鹿児島県 阿久根市議選 定数16で竹原派は6名。 竹原派2名増の躍進

.
■ 阿久根の出直し市議選 反竹原氏派が過半数  2011年4月25日 朝日

2月の住民投票で解散された鹿児島県阿久根市議会(定数16)の出直し市議選は、竹原信一前市長の改革手法に批判的な10人が当選し、過半数を占めた。竹原氏を支持する候補は6人当選。 …  竹原氏派は解散前より2議席増。 … 


■ 阿久根市は反竹原派過半数、竹原氏妹トップ当選  2011年4月25日 読売

議会を無視した専決処分を繰り返し、今年1月の市長選で竹原信一・前市長(52)が落選した鹿児島県阿久根市。 解散請求(リコール)の成立に伴う同市議選(定数16)では、反竹原氏派が10議席と過半数を維持し、「竹原流改革」を巡る2年8か月にわたる混乱は収束に向かう見通しとなった。 … 




鹿児島県 阿久根市の市議選ですが、 
定数16で竹原派が6名。  2名増の躍進
竹原市長派の市議が2名増えて、トップ当選が竹原市長派でということから、

躍進! 勝利!
着実な地歩固めが進む! 浸透すすむ!

という切り口の表現が可能と思うのですが…



それに地域紙の南日本新聞を初め、大手全国紙全社が
竹原信一バッシングを 2年と8ヶ月間 続けてきての今回の市議選です。
その分を考えれば、
民意は実質、竹原信一さんにあると考えられます。


竹原信一さんの主張は、
阿久根市職員の人件費は年間24億で 市の税収は20億
市の職員と市議の給料で、市税収入が消えてはダメだ。

市の職員の退職金が借金してまで支払ってるのに
年々増額されていくのは、議会と市職員が癒着し お手盛りになっている。
自治体に経営力がない です。


そりゃ そうですよね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 市議や県議に、費用対効果や維持費で 経営の判断できる人を
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 鹿児島県 阿久根市議選 定数16で竹原派は6名。 竹原派2名増の躍進
◆ 西平良将 8509票、竹原信一 7645票。 差の864票は市職員と家族の分か
◆ 阿久根市の竹原信一市長を 大いに尊敬  橋下徹知事 2010.8.12
 竹原信一  阿久根市職員の人件費は年間24億で 市の税収は20億
◆ 阿久根市議は、本会議の年間出席日数が約20日。 年収は400万。
◆ 竹原信一は、市職員と市議の過重な人件費の財政を立て直せばそれでいい
 竹原信一市長は 狂 の人。道を興すには 狂者に非ざれば興すこと能わず

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減  2010年5月29日 読売

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が独断で、一般職員 211人市議 16人市長のボーナスをほぼ半額にする条例改正の専決処分を28日に行ったことが分かった。… 


■ 職員・市議らのボーナス「専決処分」で減額 阿久根市長  2010.5.28 朝日

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は28日、職員の期末手当を約3分の1に減額し、市議と市長の賞与もほぼ半分にする条例改正を市議会に提案せずに専決処分で決め、課長会で発表した。6月1日付で施行する。 … 

 OSK200912190168鹿児島県 阿久根市  SEB200912190062竹原信一・阿久根市長
鹿児島県 阿久根市の 竹原信一市長



  阿久根市職員の人件費は
 年間24億円です。
 阿久根市の税収は20億円ですよ。


  そういう状況で、前市長と市議会は職員の退職金を増額したんだから、
  デタラメもいいところです。
                   (竹原信一 阿久根市長)
   さるさる日記 - 阿久根時事報の 2009 .3.13 (金)の記事より

が問題の根本です。
.









リンク切れ、記事削除のときの自分用控え






  阿久根市職員の人件費は
 年間24億円です。
 阿久根市の税収は20億円ですよ。


  そういう状況で、前市長と市議会は職員の退職金を増額したんだから、
  デタラメもいいところです。
                   (竹原信一 阿久根市長)
   さるさる日記 - 阿久根時事報の 2009 .3.13 (金)の記事より

が問題の根本です。






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で 2010年4月17日 読売
   http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100417-OYT1T00277.htm?from=main6

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、市の広報紙「広報あくね」4月号の市長コラムで、市議について「間違いなく楽な商売」「人はカネを貰(もら)いすぎると他人の痛みに鈍感になる」などと独自の主張を展開している。

反市長派が多数を占める市議会を批判する記述だが、市長は自身のブログで裁判官の給与一覧を公開するなどの厚遇批判を展開したばかりで、再び物議を醸しそうだ。 コラムは「陣痛から生まれる命」と題し、市議会の仕事について「間違いなく楽な商売。年間30日もせずに415万円ほどいただく」「議会には本当の議論は一切ない。誰にでもつとまる」などと記述。市議会が、市長の公約だった給食費の半額補助を予算案から削減したことなどを挙げ、「職業議員の高すぎる報酬が社会の痛みを感じる感覚を鈍くさせている」との持論を展開している。  市職員と民間企業などに勤める市民との年間給与を比較したグラフも掲載し、「官民格差の現実は日本中でひた隠しにされており、公式には官民格差が無いことになっている」などと公務員の厚遇も批判している。

これに対し、反市長派の市議は「市議の仕事は市議会だけではなく、報酬額も高いとは思わない」と反論した上で、「市議会をボイコットし、説明責任を放棄するような市長に社会の痛みを論ずる資格があるのか、大いに疑問だ」と首をかしげる。

市議会事務局によると、
昨年1年間の議員報酬(議長除く)は396万円。
市議会本会議
への年間出席日数は計20日前後

だが、ほかに常任、特別委員会や市内外の公式行事などへの出席もあるという。
広報紙は市内を中心に計1万500部配布。
読売新聞は竹原市長にコメントを求めたが、市長は「報道の取材は受けない」と答えた。













 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長不信任決議案 1人も賛成せず 市議会否決 2010年4月19日 朝日
   http://www.asahi.com/politics/update/0419/SEB201004190025.html

竹原信一市長ら執行部の出席拒否で混乱が続く鹿児島県阿久根市議会(定数16)は19日、定例会最終本会議が開かれ、市長派の市議4人が市長不信任決議案を提案した。投票による採決の結果、市長派を含めて誰も賛成せず、賛成0、反対16で否決された。市長派は「これで市長は信任された」と口にした。反市長派は「議会をもてあそんでいる」と厳しく非難。「議会制度と市民を愚弄(ぐろう)する行動だ」として市長派4人に対する問責決議案を提案し、賛成多数で可決した。

 この日も竹原市長らが出席しないまま本会議が開会。市長派の松元薫久(しげひさ)議員が市長不信任決議案を提案した。不信任案が可決されれば、竹原市長は失職ではなく、議会解散を選択し、出直し市議選で決着させることを狙った。ただし、多数を占める反市長派はリコール(解職請求)を視野に動いており、当初から否決の見通しが強かったため、市長派は否決で表面上「信任」の形とする狙いもあった。

 不信任案では、現在の市議会は市長と不信任の関係にあると指摘。議会と市長のねじれを解消させるため、「市長を支持していながら不信任決議案を出すという苦肉の選択をします。市政の混乱をおさめる最終手段」とした。

 これに対し、反市長派は「議会解散が決議案提案の目的ではないのか」「市長派が市長不信任案を出すのは矛盾している。本当に信任できないなら、自ら市長に辞職を迫るべきではないか」と質問。松元議員は「市長が辞めることは望んでいない」としたうえで、「反市長派の皆さんに代わって、市長の不信任案を提案した」と応じた。

 その後、議長も含めた投票による採決で不信任案は否決された。市長派の議員は「これで議会は市長を全会一致で信任した」と主張。一方、反市長派は、自ら提出した不信任案に賛成しなかった市長派に対し、「愚の骨頂だ。市民と議会をばかにしている」と怒りをあらわにした。

 市長派は、議会の自主解散決議案も提案する予定だ。

竹原市長への不信任決議案で投票をする議員=19日  SEB201004190028_convert_20100422125544
竹原市長への不信任決議案で投票をする議員
=19日午前11時9分、鹿児島県阿久根市議会議場








 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 提案者も反対、阿久根市長 不信任案 全会一致 2010年4月19日 読売
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100419-OYT1T00453.htm?from=main5

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が市議会への出席を拒否して混乱が続いている問題で、市長派の市議4人が19日、市議会(定数16)に市長不信任決議案を提案した。

 反市長派(12人)は「市長の意を受けた提案に乗ることはできない。市政を混乱させている市長は自ら辞職すべき」として反対。市長派も「反市長派に代わって提出した」として反対に回ったため、結局、全会一致で否決された。

 本会議は午前10時に開会。市長ら執行部側はこの日も議場に姿を見せなかった。市長は、議会解散で市長派を増やしたい意向を示している。不信任案が可決されれば、市長が議会を解散できるため、反市長派に「不信任案を出せ」と挑発していたが、応じないため、市長派が提案した。

 不信任案は、議員の3分の2以上が出席し、4分の3以上の賛成で可決される。市長派は19日、市議会の自主解散決議案も提案したが否決された。

 阿久根市では昨年2月、竹原市長の不信任案が可決され、市長が議会を解散。出直し市議選後、2度目の不信任決議を受けて市長が失職し、出直し市長選で竹原市長が再選された。

竹原市長への不信任案を提出しながら、自ら反対票を投じる松元議員(中央)=大原一郎撮影20100419-784361-1-L_convert_20100420120609
竹原市長への不信任案を提出しながら、
自ら反対票を投じる松元議員(中央)=大原一郎撮影








 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減  2010年5月29日 読売

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が独断で、一般職員211人や市議16人、市長のボーナスをほぼ半額にする条例改正の専決処分を28日に行ったことが分かった。

市職員労働組合や市議会に説明をしておらず、対立激化は必至とみられる。 市によると、職員のボーナスは、期末手当に勤務評価を反映した勤勉手当を加え、年2回支給している。 今回、竹原市長がカットしたのは期末手当。給料月額に一定の乗率を掛けて算出しているが、改正後の条例(夏季)は、職員の乗率を1・25倍から約7割減の0・34倍に引き下げた。勤勉手当は現状維持だが、市は「実際のボーナス支給額は約半分になる見込み」と説明している。
地方自治法によると、専決処分は議会で議決すべき事項などについて首長が決定する行為で、災害発生時のような議会を招集する時間的余裕がない場合などにできる、と定めている。





■ 職員・市議らのボーナス「専決処分」で減額 阿久根市長  2010.5.28 朝日

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は28日、職員の期末手当を約3分の1に減額し、市議と市長の賞与もほぼ半分にする条例改正を市議会に提案せずに専決処分で決め、課長会で発表した。6月1日付で施行する。総務省は昨年8月の次官通知で「地方公務員の給与の改定は性質上(緊急を要する場合に行う)専決処分になじまない」として禁じている。職員組合や議会とは協議しておらず、自治労県本部は「民間企業なら不当労働行為で罰せられる話だ」と反発している。

同市のボーナスは期末手当と勤勉手当(平均0.7カ月分)で構成される。
今回の減額は期末手当についてのもの。告示によると、夏は給与の1.25カ月分から0.34カ月分に、冬も1.5カ月分から0.47カ月分に減額する。

同時に、市長と議員の賞与は、夏は1.45カ月分から0.7カ月分へ、冬は1.6カ月分から0.8カ月分に減額した。竹原市長は、減額の理由や根拠を課長会でも説明しなかったという。

鹿児島県市町村課は「地方自治法上、給与の改定は議決を経るのが前提。その際も職員組合と説明、協議したうえで議会に諮るのが通例だ」と説明する。

地方自治法は首長が専決処分をした場合、次の議会で承認を求めなければならないと定めているが、竹原市長は28日現在、6月議会の招集をしておらず、多数を占める反市長派議員に対し「市政に参画させない」と宣言している。













 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根市議会リコール成立、4月24日出直し選  2011年2月20日 読売

鹿児島県阿久根市議会(定数16)に対する解散請求(リコール)の住民投票が20日行われ、
解散賛成7321票、反対5914票、無効60票でリコールが成立した。

竹原信一前市長(51)に批判的な議員が過半数を占めていた議会は、即日解散した。
市民は竹原前市長に続き、市議会にも「ノー」を突きつけた。
出直し市議選は、統一地方選後半戦の4月24日に投開票される。

議会はこれまで、反竹原氏派が12人、竹原氏派が4人だった。
リコールは、竹原氏を支持する議員らでつくる「阿久根市議会リコール実行委員会」(石沢正彰委員長)が主導。「市政混乱の原因は、前市長の改革に反対してきた議会側にある」と主張し、今年1月に8768人分の有効署名を添えて本請求した。

同市では、昨年12月の住民投票で竹原氏に対する解職請求(リコール)が成立。
竹原氏は今年1月の出直し市長選で落選した。

今回の投票率は67・72%(当日有権者数1万9631人)。
市長リコール住民投票(投票率75・63%)を7・91ポイント下回った。

竹原氏は「これからが大変。役所の独り勝ちだった阿久根を直していこう」と述べた。



竹原信一前市長(51)に批判的な議員が過半数を占めていた議会は、即日解散した。
市民は市議会にも「ノー」を突きつけた。







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 竹原氏派・反竹原氏派、市議選で11人ずつ出馬  2011年4月18日 読売

 統一地方選後半戦が始まった17日、前市長の政治手法を巡り対立が深まった鹿児島県阿久根市では、2月の議会リコール成立に伴う出直し市議選(定数16)がスタートした。 「前市長の改革を阿久根にもっと広げたい。1週間、走り続ける」 「前市長派が多数になれば、市は再び危険な状態に戻ってしまう」 阿久根市議選では、候補者らのこんな訴えが交錯した。
解散前の議会勢力は1月の出直し市長選で落選した竹原信一・前市長(52)派が4人、反竹原氏派12人だった。今回は両派とも11人ずつを擁立。ほかに中間派2人の計24人が立候補した。
竹原氏は早朝から選挙事務所などを回り、自らを支持する新人候補らを激励。出直し市長選で争った西平良将市長の市政運営について「私が進めていた改革を元に戻した」と批判した。選挙カーへの同乗や街頭演説を検討しているといい、「(竹原氏派が)多数となるため、出来ることは何でもやる」。
一方、反竹原氏派の候補の陣営には、市長リコール運動を進めた「阿久根の将来を考える会」のメンバーが駆けつけた。前議員の出陣式に参加した同会の川原慎一会長(43)は、出直し市長選でも着用した赤いジャンパー姿で軽トラックの荷台に上り、「今回が前市長との最後の戦いだ」と力を込めた。



■ 出直し阿久根市議選、24人立候補 「改革」めぐり論戦  2011年4月18日 朝日

統一地方選の後半戦となる阿久根、枕崎、垂水の3市議選(いずれも定数16)が17日告示された。
議会解散に伴う出直し市議選となった阿久根市では、竹原信一前市長の「改革継続」を掲げる候補が多数立候補し、有権者がどのような判断を下すか注目される。枕崎市は2人、垂水市は1人落選する少数激戦となった。いずれも19日告示の2町長選と5町村議選とともに24日に投開票される。

 阿久根市の出直し市議選(定数16)は24人の争いとなった。
議会解散の賛否を問うた2月の住民投票を主導した竹原信一前市長支持派が11人、反竹原氏派が11人、中立を主張する候補者が2人。議会の主導権をどちらが握るのか選挙結果が注目される。

 竹原氏派は議員定数削減や官民格差是正を主張。
選挙ポスターには「改革」の2文字が躍る。ある元職候補は「市議会や市政を刷新すべく、一人でも多く当選させ竹原改革の継承につなげていきたい」と第一声。激励に訪れた竹原氏とも握手をかわした。

 ある新顔候補は、1月の出直し市長選で竹原氏を破って当選した西平良将市長の手法を批判。
竹原氏の専決処分で実施された議員報酬の日当制が、月額制に戻ったことを問題視した。別の元職は「今まで我々は、(議員報酬の削減などで)浮いた財源をどう使うかという青写真をはっきりと打ち出してこられなかった」と反省点も口にした。
 反竹原氏派の候補者たちは「混乱を終わらせよう」と訴える。
ある元職候補は「この2年間、本当に混乱に混乱だった。生活優先で安心して住める街づくりを目指したい」と訴えた。
 別の元職候補も「『ありゃどっち派じゃろか、こっち派じゃろか』と人の心を探り合うようではいけない。そういう壁を取り壊して、新議員16人が一致団結して取り組まなければならない」として議会改革の必要性に言及した。
 反竹原氏派の新顔候補は「私は西平市政を支える一人として立候補するが、市長の政治姿勢を見極めていきたい」と是々非々の姿勢を強調した。
 16日現在の有権者数は1万9835人。  … 



■ 鹿児島県議選落選で"3連敗" 竹原氏の「求心力低下」  南日本新聞 2011.4.14

鹿児島県議選の阿久根市・出水郡区で、前阿久根市長の竹原信一氏(52)は表舞台復帰を果たせず敗退した。市長リコールによる失職、出直し市長選落選に続く“3連敗”に、「求心力の低下」を認める声が出始めた。同市では市議会リコールに伴う出直し市議選(定数16)を24日に控える。竹原氏の落選が、立候補を予定する竹原氏支持派の戦術に影響を与えるのは必至だ。



■ 阿久根の民意「安定を選択」 竹原氏、県議選で完敗  2011年4月12日 朝日

県議選阿久根市・出水郡区(定数1)は前市長の竹原信一氏(52)=無所属新顔=が、国や県との人脈を前面に出して6選を目指した自民現職の中村真氏(69)に2400票差で完敗した。「反竹原派」が一本化できないまま2人立った有利な状況を生かせなかった。24日の出直し市議選とのダブル勝利を目指した竹原氏派の立候補予定者たちは落胆を隠せなかった。

 「有権者の3割を占める長島町でつけられた差を阿久根で逆転する」というのが、竹原氏陣営の思惑だった。だが長島町で2200票差がつき阿久根市の残票が2千票を切ったと分かると、事務所に詰めかけた支持者50人は押し黙った。

 市長時代の竹原氏を支えて市議会リコール運動の先頭に立った前市議の石沢正彰氏(65)は出直し市議選への影響を問われ、「だいぶある。つまらん結果だ」と言って立ち去った。前市議牟田学氏(52)は「もう竹原改革という旗印を唱えるだけじゃいかんな」。竹原氏派の前市議たちから弱気の言葉が続いた。

 過去の実績から、竹原氏の同市での基礎票は7500票で、投票率に左右されにくいとみられていた。しかし、今回市内で獲得できたのは5704票。中村氏に競り負けた。総得票は中村氏1万192票、竹原氏7794票。もう一人の前市議、古賀操氏(50)は1969票にとどまった。

 大差の勝利に、前市議で中村選対の木下孝行氏(51)は「県議に転身するなんて阿久根を踏み台にするつもりかという竹原支持者の反発があったと聞く」と語る。

 古賀氏を支援していた別の市議は明かす。何人もの自分の支持者から「中村、古賀両氏のどちらに入れるべきだろう」と相談を持ちかけられ「冷静に判断してほしい」と暗に中村氏への投票を促したという。「法を守らない竹原氏を県政に送り出してはいけないという思いから、予想を超す古賀票が中村氏に流れた」

 市長解職の住民投票を主導した「阿久根の将来を考える会」の川原慎一会長(43)も同様の分析をしたうえで、こう語った。

 「今回の県議選は、これ以上の市政の混乱を避けて安定を求める民意が現職を選んだのだろう。竹原氏には『定数51の県議会で、1人で何ができるのか』という疑問を持った支持者は棄権し、基礎票が減った面もあると思う」(原口晋也)











 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 阿久根の出直し市議選 反竹原氏派が過半数  2011年4月25日 朝日

2月の住民投票で解散された鹿児島県阿久根市議会(定数16)の出直し市議選は、竹原信一前市長の改革手法に批判的な10人が当選し、過半数を占めた。竹原氏を支持する候補は6人当選。1月の出直し市長選に次ぐ反竹原氏派の勝利で阿久根問題は節目を迎えた。 反竹原氏派で前議長の浜之上大成氏(61)=無元=は7選を決めた後、同派のほかの9人の当選を確認してから万歳三唱をした。

竹原氏派は解散前より2議席増。
解散運動を進めた石沢正彰氏(65)=無元=も再選されたが「完全な負け。これが民意だとは思いたくない」と万歳を控え、敗因は「竹原さんが県議選で負けたこと」と話した。 市議選は両派が11人ずつ立てて過半数を競った。総得票数でも反竹原氏派が1千票以上の差を付けた。中立派という2人は落選。 竹原氏派は、竹原氏の妹の竹原恵美氏(39)=無新=が1628票の大量得票(得票率11.4%)でトップ当選したが、新顔の多くは落選。竹原氏は昨年12月の住民投票で市長を解職され、1月の市長選、今月の県議選と連敗していた。 反竹原氏派の中心は元職9人。「市役所・議会改革」を掲げ、議会を開かずに専決処分を重ねる竹原氏の手法に反発し、市長解職と議会解散の応酬に発展しただけに、そろって「市政混乱の収束」を訴えた。市長選で竹原氏を破った西平良将市長とは「是々非々で向き合う」と宣言した。 竹原氏派は「官民格差を是正する竹原改革を後退させた」と西平市長を批判。竹原氏が説いた「議員の定数削減と報酬の日当制化」や「市職員給与の削減」などを共通の公約にした。(原口晋也)



■ 阿久根市は反竹原派過半数、竹原氏妹トップ当選  2011年4月25日 読売

議会を無視した専決処分を繰り返し、今年1月の市長選で竹原信一・前市長(52)が落選した鹿児島県阿久根市。 解散請求(リコール)の成立に伴う同市議選(定数16)では、反竹原氏派が10議席と過半数を維持し、「竹原流改革」を巡る2年8か月にわたる混乱は収束に向かう見通しとなった。 竹原氏派は「反竹原氏派中心の議会や西平市長は何ら改革策を打ち出していない」などと刷新を訴え、11人を擁立。告示直前に立候補を表明した竹原氏の妹の竹原恵美さん(39)はトップ当選したが、過半数には届かなかった。

















 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阿久根市の竹原信一を激しくバッシングした鹿児島県議会
その県議会の県議の資質は…



■ 鹿児島県議が視察に友人同行、政調費使って観光地めぐる  2010.9.19 朝日

鹿児島県の尾辻義(のり)県議(66)=自民=が昨年、政務調査費を使って視察した東京や北海道などに複数の友人を同行させていたことが朝日新聞の取材で分かった。政調費支出は自分の旅費と活動費だが、はとバスツアーや歌舞伎鑑賞、札幌ドーム見学など、観光旅行とみられかねない内容だ。尾辻氏は「友人と一緒なら意見交換もできる」と説明するが、識者からは「認めれば家族でもいいことになり、歯止めがきかなくなる」との指摘もある。

尾辻氏が県議会に提出した報告書によると、友人同伴の県外視察は6月、9月に東京2泊3日を計2回、4月に北海道2泊3日を1回など。高校時代の同級生や後援会事務所のスタッフ1~3人と一緒に出かけた。

尾辻氏は自身の旅費(宿泊費、航空運賃などを含むパック旅費)と活動費(1日5400円)の計約17万円(1回あたり5万~6万円程度)を政調費として計上した。ほかの同行者はそれぞれ自費で支払った。視察目的は「議員活動で力を入れている観光施策に生かすため」という。

 同県議会では出張時の報告書の提出義務はない。

1日の活動を30字程度で記す日々の報告書で兼ねている。
6月にはとバスツアーで観光名所を巡った東京での1日分の報告は「東京タワー、東京駅、浅草などの観光のあり方について調査」とだけ記載。9月の歌舞伎座での歌舞伎鑑賞は、友人らと「建て替えになる歌舞伎座の今後について意見交換」(報告書)した。バス料金や鑑賞料は自費で支払ったという。また、いずれの出張も、兄の尾辻秀久・参院副議長(自民)と意見交換した。

北海道の視察先は、クラーク博士像のある「さっぽろ羊ケ丘展望台」「札幌ドーム」を挙げ、友人らと「クラーク博士や日本ハムファイターズのあり方、さっぽろ雪祭りについて意見交換、調査」とだけ記した。ほかに、「住みやすい街づくり」を進める北海道伊達市役所も訪ねて職員と面会した、と報告書にある。

 取材に対し、尾辻氏は「所属会派の女性議員は自分一人だけで、議員同士で視察に行くのは難しい」「複数で行けば、パック料金で安くなるので、同級生らを誘うようにしている」と理由を説明。「はとバスツアーは値段が高く、(観光資源として)桜島のほうが良いと思った。鹿児島の良さを再確認できた」と視察の成果を強調した。

 政調費支出については「議会事務局のチェックも通っており、問題ないと認識している。だが、報告書の書き方に誤解を招く表現があったことは反省したい」と話した。

 尾辻氏はこのほかにも、昨年11月と12月、友人と鹿児島県内や熊本県人吉市の温泉旅館に出かけた計2回の旅費も政調費に計上している。(森本浩一郎)










ちなみに、お隣の宮崎県の市議は、

■ 夫婦で旅行・カラ視察…政調費不正、揺れる宮崎市議会 2010.3.28 朝日
   http://www.asahi.com/politics/update/0327/SEB201003270022.html

政務調査費の不正支出問題で宮崎市議会が揺れている。
夫婦で北海道旅行、カラ視察で報告書偽造、そして飲酒も――。
関係した2市議がすでに辞職。
市議会は真相究明のための調査特別委員会を設置、26日には市監査委員へ監査請求することを決めた。
特別委は、辞職した2人と現職市議の計3人を参考人として招致する方針だが、
現職市議が反発を強めており真相究明への道筋は不透明だ



ワハハハ 
阿久根市の 市議たちと同じことしてます。







関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。