環03 原子力発電所 考。 国の繁栄を永続させるには武を軽視しないこと。

山を歩くと クマとの遭遇がこわいです。
本州なら、ツキノワグマ。
北海道ならヒグマです。

昨年(2008年10月)のことですが、道北で ヒグマに襲われた人がなくなられました。
ヒグマの牙や爪はこわいです。

そして、ヒグマ以上にこわいのは、ナイフを持った暴漢や不良です。

ヒグマのほうが人よりもはるかに力が強いのに、なぜ暴漢のナイフの方が怖いのでしょうか。


それは、ヒグマの爪や牙はある方向にしか動かないからです。
動きが予測できなくもないので、避けることもできる可能性があります。
しかし、暴漢のナイフは、肩の動きと手首のひねりで、ナイフは あらゆる角度に突き出せるため、動きが予測できないです。
暴漢のナイフは、回避しにくいからヒグマも爪や牙よりも危険です。


ところが刃物を持っていても 相手が銃だとかないません。
弾丸よりも早く動けるのはマンガや 映画の世界だけです。
ためらいなく引き金を引けば、弾着は一瞬です。


そして、いくら銃を持っていても 相手が射程の長い火器を持っていれば一方的にやられるだけとなります。

武器の性能の差は、実は大変なリスクです。




 
「暴力はこわい・・・」のは、男も女も子供も みな同じです。
 肌感覚です。

ただ女子供を守る側に立つはずの男性は、
もう一歩踏み込んだ感覚を、持っていないといけないはずです。 
それは、武器の差で、一方的にやられるだけになってしまうことへの用心や警戒心です。 
それは、守る側に立つことから生まれる 責任の感覚です。
女子供を守る男たちの側が、一方的にやられたら…、悲しい事になります。


しかし、現代の日本人は、頭でっかちになってしまったのでしょうか。
武器の性能の差は、致命的であり、一方的であり、無惨で冷酷な結末に直結する という警戒心がなくなっています。 

 たとえばです。 
国際協力で自衛隊が、紛争地に平和維持活動に出向くときです。 
最初の時は、「機関銃を持って行ってはいけない」  だったかと思います。 
最近でも イラクに行く時には、小型の迫撃砲などを持っていけなかったように思います。

きょうび、どんな地域のゲリラでも機関銃ていどは持ってます。
普通の自動小銃の、数倍遠くの射程撃てる機関銃を撃ってきたら、それを制圧するすべはありません。
(物理的にただただ何も抵抗できず虐殺されます)

それに もしも 自衛隊が機関銃を持っている場合には、
反撃されるからむやみに手は出せない…と 抑止力になることもあるでしょうが、この抑止がないことが こわいことです。 

ちなみに どんな紛争地の武装勢力でも、機関銃どころか迫撃砲やロケット砲やバズーカ砲を持ってます。 
それらは、現代では、自動小銃とともに、ごくふつうの携帯用の武器にすぎないです。
官僚と国会議員とマスコミと国民は、これらのことを知らないのです。
世界の大国から、内紛の多い小国まで、中学生が知っている常識です。


素手でヒグマに立ち向かうようなムゴイことを、自衛隊の人たちに強いたのが、この国です。
 この国 こわいです。 
 人命 軽視・・・。 


 
司馬遼太郎さんは、太平洋戦争(昭和)で兵士達は、日露戦争(明治)のころぐらいの時代遅れの旧式の武器で戦わせられた…。
これは上層部の怠慢であり、兵士の命の軽視であると批判しています。  

第一次世界大戦(大正)で、陸戦の兵士達の武器や戦術は、革新的な進歩をとげたそうです。
しかし、第一次世界大戦は ヨーロッパが主な陸の戦場だったため、
 ヨーロッパでの陸戦に不参加だった日本は
武器の性能向上や、多量の弾薬や砲弾の消費の状況や運用の革新を学ぶことなく、旧式なまま昭和を迎えました。

ちなみに、機関銃は日露戦争ですでに使われていた武器です。
当時の 世界で最強の陸上部隊は、勇猛かつ行動距離があってどこから襲ってくるか予測がつかない ロシアの コサック騎兵隊です。
この世界最強といわれるロシアのコサック騎兵隊を撃退したのが、
明治になってできたばかりの、秋山好古が率いる日本の騎兵隊です。
騎兵隊なのに、戦う時には下馬して戦いました。
しかも機関銃で、迎え撃ったそうです。 
世界最強のロシアのコサック騎兵隊も機関銃で撃たれてしまえばなすすべもなかったのです。

また、ロシアの側は機関銃を要塞に設置したため、203高地などでの日本兵の、激甚な戦死者になったそうです。   

日本で最初に機関銃が使われたのは、江戸時代末の幕府側に味方した藩と 新政府側の藩との戦争の戊辰戦争です。
新潟のほうに長岡藩というところがあって、
ここが洋式の藩兵の鍛錬を行っていて、当時のアメリカは、奴隷解放をめぐっての南北戦争が終わったころで、そこで使われた機関銃の一種の ガトリング砲が横流れしたのを購入しました。
長岡藩を攻撃した、官軍は大被害です。  

ちなみに、アメリカでは、この機関銃で多量に銃弾を消費するようになったため銃弾の多量生産の技術が開発され、その技術が転用されて、釘の多量生産が可能になり、丈夫で安い釘が多量に流通するようになったことで ツーバイフォーの家づくりが 隆盛したそうです

 それはともかくも、
護身用の機関銃すら持たされずに派遣された自衛隊のかたたちは、
 司馬遼太郎の言うところの
日露戦争水準の武装、それ以下だったというわけです。 


 太平洋戦争のころの
日本の上層部は常勝の戦勝国としての おごりのためか兵器と運用のイノベーションを怠けましたけど、 現代のこの国の上層部たる一流大学出身者の集団のマスコミの方々や 上級職のお役人や 
選良たる議員の方々も 
 結局、世界標準をはるかに劣る武装で、 
武装勢力からの攻撃の際に護身もままならないままで派遣命令したという、兵士の人命を軽視する命令を出しています。
冷酷で無知な命令を出した事は歴史に残ります。 
また、人命軽視では、先の大戦から進歩がないです。

侵略も 武の属性ですが、 
矛を止め平和を維持するのも武の属性です。 

武を持てば、侵略するのではないかとおそれるのは無益です。
もはや日本はマスコミが発達した社会ですし、世界の警察官アメリカがいますから、日本が侵略行動はできません。
しかし、侵略される側になる可能性はあります。
国内のマスコミは外国に対して無力ですし、アメリカも日米安全保障条約を更新しなければ、同盟国ではなくなります。
矛を止め平和を維持するのは武の役割です。 
その武を軽視する国は 永続しないのが歴史の経験則です。
武を軽視するものは、歴史を軽視し、直視していないのです。



でも、ちょっとだけ この国を見直している点があります。

それは日本が、原子力発電を推進していることです。 
もちろん 平和利用が当然の事ですが、これは潜在的な抑止力になっています。
もしも、日本が不当な核攻撃を受けた場合に、兵器に転用して報復用に核兵器を製造するだろうと、侵略側は想像できるわけで、そういう想像や発想が思える事自体が、一種の抑止力になるでしょう。

核兵器が相手の場合、武器の性能の差は隔絶します。 
核兵器に立ち向かうのは、ゴジラに素手で立ち向かうようなものです。
そういう難しい状況に、さりげなく抑止力を持たしてくれる、日本が原子力発電を推進する政策はなかなかだと思います。 

日本を敵視する複数の隣国に核兵器があります。
その中でも、北朝鮮は核兵器やミサイルを脅迫に使う国です。
また、中国には、日本の各都市に向けられた多数の核ミサイルがあります。
この状況である限り、日本は原子力発電は続けなくてはならないと、平和のための戦略的な思考を 静かにめぐらしていた日本の上層部の一角がわが国にあったのかもしれません。
それは、相手に悪心を起こさせないという抑止力につながるので、なかなかの発想だと思います。



しかし、今後はそんなソフトな抑止力は、無力化することになります。
北朝鮮が黒鉛炉を完成させると、年に50発相当の核弾頭を作れるようになるからです。
そして、数年間、備蓄すれば、韓国と日本に向けた既存の200基以上の中距離ミサイル分の核弾頭となります。

いつでも打ち込むことができる200基のミサイルと核弾頭を北朝鮮が持ったなら、その物量が力のバランスを一変させてしまいます。
日本には原子力発電所があって、日本でも核開発が出来る可能性があるというようなソフトな抑止力でまったく無力になります。
なぜなら、極めて短期間に、核ミサイルを連続して打ち込んで脅しきって日本を屈服させて併合までしまうなら、潜在的な日本の核開発力など、無視できるからです。


数発の核ミサイルからの脅威と、100発200発の核ミサイルの脅威の軍事力の差は、天と地の差で、まったくベツモノの次元と考えなくてはなりません。

2年後3年後の北朝鮮の核ミサイル多数保有は、日本にとっての未曾有の危機となるでしょう。
やがてくるこの危機に日本は、早急に備えていかないといけません。
なぜなら、北朝鮮からの併合要求に屈することになる可能性があるからです。

日本や韓国が言う事を聞くまで、各都市に1発づつ見せしめに、核ミサイルを打ち込む実力行使と恫喝戦略をとった場合に、日本はなすすべがないのです。

何らかの対抗手段を、今から日本は用意しなくてはなりません。
その対策を毅然として用意できるのは、幸福実現党です。
私が、幸福実現党を応援するのは、やがて来る危機への対処を幸福実現党ならしていただけると思うからです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
↑政治家なら北朝鮮の核戦略に屈することのない安全保障への取り組みがほしい と思ったらクリックを。



   安全保障  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 福岡2区は佐竹秀夫。 山崎拓は北朝鮮を擁護。 日本の国益を損なう
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 幸福実現党 中国の軍事費が世界2位に(前年比10%増) に備えよ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 東京10区小池百合子の「予防的先制攻撃」も必要になることがあるは正論
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 自民の部会は手ぬるい。 予防的先制攻撃を行う可能性を打ち出せ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 読売社説 「武器輸出3原則を緩和」の前に、対人地雷禁止条約 再考を
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 読売社説。 北ミサイル基地攻撃は巡航ミサイルと、攻撃機で
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 佐藤首相「核報復」要請、65年訪米時の外交文書公開 (2008年12月22日 読売新聞)  

  中国による初の核実験直後の1965年1月に、就任後初めて訪米した佐藤栄作首相が、ジョンソン政権のマクナマラ国防長官との会談で「(日本が核攻撃を受けた場合は)アメリカが直ちに核による報復を行うことを期待している」と述べ、洋上の米軍艦船からの核兵器による報復攻撃を具体的に求めていたことが、外務省が22日付で公開した外交文書で明らかになった。ジョンソン大統領との首脳会談では、米国の「核の傘」を確認していたことも日本側文書で裏付けられた。

 佐藤首相は、1月12、13両日にジョンソン大統領、13日にマクナマラ国防長官と会談した。会談記録によると、12日の大統領との会談で、首相は64年10月、中国が行った核実験を念頭に日本に対する「核の傘」の確証を求め、大統領から「私が保証する」との言質をとった。

 これを受けたマクナマラ長官との会談で、首相は「(日本への)核兵器の持ち込みということになれば、安保条約で(事前協議の必要性が)規定されている」と前置きした上で、「戦争」になった場合、アメリカは直ちに核攻撃も含めた反撃を行うよう要請した。さらに、首相は「洋上のもの(核搭載艦船)なら直ちに発動できるのではないか」と有事の際、領海内への核持ち込みを容認したとも受け取れる発言もしていた。長官も「洋上のものについては何ら技術的な問題はない」と応じた。外交文書公開は21回目。今回は、45~76年までの約11万2000ページが公開された。一般公開は東京・麻布台の外交史料館で行われる。




 ■ 官房長官「核の抑止力を強調したもの」 佐藤元首相の報復発言で (日経HP12月22日)    

  河村建夫官房長官は22日午前の記者会見で、1965年に当時の佐藤栄作首相が米国防長官に、日本と中国が戦争になった場合、米国による核報復への期待を表明したことについて「米国の核の抑止力が日本への核攻撃や脅威を未然に抑止する力になることを強調したと理解する」と述べた。日本への核持ち込みを容認した発言ではないとの認識を示したものだ。

 河村長官は「(佐藤元首相は)会談でも日本の非核3原則の考え方をきちっと表現している」と指摘。「(中国の核実験後だった当時は)今の時代と相当違う」と語り、国際環境の違いを理解した上で発言の真意を把握すべきだとした。佐藤元首相の発言は外務省が公開した外交文書で明らかになった。

 


 ■ 北朝鮮、核弾頭20個以上保有か…韓国・国防委員長 (2008年12月16日 読売新聞) 

  韓国国会国防委員会の金鶴松(キムハクソン)委員長は16日、ソウル市内で開かれた国防研究院主催の討論会で、北朝鮮が保有する核爆弾(弾頭)の数について、20個以上に上る可能性があるとの見方を示した。

 聯合ニュースによると、金委員長は「北朝鮮の核爆弾保有数について、米政府が7~8個、韓国政府は6~8個または5~7個とみているが、これは原料のプルトニウムの抽出量を42キロ・グラムと推定し、1個当たり6~7キロ・グラムを使うと仮定したものだ」と指摘。その上で、「北朝鮮が1個につき2~3キロ・グラムのプルトニウムが必要な小型核(弾頭)を開発していたら、20個以上を製造した可能性がある」と述べた。

 


 ■ ロシア、中国空母建造に協力検討  (日経HP 2009年1月9日) 

 【北京】 ロシアのラゾフ駐中国大使は8日付の中国紙「南方週末」のインタビューで、中国が準備を加速する航空母艦建造への協力を検討する考えを示した。
空母本体や艦載機の製造に必要な技術の提供などが念頭にあるとみられる。
ラゾフ大使は中ロの合同軍事演習を今年計画し、具体的な時期や場所を協議していることも明らかにした。




 ■ 中国のGPSが2020年完成、空母戦闘群と連動 (2009年1月18日 読売新聞) 

  【北京=佐伯聡士】 中国が構築を進めている中国版GPS(全地球測位システム)「北斗」の地球規模の運用態勢が2020年までに整う見通しとなった。
 中国紙「中国国防報」などが伝えた。すでに衛星5基を打ち上げて軍民両用で地域的な運用が始まっているが、最終的に30基余りを使用する予定で、今年は一気に3~4基の衛星を打ち上げる。

 米国のGPSに依存しない北斗の地球規模のカバーは、建造に向けて本格的な研究が始まった空母戦闘群と密接な関係を持つ。ミサイル駆逐艦、艦載機の精密誘導兵器などを駆使する空母戦闘群にとって、独自技術による測位システムは欠かせない。有事の際、米国がGPSをコントロールし、空母などが機能不全に陥る事態を避けるためだ。外交筋の間では「空母建造の時期は北斗の完成をにらんだもの」との見方が出ている。

 03年5月から正式に運用を開始した北斗は、中国とその周辺地域を対象に、軍だけでなく、漁業、気象、交通などの分野で幅広く利用され、昨年5月の四川大地震の際には軍の救援活動で威力を発揮したという。精度などレベルを大幅に向上させた第2世代の整備も07年4月から始まっている。衛星測位システムは、米国のGPSのほか、ロシアの「グローナス」が10年のシステム完成に向けて急ピッチで態勢を整えている。

 


   関連記事
・ 環03 原子力発電所考。矛を止め平和維持が武の役目。武を軽視する国は繁栄しない。
・ 環02 不良の経済学は、ローコスト、ローリスク、ハイリターン。原子力発電所に警備を。
・ 環01 原子力発電所の安全のために自衛隊で警備を。
 ・ 他国からの恫喝、侵略行為への最も強力でローコストな抑止力は第9条の憲法改正
 ・ いじめや脅しへの抑止力は力。 まずは言葉の力で。 2009年03月26日
 ・ リ18 安全保障や政治の記事へのリンク
 ・ あこがれの地 沖縄と 沖縄への思い1
 ・ 3月22日の鹿児島県阿久根市の市会議員選挙の結果に注目!
 ・ 17 政府紙幣に賛成。メガバンクに委託し企業へ融資し倒産の回避を。
    記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・リンク集 他
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


   Securityとは、「生命と財産を守ること」。

 ・天災や人災の危険な状態から守り、安全を保つこと。
 ・社会の秩序を守ること。治安。防災、防犯。
 ・安全保障(国家) 警備(企業・場所・人・貴金属) 保安(鉄道・山岳 ) 護衛(人 ) 治安(社会)

   国と政治家の最低限の仕事が、安全保障 (Security)です。
関連記事
コメント
No title
.



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 温暖化対策で原発推進、首相が盛り込む方針 2010年3月6日 読売

 鳩山首相は6日、温暖化対策の基本方針を定める地球温暖化対策基本法案(仮称)について、「原子力は地球環境を守り、CO2(二酸化炭素)を減らすためには欠くことのできないエネルギーだ。基本法の中で位置付けていきたい」と述べ、「原子力発電の推進」を盛り込む方針を表明した。視察先の東京都大田区内で記者団の質問に答えた。

 同法案を巡っては、社民党党首の福島消費者相が「原子力発電の推進」を盛り込まないよう平野官房長官に要求するなどで与党内の調整が難航し、5日に予定していた閣議決定を週明けに先送りした。




.
2010/03/07(日) 14:16 | URL | 原子力発電 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。