12/30読売・産経広告 『国家社会主義への警鐘』 『北朝鮮 終わりの始まり』

.
幸福実現党 大川隆法_convert_20111231200424
http://www.hr-party.jp/new/2011/17712.html  PDF

読売新聞と産経新聞に12/30に、この広告が掲載されたそうです。



大手の新聞には、掲載していいかどうか広告を審査する部門があって
社会的な信用のないところの広告は、載せません。
というか、載せたあとクレームと新聞への信用失墜を思うと載せられません。

ちなみに、この「北朝鮮 終わりの始まり」の取材源は、霊的なリーディングです。

死んだ金日成の霊を呼び出し、
金正恩は生きているので守護霊(深層意識)呼び出して、取材しての情報とのことですが、
読売新聞社と産経新聞社の広告の審査を通っていて興味深いです。


幸福実現党 大川隆法 広告1_convert_20120103223940

     ↓ 取材の様子


■ 【スクープ】「父を注射で殺した」
  金正恩 守護霊インタビューで真相を語る  ザ・リバティweb 2011.12.22
   http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3539

金正日_convert_20111223215437

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁 公開霊言 2011.12.22
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

Part1: 衝撃スクープ!
その1: 金正日の霊言
「列車なんか乗ってないよ」 アメリカ急襲の懸念と核開発の真相
その2: 金正恩守護霊の霊言
「父を注射で殺した」 父・金正日の死の真相と今後の北朝鮮の戦略

Part2: 大川隆法総裁
「2012年は北朝鮮崩壊の年。ベルリンの壁に続き、板門店が壊れる。
2020年までに冷戦を終わらせたい」


【公開 霊言動画】 「父を注射で殺した」
独占スクープ 金正恩 守護霊 インタビューで真相語る
http://youtu.be/CKZodyLVyuc








また、もう一冊の「国家社会主義への警鐘」についてですが、


不景気にどんどん増税していくことで、
日本が、サッチャー登場の前のイギリスのように 斜陽な国となっていく・・・
決して、そんな選択をしてはならない。  

と、警鐘を鳴らす内容です。




■ 『国家社会主義』へと邁進する「社会保障と税の一体改革」の危険性  佐々木勝浩
   http://www.hr-party.jp/new/2012/17856.html     2012.1.2

昨年末12月30日、政府は「社会保障と税の一体改革」の素案を確定、公表しました。
 (内閣府「社会保障・税一体改革素案」⇒http://p.tl/pC0B) ・・・

第一の問題点は「消費税増税」を筆頭に「増税ラッシュ」を図るものであるということです。 ・・・ 

消費増税以外にも、所得税や住民税、相続税等の課税強化、地球温暖化対策税(環境税)の創設金融課税の軽減特例の廃止 など、「増税ラッシュ」をかけんとする財務省の強い意志が表れています。

また、素案には「隠れた増税」が至るところに仕組まれています。

増税に加え、厚生年金の保険料引き上げ住民税の年少扶養公助の廃止 等により、 年収500万円世帯の場合、年間20万~30万円の負担増になるとの計算が出ています。(12/31日経) ・・・ 

サッチャー元首相以前の「イギリス病」のように、「福祉国家を目指す」と称して、国家がますます仕事を増やし、それが財政を圧迫し、更なる増税が要求され、経済が徐々に疲弊していく悪循環に陥ることになります。 ・・・ 

規制を緩和し、事業を民間に委ねれば、企業の競争原理の中で国民はより良いサービスを受けることができ、そこから雇用も生まれます。 ・・・ 

「国家社会主義」へと向かう野田政権の暴走を食い止めるには、本年の早い時期に野田首相を退陣させ、解散・総選挙に追い込み、民主党を政権の座から引きずり下ろすことが不可欠です。

2012年、幸福実現党は全力で民主党政権を退陣させ、政権獲得を目指して参ります。 ご指導 ご支援の程、よろしく お願い申し上げます。 (文責・佐々木 勝浩)





■ 一体改革、家計に負担じわり
   消費増税や控除縮小 駆け込み需要 反動も   2011.12.31 日経

消費税増税を含む社会保障と税の一体改革が政府素案通りに進めば、家計の負担増は避けられない見通しだ。財政や年金・医療などの持続可能性が高まり、一部で給付の充実にもつながるが、消費増税に加え、所得控除縮小や年金保険料の増加などが重なる。 年収500万円世帯の場合、年間で20万~30万円の負担増になるとの民間試算もある。…






■ 富の分配ではなく、富の創造を!   竜の口 法子 2012.1.2
   http://www.hr-party.jp/new/2012/17824.html
   http://tatsunokuchi-noriko.hr-party.jp/etc/1665/

野田首相は1月1日付で 平成24年の「年頭所感」を発表しました。

「社会保障制度の持続可能性を高める必要性」を指摘する一方、「歳出削減と、税収収入の確保」に全力で取り組むと方針を示しました。 「力こぶを入れて取り組んでいく」そうです。

さて、昨年末から、消費税増税を巡る民主党内の攻防が激化し、9人が離党届を提出しましたが、今回、注目したいのは「所得税の最高税率を現状の 40%から 45%に引き上げる」案です。

見直しの理由は、経済格差の是正を図るための「所得再分配機能の回復」とされています。 つまり、高額所得者からの税収を増やし、低所得者向けの社会保障サービスを充実させるということです。

しかし、これは大変、危険な見直し案です。

人の何倍も働き、長年努力して来た高額所得者を狙った増税は 「働く意欲を失わせる」ことに繋がります。 社会主義国のように 「努力が報われない社会」になります。 その結果、富裕層が、税金の安い香港やシンガポールに移る 「資本逃避」が現実となり、一層、税収が下がることでしょう。

実際、米国で 「富裕層に対する増税案」に賛成しているといわれる、富豪、著名投資家のウオーレン・バフェット氏も、シンガポールに移住しています。

「所得の少ない人ほど負担感が強くなる消費増税への理解を得るには、富裕層に負担を求める必要がある」として、最高税率の引き上げを指示した野田首相。

野田首相の頭にあるのは 「富の分配」ばかりです。
消費増税の不満を減らし、支持率や国民世論、選挙を考えての「迎合主義」と言わざるを得ません。



民主主義では、高額所得者も税金を納めていない者も同じ一票です。

一万人に一人の富豪から税金をとって、一万人に分配すれば
「一票が一万票に化ける」

政治家にとっては、抗しがたい誘惑なのでしょう。



しかし、これはマルクスが 『共産党宣言』で打ち出した「強度の累進課税」と発想が同一です。

「強度の累進課税で、高額所得者から財産を取って分配する」 つまり、財産を全部、国家の方に持っていこうとする社会主義的発想が強く見られます。

政府税制調査会が30日にまとめた税制抜本改革案には 相続税の最高税率 5% 引き上げも明記されています。 改正が行われれば、相続税の対象になる人が 全国民の4.2%から 6~7%まで増えると試算されています  (ニッセイ基礎研究所調査)

ここにも、マルクス『共産党宣言』(「相続権の全面廃止」)の強い影響が見られます。


現在、所得税と個人住民税を合わせた個人所得課税の最高税率は 50%です。

税と所得を折半する「五公五民」となっていますが、
最高税率引き上げが実現すれば、高額所得者は 課税所得の 過半を 税で納めることになります。

働いても、働いても、半分以上を税で取り上げる仕組みは、
国家による「合法的な略奪」であり、憲法18条の「奴隷的拘束の禁止」に明らかに違反する行為です。


野田増税内閣が突き進んでいるのは、
まさしくハイエクが言う「隷属への道」そのものであります。


ハイエクは、たとえ、「共産主義」であろうが、「ファシズム」であろうが、「福祉国家」であろうが、「富の分配」であろうが、その「目的」に関わらず、私有財産を中央集権的に管理統制する 「集産主義(collectivism)」という「手段」は同一で、その「手段」こそが 「暴政」と 「貧困」という、「隷属への道」を生み出すことを指摘しています。


「社会保障と税の一体改革」が 「国家社会主義への道」であることを
指摘しているのは、幸福実現党だけです。

※ 詳細は1月18日、幸福実現党より緊急発刊される 『国家社会主義への警鐘 増税から始まる日本の危機』(大川隆法名誉総裁とついき秀学党首との公開対談)をご覧ください。⇒http://p.tl/C9UO



松下政経塾で無税国家を学んだはずの野田首相は、
「無税国家」を目指した松下幸之助氏の理想とは見事に真逆に進んでいます。

2012年、「税収収入の確保に力こぶを入れて取り組んでいく」のなら、
日本を豊かにするための、「富の創造者」の輩出に努力すべきです。

あの、「岩崎弥太郎」を100人輩出する!」という 目標でも立てたらいかがでしょうか。


「富の分配」ではなく、「富の創造」への努力こそ、
「日本再生に歩み始める最初の年」となるはずです。


野田首相は、「増税に不退転」になるのではなく、

「多くの雇用を生み、
国富を増やしてくれる人こそ国の宝」
と考え、

「未来のリーダーを創る」ことに 「不退転」であるべきです。


所得税の最高税率を上げていく考え方は、
日本を豊かにしていく道とは反対方向に進む道です。

イギリスのサッチャー元首相は
「お金持ちを貧乏にしても、
貧乏な人はお金持ちになりません」
と言い切り、

労働党政権が続けてきた「福祉国家路線」を大きく転換。
「自由な競争社会」に改革し、イギリスの国力を復活させました。


「世界中の成功者が 住みたくなる国」
「新しい成功者を 続々と輩出する国」

幸福実現党は、そんな豊かで自由な日本にして参ります!

                                    たつのくち のりこ
                  幸福実現党 女性局長    竜の口 法子






幸福実現党 ホント いいこと言ってると 思います。

わたしも、不景気に増税するの反対です。

財布のヒモが固くなったら、
結局、企業は売り上げ減って、家計は収入が減って、政府は税収が減りますもの。

財政再建するなら、まず景気を回復させ、そこから税収増しかないと思います。



増税しちゃいけないです。
増税すると 国は減収になってますもの。

幸福実現党 1997年の消費税の増税からずっと減収_convert_20111106171852
http://www.hr-party.jp/new/2011/13331.html より








この5年で家計の金融資産の「現金・預金」の率は50%から55%へアップ。

「株式」率は7.5%から4%へダウン。
ほぼ半減してます。


家計 金融資産 構成比 日銀 株 預貯金_convert_20111203182247
■ 国債償還マネーどこへ 利回り求め社債を物色   2011.11.23 日経




って これじゃ、
日本企業の株価 あがるはずない です。


という さっこん5年の動きにも関わらず、

民主党と野田首相と自民党は、消費税上げろ って
それじゃ、企業の売り上げ減を見込んで、株価も下向くでしょう。

そして、株価が低迷したら、
企業も個人も活力をなくしたままになり、悪循環です。



民主党と野田首相と自民党は、消費税の増税をしたがりますが、
国民のお財布のヒモは、もう5年間、締まりっぱなしなうえに、
さらに増税してしまったら、どうなるのか、想像していないと思います。




2006年に発行が開始の個人向け国債が、大量償還の時期。
「貯蓄から投資へ」の入門商品と期待されていた個人向け国債。

個人向け国債は、2003年3月の変動金利型10年債から発行が開始。
実際に償還を迎えるのは初めて。 
2011年4兆円弱、2012年は4兆円、2013年は3.3兆円。
2014年は、固定3年、固定5年、変動10年で、償還額は6.2兆円。



これらの、償還額の半分でも、株の購入に動いたら

日本はすぐにでも株高になって、みんな金融資産が増えます。
企業も、個人も元気が出ますし潤って、売り買いの経済が活性化するでしょう。


政治がよくなれば、景気回復を先読みした人たちが
国債を買っていたお金を、株の購入にあてて、一気に経済が復活する でしょう。



そのための財源が、個人向け国債の償還という形で 
毎年 数兆円の財源で、チャンスがやってきていますから、



財政再建は、景気回復から自然税収増で  
という 財政再建の王道を うったえる政治勢力が 力を持ちますように。

そうして、活力ある経済が来る予感がして
この毎年出てくる、民間の財源である個人向け国債の償還数兆円が
株式投資にどっと流れ込むような、動きになっていってほしいです。





景気回復を目指して、財政再建に取り組む
経済に明るい政党が 次の衆議院選挙で、力を持ちますように。

また、日本の安全を考える 安全保障の意識の高い政党が
やがてくる衆議院選挙で、議席を増やしますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   政治家の使命 とは何か
■ 政治家の心意気こそ経済成長の牽引力  加納 有輝彦 2011.12.30 HRP 137
■ 税高くして 民衰え 国滅ぶ           加納 有輝彦  2012.1.6  HRP 144
■ 富の分配ではなく、富の創造を!       竜の口 法子  2012.1.2  HRP 139
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。