臓器を「提供しない」ことを選んだ親は…       2011.4.17 産経

.
■ 臓器を「提供しない」ことを選んだ親は… 「死」決める恐怖いまも自問  2011.4.17 産経

初めて15歳未満の脳死判定が行われ、臓器提供がクローズアップされた先日の子供からの臓器移植。ただ、臓器提供は「義務」ではなく、残された家族が選ぶことができる「選択肢」のひとつだ。
静岡県立こども病院(静岡市葵区)で今年1月、脳死状態にあると診断された女児(2)の両親は葛藤の末、提供しないことを選んだ。どのようにわが子の「脳死」と向き合ったのか。

センターでは、多くの子供が命がけで傷病と闘っていた。そこには、ただ祈るだけの崩れ落ちそうになった親の姿もあった。文吾さんらには、その気持ちが十分すぎるほど理解できた。
「もし美奈の臓器を提供したら、あの苦しむ子供や親たちを助けられるのではないだろうか」。両親は法的脳死判定を行い、提供に踏み切ろうかと考えたこともあった。でもその度に、割り切れない思いがわき起こってきた。

脳死状態とはいえ、いまだ心臓の鼓動を感じる。
体だって温かい。

葬祭会社に勤務する文吾さんは、かつて角膜提供者の葬儀を扱ったことがある。眼球がない遺体のまぶたに、無造作にテープが張ってあった。遺族は泣いていた。「美奈もモノのように扱われてしまうんじゃないだろうか」。

15歳未満のドナー(臓器提供者)の臓器が5人の命を救った。文吾さんは「私たちの判断が良かったのかどうかは、いまだに分からない。今も自分に問いかけている」と話した。葛藤はまだ続いている。

脳死状態を宣告された翌日。
留美さんは美奈ちゃんのベッドサイドに座り、幾度となく優しく美奈ちゃんの頭をなでながら、髪の毛を結んであげていた。

脳死状態でも足を触ればピクンと動く。

美奈ちゃんの意思ではない「反射」だと教えられたが、気持ちの整理はつかなかった。
一方で夫婦は「脳が機能しなくなったら、魂はどこにあるのだろうか」とも考えたという。




産経新聞は、臓器提供をしないことを選んだ
ご家庭の記事を出しています。

フェアな報道姿勢と思います。

テレビのワイドショー的な番組などで、
霊媒さんが 事故で亡くなったかたの霊を呼び出すと、
血まみれだったり、痛がっていたりします。

また、迷う霊を呼び出すと、
「暗い」とか「寒い」とか言っていたりもします。


そこから推察されることは、
死んだばかりの霊は、まだ肉体の感覚とつながっている らしい…
死んで、迷って不成仏で、まだ生きていると生に執着をもっていたりすると
寒いとか、肉体感覚がある らしい… ことです。



だから、脳死だからと、死んだと見なして
体をメスで切り開き、臓器を取り出すと、

激しい痛みを感じたり、光景を見て恐怖と絶望を感じ、
大変なことになるのではないか… と思います。


お通夜があって、ある程度、時間が経過しないと火葬にしないのは、
霊が肉体から抜け出て、肉体の感覚が霊に伝わりにくくなる
ことを待つ時間では なかろうかと思います。


世の中には事故がありますから、
ひどい事故や天災に巻き込まれて、命を落とすかたは少なくないわけで
そういうかたたちは、きっと痛いだろうなぁ 怖いだろうなぁ と思います。

そのかたたちも成仏されて、あの世に無事帰るかたが大半でしょう。
だから、死の時の痛みや光景も やがて なんでもなくなるのでしょう。


ほんらい霊は痛くないし、霊は自由自在で、形すら自分で変えれるそうです。
その霊としての自覚が戻れば、死の時の痛みや光景も、幻なのかもしれないです。


でも、小さな幼子とか小中学生の子供に、
脳死だからと、死んだと見なし、体をメスで切り開き、臓器を取り出すこと、
激しい痛みを感じたり、光景を見て恐怖と絶望を感じるかもしれない…ことは、
かわいそうに思います。


大人と違いますから。

うんと怖がりで、うんと痛がりで、
分別もついていないですから。



無神論の人や、霊魂を信じない人には、通じない道理と思いますが、
世の中は、無神論の人や、霊魂を信じない人のほうが少数派です。

少数派の無神論や、霊魂を信じない立場が、科学的で現代的でと、
マスコミの報道が、無神論や、霊魂を信じない立場で報道されようとも
それが、唯一の正論だと思わないでいただきたいです。



神仏はおわす。
霊魂はある。
あの世から生まれてきてあの世に帰っていく。
この世でいろんな経験をして、あの世には経験を持ち帰る。
あの世は霊の世界で、なに不自由がないから、
あの世で生活しても霊に個性のもとになる経験や苦難困難が体験できない。
神仏は、そういう仕組みやこの世とあの世を創ったかたたち。
神仏は、お天道様さまのように、万物をいかす存在。

の どこかの部分にあてはまる
信条をお持ちのかたのほうが圧倒的に多いのです。

そういう立場からの論もあるということです。



人は生まれた以上、いつか必ず死に、あの世に帰ります。
それが早いか、遅いかの違いがあるだけです。

大切なのは、生きているときに他のかたを幸せにし喜ばせれかどうかです。
また、死に際して、できるだけ穏やかな死になるよう配慮することと思います。



小さな幼子とか小中学生の子供は、ただいるだけで親を喜ばせています。
生まれてきてくれただけで、うれしいです。
幼いうちに一生の親孝行分してくれています。 切なく かわいいです。

幼いうちにもしもあの世に帰ることになったとしたなら、
短い人生をいとおしんで、いつくしんで、溢れる思いに包んで送り出してあげたいです。
うちに 生まれてきてくれて ありがとう と。



大人の臓器移植に反対するつもりはありません。
ただ、それも本人の生前の意思があったときだけです。

大人の臓器移植でも、家族が決めた臓器移植には反対です。
当人に、もしもその気がなかったのに、家族が決めて、
体をメスで切り開き、臓器を取り出すことになったなら、ものすごく怒ると思います。
怒りか怨みの思いを晴らそうとして、八つ当たりしたりしないでしょうか。



幼児や子供の臓器移植には…、
わたしは反対です。

反対だからと言っても、どうすることもできないです。
こうして記事を出すぐらいです。


人の肉体には、魂(霊)が宿っています。

霊は、ほんらい、自由自在な存在とはいっても、
肉体に宿っているときには、霊に、肉体の感覚が伝わっています。
肉体が痛ければ、霊も痛いのです。

ワイドショー程度の霊番組を見ても、そのぐらいのあたりはつきます。



世の中には、いろんなうちがあります。

知人の 知人のお話しですが、

先日、亡くなったはずの おばあちゃん。
気配を感じて、ふと見ると居間に、姿が見える…
目をこらすと、一瞬リアルに見えて、かききえる…

それを やがて家族全員が目撃するに至って、
これは 目の錯覚ではない…
と、家族親族で大騒ぎになっている お話しを聞いたりしました。

どういう経緯で出るのか知りませんが、
少なくとも、そのご家庭と親族に、無神論のかたは いなくなったことでしょう。
(霊)があるぐらいならば、神仏はおわすことでしょうから。



人間には、魂(霊)が宿っていて、輪廻転生しています。
そして、世界や魂を創った神仏はおわすことでしょう。

ただ、この世だけでも星雲と星々の数だけでも実に広大無辺な世界です。
おそらくは、多数の神仏がおられ、協力されて面倒を見ておられると思います。

そういう世界観からの、臓器移植への意見もあるということです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ スペインのカナリア諸島 テイデ山(3715m)  空と雲、天の川の映像
◆ 満天の星空  物凄い神秘な世界が、毎日 頭上にある

The Mountain from Terje Sorgjerd on Vimeo.




.







リンク切れ、記事削除のときの自分用控え




■ 臓器を「提供しない」ことを選んだ親は… 「死」決める恐怖いまも自問  2011.4.17 産経

初めて15歳未満の脳死判定が行われ、臓器提供がクローズアップされた先日の子供からの臓器移植。ただ、臓器提供は「義務」ではなく、残された家族が選ぶことができる「選択肢」のひとつだ。

静岡県立こども病院(静岡市葵区)で今年1月、脳死状態にあると診断された女児(2)の両親は葛藤の末、提供しないことを選んだ。どのようにわが子の「脳死」と向き合ったのか。

 「ほかの子供のためになるとは思います。それでも提供に踏み切れません」

こども病院小児集中治療センターの面会室。1月12日夜、浜松市内に住む会社員、土井文吾さん(35)と妻で看護師の留美さん(36)は、植田育也センター長から、次女の美奈ちゃんが脳死状態であること、法的脳死判定後に脳死下の臓器提供が可能であることを告げられると、静かにこう答えたという。

美奈ちゃんは昨年12月30日、突然、脳が腫れ、意識障害などの脳機能障害を引き起こす重篤な病気「急性脳症」となり、搬送されてきた。容体はどんどん悪化していった。

センターでは、多くの子供が命がけで傷病と闘っていた。
そこには、ただ祈るだけの崩れ落ちそうになった親の姿もあった。
文吾さんらには、その気持ちが十分すぎるほど理解できた。

「もし美奈の臓器を提供したら、あの苦しむ子供や親たちを助けられるのではないだろうか」。両親は法的脳死判定を行い、提供に踏み切ろうかと考えたこともあった。
でもその度に、割り切れない思いがわき起こってきた。


脳死状態とはいえ、いまだ心臓の鼓動を感じる。
体だって温かい。臓器提供を承諾することで、美奈ちゃんが「死亡した」ということを受け入れることになる。「子供の死」を、親が決めてしまうことへの怖さもあった。

美奈はこの世に生を受けてわずか2年半。かわいそうという思いも強かった」と留美さんは話す。

葬祭会社に勤務する文吾さんは、かつて角膜提供者の葬儀を扱ったことがある。
眼球がない遺体のまぶたに、無造作にテープが張ってあった。
遺族は泣いていた。

「美奈もモノのように扱われてしまうんじゃないだろうか」。
そんな不安もあったという。文吾さんと留美さんは仕事柄、普段から「死」を身近に感じてきた。美奈ちゃんの入院から2週間。夫婦で何度も考え、出した結論だった。

15歳未満のドナー(臓器提供者)の臓器が5人の命を救った。
文吾さんは「私たちの判断が良かったのかどうかは、いまだに分からない。今も自分に問いかけている」と話した。葛藤はまだ続いている。

 ◇

土井美奈ちゃん(2)はそれまで大きな病気をしたことがなかった。
昨年12月30日、子供部屋のベッドでぐったりしている美奈ちゃんを母親の留美さん(36)がみつけた。いくつかの病院を経由し、高度な小児集中治療室(PICU)を持つ静岡県立こども病院へ搬送された。

数時間後、両親は面会室で、植田育也センター長から病状と治療についての説明を受けていた。

美奈ちゃんの脳の腫れが激しいこと、腫れを抑えるためのステロイド投与や低体温療法など可能な限りの治療を行っていること、そして脳が広範囲にダメージを受けた場合、脳死になる可能性もあること…。

「なんでそんなことに」。
両親はインターネットなどで調べ、状況が厳しいことを理解した。
脳死になった場合は「臓器提供」という選択肢が見えてくることも分かった。

 容体は悪化。正月の三が日以降は瞳孔が開き始め、脳の機能低下が現実のものとなってきた。「嫌でも『脳死』と『移植』を意識せざるを得なかった」と父親の文吾さん(35)は振り返る。

昨年7月の改正臓器移植法施行の際はニュースを見ながら、夫婦で30分以上、脳死と臓器提供について議論したが、子供の臓器提供については「当事者にならないとわからない」としか言えなかったという。

しかし、その“当事者”の立場になる日は近づいていた。

1月12日夜。
2人はこども病院小児集中治療センターの面会室で植田育也センター長から美奈ちゃんが脳死状態と診断されたことを伝えられ、治療の経緯や脳死とは何かについて、詳細な説明を受けた。

2人はある疑問をぶつけた。
「脳死になってから、回復した例はあるのか」。
米国の病院で脳死小児移植を経験してきた植田センター長の答えは「私の経験した限り、1例もない」。

その後、植田センター長から法的脳死判定と移植の選択肢を告げられ、2人は提供の決断ができないという思いを伝えた。

脳死状態を宣告された翌日。
留美さんは美奈ちゃんのベッドサイドに座り、幾度となく優しく美奈ちゃんの頭をなでながら、髪の毛を結んであげていた。

脳死状態でも足を触ればピクンと動く。

美奈ちゃんの意思ではない「反射」だと教えられたが、気持ちの整理はつかなかった。


一方で夫婦は「脳が機能しなくなったら、魂はどこにあるのだろうか」とも考えたという。
病院には、美奈ちゃんに対し積極的な延命治療をとらず、家族との最後の時間をゆっくり過ごす「みとりの医療」に切り替えるよう依頼。
病院のヘリポートに向かい、家族みんなで最後の散歩をするなどした後、1月29日午前3時48分、文吾さんの腕に抱かれた美奈ちゃんは2歳と半年の短い生涯を終えた。

「脳死移植」に心が傾いたことも事実だ。
それは「病院ができる限りの治療をしてくれたこと、そして美奈の病状や、脳死とは何かということをしっかり説明してくれたことがあったから」と文吾さんは話す。

文吾さんの勤務先の社長は真っ先に病院にかけつけ、「美奈ちゃんが一番大事。仕事より看病を優先しなさい」と言ってくれた。おかげで美奈ちゃんのことを考えることに専念できた。

「美奈が入院したとき、植田先生らが『助けます』と言ってくれたその言葉が支えになっていた。周囲のこうした支えがあってこそ、親は真剣に移植を考えるのではないだろうか」

今回の15歳未満からの脳死移植については「私たちができなかった最初の一歩を踏み出した。その決断に頭が下がる思い」と文吾さん。「私たちと同じ境遇に直面したご家族がいたら、周りの意見に耳を傾けながら、夫婦でじっくりと考え、結論を出してもらいたい」と話している。(豊吉広英)







関連記事
コメント
No title


子の臓器提供 「瞳はチャームポイント」角膜残した母  2011年4月24日 朝日
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412.html

13日に実施された国内初の15歳未満の子どもの脳死後の臓器提供。家族はどうかかわったのか。関東甲信越地方の自治体の移植コーディネーターが朝日新聞の取材に応じ、家族全員で提供を決めた経緯などを初めて明らかにした。

 事故で脳死状態となった10代前半の少年の両親は8日、主治医から「臓器提供」の選択肢があると聞いた。少年は事故前、移植を話題にしたことはなかった。両親や少年のきょうだいら家族12人が集まった。

 両親は、判断のために移植の基本を知りたいと言い、病院から連絡を受けたコーディネーターが駆けつけた。両親は、臓器提供後に少年の体にどんな傷が残るのかなどと尋ねた。

 両親にはこのまま火葬したくないという思いが強くあった。

祖父は「あの子は世の中の役に立つ大きな仕事がしたいと言っていた」と発言。
最終的に、みんなで臓器提供を決めた。

 ただ角膜だけは母親が「瞳はあの子のチャームポイントだから」と残すことを希望し提供しなかった。

 8日夜の家族会議の前には元気がなく、暗い表情だった両親は、9日朝には落ち着いた表情になっていたという。

 両親は、時間が許す限り、集中治療室(ICU)の個室にいた少年に付き添った。2回の脳死判定の際も、そばにいた。

 改正臓器移植法では、虐待があった場合、臓器提供はできない。コーディネーターによると、病院の虐待防止委員会は事前に作成していた、不自然な傷や骨折がないか、受傷時に目撃者がいたかなどのチェックリストに加え、厚生労働省研究班のリストも使って虐待の有無を調べた。児童相談所にも問い合わせ、「虐待はない」と判断した。

 家族は、最初に摘出される心臓の手術が終わる直前に、手術室前の廊下のいすに座った。大阪大学付属病院の医師が手術室から出てきた。頭を下げ、「しっかりと預からせて頂きました」と言った。



心臓が入ったクーラーボックスを見て、家族はお互いに確認するよう顔を見合わせた。


「(手術の)成功を祈っています」と書かれた金色と銀色の2羽の折り鶴がついていた。少年の臓器を受け取る患者5人の手術が順調にいくように、と願う家族が全員で折り、メッセージを書き入れた上で、コーディネーターに託したものだった。

 ICUの個室で、家族は、すべての臓器の摘出が終わった少年を迎えた。少年のベッドの高さを一番下まで下げ、少年を囲むように床の上に座った。少年の体に触れてお別れをした。

 「あいつは最後にすごいことをやってくれた。えれえやつだ」。

祖父はそう言いながら、

部屋にいた主治医や看護師ら医療従事者全員と握手をして回った。家族も主治医たちもみんな泣いていた。主治医は深く、長く、お辞儀をした。


2011/04/25(月) 00:35 | URL | 子の臓器提供 ・・・  #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。