ウイスキーの聖地 スコットランドのアイラ島。 ラフロイグ友の会が面白い

2010年5月の記事です。


こういう取り組み、好きです。

■ スコットランドの蒸留所で廃棄物を電力に変える試み 2010. 5.30 CNN

ロンドン(CNN) ウイスキー蒸留所で再生可能エネルギーを作りだす
スコットランドの個人経営の蒸留所が、新しいバイオガス発生装置を使って環境問題とエネルギー問題の2つを一気に解決しようとしている。 

スコットランドのアイラ島で1881年からシングルモルトウイスキーを生産しているブルイックラディ蒸留所は、嫌気性消化装置を使って、ウイスキー生産過程で生じる廃棄物を電気に変える試みを今月開始する。 蒸留所のオーナー、マーク・レイニアー氏は、この取り組みで蒸留所の電力需要のおよそ8割を賄い、年間12万ポンドのコスト削減を目指している。 

この廃棄物とは、蒸留過程で副次的に産出されるポットエールと呼ばれる液体だ。
毎年、数十万リットルのポットエールがタンクローリーで汲み出され、パイプラインを通じてアイラ島東海岸沖のアイラ海峡に廃棄されている。 しかし、このポットエールの廃棄には 年間およそ3万ドルものコスト がかかる。

さらにエネルギー価格の高騰も重なり、ブルイックラディ蒸留所はエネルギーの調達方法の再考を迫られていた。 有機性物質が無酸素状態で生分解される時に行われる嫌気性消化を活用し、この過程の最終生成物であるメタンガスを発電機に送り込み、グリーン電力に転換するという。 このバイオガスで発電する試みが成功すれば、これまで日常的に海に廃棄されていたポットエールが継続的に消化装置に送られ、発電に再利用されるという好循環を生む。 

しかし、このブルイックラディ蒸留所の思い切った試みは、環境保全目的というよりも単に合理性を追求した結果だとレイニアー氏は語る。「われわれは実際的な人間だ。こういう島で暮らしてみれば分かる」 (レイニアー氏)

地域 ブルイックラディ蒸留所はスコットランドのアイラ島 AIC201005300024_convert_20100605103809
ブルイックラディ蒸留所はスコットランドのアイラ島に位置する(写真:Mark Reynier)



年間12万ポンドは、1ポンド120円として、1400万円、
年間3万ドルは、ドル100円なら、300万円、
およそ 年間 2000万円ぐらい、コストが削れるようです。


環境重視でコストをかさませ、競争力を失い商売を不利にするのではなく、
利益を生むための取り組みが、たまたま環境への取り組みという 健全さ が好きです。

それに、コスト、採算を重視する、
民間企業が主体で進めているのがいいです。




それに、北大西洋の強風や荒波で 飛行機や船も 時々欠航する島の環境ですから、
自社の廃棄物から電力を取り出せることは、危機管理的に いいです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 落雷が続き、ずっと赤字のままの 新潟県上越市の 風力発電事業
◆ 導入して大損?  湿気に弱いバイオマス発電、落雷で火災の風力発電
◆ スコットランドの風力発電の風車  強風で破損し、炎上し落下
◆ ウイスキーの聖地 スコットランドのアイラ島  バイオマス発電でコスト削減
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





この 嫌気性細菌で廃液をメタンガスにして電力に転換する
バイオガスで発電する技術は、きっとこれから日本各地の醸造元でも活躍するに違いありません。


鹿児島県とか宮崎県など九州では、芋や麦から焼酎の製造が盛んですが、
同じように 廃液の処理で困っています。


従来は、沖合いの海洋に投棄できたけれど海を汚すなとなってできなくなり、
処理費用がかさんでいる… と、TV番組でやっていました。

出演のみのもんたさんがいくつも蔵元を訪れて、酒造りの状況を聞く番組なのですが、
蔵元を訪れるたびに、そこでの秘蔵の焼酎を、女性事務のかたたちに勧められ
「仕方ないなぁ じゃぁちょっとだけね」 と言う割には、
目を閉じてうっとりしながら、ぐびぐび 豪快に飲んでいて、このペースで飲んでいくと番組の最後までもたないかもしれない…とハラハラして見てました。



鹿児島(アイラ島)のうんと沖でなら、
廃液の海洋投棄は、別に構わない。
と、わたしは思います。


廃液には栄養素が入ってますから、海洋に投棄することで、
海の植物プランクトンの肥料になります。

沿岸以外の海の大半の広大な大洋は、栄養分に乏しく、
植物プランクトンが少なく魚も少ないため、海の砂漠と言われるほどです。


■ 海洋調査研修船「望星丸」で海を調べる

クロロフィルa は沿岸で多く( 濃い)、沖合や外洋で少ない( 薄い) 事が分かります。クロロフィルの量は、植物プランクトンの量と対応しているため、これを餌とする動物プランクトンや小魚、小エビ、さらには大型な魚類の量の予測が可能です。 われわれの食卓に上る魚介類の多くが沿岸部で漁獲されていることもうなづけます。一方、黒潮域などの外洋ではクロロフィル量が少ないことから「海の砂漠」とも呼ばれ、魚が少ないことが知られています。しかし、そう単純ではないのが海洋です。黒潮の周りには無数の渦が存在しています。中でも反時計回り( 低気圧と同じ向き) の渦の中では、幾分深い場所から海水( 栄養塩が豊富) が湧き上がってきてクロロフィル量が増加します。このようなところにはマグロなどがいます。マグロ漁船は海の中の渦を人工衛星の海面高度データから調べて漁を行います。

■ 海に漲る生命(海の砂漠) - 海を歩くために目を凝らす




陸に近く川の水が流れ込む沿岸部と違って、
沖合いは栄養分が少ないです。

沖合いは、海の水がきれいすぎて、植物プランクトンが増えないぐらいです。
環境問題を気にするお役所の行政には、「海の砂漠」の知識がありません。

それなのに役所が、規制をかけて、処理コストをかさませ、
企業を苦しませる不合理…。
● 世界の4.3%の二酸化炭素量の日本を いじめるな。 



しかし、ひょうたんからコマで、

環境問題が、
スコットランドのアイラ島の蒸留所での廃液利用のメタンガス発電のように 
省コストから利益を生む技術を促進している面もないわけではなく、

このへん、微妙です。





ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






■ スコッチ・ウイスキー Wikipedia

■ ヘブリディーズ諸島 Wikipedia
563年にアイルランドの聖コルンバアイオナ修道院を設立し、スコットランドや北部イングランド布教の拠点となった。しかし、8世紀にはヴァイキングに占領されて、ノルウェーの属領となり、13 世紀にノルウェーからスコットランド王国に割譲された。



■ アイラ島とは - はてなキーワード
南北40km、東西25km、面積は約605平方kmほどで、
日本で言えば淡路島くらいの大きさの小島である。(東京23区ぐらい?)

ブレンデッド・スコッチ・ウイスキーのほとんどが
アイラ島産のウイスキーを原酒の一つとして加えており、
アイラ島はモルト・ウイスキーの聖地といわれる。
アイラ島のウイスキーはピート香が強くスモーキーな味わいのものが多い。



■ 英国への旅:アイラ島編(2)10月16日  酒とピアノとエトセトラ

スモーキーでソルティでスパイシーで、そして強烈なヨード香。こんなウイスキーはそれまで経験がなかった。それは「島の風土と人が造り出すマジック(魔法)だ」と教えられた。以来、「いつかアイラへ」が僕の夢だった。そんな夢が2007年9月24日、ついに叶った。午前9時15分。僕は確かにこの足で、アイラの地に降り立った。 … 


■ 英国への旅:アイラ島編(3)10月19日  酒とピアノとエトセトラ

ツアー参加の総人数は11人。英国内だけでなくカナダ、オースラリア、ドイツなどさまざまな国からやってきた「ラフロイグ・フリーク」が、ツアーのスタート場所であるショップ(写真右)に集っている。そういう僕も「ラフロイグ・フリーク」の1人。実は、ラフロイグの公式HPからリンクできる「ラフロイグ友の会(フレンズ・オブ・ラフロイグ)」の会員になっている。この日のツアー客にも、僕以外に3人の会員がいた(写真左=ラフロイグのポットスチル。ボウモアよりは大型で数も多かった)。
この「友の会」に登録すると、ラフロイグ蒸留所内の「30cm四方の土地のオーナー」に認定してくれて、一代限りの「土地の権利証」をくれる。 
そして、その「権利証」には、「あなたがラフロイグ蒸留所を訪れた際には、1杯のラフロイグを差し上げ、その土地にご案内します。よければ野鳥よけの防具(衣服)もお貸しします」とある。
念願叶ってラフロイグにやってきた僕は早速、… 


■ 英国への旅:アイラ島編(4)10月22日  酒とピアノとエトセトラ

博物館の帰り道、アイラモルト蒸留所の一つ「ブルックラディック」(写真左下)の前を通りかかる。まだ時間はあったので、ショップに寄って、ここでも少しお買い物。前からほしかった陶器製の水差しなどを購入する。ここのショップは今回訪れた蒸留所では一番大きい。他の蒸留所とは違って、限定のモルトを自分でボトルに入れて買えるのが嬉しい。しかし、場所が辺鄙なところにあるせいか、訪れている観光客は少なかった。 …

 スランジバー!(Slainte mhor)




■ アイラ島
アイラ島シングルモルトウイスキー。
磯の香りをたっぷり含んだその酒は飲む人を圧倒する。
地域 スコットランド アイラ島 ilaymap

アイスランド 北欧




■ アイラ島 Wikipedia

アイラ島( Islay 、ゲール語ではイーレÌle)は スコットランドの島。
「ヘブリディーズ諸島の女王」。
中心地は、蒸留所とラウンド・チャーチとしても知られるボウモアの町。

アイラ島の人口は3400人程で、総面積は600平方キロメートル。
主要な産業は モルト・ウイスキーの蒸留と観光。

アイラ島の気候はメキシコ湾流の影響で、スコットランド本島よりも温暖な日も多い。
アイラ島は、スコットランドで最も美しい島だと考える人も多い。

記録に最初に登場するのは、聖コルンバに関連した文書である。
6世紀にアイオナ島の修道院を創設するために、この聖人はアイラ島を経由したのであろう。

アイラ・モルト・ウィスキーはこの島の8つの蒸留所から生み出される。
島の南部の蒸留所でできるウィスキーには強烈なピート(泥炭)の香りのものがある。
東から西にカリーラ、アードベック、ラガヴーリン、ラフロイグ、ボウモア。
島の北側ではブルイックラディ、ブナハーヴン、キルホーマン。
ブナハーヴン、ブルイックラディのウィスキーは幾分軽い味わいであるが、キルホーマンとブルイックラディで生産されるポート・シャーロット、ロッホ・インダール、オクトモアと呼ばれる3種のウィスキーはやはり強烈なピート香を持っている。

ブルイックラディ蒸留所では近年ボトリング・プラントが開かれ、ウィスキーのバッティングや瓶詰めも行っている。
ブルイックラディ蒸留所は、モルトをアイラで瓶詰めしている島で唯一、スコットランドでも珍しい蒸留所である。

ウィスキーとは別に、新たにアイラ島のオリジナルなエールが作られている。

ウィスキー産業はアイラ島の基幹産業であるが、
その他にビールの醸造、畜産(牛、羊、豚、アルパカなど)、農業、牡蠣と帆立の養殖、漁業、織物(ウール)、陶芸、観光などが島の産業として挙げられる。ここ数年は観光が好調なこともあり、工芸品(ろうけつ染めやガラス工芸品)や食品(ファッジやチョコレート)の小規模な工房が新たに開かれている。

地域 スコットランド アイラ島 lochindaal-house-lighthouse_convert_20100605132442

アイラ島の位置は大西洋の荒波に曝される場所であるため、
スコットランド初の波力発電所が置かれることになった。

2000年において世界初の商用波力発電所となった。
2008年7月からは一般家庭に電力を供給している。

ボウモア蒸留所ではウィスキー製造の余熱を、ウィスキー製造、所内の暖房、温水プールなどに再利用している他、ポート・シャーロットの地域コミュニティ・センターであるポート・モール・センターでは風力発電が、ボウモアのゲール語大学イオナトゥ・ハルム・ヒーレ・イーレでは太陽電池などが使われ、化石燃料の使用を節約する試みが行なわれている。

さらに、アイラ海峡南端の海底にはプロペラ式の潮流発電機の設置が、リンスの西の海上には風力発電機の設置が計画されており、アイラ海峡の施設に関しては地元との協議と環境に与える影響の調査が始まっている。

アイラ島は、ヨーロッパで最も優れたブラウントラウト釣りの名所の一つである。
この「ブラウニー」は今でもこの島の淡水の生態系における優占種である。
2003年、ヨーロッパ釣り大会がこの島の5つの湖で催された。川や湖に面したほとんどの土地で釣りが行われ、堤は釣りに利用される。海釣りも、特に海岸の破船のあるところでは、ポピュラーである。アイラ島では釣りは地元のスポーツとして定着しており、毎年釣り大会が催されている。

地域 スコットランド アイラ島 ブルイックラディ蒸留所 2005年3月までは最も西に位置する蒸留所であった。 250px-Bruichladdich_Distillery
ブルイックラディ蒸留所
2005年3月までは最も西に位置する蒸留所であった。



Wikipediaの記述から、ブルイックラディ蒸留所の経営者レイニアーさんは、
企業家精神 旺盛なチャレンジャー ということが伝わってきます。


関連記事
コメント
コピペです。
<参考までに>
アイレイ・モルト・ウイスキーは、スコットランドの西北にあるアイレイ島と言う小さな島で作られている。この島は南北40キロ、東西32キロほどの小さな島(佐渡島と同じくらいです)なのですが、実に8つのウイスキーの蒸留所があります。ここのウイスキーは最も個性の強いモルト・ウイスキーだと言われていて、ブレンデッド・ウイスキーを飲み慣れた人の舌にはかなりショッキングな味かと思われます。
 このタイプのウイスキーは「水」がかなり重要な位置を占めていると思われます。この水は「ピート」と呼ばれるツツジ科の植物が堆積して炭化した泥炭層を通って来た濁りのある水です。色は本当にチョコレート色と言うか、ウイスキーの濃くしたような色です。日本に住む私たちは水というと無色透明というイメージがありますが、ここアイレイ島では洗面所、風呂などどこの水道の蛇口をひねって出てくるのは茶色く濁った水です。最初はびっくりしますが、暮らしていくと全然気になくなります。この水が、アイレイ産のモルト・ウイスキーに際だった香りと風味を与えることになったのでしょう。
2010/07/29(木) 23:44 | URL | mercy #62/4nzbo[ 編集]
No title
.



mercyさん
感謝です!!!

ありがとうございます。


しばらく、繁忙なので
記事 お休み中です。 






でも、気になる記事をちらっと見つけて
気に掛かってたりです。 ???
http://www.tibethouse.jp/news_release/2010/100730_gaden.html
2010/07/31(土) 23:50 | URL | いの #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/06(金) 06:00 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。