放射線医が語る被ばくと発がんの真実、中川恵一   藤沢数希

   ■ 放射線医が語る被ばくと発がんの真実、中川恵一   藤沢数希
     http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51883789.html

放射線医が語る被ばくと発がんの真実、 中川恵一
東京大学医学部の放射線医療チームを率いる中川恵一氏の新刊である。

中川氏はすでにシーベルトやベクレル、そして被曝の人体への影響をやさしく解説した「放射線のひみつ」を出版しているが、この本はより踏み込んだ内容となっている。 すでにネットなどの議論を知っている人にとってはそれほど目新しさはないが、いくつかの話は原発事故を考える際に、大変示唆的であった。 特に大変興味深いのは、広島・長崎の原爆に関する記述である。

広島・長崎では大量の放射性物質が撒き散らされた。

しかも、当時は放射線に対する知識が全くなかったので、原爆が投下されてすぐに多数の人が広島に戻ってきてしまったのである。 その結果どうなったか。 実は、広島市民は日本で一番長寿になったのだ。 広島市の女性は日本の全政令指定都市の中で一番長生きする。 日本の女性は世界一の平均寿命なので、広島市の女性は世界で一番長寿だということになる。 なぜか。 それは広島の市民には被曝手帳が配られ、医療が無料化されたからである。 そのため、広島で被曝した人たちは世界で一番の長寿となったのだ。

一方でチェルノブイリの原発事故では、広島・長崎の原爆により、放射線の健康被害がよく知られていた。
旧ソビエト政府は、当初は原発事故を隠そうとしたのだが、西側諸国に発覚し、国際的な非難にさらされると、急に極めて厳しい基準で住民を強制退去させた。 チェルノブイリの健康被害を調査している国連科学委員会やロシア政府の包括的な調査によると、現在までに放射能汚染の犠牲者は事故の収束に当たった作業員と汚染ミルクを飲んだ住民とで合わせて50人程度である。 そして疫学的には、小児甲状腺癌以外に、いかなる放射線による健康被害も見つかっていない。 しかし、避難措置が取られた地域では、平均寿命がかなり短くなってしまったのだ。 広島とは反対である。原因は、鬱病による自殺とアルコール中毒の大幅な増加だ。

強制移住によってコミュニティーが崩壊し、新たな生活に適応できない人々の間で、精神的なストレスによる疾患が急増したのだ。 そして、主にヨーロッパのメディアから流される科学的根拠の乏しい、放射能による恐怖を煽る報道により、住民の多くが不安に苛まわれ、うつ病などを発症していった。 皮肉なことに、放射線の知識が全くなく、放射能汚染された地域に住み続けた広島市民は世界一の長寿になり、そのような広島の知識に基づき、メディアが過剰な反応をした旧ソビエトの人々は精神疾患で大きく平均寿命を縮めたのだ。

無知、あるいは危険を煽ることで生計を立てているジャーナリストや一部の研究者らの無責任な言葉の数々が、チェルノブイリの住民を殺したのである。 我々は福島で同じ過ちを繰り返してはいけない。



amazon
放射線医が語る被ばくと発がんの真実

内容紹介
東大病院の放射線医としてがん患者の治療に長年携わってきた著者が、被ばくと発がんリスクについて真摯に語り下ろす。子供たちの健康、内部被ばく、食料汚染、ホットスポット問題など貴重な情報が満載。

内容(「BOOK」データベースより)
福島第一原子力発電所の事故以降、10ヵ月以上が経つが、状況はいまだ予断を許さない。「内部被ばくは、外部被ばくの600倍危険だ」「福島の野菜は食べてはいけない」「西に逃げろ」…。様々な「専門家」たちの意見が飛び交い、私たちを不安に駆り立てる。本書の著者は、長年にわたり放射線医としてがん患者の治療に携わってきた。被ばくと発がんリスクの問題について語るに最も相応しい人物といえよう。さらに事故後、福島で行った調査や、広島・長崎、そしてチェルノブイリのデータ分析も踏まえて導いた結論は、大きな説得力をもつ。福島と日本の将来に希望が見いだせる一冊である。






勇気ある専門家の本、これを読まずに放射線を語るな。 
   2012.1.14 By Akira

政府見解に沿った発言は全て御用学者とバッシングされる風潮の中、学者としての良心からバッシングを恐れず、専門家として、さまざまな事実を踏まえてまとめられた本。

放射線の害について関心がある人は全員が一読すべきであり、この本の内容についての反論は公開の場で行われるべきだ。本当の意味での専門家の多くはこの本の内容に同意するであろう。 そのぐらい良くまとまっている。 また放射線を過剰に恐れることがかえって被害を拡大させることがあるという事実がきちんと踏まえられている。これに言及しない本、定量的なデータに乏しい素人の本が多いなかではかえって貴重な本。

(ご参考)「チェルノブイリの健康被害、最も深刻なのは精神面への影響」をgoogleで検索
(ご参考)そもそも、数mSvの被ばくで、がんが増えると考える“真の専門家“などいない。
「放射線被ばく基準の意味 中川恵一」をgoogleで検索


<以下は個人的見解です>

実際に福島県で暮らしている人たちがいかにデマや風評被害に苦しめられているかを踏まえると、私も含めて専門家でもないのにネットの二次情報に頼って発言している人間は、正当化できる如何なる目的(脱原発など)があるにせよ、良心があるならデマや風評被害の拡大に加担すべきでないと思う。
(ご参考)「誰のための基準値 たむら」をgoogleで検索

今回の事故について東電と監督官庁、初動で情報を隠蔽し被害を拡大させた管内閣の責任は追及されるべきであり、脱原子力も進めなければならないと思うが、そのために福島の人々を犠牲にしても良いということではない。本の販売や脱原発を目的として、一部マスコミや放射能オタクのように放射線の害を過大に煽り福島の人々を苦しめることは正当化できないし、見過ごすことはできない。
「人は大人であれば常に、放射性カリウム4000Bq、放射性炭素2500Bq程度を体内に持っていて、放射線に被ばくしている。体に放射性物質を持っているのは大人だけでなく子どもも乳児も同様だ。食品中の自然の放射性物質による被ばく線量は、日本人で平均して年間0.41mSv。」
(ご参考)「FOOCOM.NET イオン」をgoogleで検索

さらに、外部から1~2mSVの放射線を受け、人間 ドック等で1~5mSVの医療放射線を受けているという当たり前の事実と、これらががんの原因にはなっていないことにすら言及しない自称専門家の方々の発言は目に余る。
バッシングを恐れ、発言をしない専門家が多くなる中、きちんとした発言をする専門家はもっと大勢いるべきだし、マスコミも素人学者ではなく、実際に起きていることの全体を俯瞰できる一定の見識をもった専門家(視野の狭い専門家の発言は部分的に正しくとも事態を混乱させるだけ)の発言をきちんと伝えるべきだ。

また、この本の書評に関して、不当に内容を貶める書評が多いのは残念なことだ。反原発が目的としても、福島の人々を苦しめる組織的な悪意としか感じられない。もう少し正当に評価されるべき本である。

ただし、他のレビューにも書かれているようにP169の500ミリシーベルトは、明らかに500ベクレルの誤記である。専門家として忙しく実務に携わる中で執筆されたことが想像されるが、編集者でも気づくべき誤記がそのまま残っているのは残念。
(ご参考)「『放射線医が語る 被ばくと発がんの真実』の誤植に関するお詫び」をgoogleで検索




関連記事
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/30(月) 02:39 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。