秋田県の小学校では、宿題を忘れると居残しになる。

.
秋田県の「うし飼い父さん」のブログを読んでいる時に、コメントの一節に、ふと気ずきました。

子供たちが、冬休み終了まぎわに、冬休みの宿題をなんとか仕上げようとがんばっているほほえましい光景の記事があって、そこにいろいろなかたからコメントがついていて、うしやさんは 

 やって行かないと放課後 残業 まってます。

と、さらっと答えています。
.


 あははは。
そうか。宿題をやっていかないと、その分、放課後に居残しされて仕上がるまで帰してもらえない日が続くよなぁ…。
って 一瞬思ったのですが、


あれれ? 
ちょっと、待てよ。
うちの地域、十勝では、そんな小学校や中学校は聞かないです。


少なくとも私の子供の通う学校と、親戚友人知人の子供が通う学校(かなり広範です)では、宿題忘れたからって、ふだんも長い休み明けも、居残しする先生は聞きません。


もしもいたなら、めずらしいので、「熱心な先生で あの先生いいよねぇ」とすぐ話題になるので、わかります。 (キッパリと言い切り)  

なぜなら、うちの地域は、口コミが娯楽という田舎そのものだからです。(笑)


 
十勝は、田舎です。

関東平野ぐらいの広さに、人口16万の都市が一つぽつんとあって、周辺に町村が広がっています。もしも、東京から遷都されるのでしたなら、空いてますので、十勝はいかがでしょうか。

( うし飼い父さんのブログに、今朝は零下10度! とありました。 とほほ。 帯広が零下17度、芽室が零下21度、陸別は何度だったのやら…。 )

うし飼い父さんのお子さんが通っている学校の先生の居残しが、実際どうなのか詳しくはわかりません。 
通常でもあるのか、長期の休みの後の宿題だけが対象になっているのか…



居残しは、一種の地域の教育文化です。

地域の伝統というか風習というか 身近によくあることというかです。

なぜ、十勝で居残しがないのでしょうか。
それは、周囲の先生に誰もそんなことをしている人がいないからです。

居残しをするような先生は目立つので同僚の他の先生から迷惑に思われるかも…です。
 (居残ししていない先生が、不熱心な先生に見えるでしょ?)

居残しなんて、ある地域ではそれほどはめずらしくなく
(私の出身地域でも割りとありました)
居残しのない地域 十勝では、まったくぜんぜん影も噂もないです。



宿題忘れへの居残し対応は、強力です。
なにせ、子供が宿題忘れを嫌がるようになります。

 子供だって、損得を考えます
叱られることの損、でも叱られるだけなら耐えれば宿題分の時間的に得。という計算をする子なんかクラスの1/3はいる感じがします。

でも、叱られた上に、学校に残されて宿題をやらされるのは、2重3重に損なのです。
なぜなら、帰るのが遅れるし、かっこ悪いし、帰るのが遅れることで親に発覚して親から叱られるしで損が拡大するので、居残しがいやで宿題をがんばる! という構図になります。



だから、こういったことをよく理解している先生 (たいがい塾の先生。でも塾でもダメなとこはある)は、新学期の最初に勝負をかけるようです。

オレの宿題を忘れたら、こんなに損する(居残しなど)と新学期の早い時期に体験させて、そのあとの1年間、子供たちが宿題にしっかり取り組んでくれるようにするのです。

でも、そういうことを意識して取り組まない学校の先生は十勝では多数です。

しかし、秋田は違うようです。
居残しがあるという小さな違いに、大きな構図の違いが結晶していると思います。



秋田でも全員の先生がいつも居残しをしているというわけではないでしょう。
 でも、している先生がいる…。
ということは、それなりに居残しの光景はめずらしくないはないことを意味します。
同僚も父母も子供たちも、宿題忘れしたら居残しするような 粘る、熱心な先生を容認しているのです。


宿題をやっていく子とやっていかない子では、学力が当然、違ってきます。
これが積み重なって地域の学力差になっていきます。

先生の熱意の差が、粘る差が学力差なのです。
岸本裕史さんは、先生はみんな熱心で、悪いのは政治家と文部省の行政みたいに言ってますが、それは間違いです。先生には、個々人の熱心さで雲泥の差があります。)

そして、地域間で学力テストの差があるのは、地域間で先生の熱心さの差が そうとうにあるということです。


宿題忘れに、言葉だけで叱って対処するような塾は、子供の学力が伸びないのですたれる可能性があります。

しかし、成果が出なくても学校はすたれないし、不熱心な先生が淘汰されません。
校区がありますから。 

学校は、成果の出ない対応が淘汰されていかないのです。
自浄力が作用しないです。
だからこそ、学校に若干でも競争の導入が必要です。



子供の基礎の学力は、子供の未来の可能性です。

子供に読み書き計算での基礎と、県名をしっかり見につけさせていただかなくては、親として困ってしまうのです。 


 「基礎の知育の徹底」は 塾ですることではありません。
基礎の知育の徹底は、義務教育の小学校でです。(と 勝山正躬さんも言ってます)

 そのために、地域の住民は納税しているのです。
そのために、義務教育の制度があり、公務員として先生職が安定しているのです。


どうか、田舎の公立の小学校の先生に、競争の原理を導入していただきたいです。
(といってもひどすぎる結果がはずかしいというだけの底上げ目的の競争止まりでしょうけど)

それが無理なら、せめて、親に地域全体の小学校から通える小学校を選ばせてほしいです。
 親が我が子に対して持つ教育権は、大切な人権です。
親が子供が通う学校を地域全体の中から選択できるという形で、本来の親の教育権を取り戻させてほしいです。


 十勝の小学校の子供たちで、塾に行っていない子や公文に通っていない子や進研ゼミを利用していない子はクラスの1/3ぐらいでしょうか。

その子たちの多くは、中学に進学し、定期テストを受けて初めて、得点とクラス順位で自分がまったくひどい基礎の学力の状態である事に直面するのです。
 (そして たいがいなすすべもない)

 2極化する学力は、中学で作られているのではありません。
小学校で基礎の学力の大きな格差が作られます。


 また、計算は教わりますが、「計算をうんと早く出来るように練習しておいて中学に進学しろよ」とは言われていないです。 

 県名はさらっと触れられますが、「県名をぜんぶ覚えて中学に進学しろよ。そうしないと中学で習うことが身につかないよ」とは、言われていないのです。

 「魚」をもらうことより大切な事は、「魚の釣り方」を教わることです。

勉強の仕方のちょっとした事を何度も言うだけで、塾には通っていない多くの子達のきっかけになるのです。 
勉強の仕方を教えるような先生の親身さは、宿題をやってこさせるための動機づけの、居残しにも通じます。


子供たちに、小学校で読み書き計算の基礎の学力を徹底して身につけさせてやってください。

出来ない子には、放課後残業してください。
(残業代は出ませんが、その代わりに公務員として身分は安定し、公務員の中でも先生職は給料が高い設定で、長期の休みもあり、長期の休み期間中も給料は支払われています)


子供たちに、勉強の基本的な大切な点を、どうか何度も話してやってください。

親からは勉強のことを聞けない子や、塾には通っていない子で塾から聞けない子は、クラスに1/3はいるのです。そういう親は、子供の勉強はすべて学校にお任せしているのです。
そういう、よくわかっていない親だって、まだまだ世の中にはいっぱいいるのです。


うちは塾に通わせるからいい。
うちは親が対応するからいい。
と、小学校に「基礎の知育の徹底」を期待しない親もいます。
でも、共働きで忙しかったり、片親で大変だったりで、子供の「基礎の知育の徹底」には関心が向かない家庭もいっぱいあります。


世の中で一番たいせつなものは、子供です。

未来は、子供の姿で目の前に現れているのです。

学校に勤務する教員は、どうか、縁あって出会ったたくさんの子供たちに、読み書き計算の基礎の学力だけは徹底してみにつけるべく、熱心に親身に取り組んでほしいです。

 残業しても手当てが出ないから、放課後の残業は出来ない。

 無償で放課後に残業をすることは、労働者からの搾取である。

とういうことで、熱心さを失なっている先生のもとには、親は自分の子供をわざわざ通わせたくはないです。
我が子のために選べるなら、熱心な先生を選びたいです。
それが選べないから、塾に通わせているのです。


民間の仕事なら、特に自営なら、お客さんのためにいいサービスをするものです。
お客さまによろこんでほしいし、それが自分のよろこびだからです。
また、お客さまにまたうちの店に来ていただきたいからです。


うし飼い父さんのお子さんの通う学校の先生のような、放課後の残業をごくごく自然にしていただける先生に、うちの子たちを担当してほしいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 多くの県の様子を見てこられている ちかさんの記事   
  ちかおばちゃんに訊いてみてより紹介 
 ■ 全国学力テスト結果公表 2008/08/30

  … 
 北海道は小学46位、中学44位で昨年と同じく下位にとどまり、
 道内の教育関係者はショックを受けているようす。

 北教組は「無意味な調査だ」と批判しているようですが、
 現実はきちんと見据えるべきです。

今回も、秋田・福井・富山がトップを争っています。
小中学生を連れて北陸と東北日本海側を異動していると、
その原因がとてもよくわかります。

北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。

子どもたちが小学校を過ごした山形市では、
全国に先駆けて2002年から30人学級が導入されました。
当時から算数についていけなかった娘(のちに学習障害と判明)には、
図書の時間などを利用して個別にフォロー。
図書館ボランティア、ママさんコーラスなどPTA活動も盛んで、
学区内の福祉施設を訪問したり、公民館ののお祭りに参加したり。
管理職の先生と学校評議員(実は私)、町内会の青少年育成部長、PTA役員の間で、
学校経営に関する飲み会(?)も定期的に行われていました。

金沢市は子どもの権利条約の締結後間もなく子ども条例が成立。
通学していた小学校は英語特区でした。
小学1年生から英語が正教科としてあり、高学年になると検定も受けます。
毎年春にはPTAの企画で、全校の保護者と学校の教職員との懇親会がありました。
クラブ活動は地域の人が先生になり、華道茶道や友禅染めなど伝統へのこだわりが。
図書館にはお母さんたちが当番で入り、常に本選びの相談や貸出が受けられます。
6年生になると丸一日の職場体験(息子は保育園に行きました)。
卒業前には、さまざまな職業の人に来ていただき、希望する職業の人の話を聞きます。

近隣には全国に先駆けて設立された公立の中高一貫校があり、
一般の中学校には学校選択制が導入。
発達障害により支援が必要な生徒には、学習サポーターが手配されます。
中学2年生になると、夏休み期間中に月曜から金曜まで5日間通しての職業体験。
修学旅行は行きたい場所を生徒が決め、グループごとに散らばります。
また、定期的に、保護者を対象にした「校長と語る会」が開かれていました。

それが当然かと思っていましたら、
札幌にきて、学校のシステムが旧態依然としているのにびっくり・・・。
ムスメの転校した中学校は朝読書も職場体験も夏休み中の補講も、
運動会やスキー授業もなし。
修学旅行は何十年も前と同じコースを団体で回り、
PTAは名ばかりでした。 … 


 ■ 全国学力テスト 2009/04/21  ちかおばちゃんに訊いてみて





  全国学力テストに232万人、秋田「連続1位」に自信 
全国の小学6年生と中学3年生約232万人を対象にした「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が22日朝、一斉に始まった。

 43年ぶりに復活した昨年に引き続き2回目で、国は9月ごろには結果を公表したい考え。国公立は2年連続不参加の愛知県犬山市を除く3万2067校すべてで実施したほか、私立は53・5%(昨年は61・2%)にあたる475校が参加した。昨年のテストでは地域間の学力格差が浮き彫りになっており、各教育委員会や学校による学力向上策の成果が注目される。

「2年連続1位は難しいかも知れませんが、それなりの自信はあります」
 昨年10月に公表された前回のテスト結果で、小学6年の国語と算数がトップになるなど好成績をあげた秋田県。
 県教委の佐々木孝雄副主幹は胸を張った。
 
 県教委の分析では、秋田の強さの秘訣(ひけつ)は生活習慣。
前回、テストと同時に実施されたアンケートでは、自宅で復習をしている子の割合が全国平均を20ポイント以上も上回った。 
 東京は小6で2人に1人、中3で3人に2人が塾などを利用しているのに、秋田は小6で5人に1人、中3でも3人に1人。塾がない分、学校や家庭でしっかり学んでいるとの分析だ。
 2001年度からは1学級30人規模の少人数制を全国に先駆けて実施。
 放課後の補習なども行っている


 今月には首都圏のJRの電車内に「秋田に学べ」というポスターも登場した。
作製した大手進学塾「栄光ゼミナール」は「少人数教育や家庭学習の習慣、規則正しい生活の結果が全国1位だと分析した」と語る。
 これに対し、すべての分野で平均正答率が41~45位と低迷した大阪府。毎日、朝食を食べる子の割合なども全国平均より低かった。
 府教委は授業改善を目的に教員研修などを実施するとしていたが、橋下徹知事が財政再建のため新規事業を凍結し、白紙に戻った。ある中学校長は「現場だけでは限界がある。テストの結果を大きく改善するのは難しいのでは」と語る。

 前回、小中ともに全国のほぼ平均だった東京都は「都独自の学力テストなど従前から学力向上策を進めているので特別な対応は取らない」。滋賀県教委は、前回のテストの類似問題を作成して各市町教委に呼びかけ、「露骨な事前対策」と批判を浴びた。

 全国の自治体で唯一、2年連続不参加となった愛知県犬山市ではこの日、14の小中学校で通常通りの授業を実施した。ただ、田中志典市長は、前任の市長とは異なり、「参加」の立場を取っており、来年は参加する可能性が強まっている。     
                                     (2008年4月22日 読売新聞)



    関連記事
  ●   全国 学力テストについて  

  橋下知事就任1年、支持率82%でノック氏上回る 
2月6日で就任1年を迎える大阪府の橋下徹知事への支持などについて、読売新聞社は府内の有権者を対象に電話による世論調査を実施した。
 橋下知事を「支持する」とした回答は82・3%で、「支持しない」の9・5%を大きく上回った。「無党派知事ブーム」を起こした横山ノック元知事の就任1年時点(1996年4月)の支持率(64・4%)を大きく上回り、「橋下人気」の高さを示した。

 調査は23~25日、無作為に作成した番号に電話をかけ、1627世帯のうち1008人から回答を得た(回答率62%)。政党支持別にみると、全体の4割強を占める無党派層で79%となり、府議会で知事与党の自民支持層は92%、公明支持層も9割近い。野党も民主支持層が83%で、共産支持層も5割が支持した。支持理由(複数回答)では「指導力がある」(59%)が最も高く、不支持は「政策に期待できない」(45%)が1位だった。  (2009年1月27日03時04分 読売新聞)


   橋下府知事が過激発言 「くそ教育委員会」 
大阪府の教育の現状に「教育非常事態」を宣言した大阪府の橋下徹知事(39)が7日、低迷する全国学力テストの結果公表に消極的な市町村教育委員会などを指して「くそ教育委員会」と過激発言した。結果の開示・非開示によって市町村への予算を決めるとまで言及。「教育日本一」を掲げる知事による教育をめぐる批判はエスカレートするばかり。公の場で「くそ」発言してしまう、モンスターペアレントならぬ“モンスター知事”の要求に、教育委員会はどう応える!?

 橋下知事はこの日、大阪府箕面市で行われたコミュニティーFM局の公開生放送にゲスト出演。府が開発するニュータウン「箕面森町」のPRイベントの一環だったが、わずか15分程度の出演時間で、なぜか府下の市町村教育委員会をやり玉に挙げた。

 集まった府民を前に、2年連続で低迷した全国学力テストの市町村別結果公表の是非を問いかけ、拍手を受けた知事は「くそ教育委員会が、みんな『発表しない』と言うんです」と続けた。

 終了後、記者団に発言の真意を問われた知事は「今の教育制度全体を指している。ずっと言っていることだ」と、問題ないとの認識を示し「(公表による)競争を甘受するかどうかは府民の判断だ」と述べた。

 学力テストの結果公表をめぐっては、銭谷真美文部科学事務次官が否定的な考えを示しており、知事の意向を受けた府教委は公表を要請しているが、市町村教委は消極的な姿勢をみせている。

 知事はさらに「2009年度から(テスト結果の)開示・非開示によって、予算をつけるかどうか決めさせてもらう」と市町村への予算配分にも反映させる考えを強調。現在、携帯ゲーム機を利用した新たな教育方法を検討していると説明し、ゲーム機導入予算も考慮の対象になるとして「市町村が自由を主張するのであれば結構だが、府は予算を出す必要はない」ときっぱり。予算を盾に公表を迫る強権ぶりをあらわにした。

 学力テストの結果が低迷していることが明らかになった8月29日に「府教委は最悪だ。2年連続でこんなざまなら民間では減給は当たり前だ」と怒りを爆発させると、以降、発言はエスカレートするばかり。5日に「教育非常事態」を宣言し「ダメ教員には去ってもらう」。翌6日には「PTAは解体する」「府教委を解散する」と、過激フレーズを連発中だ。

 一方で府教育委員の後任に、「百マス計算」などの反復学習法で知られる陰山英男・立命館小副校長に就任を打診、「小河式プリント」で知られる元大阪市立中学校教諭の小河勝氏の起用を決めるなど、口だけではない行動力もみせている。
 圧倒的な府民の支持を背景に“過激発言”し、相手を敵役に仕立てて問題を顕在化させるという、お得意の橋下スタイルだが、「教育日本一」を掲げる知事が、公の場で使用した侮辱的フレーズだけに、逆に批判を浴びることになるかもしれない。     おおさか報知新聞 2008年9月8日


橋下知事が「バカ」連発、学力テスト結果の非公表で
 全国学力テストの結果公表を巡り、文部科学省が都道府県教委からの要請があれば、データ提供をしないとの方針を決めたことについて、大阪府の橋下徹知事は16日、「感心しますよ、このバカさ加減には。不思議な世界ですね、霞が関は」などと批判した。

 橋下知事は10月、情報公開請求に基づいて市町村別の結果を公表。
文科省の方針はこうしたケースへの“対抗策”ともみられ、橋下知事は、府庁内で報道陣に対し「予算をつぎ込んで学力テストをやって、(都道府県教委が)データをいらないと言うと思っているのか。あきれてものが言えない。バカですね」と、バカを連発。
「文科省は大臣以外の官僚は全員入れ替わった方がいい」と語気を強めた。(2008年12月16日 読売新聞) 


      記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・政治・経済・リンク集 他
        記事map2 
      子供に身につけさせたい お金の知識  
 ・ 01 我が家の 魔法の貯金箱     (子供に身につけさせたい お金の知識①)
 ・ 02 魔法の貯金箱の仕様 と その後         (お金の知識②)
 ● なぜ、2万円を浮かせるために2000万をダメにするのかな?
 ● 水道光熱費が半減できた、お母さんの省エネ技とは ?
      子供に学力の土台をつくる
 ・ 私の小1は、母の涙から始まりました。
 ・ 子供に 学力の土台をしっかりつくる  副題) 子供の学力の土台は、言葉の数。
 ・ 子供の学力の土台は、言葉の数 2
 ・ お母さん塾で、子供の学力が ぐんぐん伸びる土台をつくる !
 ・ 秋田県の小学校では、宿題を忘れると…居残しが。 
     子供の意欲を伸ばす
 ・ 子供を伸ばす上手な話し方 「褒める」
 ・ 子供を伸ばす上手な話し方2 「間をおくこと」
 ・ 口うるさくない 上手な叱り方
 ・ 男の子がまっすぐ育つために大切なこと
 ・ 言葉の力を使って大きく伸ばす
      子供の学力を伸ばす
・子供の勉強1  算数は100点の喜びを活かす科目
・子供の勉強2  国語の教科書で基礎学力をチェック!
・子供の勉強3  理科好きには 参考書を使った勉強で!

 社会①  小学生のうちに日本の地理を得意にさせたい理由
 社会②  県の位置は地理の基本。これなしには知識は身につかない。
 社会③  1日3分が年20時間になる地理の楽々基礎作り

 ・ 小6生は、47都道府県のうち半分しか知らないまま中学生になる!
 ・ 都道府県の白地図を使って、県名テスト 実施!①
 ・ サンタさんからのプレゼントの中身
 ・ 子供を 図鑑 好きにの秘策

● 灘校を東大合格率NO.1にした第4代校長 勝山 正躬
 「この簡単なしつけで成績が上がる 小学生のときから勉強好きにさせる法

 ・ 全国 学力テストが小・中学校を変える
 ・ リンク07 教育・進学関係の記事スクラップ
      子供を読書好きに
 ・ 「15少年漂流記」で男の子を 読書好きに! 
 ・ 男の子を本好きに!「 金色のガッシュ!! 」と「 ONE PIECE 」 
 ・ 子供を本好きに! 「痛快 世界の冒険文学」のお薦め13冊 
 ・ 「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
       子供とノリノリで遊ぶ
 ・ 宮崎駿監督の「未来少年コナン」を夏休み・冬休みに毎日30分の上映会!
 ・ 子供と遊ぶなら、「カタン」が面白い ! 
 ■  『 愛ある仕事 』 2009/02/04  三谷結子さん
 ●  妻の愛ある仕事  寿美 花代
   「亭主をたてるは女の器量 できる男は女房がつくる」
   ・  はじめまして
   ・ 宮沢賢治の 「生徒諸君に寄せる」
 ■ 「 この簡単なしつけで成績が上がる (勝山正躬) 」 おちゃずけさん
 ■ 『 見える学力、見えない学力 』 岸本裕史       おちゃずけさん
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
No title
うちの子の小学校も居残りはあります。
先生方、翌日の授業の準備や研修など、いろいろと忙しいのに、本当にありがたいです。

学力(成績)は、就学援助率との関連が見られるそうです。
経済的に苦しく就学援助費を受け取っている子が多いと成績がイマイチで、少ないと上位。
これは全国でも大阪府下でも同じだそうな。

うちの子の小学校は、就学援助率は高いと思うけど全国平均を超える成績だったとのこと。

居残り、朝食など、子どもにどれだけ手をかけるかが成績に表れるってことですかね。


うちの辺りでは、
親が仕事で早朝からいない家には先生が家まで子どもを迎えに行ったり、
親が夜遅くまで帰ってこない家があったり、
先生方に何でもかんでもお願いするのは大変そう。
精神疾患で休職・退職する先生が増えていると聞きます。
教育関連に もうちょっと人員を増やせないんでしょうかね?

リンク、ありがとうございます。^^
2009/02/03(火) 14:29 | URL | みい #-[ 編集]
No title
みいさん コメントありがとうございます。

>うちの子の小学校も居残りはあります。
 羨ましいです。
私は非常に遅咲きの子供でしたが、真ん中の息子はそこまでひどくはないものの、遅咲きで、理解がふつうに遅いです。
真ん中の息子は、理解がふつうに遅い、ごくふつうの子なので、私がいくら教えても彼に内在する開花の時期が来るまでは吸収力はなかなか低いので…。
 学校が粘り強い対応なり、反復練習なりを強化してたなら、遅咲きのふつうの子にはかなり効果が違ってくるのではなかろうか…と思ったりします。

 >先生方に何でもかんでもお願いするのは大変そう。
そう思います。
研修や会議や報告書がどれぐらいあるのか、私には想像もつきませんが、公務員ということであれば、報告書は各種いっぱいありそうなイメージなんですが…
 もしもそうなら、できる限り、そういう授業に関係のないことはスッパリ削って欲しいです。
削っても構わないという権限を校長先生に与えてあげてほしいです。
生徒の数も秋田みたいに30人学級とかで、子供一人あたりにかけれる時間が増えるような仕組みがいいですね。

 ただ、民間の会社には、常に意欲のない人の問題があります。
民間だと意欲がないのと、業績が悪いのが連動して、意欲度合いは数値で測れなくても、業績は測れるのでそっちのほうから変革を促したり、淘汰したりが可能です。
 しかし、学校でも不熱心な先生の問題は、民間同様に常にあろうかと思います。
そういうかたで性根が変らない個性的なかたに、違う業界に行っていただく方法は今のところなさそうですから、そこの部分を何とか解決して欲しい思います。 
民間も公務員も、究極、どんな職種でも現場は同じ問題をかかえていると思ったりします。

 熱心なかたの身分が安定するのは世の中のためですが、不熱心なかたの身分が安定すると、子供も親も財政も、同僚も上司も校長も、地獄です。

 先生の採用を、3段階でお願いできないかな と思います。
一つは、新卒で今まで通りですが、3年間は向き不向きを見る試用期間としてあげて、向かない人が少なくなるようにしてあげたらいいと思ったりします。
安定しているからと選ぶ人には不向きだと思います。
お預かりした子を、親のように親身に(ただし知育限定)思っていただける方こそ、適性があると思います。 
 医者になれば、来るのは病人ばかりです。
病人の話しを聞いたり世話が嫌な人は医者には不向きです。
本日、101人目の病人にでも、来たのはまた病人か!とイライラせずに優しく接することができる人が医者に向いています。

 もう一つは、子育てを終えた主婦からの採用です。
資格をお持ちで、子育ての実戦で鍛えられてきた方をもう一度、迎え入れるのです。

 もう一つは、校長先生が、地域の民間の会社から、出向で借りるなり、移籍でスカウトしてくるのです。地元の企業とかでも10年ぐらいなら人材を貸してくれそうなとこもあるでしょう。

 そうしたら、熱意があって親身な人が多く集まるのではないか・・・と思ったりします。

さもなくば、戦前の日本のように、小学校内容は親が教えてもよし、誰もが私立の学校を作ってもよしに戻せばいいのです。
 黒柳徹子さんの通った私立の小さな小学校は、校舎が廃バスでした。(窓ぎわのトットちゃん)
空襲で焼けたあと、社会の仕組みがおおらかでなくなり、その私立の小学校の再建は認められませんでした。 (校庭も体育館もないですし…)
 戦前のように誰でも、有志の父母で自宅の一室で、私立の小学校を作れたらいいと思います。さいわい、大学を卒業された主婦の方はたくさんおられますし
 また、戦前のように、親や家庭教師が教えて、小学校卒業程度の学力を有するチェックさえ通ればいいようにしたらいいのです。
 また、夜の塾に行くだけでも小学校の卒業はOKにして、(昼に塾をしてもいい)と するのです。

 そうすば、親は、選択が出来るようになります。
既存の小学校を選ぶか、自分で教えるか、それとも塾にするか、それとも有志でミニ私立をつくるかを、自分の子供にあわせて選べるようになります。
 早熟ですごく優秀なら、塾系の学校にすればいいし、遅咲きの子であれば親と有志のミニ私立でもいいですし…。人数に応じて助成金を出せばいいです。
 そうしたなら、既存の小学校の一クラスは20人とかになったりするでしょうから、既存の小学校もまた特色が出てくると思います。
2009/02/03(火) 19:54 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。