浜岡原発停止せよの読売社説が3日で豹変。 法治主義を壊す責任はどこに

.
ちょうど一年前の
2011年 5月10日の記事(一部追記)です。



■ 浜岡原発停止へ 地震と津波対策に万全尽くせ5月7日・読売社説

菅首相が、静岡県にある中部電力浜岡原子力発電所の全原子炉を停止するよう要請した。
浜岡原発は、30年以内に87%の確率で発生するとされる「東海地震」の想定震源域のほぼ中央にある。首相の要請は、この「特別な状況」を勘案した結果という。 その上で政府は、大津波に備えた新たな防潮堤を設けるなど、中長期的な安全対策を確実に実施するよう求める方針だ。  東日本大震災での教訓を生かそうということだろう。  東京電力福島第一原発が、想定外の大津波に襲われ、大事故を起こしたことを踏まえれば、やむを得ない。 浜岡原発では、五つの原子炉のうち1、2号機は廃炉が決まっている。3号機は定期点検のため停止しており、4、5号機だけが運転中だ。正常に運転している原子炉について政府が停止を求めるのは極めて異例だ。   だが、浜岡原発は首都圏まで直線で180キロ・メートルの近距離にある。  日本の大動脈である東海道新幹線や東名高速道にも近い。   運転中に事故を起こし放射性物質が放出される事態になれば、日本全体がマヒしかねない。  静岡県や周辺自治体も、早急な安全性の向上を求めていた。 中部電力は首相の要請を受け入れるべきだ。  すでに中部電力は、福島第一原発を襲った高さ15メートルの津波に耐える防潮堤を設けるなどの対応を自主的に決めている。従来は8メートルの津波しか想定していなかった。 原子炉冷却用の電源が失われた福島第一原発の深刻な事故を踏まえて、予備電源の追加配備にも着手している。しかし、それだけで十分なのだろうか。 東日本大震災では、三陸沖地震に加え、隣接する広い地域で地震が連動し大津波を発生させた。 東海地震でも、震源域が隣接している東南海、南海を合わせた三つの巨大地震が連動する可能性が指摘されている。その場合、想定をはるかに超える揺れと津波に襲われる可能性も否定できまい。  政府は、中部電力と協力して対策に万全を期すことが求められる。 無論、巨大地震が想定されていない他の地域の原発についても、安全確認が必要だ。  政府と、電力各社の作業が遅れれば、浜岡原発に限らず各地で原発停止が広がるかもしれない。そうならないよう、政府と電力各社は、対応を急がねばならない。


                    

■ 原発停止決断 丁寧な首相説明が欲しかった (5月10日付・読売社説

中部電力が9日、静岡県の浜岡原子力発電所の全面停止を決めた。  菅首相が6日に行った停止要請を受け入れた結果である。 浜岡原発は、今後30年以内に87%の確率で起きるとされる「東海地震」の想定震源域の真ん中にある。日本の大動脈である東海道新幹線や東名高速道路にも近い。 地震や津波で東京電力福島第一原発のような大事故を起こした場合、深刻な事態を招きかねないだけに、やむを得ない選択だ。  だが、首相の要請は事前調整もなく、あまりにも唐突だった。  国のエネルギー戦略の柱である原発の将来を左右する政策を提起したのに、 政府として正式な決定も行っていない。  単なる行政上の要請では、株主などに責任を負う民間企業として判断に迷う事態だろう。  中部電力が2度にわたって取締役会を開いた末に受け入れたことを見ても、苦渋の決断だった。  今回の首相要請は、政治主導のあり方としても、大きな課題を残したといえよう。  浜岡原発には1~5号機がある。うち1、2号機はすでに廃炉が決まっている。 3号機は定期点検により一時停止中で、4、5号機だけが運転中だ。 受け入れに当たって中部電力が最も心配したのが、夏の電力需要をどう満たすかだった。 3~5号機の出力は合計360万キロ・ワットある。それを失うと、供給能力は夏場の需要をギリギリ満たす程度に落ち込む。 停電を防ぐには、火力発電の増強などで対応するしかない。 中部電力が、火力発電用の燃料の確保にめどをつけた上で停止を受け入れたのは妥当である。   首相要請の問題点はまだある。 停止期間に言及していなかったため、浜岡原発を完全に廃止せざるを得なくなるのではないか、との懸念が中部電力には強かった。 他の電力会社が運営する原発についても、いずれ停止を求められる恐れがあるとの不安が、電力各社に広がった。  あわてた政府は、浜岡原発の新しい地震・津波対策が完成するまでの2~3年との見解を示し、その旨、中部電力に伝えた。 菅首相も、「浜岡は特別なケース」と述べ、他の原発への波及をあとで打ち消した。首相の要請が説明不足だったことは否定できまい。大いに反省を求めたい。




世界最大の購読者数を持つ、読売新聞の社説には、
世論形成の重大な責任があります。

一刻を争う重篤な緊急事態ではないのに、 5月7日・読売社説 にて、
法的根拠なしの要請を受け入れよと、
法治主義と民主主義を壊す方向に、世論形成を行ないました。

読売社説の記事削除は、早いので、この記事内に収録しました。



また、3日後の 5月10日付・読売社説 では、
政府として正式な決定も行っていない。 と
問題提起をし、
「あわてた政府は、・・・ 大いに反省を求めたい。」と、しています。



しかし、読売社説は、「中部電力は首相の要請を受け入れるべきだ。」と、していました。
読売社説は自分のことを棚に上げ、首相に反省を求めています。

読売社説は、木鐸であるべきはずの存在です。

その読売社説が、「法的根拠なしの要請を受け入れよ」 と
主張したことにこそ、反省が求められるのではないでしょうか。




ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 電力不足の日本は、浜岡原発停止要請を支持した読売社説(5/7)が原因
 読売の 菅直人の浜岡原発停止要請の支持で、日本の株価が下がる
 浜岡原発停止せよの読売社説が3日で豹変。 法治主義を壊す責任はどこに
 浜岡原発の停止要請に、一刻を争う緊急性なし。  法的な手続きを踏むべき
 世論次第で、中部電力は粘る。 中部電力は 浜岡原発の停止要請を断ろう!
 菅直人の浜岡原発停止要請に法的根拠はない。 中部電力は拒否を
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 橋下徹知事  「関西電力 6割が原発。分散を」は、反原発じゃなく危機管理
 ロシアの原発は「世界一ィィィイイイ 安全」 プーチン首相が強調
 ドイツのメルケル首相「原発を早く廃止したい」は、日本の広報の負け
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 東北電力の女川原子力発電所は無事で避難所に。 町民の救いの場所に
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 浜岡原発の「停止要請」は非科学的だ    池田信夫 2011.5.6
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51705451.html

今までに判明している福島第一原発の事故の経緯は、次のようなものだ:

  1. 地震によって原子炉は緊急停止し、核燃料の連鎖反応は止まった
  2. 受電鉄塔が倒壊して外部電源が供給できず、 ECCS が作動しなかった
  3. 予備電源が津波で浸水して給水ポンプが作動しなかった
  4. 原子炉(GE製)の電圧が440Vで、電源車と合わなかった

浜岡が危険だといわれたのは、東海地震の震源の真上にあって、原子炉が地震で破壊される(あるいは制御できなくなって暴走する)のではないかということだったが、これについては東海地震で想定されているよりはるかに大きな今回の地震で、福島第一の原子炉は無事に止まった。浜岡も国の安全審査では、東海地震に耐えられる(これは首相も問題にしていない)。

問題は、予備電源が津波で浸水したことである。
これについては、浜岡には12mの砂丘があり、予備電源と給水ポンプを原子炉建屋の2階屋上(海抜15~30m)に移設する工事がすでに行なわれたので、防潮堤は必要ない。

かりに予備電源がすべて地震で破壊されたとしても、浜岡の原子炉は東芝/日立製なので、予備の電源車が使える(構内にも電源車がある)。つまり3と4は福島第一に固有の欠陥であり、浜岡には当てはまらないのだ。






■  池田信夫さんの記事  2011年05月08日

原子炉を止めるのに、一刻を争う緊急性はない。
首相が止めたければ、少なくとも原子力安全委員会にはかって法的な手続きを踏んでやるべきだ。それが法治国家というものである。

福島第一で問題を起こしたのは予備電源の浸水だが、一昨日の記事でも書いたように津波の対策はすでに行なわれたので、「防潮堤の完成まで」という期限は無意味である。

そういう法的な手続きなしに個人的な「要請」で原発を止める前例をつくると、日本の電力会社は深刻な経営リスクに直面する。

地元に不安が高まっていることを考えると、河野太郎のいうように簡略化した「ストレステスト」をやることはいいアイディアだと思う。具体的には、今回の福島の地震データでソフトウェアによるシミュレーションをやってみればいいのだ。原発の安全審査には「再審査」というのはないが、これだけの大事故があったのだから、再審査して危険だったら止めればいい。






■ 官邸、極秘協議1か月…法的根拠なく行政指導  2011年5月10日 読売

6日午後4時半過ぎ、菅首相が首相官邸の執務室に、海江田経済産業相、原発担当の細野豪志首相補佐官、枝野官房長官、仙谷官房副長官らを呼んだ。 4月上旬から1か月にわたり、「浜岡原発停止」を極秘裏に検討してきた中核メンバーだ。  

前日の5日に浜岡原発を視察した海江田、細野両氏の報告を受け、首相の心は既に決まっていた。問題は、定期検査中の3号機のみならず、稼働中の4、5号機についても停止を求める法的根拠だった。

弁護士出身の枝野が、その場で原子炉等規制法などの関連法や政令のページをたぐった。
やはり条文をどう読んでも、法的に停止を指示することは出来ない。行政指導で、中部電力に自主的な協力を求めるしかない」。異論を唱える者はいなかった。

6日午後7時10分から首相の緊急記者会見がセットされたが、中核メンバー以外の官邸スタッフには内容すら知らされていなかった。海江田氏が電話で中部電力に浜岡原発の全面停止を要請したのも、記者会見が始まるわずか1時間前だった。








追記  2012. 5.10


緊急時でもなく、
法的な根拠もなく、
 閣議で議論なく、国会で審議なく

原子力発電所を要請で、止めてしまったら、

全国の原発が点検を終えても
再稼働する根拠がないわけで
こうして、一年後の2012年5月10日のいま、
日本の原発は、稼働ゼロになりました。




法的根拠のない要請で原発を止めたら
どの原発も再稼働する根拠がなく、やがては稼働ゼロになることは、
考えれば 予見できることでした が、


中部電力は要請に屈して、浜岡原発を止めてしまいました。
他の電力会社、特に関西電力も、声を上げないままでした。

中部の経済界も、日本のどこの経済界も声を上げませんでした。
民主党も自民党の議員も「止めてはならない」と声を上げませんでした。

読売が「停止せよ」 と社説で支持した中で

政党なら、幸福実現党だけが、「理由なく 止めてはならない」 
原発はやがて稼働ゼロになる。日本経済に大きな痛手となる。
と、警鐘を鳴らし続けていました。


というか、
いまも、うたえているかと思います。





計画停電や節電では、工場の機械が正常に動かなくなったり
製品が生産できなくなるような 死活問題のかたがたも 多いことでしょう。


けれども、そのかたがたは、

福島の原発の問題は、原子炉に問題はなく、外部電源の喪失が問題だったと
掘り下げているでしょうか。

困っている企業は、「再稼働せよ」と 声を上げているでしょうか。

「再稼働せよ」のデモがあれば、
一社総出で参加したりとか 意思表示されていますでしょうか。




浜岡原発が法的な根拠なく、停止要請があったときに
反対の声を上げなかったのは いたしなかったとしても、



いま、こうして夏場に電力不足が まのあたりになっても、
それでも声を上げないまま 黙っていて、いいのでしょうか。





電力の安い海外に移転とか、考えるところがあるとしても
同時並行で、「原発を再稼働せよ」と立ち上がるべきではないでしょうか。


声を上げ、立ち上がる人が増えると、政治は動きます。

正論を言っても 落選しないですむかもしれないと思えれば、
議員たちに勇気がわき、声を上げる人も出てきます。




中には、市井の人々の声の量を常に推し量って、
民意の多い方向 (脱原発) に音頭をとっているものの、

脱原発だと、電気料金は上がるわ、企業が困って雇用は減るわ、
増税の原因になるけど、それでもいいのと、

現実にしっかり直面していただくことで
人々に理解してもらうことで、民意の方向を再稼働へ変わるものなら と
腫物の化膿を加速する形で、
治癒を早めようとしているような政治家だっていますから

声を上げる人が増えることが大切と思います。



金型ができない、アイスの在庫が溶けるなど、
困る企業や人々は やまほどいるのではないでしょうか。

工場の外に出て、あるいは休みの日に
「再稼働せよ」と声を上げて、政治を変えていただきたいです。


民意の方向が変わった感じが伝われば、政治家たちも動き出します。



リンク切れ、記事削除のときの自分用控え






■ 浜岡原発の「停止要請」は非科学的だ    池田信夫 2011.5.6
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51705451.html

菅首相は突然、記者会見で中部電力の浜岡原発の運転停止を要請した。

その理由は

これから30年以内にマグニチュード8程度の想定の東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫しています。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分対応できるよう防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが大切です。


ということだが、この理由は非科学的である。

今までに判明している福島第一原発の事故の経緯は、次のようなものだ:

1. 地震によって原子炉は緊急停止し、核燃料の連鎖反応は止まった
2. 受電鉄塔が倒壊して外部電源が供給できず、 ECCS が作動しなかった
3. 予備電源が津波で浸水して給水ポンプが作動しなかった
4. 原子炉(GE製)の電圧が440Vで、電源車と合わなかった


浜岡が危険だといわれたのは、東海地震の震源の真上にあって、原子炉が地震で破壊される(あるいは制御できなくなって暴走する)のではないかということだったが、これについては東海地震で想定されているよりはるかに大きな今回の地震で、福島第一の原子炉は無事に止まった。
浜岡も国の安全審査では、東海地震に耐えられる(これは首相も問題にしていない)


問題は、予備電源が津波で浸水したことである。

これについては、浜岡には12mの砂丘があり、予備電源と給水ポンプを原子炉建屋の2階屋上(海抜15~30m)に移設する工事がすでに行なわれたので、防潮堤は必要ない。
かりに予備電源がすべて地震で破壊されたとしても、浜岡の原子炉は東芝/日立製なので、予備の電源車が使える(構内にも電源車がある)

つまり3と4は福島第一に固有の欠陥であり、浜岡には当てはまらないのだ。


福島第一事故は、最悪の条件で何が起こるかについての「実験」だった。
何も知らない外国政府が漠然と「原発は危ない」と考えて運転を止めるのはしょうがないが、日本政府は因果関係を詳細に知ることができるのだから、事故の原因は予備電源を浸水しやすいタービン建屋の中に置いたという単純な設計ミスだったことがわかるはずだ。

福島第一の場合も原子炉建屋の屋上に移設しておけば、
福島第二と同じように冷温停止になったはずだ(工費は数百万円だろう)。

事故原因は特定されているのだから、それを無視して
なんとなく「津波対策をするまで危ない」と考えるのは論理的に間違っている。


中部電力は法的根拠のない「要請」を拒否し、
保安院の説明を求めるべきだ。









関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。