「亭主をたてるは女の器量 できる男は女房がつくる」

  副題)  妻の 愛ある仕事

「亭主をたてるは女の器量 できる男は女房がつくる」
という題で、寿美 花代(すみ はなよ)さんが本をお書きになっています。

寿美 花代さんは、宝塚歌劇団時代に星組男役トップスターだった人です。

高島忠夫という俳優のかたと結婚され、
家に入ってからずいぶん葛藤もされたようですが、非常に賢い主婦になられました。

旦那さんが出世されましたし、評判になるぐらい仲がいいご夫婦でした。
お子さんも立派に育ちました。
良妻賢母という言葉があてはまりそうな人です。
.
.

芸能関係の仕事は、時間帯が遅かったり不規則だったりです。
それに、有名人として人気もある上に、
華やかな女性もいっぱい集まる場所でしょう。

また、ギャラもいいでしょうし、
打ち合わせや打ち上げで酒席も多いことでしょう。 

不健康になりやすく、
高慢になりやすく、
浮気をしやすく、お酒を飲み歩いたりすることになりやすい仕事場です。
身を持ち崩しやすい、危険な職業だと思います。


私がもしも、
もしもですが、お金があって、有名人で、ハンサムで、
女性にもてもてだったなら、
妻が最愛なのは当然としても、
おそらくは妻以外に、
愛する女性BさんやCさんを見つけてしまうのではないかと思います。 

しかし、妻は
「キミが一番だけど、2番と3番もいるんだよね」
ということを理解してくれないでしょうし、
絶対に許してくれなさそうです。
(想像するだけで冷汗が…)

家庭が破綻する可能性が高く、
その結果、子供たちにもかわいそうな思いをさせてしまうのではないかと思います。


「お金があって、有名人で、女性にもてもて」な男性が、
おとなしくしているでしょうか。


自然界のさまざまな種類のオスの動物の生活様式を見れば、
人間の男の遺伝子がどういう衝動を秘めているかは明白です。

人間の世界では、ふつう多くの男性が、
経済力がさほどはないか、ハンサムではないか、若くなかったりして、
もてない人が多いから、あまり表面化しないだけです。


寿美 花代さんはしっかり知恵を働かせて、
芸能人の夫がよからぬことに気持ちが行かないだけの、
魅力ある家庭を作らなくては、ならなかったのです。


しかし、これは寿美 花代さんに限ったことではありません。
ふつうのご家庭でも同じです。

奥さんが営む家庭が魅力的かどうかは、
だんさんの行動を見れば一目瞭然です。 

仕事やおつきあいが終わったらさっと家に帰りたくなるだんなさんであれば、
素晴らしい家庭、魅力ある家庭なのだと思われます。


でも、けっこう身の回りにもいます。
家に帰りたがらない男たちは。

彼らはまっすぐに家に帰らずにいったいどこへ行くのでしょうか。

そうです。
第二の家庭に行くのです。

そこに行くと 「いらっしゃいませ」と最高の笑顔で女性があいさつをしてくれて、
コートをやさしく外してくれて、席まで案内し、おしぼりを出してくれて、
注文を聞いてくれて、タバコを取り出せばさっと火をつけてくれて、
終始、笑顔でやさしく気遣ってくれる家庭もどきがあるのです。

 少し飲んで帰るはずがなかなか帰れません。

それはそうです。
快適なんですから。別に変な気があるわけじゃなく、
ただ、店の雰囲気が好ましいから飲みに行くのです。
 
 しかし、高いです。

高いけれど、その価値はあるから、ひっきりなしに行く事になります。

でも、たかが、
店に入ってきたら最高の笑顔で「いらっしゃいませ」と言って、
 コートをかけてくれて、
お仕事大変だったでしょうと気遣ってくれて、
おしぼりだして、お酒とおつまみだしてくれて、
ずっと笑顔でやさしく応対される          
たったこれだけのことなんですよ。


たった、これだけの何でもないことに、
ああ極楽のようだ 生きててよかったなと思い、
 これって最高だなと思い、
のびのびと過ごして英気を回復し、
また明日も仕事がんばろうって思えてくるんです。
そして、閉店時間が近づけば、しぶしぶと家路につくわけです。


家に帰りたがらない男たちは、それこそいっぱいいます。
(飲みに行こうよと誘われるので、私は迷惑です)

これって、家に帰ったときに奥さんが、
家に入ってきたら最高の笑顔で、「おかえりなさい」と言って、
 コートをかけてくれて、
お仕事大変だったでしょうと気遣ってくれて、
おしぼりだして、お酒とおつまみだしてくれて、
ずっと笑顔でやさしく応対されるなら
毎回ン千円もン万円もかからずに、毎日ただじゃないですか。  
もしも、奥さんがそんなんだったら、すぐに急いで自宅に帰りますって。



仕方のないお付き合いは別としても、
ふだんは仕事が終わったら、
夫がもう家に帰りたくて帰りたくてしたかがないような家庭、
つまり 魅力的な家庭 を作るのが、良妻です。

しかも、魅力的な家庭は、
笑顔と気遣う言葉の ノープライス
でできます。


悪妻はこの逆です。
「私は悪妻よ」って言う人は、
実際には素晴らしく夫を引きつけている口先だけの悪妻から、
もう本当に夫が家に帰りたがらず、
飲みに行きたがるような家庭を作った真の悪妻までいろいろです。


笑顔と気遣う言葉だけでも、
家庭を、夫にとっての極楽(仏教)や天国(キリスト教)にすることができます。

飲みに行くお店の女性はたったこれだけ 
笑顔と気遣う言葉しかしていないのです。 

飲み屋や高級クラブの女性たちに、
奥さんが負けちゃだめです。


寿美 花代さんは、それ以外にも知恵をしぼって、素晴らしい家庭を築かれました。

その実践の内容が、「亭主をたてるは女の器量―できる男は女房がつくる」です。

日々、素晴らしい家庭を築かれるために取り組んでおられる女性に、
役に立つのではないかと思いました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
  「BOOK」データベースより amazonにあった文章です。 
「亭主、元気で留守がいい」なんてフレーズが流行しているそうですが、私には、なぜ、もっと夫をだいじにしないのか、不思議に思えてなりません。男なんて、ある意味で単純な動物です。女房におだてられればとたんに機嫌がよくなって、浮気もしないで女房をだいじにしてくれると同時に、「家族のために」と一生懸命に働いてくれます。 
    追 記
 この本はすでに廃刊ですが、amazonで中古が出ています。(今のところ1円でした
こんな素晴らしい書籍が知られていないなんてもったいないと思いまして、ご紹介した次第です。
 この文章は、「男の子がまっすぐ育つために大切なこと」の巻末に、書いた文章を書き直したものです。
長い記事の巻末なのでなかなか目にとまらないかもと思い、切り出して書き直しました。
    『 親の愛ある仕事 』 子供の意欲を伸ばす
  ・ 子供を伸ばす上手な話し方 「褒める」
  ・ 子供を伸ばす上手な話し方2 「間をおくこと」
  ・ 口うるさくない 上手な叱り方
  ・ 男の子がまっすぐ育つために大切なこと
  ・ 言葉の力を使って大きく伸ばす
    記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・リンク集 他
ブログランキング・にほんブログ村へ
    ステキな記事
  ■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04    愛・祈り・そして音楽  三谷結子さん
関連記事
コメント
No title
結婚して夫婦になって、そこでゴールじゃないんですよね。
お互い、やはり相手を気遣う心が不可欠だと思います。
よく「結婚したら態度が変わる」などと聞きますが、それは「油断」または「安心」ということでしょうか。
「家族になった」という安心感が「ま、いっか」という油断を産む。
それがお互いから「相手への気遣い」を奪い、相手のしてくれることを「当たり前」と思ってしまう。
家族だからこそ、互いの人格を尊重することを忘れてはいけないのだと思います。
妻は、夫が家計を支えるために日々頑張っていることに感謝の気持ちをもつこと(最近は社会に出て活躍している女性も多いですが)。
夫は、妻が家庭を守っていることをちゃんと認める。
このことを忘れないだけで、家庭は安泰だと思います。
両親がこのように心掛ければ、子どもたちにも伝わるでしょう。
家庭の平和は、それぞれの姿勢にかかっていると思います。
芸能界という特殊な世界にあって、家庭を守り通した寿美花代さんは、ほんとうに素晴らしい人ですね。
私も見習い、自分の子どものためにも家庭の平和を守っていきたいと思います。

リンク、ありがとうございます。
私のほうでもリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

2009/01/08(木) 23:33 | URL | ひまちょ #LnPzL64.[ 編集]
No title
ひまちょさんへ
コメントありがとうございます。

「夫は、妻が家庭を守っていることをちゃんと認める。」これは、夫によっては難しい問題です。会話の大切さを仕事場ですっかり使い果たしてしまって、自宅では無口や無感動になるような人もいます。難しい、そしてとても悲しい問題です。
リンク、ありがとうございます。サンバーバードの音楽が流れながらのところ、とってもよかったです。 私ならウルトラマンのワンダバダダッタ ワンダバダダッタ という感じでふたをあける子供を見ながら口ずさむかもです。
2009/01/08(木) 23:43 | URL | いの #-[ 編集]
No title
家庭を築いていくのって
お互いを認め合い、尊敬しあうことが
大切ですよね。
認め合わなければ、相手に対する
思いやりがもてないと思うし、
尊敬していなければ感謝も無いと思う。

我が家では、出来るだけ気持ちを話す!
を家訓としています。
ついついわかっていると思って話をしてしまうと
そう考えたか!!って思うことがあるので・・・。
どんなに長く一緒に暮らしていても
別個人ですもんね。
私はまだまだいたらないところがありまくり
の奥さんなので寿美 花代さんのように
亭主をうまく立てられる良い奥さんに
なりたいです!
2009/01/09(金) 01:05 | URL | 香織 #-[ 編集]
No title
あけましておめでとうございます。

グッとくる記事でした。
うちのだんなはさっさと帰ってくるんですが、その状態にあぐらをかいてはいけないということですね。
だんなのために『かわいい女房と子どものいるお家』を作ってあげたいな~と思いました。

本年もよろしくお願いします。
2009/01/09(金) 01:24 | URL | あ~ちん #-[ 編集]
No title
訪問履歴から来ました。

過去の記事もさかのぼって読ませていただきましたが、とても為になるお話がいっぱいでした。
特に今回の記事。。。耳が痛いです。
長いこと一緒にいると、ついつい感謝の気持ちを忘れがちになってしまいます。
「やってもらって当たり前」になっている部分が無いか、もう一度振り返ってみたいと思いました。

普段の生活の中で、こういうお話を聞けることなんて殆ど無いので、また覗きに来させてもらいます!
2009/01/09(金) 21:26 | URL | いちごの日 #-[ 編集]
No title
こんばんわ!
本当にそう思います。帰って来たくなる家。。。。
私も頑張らなくては!!
夫と付き合い始めた時、私の方から「幸せにしてあげるからね。」と約束しました。
今でも夫の幸せが私の幸せと思い頑張っているつもりです。
おかげさまで、仕事場からは直行の毎日です。

リンクありがとうございました。


2009/01/10(土) 01:28 | URL | みさよ #-[ 編集]
No title
こんばんは
風邪ひいてるにも関らず・・なかなか寝れずに今にいたってます。
ちょっと来ないうちに、魅力のある記事ばかりで、いのさんのHPをうろうろしてます。
「なるほど・・」「なるほど・・」の連続です(〃^ー^〃)
いつも曖昧じゃなく、こうだ!と教えてもらえるのでとても役にたってます。
そうそう・・
本!来ましたよ!項目がありすぎて、全部理解しながら読むにはまだまだ時間がかかりそうです。
その前に風邪治さなきゃ・・・
また来ます!
おやすみなさい!
2009/01/11(日) 02:44 | URL | あくび@ #-[ 編集]
No title
香織さん 
あ~ちん さん
いちごの日さん
みさよさん
 コメントありがとうございます。

 賢い女性は第一歩から賢いです。
「亭主をうまく立てられる良い奥さんに ・・・」というかたと、「なんで立てなきゃいけないの?」という最初の一歩のかたでは、スタート地点から、天と地のひらきがあると思います。

相手を、そして家族と自分を幸せに出来る、出来ないは、最初のボタンをただしくかけれるか、掛け違えたまま無駄な取り組みをするかの差が、大きな差になると思います。

服のボタンは、
最初の一個を間違えたら、最後までずっと間違うしかないです。 

 つまとよく話しています。
息子たちはどんな女性を見つけてくるだろうかと・・・。 
 正直、こわいです。
女性はキレイですので、男たちは、外見ですっかりだまされます。  つまは同性の一部のかたのこわい裏面を知っているみたいですしし、
私は同じ男性がいかに女性の外見にほれっぽいかほれたら内面をぜんぜん気にしないという男の愚かさをよーく知っています。 美人だったり、体の曲線美があったりすれば、この人こそ! と大自信です。

 願わくば、息子たちが、「賢い女性こそ、最高の女性」 となんとか理解できて、女性を見つける目が肥えてくれますように…と願っています。 最初の服のボタンの違いを見てほしいです。
2009/01/11(日) 11:17 | URL | いの #-[ 編集]
No title
あくび@さん 

あちゃー しまった。
こうなるかもと思ってコメント書くのよそう ようそうよと、良心が語りかけてくれていたのですが、
治らないのに来てしまわれた・・・。 ダメですって。治りが遅くなりますから。

ルドルフ・シュタイナーという人が言ってます。
「本を読んだりすると、病気の治りは遅くなる。
なぜなら、本を読む内面の力と、体の治癒力は同じものだから、本を読んだりするのに使われてしまうと、治る方に回ってこなくなる」 とかだそうです。
(モモとかネバーエンディングストーリーを書いたミヒャエル・エンデの通っていたシュタイナー学校の創設者)

文字読みは、治してからじゃないとだめですよー。
2009/01/11(日) 11:24 | URL | いの #-[ 編集]
No title
遅ればせながら 今年もよろしくお願いします。

何度でも読み返したくなる記事ですね。^ ^

私は女性ですが、男性の「愛する女性BさんやCさんを見つけてしまう」気持ちも分からなくはないです。
夫が早く帰りたくなる家庭を妻が作る・・・これを「男尊女卑」なんていう言葉で蹴っ飛ばそうとする変に威張った女性も近年多いようですが、やはり現実問題、男が帰りたい家庭を作るのは女性の大切な役目です。そして私はこの役目をとても幸せな任務だと思っています。

・・・とはいえ、同じ女性でも そういうことには向き・不向きがありますから、
家庭がありながら家には帰らずネットカフェで暮らす男性や、愛するBさんCさんをみつける男性は 後を絶たないでしょうね(^ ^;)
結婚の敷居が低くなっていることも 原因の一つかもしれませんね。

2009/01/12(月) 00:26 | URL | ポポロン #gIQXmax2[ 編集]
No title
ポポロン さん
コメントありがとうございます。

ポポロン さん やさしいなぁ。
「これを「男尊女卑」なんていう言葉で蹴っ飛ばそうとする変に威張った女性も近年多いようですが、…」と いう知的なスッパリ一刀両断の切り口から、一転して、
「同じ女性でも そういうことには向き・不向きがありますから」 という 包むやさしさの表現です。
 
 知的で鋭利なのも、やさしく温和なのも両方がポポロンさんなのだなぁと文章を読んでいて思ったりしました。

年末付近の記事を読ませていただいて、だんなさん幸せだなぁと思いました。
一途に夫を思うつま。そんな夫はとびっきりの幸せ者です。 
 宗教改革に臨み、ローマ法王から破門を受けたルターは、(破門とは死後、地獄行きが確定です)1歩もひるがずに、聖書に戻れと改革を訴え続けましたが、
 そのかげには、ルターを厚く信じる尼僧の存在があったとか。
「一人でも自分を信じる人がいれば、どんな困難があっても勇気が出る」みたいなことをルターは言っていますが、これは男性全般に共通する心情です。
 一人、たった一人でも自分を徹底して信じる人がいる限り、男性は仕事の労苦や困難にくじけないです。
 その一人が親友であっても兄弟であっても老母であってもいいのですが、つまであるなら男たちはなお幸せです。
2009/01/12(月) 09:27 | URL | いの #-[ 編集]
No title
いのさん!!
単純な私は、この記事を読んで、主人にいつもより笑顔で優しくやってみました!!!
そしたら・・・

いつもと違うので・・・
「なんか怖い・・・」とおそれてました( ̄⊥ ̄lll)
なんかねだられると思ったらしいです

ちょっとずつやらなきゃ・・・でした・・汗
2009/01/15(木) 02:16 | URL | あくび@ #-[ 編集]
No title
あくび@さん
それは照れですよ、きっと。「なんか怖い・・・」なんて、いいながら、しっかり奥様の優しさを楽しんでます。

心の中をどう表現していいかわからないので、とりあえずぼけてみせたり、照れたりして変なこと言ったりします。

ボキャブラリィ(語彙)が貧弱なのを「ボキャ貧」と言うのでしょうか。
基本的に、仕事で営業やってる時以外は、男たちは総じて、女性たちに比べればボキャ貧かも…です。(しかも、上位の営業成績の人には饒舌ではない人も多いと聞きます)

「なんか怖い・・・」が何回か続くかもですが、きっとそのあとにステキな言葉が!
2009/01/15(木) 07:09 | URL | いの #-[ 編集]
No title
ふふふ
やってますよ~毎日ヾ(≧▽≦)ノ
なんか今日は、疲れてるにもかかわらず。。。いつもより話しかけてきてました(*゚∀゚)ノ
効果あり?
2009/01/16(金) 03:01 | URL | あくび@ #-[ 編集]
No title
あくび@さん 
効果あり!有効っ!   もうじき1本です。
2009/01/16(金) 17:29 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。