邱永漢 死去。  東大卒業後、台湾で独立運動し香港へ亡命。直木賞作家

.
■ 「お金もうけの神様」、直木賞作家、経済評論家…邱永漢さんが死去 88歳 2012.5.18 産経

直木賞作家で経済評論家の邱永漢(本名・丘永漢=きゅう・えいかん)さんが16日、心不全のため死去した。88歳。葬儀は近親者のみで行い、後日「お別れの会」を開く予定。喪主は妻、丘亜蘭(きゅう・あらん)さん。

日本統治下の台湾・台南生まれ。
旧制台北高校から東大経済学部に進み、卒業後、台湾に戻ったが、戦後の台湾独立運動に関係したとして国民党政府の弾圧を受けて香港に逃れた後、再び日本へ。

昭和31年に小説「香港」で第34回直木賞を受賞。
同55年に日本に帰化した。「金銭読本」「メシの食える経済学」など株の投資やマネー関係の入門書を執筆する一方、実業の才能を生かしてビルの経営にも進出。経営コンサルタント業を営み、「お金もうけの神様」としても人気があった。 「食は広州に在り」「中国人と日本人」「お金持ちになれる人」など著書多数。

邱永漢4
邱永漢さん



■ 経済評論家の邱永漢氏 死去  2012.5.18 NHK

台湾出身の実業家で、経済情勢や財テクなどについての分かりやすい解説で親しまれた経済評論家で直木賞作家の邱永漢さんが、16日、心不全のため亡くなりました。88歳でした。  邱永漢さんは台湾出身で、東京大学経済学部を卒業後、台湾の独立運動に関わったことがきっかけで香港に亡命しました。  香港で貿易業を営んで富を築くかたわらで執筆活動を始め、昭和29年からは日本に拠点を移して、亡命生活の経験などをつづった小説「香港」で外国人では初めて直木賞を受賞しました。

その後も実業家として活躍しながら投資や不動産売買などを分かりやすく解説した多くのビジネス書を手がけ、「金もうけの神様」とも呼ばれました。 平成5年に発表した「中国人と日本人」は、両国の国民性の違いや今後の交流の在り方などを独自の視点で論じてベストセラーになったほか、インターネットのホームページでビジネスについてのコラムを先月まで4400回以上にわたって連載するなど、執筆活動を続けていました。

邱永漢5




中国では、お金儲けの神さまを 財神 と呼ぶようです。
そして、三国志の蜀の美髭公 関羽を 財神に祭る人も多いそうです。

関羽は、主君である劉備玄徳に忠義を尽くしたことから、
⇒ 約束を破らない ⇒ 契約を守る ⇒ 信用 のシンボル。

そして 信用は商売繁盛の土台であり、価値の創造の原資です。
関羽 が 財神として祭られるのも むべなるかなです。




お金儲けが上手で その手腕がまるで神様のような領域に達した人も また
財神 と呼んだりするようですが、

5月16日に死去された 邱永漢さんは、
若くして生きているうちから財神 と呼ばれていた人でした。


ご自身、利殖や事業を成功させただけでなく、
その知識や経験を惜しみなく書籍の形で発行し、多くの人に福を分かちました。


戦後、東大など一流大卒の人たちは 当時の花形産業だった
石炭産業に就職する、そんな時期があったそうですが、そのころは、ホンダもソニーも 新興の企業だったころです。

そんな新興の無名の企業の株の購入を薦めたのが、邱永漢さんでした。

新興の企業の株を購入することで、企業の発展を応援するのですが、
企業の業績が、どこの馬の骨かわからない新興企業から日本を代表する一流企業に伸びることで、株価は何倍にも上がりました。 株を購入した人の資産は何倍にも何十倍にも殖え、この相乗効果で、日本の高度経済成長を促進する一助となりました。

日本の高度経済成長を後押ししたこと。
これが 邱永漢さんの功績でした。





また、沖縄返還の年、
1972年には、日中共同声明が出されていますが、
中華人民共和国と国交を結び、それまで国交のあった中華民国と断交ということです。


背景には、国連に中華人民共和国を参加させたほうがいいのではないかと、親中華人民共和国のアルメニア提案がもとで、国連には中華人民共和国が加盟する動きとなり、それに怒った中華民国はしなくてもいい脱退をしてしまうということや、アメリカも中華人民共和国と国交を結ぶ動きとなっていることがあったりしますが、

1949年に台湾という島に逃げ込んだ小さな領域の中華民国よりも、大陸を制し核兵器を保有するようになった人口が多く面積が広い 中華人民共和国を認める国際的な動きがあったのが、1971年1972年ごろです。



台湾(中華民国)は、国連を脱退し、国際的に孤立したのが1972年でした。


孤立し、途方に暮れた 台湾(中華民国)政府が相談した先が、
邱永漢さんでした。

邱永漢さんは、経済的な発展をすることでの活路を台湾に説きました。

また、日本の企業の経営者たちを人件費の安い台湾進出へ見学ツアーを組み、
台湾が アジアNIESと呼ばれるようになる 大発展の後押しをしました。



邱永漢さんは、
著作や講演活動を通じて 多くの人が富むきっかけを与えてくれただけでなく、
日本、中華民国と 国規模での経済繁栄を導きました。

さいきんの 邱永漢さんは、
中国のライフスタイルの近代化が無事に達成されるかに
大きな関心を持っていた
」 そうです。


中華人民共和国が経済的な成長だけでなく、精神面も成長し、
人々の自由を尊重する国となること願っていた 財神が天界にお帰りになりました。
88歳だったそうです。 数々のご活躍、ありがとうございました。




ブログランキング・にほんブログ村へ


■ 「作家や経済人という枠に収まりきらない大人物だった」 玉村豊男さん  2012.5.18 産経

30年以上親交があり、「邱永漢の『予見力』」の著書があるエッセイスト、玉村豊男さん(66)の話 「必ずしも一般的な評価は高くなかったが、作家とか経済人とかいう枠に収まりきらない大変な人物だった。作家としては株や金銭にまつわる要素を小説に持ち込み、経済人としては日中の経済的な架け橋として活動をしていた。最近は中国のライフスタイルの近代化が無事に達成されるかに大きな関心を持っていた。もう少し頑張ってくださると思っていたので、大変残念だ」



■ 財神の奥さんも、家計簿なんてつけていなかった 
  http://hakase-jyuku.com/poorman/cat11/post_48.html

この主婦を買物の達人にしたのは、たった一冊のノートであった。
彼女はそのノートにいつも買う商品の値段をつけ、
そしてその最安値と売りだし日を時系列的にしっかり記録していた。

そうしてそれより値段が安ければためらわずにそれを買い、
それよりも値段が高ければ絶対に買わない。
そういう方法で恐らく他人の三割以上もモノを安く買い、
そして思いのままに自らの生活を豊かにしていた。 ・・・


世間では、家計簿をつけてさえいれば、
自然に倹約できるというような錯覚があるようであるが、
しかし実際家計簿などつけずとも成功している奥様方はたくさんいるようなのである。

財神(お金儲けの神様)こと邱永漢さんの奥さんも、
かつては邱センセイから「家計簿でもつけてみなさい。
そうすればムダな出費を抑えることができるから」と言われ、
そういう挑戦をしてみたことがあったと邱センセイの著書に書いてある。
だが奥さんは、結局止めてしまったとある。


初めこそ奥さんは熱心に家計簿をつけていたが、
収入より支出の方が明らかに多いのだと気付くとすぐそれをやめ、
そしてそのかわりにお札に直接鉛筆で「電気代」だとか「ガス代」などと中国語で書き入れ出したという。

「だってそうでもしないと、
全部遣ってしまいそうになるんだもの」
奥さんはその時邱センセイにそう言い、
そして家計簿をつけるのを諦めた。
そんな邱家が後に日本と台湾と香港と中国に多くの地所を持ち、
そして「財神」とよばれるようなお金持ちになったわけなのだから、
家計簿をちゃんとつけるという事と、
お金持ちになるという事とは、
どうもそれほど関係がないようなのである。

恐らく家庭の主婦が家計簿をきちんとつけているのは、
単に皆がそうしているから、
或いはそれが主婦の仕事だという幻想が、
世の中にあるからなのだと思う。 ・・・ 



■ 財神!
  http://blog.livedoor.jp/diaoyutai/archives/14338671.html

 ・・・ 今日の写真の「財神」が見守っていてくれるので頑張れそうな気がします。 この財神、中国では非常に尊重されており、至る所で見かけます。まあどういうものを設置するかは自分の好みのようですね。
ちなみにこの財神はかの有名な「関羽」様だそうです。
私はよくわかりません。中国人スタッフが意気揚々と買ってきました。 ・・・
財神 関羽_convert_20120520211639 



■ マカオ: 現代でも人気「財神」と記念写真   2004. 1.24 サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2004&d=0124&f=national_0124_002.shtml

中国版福の神とも呼べる「財神」は、文字通りお金の神様である。中国の特に南方で根強い人気を持ち、商売繁盛を願いに店舗の片隅に祀られていることも多い。長いひげなどが特徴。 『中新網』22日付報道によると、澳門(マカオ)では同日、この「財神」に扮した人と記念写真を撮る市民の姿がみられた。 マカオは1998年にポルトガルから中国に返還されている。 (編集担当:石井一三)




■ 中華民国 Wikipedia

・・・ そのころ、国連では、中華人民共和国冷戦下の1971年に、中ソ対立の中でアメリカ合衆国をはじめとする西側諸国と、ソビエト連邦をはじめとする東側諸国との間で政治的駆け引きが行われた結果、国際連合における「中国の代表権」が、アルバニア決議によって中華人民共和国に移され、中華民国は国連とその関連機関から脱退した。さらに、1972年にアメリカのリチャード・ニクソン大統領が北京を訪問し、中華人民共和国を承認する意向を見せると、日本は中華人民共和国を承認し中華民国と断交。 ・・・




■ 青嵐会 Wikipedia

青嵐会は、1973年、自由民主党の派閥横断的に結成されたタカ派の衆参両若手議員31名からなる政策集団。(石原派→黎明の会)

   趣意
・ 自由社会を守り、外交は自由主義国家群との緊密なる連携を堅持する。
・ 国民道義の高揚を図るため、物質万能の風潮を改め、教育の正常化を断行する。
・ 勤労を尊び、恵まれぬ人々をいたわり、新しい社会正義を確立するために、富の偏在を是正し、不労所得を排除する。
・ 平和国家建設のため、平和は自ら備えることによってのみ獲ち得られるとの自覚に則り、国民に国防と治安の必要性を訴え、この問題と積極的に取り組む。
・ 新しい歴史における日本民族の真の自由、安全、繁栄を期するために自主独立の憲法を制定する。
 党の運営は安易な妥協、官僚化、日和見化の旧来の弊習を打破する。

青嵐は寒冷前線の意味で、会名は「渾沌停滞した政界に爽やかな風を送り込もう」という意味を込めて石原慎太郎が命名した。設立趣意書には「いたずらに議論に堕することなく、一命を賭して、右、実践する」とあり、結成時に石原の提案で会員名簿に血判状を捺した事で知られる。

中華民国支持の立場をとり、田中角栄首相による日中国交正常化に伴う中華民国との断交に絶対反対の姿勢を貫き、自民党外交部会などで強硬に主張した。1973年の「日中国交正常化1周年記念」に対抗して「中華民国断絶1周年訪問団」を結成し、台北市を訪問した。自民党議員による北朝鮮訪問を実力で阻止したこともある。反共を標榜していたが、当時中華人民共和国と対立していたソ連に対しては柔軟で、在京ソ連大使館職員を招いて勉強会を開くなどしている。 ・・・

結成当初より、集会では会場となった日本武道館を満員にするほどの人気を得ていたが、マスコミからは「自民党の右翼集団」「極右集団」などと批判された。

   衆議院議員26名、参議院議員5名。(当選回数、所属派閥は当時のもの)

中川一郎 (代表世話人、当選4回、水田派)
渡辺美智雄 (代表世話人、当選4回、中曽根派)
森喜朗 (当選2回、福田派)
綿貫民輔 (当選2回、椎名派)
石原慎太郎 (幹事長、当選1回、無派閥)
三塚博 (当選1回、福田派)   
 ・・・ 
 ・・・






日中共同声明を出し、おなじ資本主義の中華民国とは断交し、
私有財産を否定し、信教の自由や言論の自由がない社会主義の中華人民共和国と
国交を結ぶというのは節操がなく、日本にとってよくない ・・・

と 自民党の国会議員有志が、青嵐会を結成しました。

青嵐会の主なメンバーを見ますと

中川一郎 渡辺美智雄 綿貫民輔 
三塚博 石原慎太郎
 ・・・ といったかたがたです。

中川一郎さんの後継者は、中川昭一さんでした。
石原慎太郎さんは、いま、東京都知事です。


青嵐会の人たちは政治の面から、
日本と東アジアの調和と安全を考えた人たちでした。


邱永漢さんは、日本と東アジアを経済的に発展させ、
裕福になることで、日本と東アジアの調和と安全を願った人でした。




関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。