水道光熱費が半減できた、お母さんの省エネ技とは ?

読売新聞HPの「暮らしの知恵」に、【赤星流 エゴロジストな暮らし】があります。
マンガ家の赤星さんが、生活の工夫を書きつづったコーナーです。

  1.  エコの成果は光熱費半減 (2009年01月08日)
  2.  この冬は石油ストーブ一台で過ごす (2009年01月15日)
  3.   改めて知った「床は熱泥棒」 (2009年01月22日)


   1. エコの成果は光熱費半減.の記事では

 「さて、私の家ではこの5年で水道電気ガス灯油代が半減しました。半減と言っても大きいですよ。30万円以上も浮いたのです! うちは事業所なので、水道光熱費は一般家庭より高めで2002年は70万円弱。それが2007年には34万円台に!! 省エネというと…」

と、水道光熱費を半減させたと述べられ、
続く2.3.の記事で、どうやって半減させたかの最初の工夫を紹介されています。 

 まず最初は、床にウレタンマットを敷きつめたという工夫の紹介です。
   2.の記事の中で、

「 うちで実施したのは家中の床にウレタンのマットを敷くことでした。20畳のリビングダイニング、廊下、玄関、トイレ、仕事場、台所にも敷き詰めました。

 さて、これで何が起きたか。
なんと、うちの暖房が、石油ストーブ一台だけですむようになったのです!!  
しかもリビングの窓から入る日光のおかげで昼間はストーブを消しても大丈夫!

 以前は窓から日光が入っても床が冷たくて、暖房器具は数台必要でした。
しかし、今年は床から熱が逃げず、いったん温まった空気が夕方まで保温されるのです。
ウレタンマット革命以前は、リビングにファンヒーター1台、ダイニングに石油ストーブ1台、仕事場にファンヒーター1台とエアコン1台を使っていたんですよ。それだけ使っても二階はひんやり。
 それが、今年は、石油ストーブ1台だけで一階は十分暖かだし、しかも二階までほんのり暖かなんです! 
 今までどれだけの熱が床から奪われていたのか空恐ろしいくらいです。

 床がしっかり断熱されると、エアコンの設定温度が低くても暖かく過ごせます。
以前は28度にしないと寒く感じていたのが、20度でも十分暖かです。床暖房を入れようかと真剣に考えていたのに、それも無しでOKになりました。 収支決算は、ウレタンマットが約36畳分で6万円弱。床暖房の費用は数十万円するわけですから、それに比べたら超お得!

 さらに、ウレタンマットを使う前は一缶18リットルの灯油缶を10月後半から12月末までに12缶買っていたのですが、今年は6缶がまだ余っています(10月後半から1月半ばまで)。一冬全部で考えると、ものすごい削減になると思います。」

  と、お書きになっています。


家の暖かさの違いの説明が、わかりやすく書いてあります。
 さすが女性の感性と視点、
 そして豊かな表現力。  感動ししました。

こういう文章で工務店のHPの記事が書かれてあれば、
読んだ人が感動したり共感したりして、売り上げが伸びるかも…と思いました。

いろいろな工務店のHPの記事を読んでも、なかなか固い文章だらけで、商品や技術に魅力を感じられないことが多いです。せっかくHPを持っているのに、この記事では売り上げには貢献しないだろうと思うこともしばしばです。



床の上のウレタンマットに、そんなに大きな効果があるなんて…。
きっと、今まで見落とされがちな、体感ぶる温度が関係しているのではないかと思いました。

部屋の温度とひとことで言っても、
実際には、床の温度と、気温と、壁の温度と天井の温度があります。

たとえば、気温は過ごしやすい温度を示していても、
床の温度が数度低いときには、きっと、足もとが冷えてしまい、そのために暖房をつけなくてはならないのだけれど、部屋の空気はすぐ暖まっても、
床が板張りだとなかなか暖まらないままということが、意外に大きな影響があるのでしょう。


つい、床に入っている断熱材があるからと、考えてしまいます。
温暖地なら3センチとか5センチとかでしょうか。
寒冷地なら10センチとか、ツーバイフォーなら20センチ以上、時には30センチ近くまで床に断熱材が充填されていることがあります。

しかし、いくら床が断熱されていても、
数度分だけ気温よりも床面が低くなってしまうようなことがあり
足が冷えてしまって、寒いと感じてしまう…。

だから、床の板の上に、
厚みが1センチ(10ミリ)程度のウレタンマットのを載せただけで、
暖かさの体感がぐっと違って感じれるのかもしれません。


ちなみに、
北海道の床の面の断熱は、床に断熱材を充填する床断熱と、コンクリの基礎の部分で断熱する基礎断熱の2タイプがあります。
そして、基礎断熱のほうが、施工が簡単で手がかからないので好まれる傾向がありますが、
道内でもっとも寒い地域の旭川では、基礎断熱よりも、床断熱のほうが暖かいので好まれるそうです。 このことに通じるものがあるかもしれないと思いました。
 ■-20℃の世界の木構造と断熱と換気 旭川で学んだこと(上) 2008年02月05日


また、赤星さんの家は、
ひょっとすると「気流止め」がされていないのではないかとも思いました。

いくら、床に断熱材を充填しても、「気流止め」をしてスキマをなくした床と床下にしない限り、断熱材の効果はほとんどないのです。
しかも、「気流止め」を施工する工務店は、意欲に燃える技術力を更新しているところで、少数です。
おそらくは、赤星さんの家の床は、断熱材が入っていても、その効果が薄いのではないかと思います。
また、「気流止め」する工務店は、家を建てた後に、スキマの少なさを計測し建て主に報告する「ために、C値を測定します。


 また、3.の記事の中では、

 「93年に家を建てたとき、旭川出身の夫は、床に北海道並の断熱材を入れてくれと頼んだのに、住宅メーカーから「関東ではそこまで必要ありませんよ」と言われました。
 
 しかし、今では関東や九州のビルダーでも床の断熱に力を入れています。
 それだけ床から奪われる熱を止めることは大切なんです。

 断熱材には、ガラス繊維やウレタン、再生紙を使ったものなど、住宅メーカーの個性によってさまざまです。国産無垢材で分厚い床材の家を取材したことがありますが、冬暖かく、夏ひんやりと、とても快適でした。これはエコ的にとても正しい、うちでもやりたい! と、長い間検討していたのですが、床をやり変えるのは大工事になるしお金もかかるし、やる勇気が出ませんでした。
 次善の策としてのウレタンマットですが、簡単だし、安かったし、暖房費浮いたし、まあ、お金持ちの家には見えないけれどやってよかったと思ってます。 」

とあります。

「国産無垢材で分厚い床材の家が暖かい」と言っておられますが、
その分厚さは、たかだか3センチほどにしかすぎません。
しかも、木ですから、断熱材ほどには保温効果はありません。

しっかりと、床に10センチの断熱材が入って(寒冷地ではもっと厚い)
気流止めがされていたなら、そのほうが何倍もあたたかいはずなのですが…。
 ■ 断熱のありがたみ  北海道住宅新聞の編集長のブログ
 ■ 続・断熱のありがたみ 

 3月2日のブログ(断熱のありがたみ)で
『本当はまだまだ多くのかたが10cmの断熱のありがたさを知らないのです』という謎かけのような記事を書きましたが、その続きを。

 10cmの断熱は、日本の住宅の基本的な厚さです。

在来工法と呼ばれる住宅では、柱と柱の間に10cm厚の断熱材を入れますし、ツーバイフォー工法では9cm厚の断熱材を入れます。
北海道だけでなく、日本全国の住宅の多くが、今はこの断熱厚で家が建てられています。

◆なのに断熱のありがたさを感じられる住宅とそうでない住宅があります。なぜでしょうか。

これは断熱材がきいているかどうかが問題で、気密性と気流止めと呼ばれる施工がしっかりしていることが、断熱効果を高めるカギなのです。

◆だから、本来は10cmの断熱がしっかり働いていることが基本であり、その次の段階で“断熱をさらに厚くして暖房費を節約する”高断熱化の意味が出てくるわけです。



 この「続・断熱のありがたみ」記事中の写真に、
ビニールが見えていますが、これが「気流止め」です。

これが施工してある家が、スキマのほとんどない家で、
断熱材の厚みが、そのまま保温の効果になる家です。

ちなみに、この「気流止め」の施工をする工務店は、
技術のある、勉強熱心で仕事熱心な工務店です。 


 また、「気流止め」をして、スキマの数値(C値)を測定して、建て主に報告する工務店は手抜き工事をしていない工務店です。
なぜなら、すごく丁寧に仕上げないと、よいC値にはならないからです
 ●家24 手抜きをしない 誠実な工務店の選び方


 大手のハウスメーカーですらも、
家を建てたあとにC値を測定するところと、しないところに分かれます。 

 スキマが少ないことを示すC値は、いい数値を出そうとすると手間がかかり、時間という形で人件費がかかります。
 その上、少しでもうっかりスキマが残るとC値の数字が悪く出て、仕事がやり直しになったり、評判が下がることから、大手でもいやがるところもあるのです。

 C値を測定する工務店やハウスメーカーを選ぶことが、家を建てるときのポイントです。


 ちなみに、C値の測定をしてほしいと求めた時に、
「ここは温暖だから、C値の測定は必要がない…」と、赤星さんのだんんさんが言われたように、言いくるめようとするかもしれません。

また、「法律が改正され、C値の基準がなくなった」 と言うでしょう。

確かに、法律は改悪されました。
でも、改悪にあわせて、家を建てることはないでしょう。

C値が大きいとは、スキマの大きな家を意味します。
スキマが大きいと、暖房費と冷房費がかさみます。
その上、結露が出来やすく、スキマ風のあるになります。


省エネの家づくり、
そして、光熱費が半分になる家づくりは、住んで幸せを感じる家を作ることになります。 
床がポカポカ暖かく、スキマ風の少ない家は、冬がとても快適です。






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    赤星流エゴロジストな暮らし 
 ■ 「洗濯機の水半減」大作戦       (2009年03月05日 読売新聞)
 ■ 「節水」の陰に隠れた「汚れ落ち」   (2009年03月12日 読売新聞)
 ■ 鍋でご飯炊くと「ママ、幸せだね…」  (2009年03月19日 読売新聞)
 ■ 改めて知った「床は熱泥棒」      (2009年01月22日)
 ■ エコの成果は光熱費半減        (2009年01月08日)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 白いガルバの家 「防湿シート先張り
 ■ 個暖の奨め  (「タイルカーペット」を使った暖房の効率化)2009年1月30日・住まいの水先案内人ブログ
 ■ ぱこさんのブログの記事   「ウレタンマットとフロアマット
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   最近の記事
 ・ 水道光熱費が半減できた、お母さんの省エネ技とは ? 2009年01月31日
 ・ 美味しいご飯の感動の記憶。
 ・ 汚れの落ちない洗濯物には2槽式洗濯機が効く! 節水も!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 健12 癌を防ぐ、一日1粒のアーモンド健康法。 エドガー・ケイシー01
 ・ 健11 お薦め健康法 「生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! 」小山内 博
 ・  おコメのチカラ 2
   副題) おコメ食は、大腸がんを減らし、乳がんを減らし、心臓疾患・アレルギーを減らす。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 健14 鳥インフルエンザからの新型、もうじき登場…。でも免疫力アップで乗り切れる
 ・ 死直後だと痛覚が残る。臓器移植法の14歳以下の臓器提供可の改正に反対
 ・ 01つまの願い子育て。 里子を授かって里親になりたい。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・子供の勉強1  算数は100点の喜びを活かす科目
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 家45 一条工務店のi-cubeは、最高水準の省エネの家。 今後の5つの課題とは
 ・家43 アメリカカンザイシロアリは、今後 大きな社会問題に。 2009年05月01日
 ・家40 大半が最低の耐震等級1!大手ゼネコンの鉄筋コンクリートの建物(マンションなど)
・ 家29 脱衣室が寒いと 脳卒中や心筋梗塞で年間3000人が死亡。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・政治・経済・リンク集 他
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
No title
私は家の事詳しくありませんが、
妹が家を建て、検査したとき、
家全体で隙間がタバコの箱くらいだったと言っていたのを
ふと思い出しました(^^;)
わが家は隙間風だらけです・・・。
2009/01/23(金) 21:32 | URL | orisei #-[ 編集]
こんばんは
我が家でも、この冬の電気代がすごく値上がりして
節約を考えなければ・・・と思っていたところでした。
これまでに、思いつくことは全て実行していたので
これ以上どうすれば・・・と思っていましたが、
「床」をどうにかすればいいんですね!!
我が家に合う方法を、考えようと思います。
2009/01/23(金) 22:10 | URL | ひまちょ☆ #LnPzL64.[ 編集]
No title
 orisei さん
妹さんの家…、それって、スキマなし最高水準です。

 いい家を建てられました。
いい工務店かハウスメーカーを選ばれました。
スキマが少ない家は、もうほんとうに手抜きどころの話しじゃないのです。丁寧に丁寧に仕事しないと、すきまはなくならないのです。

 だって 相手は木なので…。 
自然界の材料なのでまっすぐじゃないし、しばらくしたら気温や湿度で曲がるし反るし縮むし伸びるしで…、ノコで切ってもびったりはまらないし、スキマが出るのです。それをスキマほぼゼロにするのですから、大変です。

そういう手間ひまのかかる家づくりする工務店は、意識が高い証しですし、勉強熱心で知識が最新ですし、ですので、釘なんかでも当然、気をつけています。 
ひょっとしたら、規定のN釘じゃなく、ツーバイのCN釘を使ってたりするかもです。 そもそも、スキマが少ないすぐれた構造を持つツーバイかもしれませんが、ツーバイとしてもスキマをうんと少なく出来ているその工務店さんは、確かな腕です。

 スキマが少ないと、結露が少なく、そして木が腐らず、結局、信じられないぐらいに家が長寿に…、アメリカの75年、イギリスの100年越えのような家平均寿命になる家になります。

「えっ、ぼくの髪ぬけてるのぉ~~!」のお写真、とてもかわいいです。いい表情、豊かな表情で、思わず幸せな気持ちになり 笑ってしまいました。
2009/01/24(土) 08:42 | URL | いの #-[ 編集]
No title
 ひまちょ☆さん
この床記事がお役にたったみたいで、すごく うれしいです。
でも、この赤星さん すごいです。 光熱費、半減って ただものじゃないです。

この記事を読んで、フローリングの床が流行ってますけど、カーペットをしっかりひくと相当に違うんだろうなとか、その上にラグを重ねたりすればまた違うのかなとか思いました。

私は、床下の断熱材に加えて、床の上はコルクボードの材質の床上材を探そうと思っています。どこかのブログでそうされている家を見かけました。しっかり、お気に入りに入れたはずなのですが、もうたくさんありすぎてどこか何から…でたどり着けません。トホホです。

もしも、冷蔵庫がとても旧いタイプなら、買い換えると電気代の差で数年で元が取れるようです。
 なんでも、今の冷蔵庫は、真空断熱の技術と、超磁力の強い磁石の開発でモーターの性能が劇的に上がって同じ電力から何倍もの仕事をするようなので (クーラーの性能差と電気代の差もすごい事になっているそうです)、NHKか何かの新磁石の開発番組でやってました。
2009/01/24(土) 08:53 | URL | いの #-[ 編集]
はじめまして
oriseiのところから、お邪魔しにきました。

我が家をほめていただけて、うれしいです。
もうすぐ築五年になります。何件も何件もハウスメーカー、工務店をめぐり、ここしかないと惚れこんで建てました。

我が家は在来工法ですが、外断熱の二重通気のソーラーサーキットと言う工法です。
この工法事態にお金がかかり、当初予算が足りなくあきらめかけていたのですが、「いい家」にちがいないと確信がありましたので、あきらめきれず、キッチン・バス・トイレ・照明などの設備を最低限のものにし、当初予定していた外構工事も諦め、この工法で建てれるようこぎつけました。
住み心地は快適です。結露はめったなことではでません。真冬の今も朝起きてパジャマのまま何もはおらずお弁当が作れますし、素足でも平気です。
ただ、住み心地というものは、目に見えて分かるものじゃないだけに、同じ予算で立派な家を建てた友人をみると、その豪華な設備等に正直うらやましく思ったりします。住み心地は「すごいでしょ」ってなかなか自慢できないですしね(笑)
でも、ここで我が家をほめてもらって、私の決断は正しかったと心底思えました。ありがとうございます。
2009/01/24(土) 12:48 | URL | みっこ(orisei妹) #-[ 編集]
No title
 みっこさん
その工法、けっこうこだわりのしっかりした工務店が多いと聞きます。ただ、だからといってどこも同じ腕とかこだわりではないです。その、スキマ性能から察するに、相当に丁寧な仕事をされている所なのだと思います。

 ただ、orisei さん がうちはスキマ風だらけです ってお書きになられているてまえ、あんまり「スキマなくてすごいです」ってあからさまに書くのもどうかなとか ちょっとためらいがあったりしました。でも、orisei さんの家は、多数の日本の家の状況ですから…。うち北海道ですけど、そうだったりします(笑)
 零下20度とか15度の外気での すきま風って…。
弘法大師さまのおひざもとの香川は、私からは常夏の夢の国に見えます・・・。

みっこさんの家は、安くないはずです。
大手ハウスメーカーと遜色ないのではないか…と思ったりします。
ひょっとすると、基礎のコンクリの土台の木は、ステンレスなどの金網に覆われているかもしれません。シロアリ(日本固有種向け)対策です。 見えない大事なところにしっかりお金がかかっている工法です。

 また、家づくりには、南文化と北文化があるようです。
北文化は密閉志向から暖房性能のよさを求め、南文化は開放志向から通気のよさで梅雨と夏対策を と異なる発想にたっています。
 外断熱で熱橋をなくし、二重通気で家全体の温度環境を同じにして、ソーラーサーキットで天然のエネルギーを有効活用するということなので、南文化中心で開放志向のはずです。 
 とても素晴らしい工法です。工務店もすご腕です。C値をお聞きすれば家が最高水準ということは明白です。数値はうそをつきません。

 ただ、もしもこれから拙ブログ記事をのぞかれたときには、多少、気分を害されるかもしれない…ので、あらかじめ、ご理解ください。
 省エネの先進地のヨーロッパ基準にする動きが出てくると、外断熱の厚みではまかないきれなくなります。(特に寒冷地) 外で厚くすると大地震で保持しきれない厚みになるからです。 すでにヨーロッパ基準を意識した北海道の家では、壁の中への「充填断熱」だったのが、+外に付加した外断熱と、ハイブリットになってきています。
 同様の動きが外断熱の家に出てくると壁の中充填しか道はなさそうです。
(内断熱は、部屋が狭くなるので日本ではどこもほとんど施工されていません) 
壁の中は、地震にリスクなく10センチ断熱材の厚みが取れるので、どうしても壁の中への「充填断熱」の厚み中心になります。し、私の記事のスタンスも、そういう感じです。 

(「外断熱の二重通気のソーラーサーキット」の総元締めのかたは非常に知的で本を何冊も出した聡明なかたなのですが、どうもヨーロッパの現状と今後の日本の情勢が理解できておられなくて、”壁の中への「充填断熱」憎し”ので主張を繰り返されているので…)

 また、私の家づくり記事の基調はローコストです。ローコストでの技術の記事がメインです。
「外断熱の二重通気のソーラーサーキット」は…、そうとうします。ため息出るぐらい高いです。

 「外断熱の二重通気のソーラーサーキット」の総本家だと、構造用合板を使わなかったりします。ななめに板を打ち付ける事と、その4隅に鉄のごつい金具で、構造用合板と同じく震度7に耐える耐震性をもたせたりしています。
 構造用合板は接着剤だから100年しかもたないかもしれないが、ななめに板を打ち付ける事なら木が腐らない限りいつまでももつというわけです。
 ただ、ななめに板をうつのは材料費も手間時間も値段が大きく違ってきます。
構造用合板は1枚1000円とか信じられないぐらい安かったりします。し、接着剤はそうとう長く持ちそうです。

 構造用合板を中心に記事を書くようなスタンスが私の記事です というような感じだったりします。 よろしくお願いいたします。
2009/01/24(土) 14:20 | URL | いの #-[ 編集]
すごいっっ
いのさん、すごいっ、色々しっていらっしゃる。

いのさんのゆうように、基礎のコンクリートには防蟻のためターミメッシュというステンレスの網が張り巡らされております。

耐震のためにTIP構法と言って、斜めに板を打ち付けてます。

こういうところにお金かかっちゃってるんですよね・・・

でもでも、聞いてください。我が家のキッチンもバスも40万しません。(自慢にならないけど)
どうしてもソーラーサーキットをと言う私のため、工務店の社長がメーカーにかけあってくれて、安く入れてもらいました。

坪単価にすると55万円くらいでしょうか・・・
工法重視で他の所に贅沢しなかったため、きっとソーラーサーキットの家史上最安坪単価です(笑)

ローコストとはいきませんでしたが、家に住み始めてからの光熱費はローです。ご近所さんと比べると電気代の差は歴然です。私のケチ根性もあるでしょうが・・・(笑)

いのさんのブログを拝見して、気分を害するかも・・・という心配は御無用ですよ。
私も総元締めの人を100パーセント信用しているわけではないので(笑)
彼の批判重視の書き方に違和感覚えたりしてましたから。
私は工務店の社長に惚れたって感じですかね。

我が家の家造りに何の後悔もありませんが、家を造る前にいのさんと、色々話して意見交換してみたかったですね。
工法に関しては、主人はノータッチで私が孤軍奮闘していましたから。
様々な工法に出会う度、それを理解し納得するのが難しくて、誰かの助言を欲していました。

先ほども書きましたが、大きな決め手は社長の人柄でしたね。
どの工法で建てるにせよ、家造りにまっすぐな人との出会いが一番重要ですよね。

久々に家造りに関して熱く語れて楽しかったです。
またお邪魔しにきますね。


2009/01/24(土) 18:50 | URL | みっこ(orisei妹) #-[ 編集]
No title
 みっこさんへ
コメントありがとうございます。読ませていただいて、ほっとしました。でも、今後??な箇所があったならご指摘ください。

 新記事アップしました。
本当は、「水道光熱費が半減できた、お母さんの省エネ技とは ?」記事を丹念に読んでいただいて、のちに1週後ぐらいしてから、アップするつもりが、つい、うっかり書き上げた喜びで予約せずアップしてしまいました。 

 読み手のかたがたが子育て真っ最中の 超・多忙なお母さんたち が多いので、文章の多い記事を読むほうも大変です。 みなさま、なかなか自分の好きな本を読めないような日々だったりされておられますので…。 
 それにも関わらず、読んでいただいたり、コメントを残していただけたりしてますから… 読み手の方々は、私の大切な大切な方々なので、大切にしないといけない、と思っています。

 新記事は、(木)(金)の夜に資料をラッシュで調べて、草稿書いて、本日、土にて8時間かけて書き上げました。
 自分で休みの日に起きてから一歩も机から動かず、コリコリになりながら、いったい何しているんだろう?と 我ながら、アホで おかっしいです。
 書きあがったあと、立ち上がると、足が衰えてよろよろっとしました。身動きしないから、体が冷えてゾクゾクしているのに気がつき、メマイしました。

新記事は、今、話題沸騰中の、新シロアリの件です。

日本在来のシロアリには、シロアリ大被害地のオーストラリア産まれのターミメッシュが抜群なんですけど、新シロアリは地面からは来ないのです。 ほんとうに脅威です。

 みっこさん 折りをみて読まれてみてください。
そして、建て済みの人は自分の家を守れるように、知的に武装しなくてはなりません。万全ではなくても、あれこれと注意するなら、難は逃れれるものですので。

 特に、みっこさんの家のような、最高水準のスキマ性能の家は、地球環境にも家計にもやさしいナイスな家ですので、なおさら守る価値があります。 

 家は、地震と火事とシロアリにやられない限り、特にみっこさんの家なら、基礎のコンクリの中の鉄筋が錆びて膨張してコンクリの内部から亀裂が入るようになるまで、およそ100年。おそらくは150年200年後と思いますが、その長い寿命で、4世代後まで使える家ですから、新シロアリからできる限り守ってあげてほしいです。

 風呂や台所は、あとから超新型の高性能なのに取り替えれます。取り替えの効かない構造部分にお金をかけた みっこさんはエライです。成功する投資家タイプです。
 そして、みっこさんのもっとさらに価値あるところは、家づくりを勉強されて、されて、されたことです。
 そして、これからも勉強されることで、自分の家族や友人への良きアドバイザーとして、価値ある助言が出来る人になります。(一族の賢者とかいう感じです) そして、多くの人を幸せに出来るます。 
 
 社会人になってから、誰もが自分の専攻分野が出てきます。 みっこさんの場合には、専攻分野の一つが「家づくり」だったのではないでしょうか。 私はどうやらそのようです。
 資格などないですが、うんと勉強した領域は、誰もが専門家になります。家族と友人の役に立つ専門家。家族と友人を幸せにする(お手伝いする)専門家です。
2009/01/24(土) 20:24 | URL | いの #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
iBookさんのHPからたどって、ここへたどり着きました。
今設計中なのですが、基礎断熱を採用したく、
「暖房をどうするか?」が、今日これからの打ち合わせになります。
この記事を読んでいて良かったと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
2009/01/25(日) 11:18 | URL | nyazilla #-[ 編集]
No title
nyazillaさん はじめまして
コメントありがとうございます。

iBookさんのHPからいらっしゃたのですか。
それはまたとびっきりのお客さまです。
ちなみに、iBookさんは、(私が勝手に弟子入りしている) 師匠筋・先輩筋のうちのお一人です。ですから、随所にiBookさんから学んだことが見つかることと思います。 

ただ、スモウ界では、先輩に稽古をつけてもらっての恩返しは、先輩に勝つこととされていますので、それに習って何とか一角でも一部分でも抜きん出ようとしています。
 目指せ、出藍。 出藍の誉れ。(なんちゃって)

iBookさんは、先見があります。
また、その知見と見識は、とんでもない水準と私は思います。業界の最先端の勉強熱心なおかた?
 と思いきや、そうではなく在野のかたで、ご自身の家を建てるにあたって手に入る限りの最先端の家づくりの知識や情報を学ばれたかた のようです。 

 そういう方々が集まった談話室があって、そこで数年間、現場の工務店さんとか建築士も加わってのいろんなテーマでの論議が繰り返されていて(今は出尽くしで下火になった観も…ですが)、それぞれの方がそこで得たことを活かして家を建てられ、建てた後にまた戻ってきて報告しという、ちょっと信じられないような活気と熱気があった”虎の穴”出身のようです。 

 私もギリギリでしたが少しだけ、その恩恵と余熱を授かれました。
一時期、名トピを荒らしかけました。(「いの」で出ています。)また、iBookさん(別名での)にも出会え、お世話になりました。

 そのすばらしい談話室の運営者が、壁の中充填断熱へのいわれなき攻撃と非難を続けるソーラーサーキットの家の総元締めでして…、
 その談話室では、「壁の中充填断熱」に結局、たどり着くかたがたも多く養成され、総元締めの本意はいったいどこにあるのか(あの人、記事ぜんぶ読んでます)よくわからんです。
 器がとても狭いのやら、とてもでかいのやらよくわからない人です。 

それはともかくも、ようこそ!
お役にたつ記事が見つかると うれしいです。

新記事のアメリカ乾材白蟻には、基礎断熱からみの部分や、基礎換気の部分がからみますので、何かのおりにでも。
2009/01/25(日) 11:46 | URL | いの #-[ 編集]
はじめまして。
iBookさんのところから、
遊びに来ましたっ。

iBookさんは、私にもいろいろ
教えて下さいます。

皆さん、知識をたくさんお持ちで感激します。

で、ウレタンを床に敷き詰めるというお話に
耳がぴくぴくなんですが、このウレタンは
どのくらいの厚さで予算はいくらくらい
かかったのでしょう。うちでもトライしようかな。

2009/01/26(月) 10:57 | URL | ぱこ #ZTGLyrdM[ 編集]
何回もすみません。
記事内に紹介されているサイトで確認できました。
これは、考えなくちゃです。

良い情報をありがとうございました~
2009/01/26(月) 11:07 | URL | ぱこ #ZTGLyrdM[ 編集]
No title
 ぱこさん
どうもです。
太陽光発電って、停電の時、すぐには使えないってこと、今まで知りませんでした。びっくりしました。 そのまま使えるんじゃないかと思い込んでました…。
2009/01/26(月) 20:06 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。