「ヒマワリ20日間で土壌95%の放射性物質を除去」は 水耕栽培でのデーター

.
■ ヒマワリは除染効果なし 
   農水省が実験結果公表  2011年9月14日 朝日

放射性物質によって汚れた農地をどのように除染するのが効果的かを福島県内で検証してきた農林水産省は14日、これまでの結果を発表した。表土を削り取る方法が有効と確認できた一方、ヒマワリを植えて放射性セシウムを吸い上げる方法には、ほとんど効果がないことがわかった。  農水省は5月下旬から、東京電力福島第一原発に近い飯舘村と川俣町の6カ所の田畑を使い、除染方法を実証実験してきた。  表土を削る方法のうち、最も効果が大きかったのは、根の浅い牧草ごと約3センチはぎ取る方法。セシウムの減少率は97%と高かった。ふつうに表土を削り取る場合は深さ約4センチで75%の減少。化学物質の固化剤を使って表土を固めてから削ると82%減と、より効果が上がった。

ヒマワリ_convert_20120305144311











2011.4.24


■ ヒマワリは20日間で土壌の95%の放射性物質を除去できる という話が ウソ くさい件

■ Phytoremediation: Using Plants to Clean Soil
菜の花 ヒマワリ ウクライナ チェルノブイリ原発事故2_convert_20110424110755


どうも ゆかしメディアの記事にある「土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上を除去した」という一文は、Phytotech, Inc.が開発した ヒマワリの トランスジェニック(遺伝子導入)株 Helianthus sp. なら わずか24時間のうちに 有毒汚染物質の95%を除去する という話と、   さらに チェルノブイリ近くの池に浮かべられた 発泡スチロールのいけすに植えられたヒマワリ(要するに水耕栽培)の根は 20 日間でセシウム濃度水中の 8000 倍に、ストロンチウム濃度は水中の 2000 倍になった という報告が 混じりあったネタっぽいです。

ちなみに研究報告については、独立行政法人寒地土木研究所「ファイトレメディエーション(植物を用いた地盤の浄化法)について」という記事で「危険性が失われるまで30年以上かかる放射性物質を20日間で95%以上も除去できる能力を有する結果が得られている。」とありますが、参照文献である Slavik Dushenkov 博士他の論文のタイトルは Removal of Uranium from Water Using Terrestrial Plants(陸生植物を利用した水中からのウラン除去) となっていますし、前述のPhytoremediation: Using Plants to Clean Soil の内容が正確であれば、あくまで この能力は ヒマワリの水耕栽培によるもの。 ふつうに地面に植えたヒマワリで同様の効果が期待できるとは思えません。 … 

と、「eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋」サイトの記事にありました。


いやー、そうなんですか。
水耕栽培でのデーターなんですか…
そりゃ、露地栽培とは 数値は異なるでしょう。
ひまわり3


ふだんは、誇張?とか感じたら引用しないんですけど、
今回は、ゆかしメディアさんから記事引用し 応援しました。
◆ 植物の中でヒマワリ最強 放射能汚染を20日で95%も除去(ロシア)


実際、そこまで吸収効率が高いかはちょっと疑問だけど、
ただ、野菜を洗えば済むレベルの放射性降下物で大騒ぎしたり、
どこかの畑だけの問題なのに、政府は県単位で出荷停止したりとかしてる時期で
隣県や関東全域の野菜にまで不安が波及してたりしてました。


(日本政府というか、民主党政権というか、菅直人首相というか、
 広報への戦略がなく、ホントウに 広報下手と思います)
◆ ドイツのメルケル首相「原発を早く廃止したい」は、日本の広報の負け
◆ ドイツ気象局の予測  放射能が名古屋・大阪まで拡散



食の不安は、きついです。
身に迫る不安ですから…

安心の材料を、もう片方の天秤に載せたほうがいいと思いました。
風評で膨らんだ人々の不安と、釣り合いとるヒマワリの95%除去話しは、
いい バランサーと思い、記事を紹介しました。
(と、先に記事にされていた mercyさん の思いをおもいました)


95%とまではいかなくても、
実際、効果は大きいようです。
■ 汚染土壌浄化「ヒマワリ作戦」…復興の象徴にも      2011年4月22日 読売
■ 放射能汚染土壌、菜の花で再生 チェルノブイリで試行  2011年4月23日 朝日






不安が拡大しますと、いいことはありません。

野菜が国内で売れにくくなるだけではないです。
外国は、日本の工業製品なのに警戒して輸入しなくなったとか、
また、売れないことで経済活動が縮小して不景気になります。
株式市場が弱気になり下がっていって、国富が減少します。
思いは仕事します。
不安という思いは仕事しますし、その結果はムゴイことになります。


だから、マスコミは 不安を煽ってはならないです。
不安の材料の記事ばかり量産したら、日本は不景気に、株安になります。
ホントウに必要な報道なのか検討してから、記事にしていただきたいです。

また、むしろマスコミは、希望や楽観の材料を意図的に報道すべきです。
不安ネタばかり報道する体質はなかなか改まらないでしょうから、
その分を補うように取り組むべきと思います。





マイナスの情報や不安の情報ばかりが世の中に流れるようではいけないと思います。
希望やプラスの情報が等量流れるようでなくては、バランスがわるいです。
そして、マスコミの報道には、建設的な社会提言が含まれているべきと思います。


刻一刻と世の中を作るのは、人々の思いです。

その思いが悲観的だったり、不安では、幸せな社会や発展する社会は来ないです。
世の中が、明るく元気で積極的な思いになるようにする責任が、報道や広報にあると思います。
しかし、大手のマスコミはそうではないのが現状だったりします。


ブログという 小さな小さなメディアに過ぎないけれど
世の中が、明るく元気で積極的になる方向に発信したいと、わたしも思います。



ゼオライトは、5時間で約9割のセシウムを吸着するそうです。
こちらは鉱物だけに、データーは堅そうです。
◆ 仙台市青葉区の愛子産の天然ゼオライト 5時間で約9割のセシウムを吸着


こういう情報に出会うと元気でます。

何があっても、どんなことが起きても
いつもどこかに 希望の窓が開いているような感じがします。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地面の黄色い粉は、スギの花粉  放射能かと気象庁に問い合わせ殺到
◆ 植物の中で ヒマワリ最強 放射能汚染を20日で95%も除去 (ロシア)
◆ 仙台市青葉区の愛子産の天然ゼオライト 5時間で約9割のセシウムを吸着
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「放射性セシウム汚染で疾患は増えない」        山下俊一教授(長崎大)
 花粉症用マスクは、原発の放射能フィルターと同じで有効 奈良林教授(北大)
 猫用トイレの砂は ゼオライト。 セシウムの吸着が高く、福島第一取水口に投入
◆ 「ヒマワリ20日間で土壌95%の放射性物質を除去」(ゆかしメディア記事)は 微妙

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 植物によって放射能を除去する、ナウシカのように = ひまわり、菜の花 Flower Life
■ 「COPPELION」→「ナウシカ」の植物学的考察2

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.





リンク切れ、記事削除のときの自分用控え




■ 汚染土壌浄化「ヒマワリ作戦」…復興の象徴にも  2011年4月22日 読売

福島第一原子力発電所事故で汚染した土壌の放射性物質をヒマワリに吸収させ、細菌で少量化する計画を、宇宙航空研究開発機構の山下雅道専任教授ら宇宙農業に取り組む研究者有志が進めている。
ヒマワリを復興の象徴にと、福島県内でヒマワリを栽培してくれる参加者も募っている。
1986年のチェルノブイリ原発事故でも土壌浄化にヒマワリや菜の花が使われた。放射性セシウムは肥料の一つであるカリウムと性質が似ており、カリウムなどの肥料を与えなければ、ヒマワリなどはセシウムを取り込みやすい。
収穫したヒマワリは、焼却処分すると煙が出て放射性物質が拡散する恐れがあるため、堆肥作りに利用されている「高温好気堆肥菌」でヒマワリを分解させる計画だ。この菌による分解で、ヒマワリの体積は1%程度になり、放射性廃棄物の量を減らすことができる。



■ 放射能汚染土壌、菜の花で再生 チェルノブイリで試行  2011年4月23日 朝日

旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故で汚染された農地で、放射性物質をよく吸収する菜の花で土壌を「再生」する試みが続いている。
福島第一原発事故の被災地への応用が期待されており、22日、篠原孝・農林水産副大臣が現地を視察した。
1986年に事故を起こしたチェルノブイリ原発から約70キロのウクライナ北部ナロジチ地区。ソ連時代は小麦などの穀倉地帯だったが、事故による放射能汚染で農地の大半が作物栽培禁止区域となった。
2007年、NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が地元の大学などと連携し、汚染された農地約18ヘクタールで菜の花の栽培を開始。菜の花が成長過程で土中の放射性セシウムやストロンチウムを根から吸収し、茎などに蓄える性質を利用し、土壌汚染の改善状況などを調べている。 地元の国立農業生態学大学のディードフ准教授によると、菜の花を植えた後の土壌で小麦を栽培したところ、収穫した小麦に含まれる放射性物質の量は、何もしていない場合の半分程度に抑えられたという。 菜の花から収穫した菜種でディーゼル燃料を、茎や菜種の搾りかすからバイオガスをつくる実験も進めている。いずれも放射性物質は出ていないという。
ただ、菜の花も万能ではない。
ディードフ氏は「水に溶けやすい性質の放射性物質は吸収するが、それ以外の放射性物質は土の中に残り、完全な土壌浄化にはならない」と指摘する。 また、「チェルノブイリ救援・中部」の竹内高明さんは「福島の場合は放射性物質が土壌表面に集中しているが、チェルノブイリ周辺は30~40センチの深さまで入り込んでいる。菜の花で同じ吸収効果があるかはさらに分析が必要」と言う。 篠原副大臣は「汚染土壌の改良が簡単でないことは分かった。福島での実用化も視野に、放射性物質をよく吸収する作物、そうでない作物は何かなどを徹底的に調査したい」と述べた。(ナロジチ=玉川透)

菜の花 ヒマワリ ウクライナ チェルノブイリ原発事故_convert_20110424110009
菜の花による土壌改良を進めている農地で放射線量を計測する
ディードフ准教授 = ウクライナ北部、玉川透写す






■ ファイト レメディエーション Wikipedia

ファイト レメディエーション(phytoremediation)とは、植物が根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水中の汚染物質を吸収、分解する技術を言う。
植物の根圏を形成する根粒菌などの微生物の働きによる相乗効果によって浄化する方法も含む。バイオレメディエーションの一種。
対象となる有害物質はカドミウム、鉛などの重金属や、NOx、SOxなどの大気汚染物質の他、セレン、トリクロロエチレン、窒素化合物、環境ホルモン、またウランをはじめとする放射性物質などであり、非常に多種多様な汚染物質を吸収することができる。
従来の機械装置に比べ低コストで低濃度・広範囲の処理が可能ということが利点となる。 欠点としては、運用期間が数カ月~数年~数十年と長いこと、また自然環境に左右され管理も煩わしいことが挙げられる。さらに、根系の届かない部分には対処できない。






これなんかも、ファイト レメディエーション
とか って ヤツですね。きっと

◆ ヒョウタンゴケは金を蓄積、資源回収に応用へ。
 日本の「地上資源」と「都市鉱山」に金は約6800トン。全世界の金の埋蔵量の16%


■ ヒョウタンゴケが金を蓄積、資源回収に応用へ 理研など 2010.8.7 産経

たき火の跡などによく生えるコケの一種が、金を選択的に体内に取り込むことを、理化学研究所と非鉄金属大手「DOWAホールディングス」(東京都)の研究グループが発見した。最大で乾燥重量の約10%もの金を蓄積するという。貴金属をわずかに含む廃液から、金を再回収する技術として実用化を目指す。(原田成樹)

鉛の回収能力は最大で重量の70%。プラチナも数%回収できることが分かった。
廃液中の微量な貴金属の回収は、従来はコストに見合わないとされてきたが、DOWAホールディングス側から研究チームに加わった中塚清次さん(理研客員研究員)は「鉛の浄化に加え、金回収も視野に実用化研究を進める。化学物質でなく植物を使って処理できることが重要」と語る。


生物 ヒョウタンゴケ3_convert_20100814165327
金を体内に散りばめたヒョウタンゴケの原糸体(DOWAテクノロジー提供)






関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。