触れないままなことがありえます。

寿司でいうなら、わさび抜き。 
というか、 ネタ抜き…です。


産経新聞は、タブーを設けず、なんでも報道します。
なんでも報道することが 報道屋の第一の使命という気骨があります。

九州の気骨ある風土には、産経新聞が合っているかも…です。




産経新聞に期待します。
九州で、購読者をどんどん増やしていただきたいです。


また、産経新聞に期待します。

業界最大手の読売新聞の社説に、
「赤松農水相は口蹄疫より外遊優先」は触れられていない。
そんなことで、日本をよくできるのか。
報道の使命は、まず報道することだ!


読売新聞が、民主党を支持するなら、読者をあざむくやり方はよせ。
堂々と社説で、民主党を支持をうたうべきだ。

情報はきっちり報道しろ。
そして、自社がなにを支持するのかは、はっきり打ち出せばいい。
報道屋の魂、在野の精神が泣いているぞ。

と、一面で、うったえてください。






自民党が戦意が低くて攻撃力が低くてダメで、
● 口蹄疫より外遊の赤松広隆に触れない大手新聞を 自民党は放置するな

その上、マスコミが戦意が低いなら、もう世の中、灯りがないです。
息苦しい闇です。




産経新聞が、「口蹄疫より外遊の赤松広隆に触れない大手新聞はエリを正せ」
とぶちあげたなら、九州の保守支持者の多くが、産経を購読することでしょう。


そして、九州だけでなく、日本全国で、大きなうねりが起こります。
業界7位には、ノビシロがあります。

なまじ業界1位だと、もう上はありませんから、保守の保は、保身の保に堕落してたりです。




読売、朝日、日経 これらは東京の企業ですが、
東京や首都圏が、左よりなのは、読売、朝日、日経の記事が悪いからでしょうか。


産経新聞が、「口蹄疫より外遊の赤松広隆に触れない大手新聞はエリを正せ」
とぶちあげ、東京と首都圏の保守支持者の多くから、産経新聞を購読していただいてください。

そして、産経新聞に、業界3位、2位と発展していっていただきたいです。


産経新聞は、大阪や奈良や和歌山が地盤です。
産経新聞が、東京でのしあがれば、大阪が元気になります。

産経新聞が、伸びれば、日本の世論がもっと骨太になります。
産経新聞が、元気だと、自民党にも戦意が戻るかも しれません。





日本の政治がダメなのは、日本の大手マスコミが こそくだからです。

そして、「口蹄疫より外遊の 赤松広隆に触れない大手新聞はエリを正せ」と
マスコミを突き上げない自民党が、
マスコミを増長させ、日本をダメにしています。




どこかから、だれかから、
閉塞した日本の言論空間に、どかんと風穴を開けないといけないです。



産経新聞さんの戦意に期待します。












 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 独占入手 都道府県別発行部数一覧
  朝毎読日経 VS 地方紙のシェア争い  2007年7月号  FACTA online

新聞 シェア マスコミ データー 200707_084_1
 ↑ クリックして拡大、
もう一度クリックしさらに拡大。




そして、全国シェアで上位に入ったら、
産経さんには、勢いに乗って、沖縄に上陸していただきたいです。

規制があって、沖縄に全国紙が進出できないそうです。

FACTAさんによると、
沖縄タイムス41%、琉球新報39%で、80%になっています。



北海道の最大手の北海道新聞は、朝日新聞よりも左よりかも…と聞きますが、
沖縄シェア、41%の沖縄タイムス、39%の琉球新報も かなり左…だとか。

沖縄が、戦略上、大切な地なら、
沖縄にこそ、多様な新聞が必要と思います。


沖縄への規制を解かせ、
いろいろな新聞社が進出できるようにすることが大切と思います。




■ 沖縄タイムス Wikipedia

平和主義・米軍基地撤廃・死刑廃止の立場をとっている。
朝日新聞と共同通信の那覇支局が沖縄タイムス社本社内に入居している(毎日新聞、読売新聞、時事通信の支局は琉球新報本社に入居)
創刊メンバーの豊平良顕が戦前、大阪朝日新聞那覇通信部の記者だったことから朝日新聞社とは特に縁が深く、創刊時から協力関係にあった。かつては世論調査を共同で実施し、現在も人事交流がある。

全国紙は沖縄への参入規制があり、印刷拠点を持たず本土との同時発行が不可能なこともあり(琉球新報が委託印刷している日本経済新聞を除く)
ライバル紙である琉球新報と合わせて県内でのシェアは99%近くを占め、ほぼ寡占状態となっている。





■ 琉球新報 Wikipedia

本土と比べ、沖縄のマスコミは左翼的な色合いが濃く、琉球新報も集団自決についての記事では必ず(強制集団死)と付記したり、「声」欄や論壇などに天皇制廃止論を主張する記事がよく掲載される。 ただし沖縄タイムスと比べると、その論調は比較的穏やかであると言われる こともある。




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 読売社説 5.18に 「赤松広隆農水相は 口蹄疫より外遊優先」の記述なし
■ 口蹄疫より外遊の赤松広隆に触れない大手新聞を 自民党は放置するな
 中川昭一の従兄弟、中川賢一(43)、みんなの党 から参議院選 出馬へ
■ 口蹄疫への対応に、日本政府の危機管理能力が現れる
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。