スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発言は、プライスフリー。 力社会では、おどしも守りの盾!善用です。

2009.4.16の記事です。 
4月5日に、北朝鮮はミサイルを発射し、日本の上空を飛ばしました。





発言は、プライスフリーです。
でも、ン百億円に相当する装備なみに、抑止力を発揮させれます。


それなのに、うちの国の政府高官は
「迎撃はあたらない…」発言ですもの。
それじゃダメだと思います。


国民の生命と財産こそが 国益です。
国民の生命と財産の安全をはかることを、安全保障と言います。



.
.


国益を背負う政府高官なら、

「 北朝鮮が、ミサイルを撃って、「秋田岩手の上空を通過する」と言ったって
そのとおりかどうかの保障はない。 

 東京を目指しているかもしれない。

若狭湾の原子力発電所を狙っているかもしれない。
秋田市や盛岡市に落ちるかもしれない。
落ちたあと、事故でしたと遺憾の意を表明されても人命は戻らない。

日本政府は、ミサイルの上空通過を 断固として認めない。

それは、日本にいつでもどこにでもミサイルを撃ち込める というおどしだからだ。

あっちがミサイル1発撃つなら、こっちはパトリオットを10発でも20発でも使って必ず落とす。
衛星を入れる形だからと衛星を積んでいる保証はない。 
核爆弾かもしれないし、生物兵器で細菌が載っているかもしれない。 
それに、実験でデーターを得られれば、次はもっと性能のいいミサイルになる。

だから、必ず、撃ち落す。

もしも、撃ち落しそこなえば、こんご今の10倍の迎撃ミサイル部隊を導入する。
また、北朝鮮のミサイル基地破壊用に、巡航ミサイルを早急に導入する。 

その覚悟があるなら、ミサイルを撃ちなさい。 

責任は、日本を危機に陥れようとする北朝鮮の挑発にある。
ちなみに、巡航ミサイルの標的は、北朝鮮の書記長の自宅ということも当然ありえる と
考えていただきたい。 」 


と、政府高官発言を 一回 がつんとお願いします。


こう言えば、「迎撃はあたらない…」発言とは、天と地の抑止力の差になります。
そして、その通りに、予算を獲得するのです。

言って、お金かけて、準備して、訓練して、示威し脅して まで、ぜんぜん支障のない抑止力の範囲です。

経済大国としての、予算のかけ方を示してください。
巡航ミサイル2000発 発注!と、威勢 良くお願いします。

威勢 の字をほどけば、そこにすでに抑止力の要素が入っているでしょう。
胸を張って、にらみつけて、朗々とした声で、毅然と話すだけで、抑止力がみなぎります。

北朝鮮の政府高官の発言を少しは学びなさい。
ほんとに情けない。

日本の政府高官の、評論家的な「迎撃はあたらない…」発言。
腰抜けです。
国益を損ねる小さな器量なら、代表者になっては困ります。

政府高官は、身体検査して、○○が2個ある人を政府高官に採用してください。
でも、毅然とした対応は、しっかりした女性政治家が出来ます。
毅然とした対応は、性別や、男性ホルモンの有無ではありません。

国益を守るという使命感の有無です。



政府高官は、国益を守るのが仕事です。

発言は、プライスフリーですが、ン百億円に相当する装備なみに、F22にように抑止力を発揮できます。

政府高官とか大臣は、前向きに、おどし を善用ください。
それは、古典的な、ありきたりのごくふつうの技です。


自然界だってそうです、
ニンジンの葉っぱや、山椒の葉っぱにつくアゲハの幼虫は、触ると、頭部から2本のオレンジ色の臭いにおいのする棒状の触覚を出して威嚇してきます。

 おどす。

 威嚇する。

これらは、自然界の弱い生き物たちの 生き残りのための技でもあります。
ローコストな技です。


悪さする国を相手に、おどすこと。いかくすること。は当然です。
そんなことに、罪悪感を持った人が、議員や政府高官や大臣をしては困ります。

スケベだろうが、ノンべだろうが、ろれつがあやしかろうがなんだろうが、
国益を毅然と守る、使命感があって気合が入っている人でなくては と思います。

もちろん、スケベじゃなく、ノンべじゃないほうがいい。
でも、腰抜けや、悪党相手に友愛外交よりは、うんと役に立ちます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こうした発言をとらえて、
マスコミと野党が「軍国主義」と騒いだら、
衆議院、解散 でいいのです。

今度は、郵政解散ではなく、安全保障 解散です。


そして、政府高官と大臣が、自由に口での攻撃ができるような
真の民主国家になっていいかどうかを国民に問うてください。


その結果、部数を伸ばす新聞と、購読者が離れる新聞が出るはいいことです。
その結果、政党の議席数が変るのは、変り方はどうあれよいことです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  政府高官の言葉の力のよくわかる最近の例では、

 北朝鮮 「衛星を迎撃すれば戦争、わが方は開戦準備」 2009年3月9日 exciteニュース 

 9日付新華社電によると、北朝鮮の人民軍総参謀部報道官は同日、「わが国の人工衛星打ち上げを妨害する行為は、戦争の開始を意味する」などと宣言した。
 報道官は、北朝鮮の自主権、領土、領空、領海を侵害する些細な行為にも、情け容赦のない軍事行動を発動すると表明。
 「衛星打ち上げの妨害は、戦争を意味する」、
 「わが国は、強力な軍事手段で、たたちに反撃する」などと宣言した。



  北朝鮮軍、迎撃なら「報復の火の雷」 日本をけん制  日経 4/2

  【ソウル=山口真典】北朝鮮の人民軍総参謀部は2日、国際機関に「人工衛星打ち上げ」と通報した問題に関して「重大報道」を発表し「日本が迎撃行為を敢行すれば、我が軍隊はすでに展開している迎撃手段のみならず、重要対象にも断固たる報復の火の雷を浴びせるだろう」と主張した。日本が領土・領海に発射物が落下する危険に備えて迎撃態勢を整えたことをけん制する狙いだ。
 朝鮮中央放送などの報道をラヂオプレスが伝えた。軍総参謀部が「重大報道」を発表したのは初めて。報道は「宇宙空間の平和利用は主権国家の合法的権利で、衛星発射は正義の事業だ」と改めて強調。日本を「発射を敵対行為と決めつけ、騒々しくわめき立てている」と非難した。さらに、米国には「被害を受けたくなければ展開した武力を遅滞なく撤収させるべきだ」と要求、韓国にも「発射を妨害してはならない」と警告した。 



すごいです。

北朝鮮の高官は言葉の力をよく知っているのです。
これは、言葉の力で、恫喝したのです。

聞くと、戦争か…とびびるでしょう。

これが、言葉の力です。 
現実として、言葉は力を帯びるのです。

(北朝鮮の戦車や航空機は旧式でコワクないです。コワイのは、特殊部隊のテロと、日本に向けたミサイル200基と数発備蓄した核弾頭です。)

 
「我が国の上空をミサイルが通過する事は許されない。撃ち落す」の言葉は、抑止力です。
抑止力は、軍事的な力の行使だけでなく、言葉の力もまた抑止力です。
 戦争を防ぎ、
 侵略を防ぎ、
 拉致を防ぎ、
不法なことを防がなくてはなりません。

なぜなら、日本の国にすばらしい女性たち、
そしてかわいい子供たちがいっぱい住んでいるからです。

泥棒や恐喝やゆすり、たかり、いやがらせを許してはいけないのは、個人も国も変りません。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


うちは北海道東部 十勝の田舎です。
中川昭一さんが選出されている選挙区です(笑)

北海道や十勝は、日教組とかいろんな組合の勢力が強い地域なのだそうです。

前回の選挙は僅差だったとのことです。
対抗馬は、小沢一郎さんの元秘書のかた。
今回は、さらにいろいろあって混戦とのことです。





先日、友人に「あの醜態はないよね。」と話したら、
友人に言われました。

「それはそうだけど、糾弾されて中川さんが政治生命をなくせば、
よろこぶのは北朝鮮と大陸の中国だろ?」 

「核兵器を持つことも検討」と発言だけで 
抑止力にできる器の政治家は他に見当たらないから、
かけがいがない人材だよ。」

「政治生命を絶つまで強くバッシングしてはいけないと思う。 
反省し再起させないと国のために働かせれなくなるだろ。 
その力加減が、マスコミに感じられないのが残念だ。 
 だろ?」     

と 言ってました。

知人の言葉を聞いて わたしは、はっと、我に返りました。



国民の生命と財産が、国益です。

国民の生命と財産の安全をはかることを、
安全保障と言います。


抑止力を使って国益を背負い、
安全保障をしっかりできる政治家が、本当の政治家です。



失敗したからと、叩くだけでは世の中のためにはならないです。
本当の政治家の立ち直りを祈ります。





ブログランキング・にほんブログ村へ<
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


軍事力は、抑止力として使うときに、盾の役割を果たします。
軍事力を完全に否定すると、盾がなくなる ということに気がつかない人が多い のが日本です。

軍事力があるから戦争になる。
だから軍事力を持ってはいけない。というのは、短絡的です。

自分の身を守らなくていいのは奴隷だけだということを知らないのです。
奴隷は財産ですから、持ち主が守ってくれますので。


軍事力は、抑止力として使い、盾の役割を果たさせなくてはなりません。

 中国の古代の思想家の孫子は次のようなことを言っています。 

正義(法)のない力は、暴力です。
暴力は忌むべきです。
しかし、力のない正義は、無力です。
無力は、暴力に侵略されます。




軍事力をそいで盾をなくし、力を落として無力になれば、待っているのは侵略です。

 すでに、島根県の沖合いの竹島には、韓国の施設があって近寄れません。

 すでに、尖閣諸島近くの海域では中国により海底油田が試掘され、近寄れません。

 すでに、尖閣諸島は台湾と中国が自国の領土と警備船を派遣しようとしています。

 昨年は、沖縄の周辺を、中国の潜水艦が航行し海底地形を探査しました。
  領海侵犯です。

 九州の沖合いにある対馬は、韓国が土地を買いあさっています。

 北方領土4島は帰ってくる気配はありません。
 土地の持ち主達は高齢でもうじき死に絶えるでしょう。


奄美を還し、沖縄を還し、硫黄島を還したアメリカには、横暴だと指摘し、
いま、日本の領海や領土を盗ろうとしている中国や韓国や台湾を非難しないマスコミ。

また、拉致された日本人を取り返すキャンペーンを張らないマスコミ。

マスコミは、「迎撃ミサイルは当たらない」と発言する政府高官と同じです。
国益を考えていないです。

力のない正義は無力 という単純な法則が理解できていないのです。


 正義(法)のない力は、暴力になる。
 力のない正義は、無力。
 だから、正義(法)と力の両方が大切。

この事を理解できている政治家やマスコミが、この国を動かしてほしいと思います。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 世襲議員はいない。日本は議員全員が選挙で選出! 嫉妬心を煽るな
 ・ 他国からの恫喝、侵略行為への最も強力でローコストな抑止力は第9条の憲法改正
 ・ 選挙権があり社会参加が進み学歴がある現代の女性に求められること。
 ・ 太王四神記は、 リーダーシップ、戦略、勇気を学べる英雄譚。骨太な物語。
 ・ インフルエンザワクチンの製造ラインは3つほしい。季節性と豚と予備(鳥)。
 ・ いじめや脅しへの抑止力は力。 まずは言葉の力で。 2009年03月26日
 ・ 発言は、プライスフリー。 力社会では、おどしも守りの盾!善用です。
 ・ 民主主義なら、言論の自由。 坂本剛二(衆議)の発言を封じてはいけない。
 ・ 石垣市長が尖閣諸島への上陸認可要請。 日本政府は行動を!
 ・ リ18 安全保障や政治の記事へのリンク
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 01 安全な原子炉とは
 ・ 02 不良の経済学
 ・ 03 不謹慎な原子力考
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ あこがれの地 沖縄と 沖縄への思い1
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 3月22日の鹿児島県阿久根市の市会議員選挙の結果に注目!
 ・ 17 政府紙幣に賛成。メガバンクに委託し企業へ融資し倒産の回避を。
 ・ 19 景気対策、株価対策はまず発言から。「考えなきゃいけない」与謝野氏
 ・ 言葉の力を使って大きく伸ばす 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・リンク集 他


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■ 緊張に震える?将軍様   2009.4.5 産経 【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 

  北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射が今日以降に繰り延べされた。全世界が注視する発射だから、金正日将軍は誰よりも緊張に震えているのだろう。もし、日本のミサイル破壊命令でテポドン2号が迎撃されでもすれば、北の情勢は劇的に変わる可能性を秘めている。

 9日は最高人民会議が開かれ、15日は先代の金日成の誕生日だから、発射に成功すれば国威発揚の機会だが、撃墜されればメンツ丸つぶれだ。撃てども逆襲を食らっては、その優劣は明らかだ。発射情報のミスに臆(おく)することはない。

 迎撃されれば、北の“首領”としての地位が揺らぎ、伝えられる後継者指名の思惑だって分からなくなる。核も弾道ミサイル開発も、将軍様の求心力の源泉であり、威信をかけたプロジェクトである。人々の飢えなど微塵(みじん)も考えず、ミサイルにカネをつぎ込んできたから失敗は許されない。

 だからこそ、日本による迎撃のそぶりには、さすがの将軍様も大あわてだった。朝鮮通信がわざわざ重大報道と銘打ち、「断固たる報復攻撃を加える」だの「火の雷を浴びせる」だのと最大限の脅しを繰り返した。あれはむしろ、迎撃回避の懇願に違いない。

 2006年のように発射から40秒で燃え尽きてしまえば技術改良の失敗であり、これも将軍様の権威にかかわる。まして、米国のオバマ新政権を挑発して対価を稼ごうとした思惑がはずれる。実験に立ち会っているというイランへのミサイル技術供与も危うい。

 北朝鮮は1993年に短距離のノドンを、98年にはテポドン1号を発射して飛距離を伸ばしてきた。北はそれ以来、一貫して米国本土に達するミサイルの研究開発と核弾頭の搭載を目指してきた。

 過去に、北が日本列島上空にミサイルを通過させても、日本海に7発連射しても、日米の報復を受けなかったから今回も遠慮なくやろうとした。北にとっての発射実験は、実入りよりリスクの方が大きくなければやめない。だが、麻生太郎首相が意外や「破壊命令」を出したから将軍様は仰天した。

 それなのに、某官房副長官は愚かにも「ピストルの弾同士が当たるのは難しい」と足を引っ張った。敵対国に撃墜必至と思わせなければ、発射を躊躇(ちゅうちょ)する抑止にはならない。安全保障観のない政府高官はごめんこうむる。

 中国とロシアも北の跳ね上がりに苦虫をかみつぶしている。日本のミサイル防衛(MD)がうまく機能して、テポドンがイージス艦や地上配備のパトリオットに撃墜されると、実戦で「MDの有効性」が立証されてしまう。北の核が無力化するだけでなく、確率が限定的でも中国の核もまた対日攻撃に使いにくい兵器になる。

 北が譲歩するときとは、「体制崩壊」につながる経済制裁か軍事侵攻である。ゲーツ米国防長官が3月29日の米テレビで、「外交よりも経済制裁の方が成功する」と述べているのがそれだ。

 各国は粛々と国連安保理決議違反として国連で経済制裁を取りあげればよいのだ。北が報復に「6カ国協議を崩壊させる」と息巻いても、あれはすでに崩壊している。援助がほしければ、日米韓でも日米韓中露とでも交渉のテーブルに着けばよいだけである。

 日本にとって重要なことは、MD計画の地道な努力があったからこそ、北朝鮮の恫喝(どうかつ)にもパニックにならずに済んでいることだ。逆説的にいえば、北はまたも「そこにある危機」を日本人に気付かせてくれた。




  wikiより 

・ 報道でたびたび見られる「政府筋」とは、「内閣官房副長官の内の誰か」を指す。
当該の副長官がオフレコで発言したときに使われる。だが、発言内容や発言対象によってその「政府筋」が具体的に誰であるかの特定は可能。また、報道において内閣官房長官を「政府首脳」というのに対して、内閣官房副長官は「政府高官」と置き換えられることが慣習となっている。
・ 内閣官房副長官(ないかくかんぼうふくちょうかん、Deputy Chief Cabinet Secretary)は、内閣官房長官を補佐する特別職の国家公務員である。内閣法に規定された定員は2008年現在3人。
・ 松本純 自由民主党   鴻池祥肇 参議院自由民主党   漆間巌  の3名 


  当たらない発言は誰だろう?(松本純 鴻池祥肇 漆間巌)



 ■ このニュースを見たとき、 

  印象としては「当たるわけない=だからミサイル防衛は金の無駄」という意図の発言かと思っていた。ところが、どうやら逆で、「当たるわけない=だから、ミサイル防衛はもっとやれ!」という意図の発言だったのかもしれない。

 「あんなもの当たらない。ピストルを撃って、その弾を撃ち落とすことができるかと言えば、無理だ」という発言の後に、こういう発言が続くのだそうだ。多くの報道ではこの箇所を抜いて報道しているから、分かりづらい。

この政府筋は「石破農林水産大臣が防衛大臣をしているときに、『ミサイル防衛システムは当たるのか』と聞いたら、『当たると思う』と答えたが、私は『当たらないだろ』と言った。憲法の解釈がどうなるとか、そういうことを延々やって、実際のことを何もやってこなかった、過去50年を反省するしかない。口を開けてみているしかない」と述べました。

 この部分まで含めて「あんなもの当たらない」発言の意図を汲むと、現在のミサイル防衛システムは「あんなもの当たらない」から、もっと防衛力を強化して備えるべきだ、という意味の発言だったと思われる。

 さらに、上記のブログ『週刊オブイェクト』のコメント欄では、この"政府筋"は鴻池官房副長官ではないか、という声がちらほら見られる。






 ■ 初回軍事警戒訓練成功か  そうなのかな 2009年4月5日

   戦後初めて(?)の国民的軍事警戒訓練が成功したようだ。
有事の際に、最初の訓練は大きな一歩かもしれない。

信頼のある情報として世界に報道されたが、誤探知による誤報であり、
原因は伝達ミスと言うことだ。
フェーズドアレイレーダは、カラスであろうが、航空機であろうが同じ
大きさに写ると聞いたことがある。
だから航空機は識別信号がある。
旧世代の実験的ガメラレーダによる誤探知に始まり、以後、複数の防衛省
の担当官による確認ミス、伝達ミスと詳細な報道がされているが、
「こんごう」放火のように思想的な要因によるものではないのか。
周囲に影響が大きい「日本製Xバンドレーダー」を導入しても、宝の持ち
くされになり、製品技術や運用技術が洩れるだけかもしれない。

「尖閣諸島に米国は中立」、
「テポドンがハワイに落ちなければ(迎撃)準備はしない」
と言う米国の意向であれば、マケインによる「日本の(防衛)核保有擁護」
を主張するものが現れるかものしれない。
韓国から見ると日本は「90日あれば核弾頭を開発可能」らしい。
日本の原発から産出されるプルトニウム型核弾頭は4000発以上になるようだ。
でも、北朝鮮と同程度の行動では情けないだろう。




---クローズアップ2009:「北朝鮮発射」誤発表(その1) 訓練「癖」でミスか---
<世の中ナビ NEWS NAVIGATOR> 毎日新聞 2009年4月5日 東京朝刊  

  北朝鮮が「人工衛星」として長距離弾道ミサイルの発射準備を進める4日、政府は「ミサイルが発射された模様だ」と誤って発表する失態を演じた。防衛省内の連絡ミスが直接の原因だが、日本の安全保障に直結する情報の処理を誤ったことは、「個人の失敗」ではすまされない重大な結果を政府に突きつけている。

 ◇ 首相、あわや抗議表明
 「すぐに首相を公邸に戻せ」。首相官邸で、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射の情報が誤りだと報告を受けた河村建夫官房長官は、慌てて叫んだ。
 午後0時16分に発射の情報を受けた麻生太郎首相は予定通り、発射の一報直後に公邸から官邸に歩いて移動を始めた。その後、官邸の玄関で、記者団の前で立ち止まり、北朝鮮への抗議を表明する段取りだった。
 公邸から官邸までは徒歩で1~2分。歩いている最中に、河村氏の指示が秘書官を通じて首相の耳に入った。首相は公邸には引き返さずに官邸に入ったが、記者団の前を素通りした。
 誤報の判明がもう少し遅れていたら、ミサイルを発射していないのに北朝鮮を批判する首相の姿が世界中に報じられる大失態となっていた。政府高官は「危機一髪だった」と語った。
 今回の誤報の一義的な原因は、ミサイル防衛(MD)を統括する航空自衛隊の航空総隊司令部(東京都府中市)と、米衛星からの早期警戒情報(SEW)などを受信する中央指揮所(東京都新宿区)の基本的な情報処理のミスとみられる。
 問題の発端は、千葉県旭市にある航空自衛隊の地上配備型レーダー「FPS5」が、「何らかの物体の軌道」を探知したこと。
 レーダーの情報は当初、弾道ミサイル発射を示す「スパーク・インフォメーション」という言葉で空自の防空指揮群を通じて航空総隊司令部に伝達された。それが司令部内で伝わる過程で、「早期警戒衛星による探知」の情報が加わり、中央指揮所に伝わった。
 空自では普段「スパーク・インフォメーション」とともに、早期警戒衛星による発射感知を意味する「早期警戒情報入感」という言葉を同時に伝達する訓練をしており、その「癖」がミスを招いた可能性が指摘されている。中央指揮所での「発射」の声は、首相官邸で同時に聞ける体制となっていた。
 関係者の間では、弾道ミサイルが発射されたかどうかの把握に関しては、米軍の早期警戒衛星による探知が「唯一絶対の根拠」(幹部)が常識だ。FPS5の「誤探知」だけでは「発射」と宣言されることはなかったとみられる。
 「誤探知」に気づいたのは連絡から1分後の午後0時17分。防衛省幹部は「後になって考えれば、府中(防空指揮群)と市ケ谷(防衛省)の両方にモニターがあるのだから、よく確認すればよかった」と後悔する。自衛隊幹部からは「(伝達を)早くしなければとのプレッシャーがあだになった。肝心の発射を前に、集中が必要な時に残念だ」との声が漏れる。
 公邸に引き揚げる前、麻生首相は河村氏に「誤探知の件で誰が悪い、誰の責任と言っている場合ではない。明日以降、きちんとやることが大事だ」と述べ、ミサイル発射への対応に専念するよう指示した。だが、その口調はぶぜんとしていた。【古本陽荘、仙石恭】

 ◇ 水平線の向こう、探知困難
 誤発表の引き金となる情報を探知した防衛省技術研究本部飯岡支所(千葉県旭市)の最新型地上レーダー「FPS5」は、もともと試験用だった。だが実戦配備を予定している佐渡(新潟県)、大湊(青森県)、与座(よざ)岳(沖縄県)、下甑(しもこしき)島(鹿児島県)の4分屯基地での本格運用に時間がかかるため、存続して運用されていた。
 日本のミサイル防衛は、早期に発射情報を得てイージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で標的を撃ち落とすのを主とする。地上レーダーでは水平線の向こう側の探知は難しく、北朝鮮のミサイル発射情報は米衛星に依存する。ミサイルが大気圏外に上昇して日本上空に近寄ると、地上レーダーの役割は増す。
 防衛省は、領空侵犯に備えた全国7カ所の既存レーダーのうち加茂(秋田県)、大滝根山(福島県)、笠取山(三重県)、背振(せふり)山(佐賀県)の4分屯基地の能力を向上させ「FPS3改」として整備した。
 さらに、より高性能の「FPS5」の配備を進めている。
 米軍は、06年7月の北朝鮮のミサイル発射を前に、最新型の「Xバンドレーダー」を車力(しゃりき)分屯基地(青森県)に配備。同レーダーは画質が鮮明で、弾道ミサイルから分離した小さな弾頭なども捕捉が可能とされる。同基地は北朝鮮と米本土やハワイを結ぶ線上にあり、米側の防衛に、よりメリットがあるとされている。【本多健】

 ◇ 米、日韓に提供--移動式レーダー情報
 【ワシントン及川正也、ソウル大澤文護】北朝鮮が「人工衛星」名目で長距離弾道ミサイルの発射準備を整えるなか、米国防総省は、早期警戒衛星や青森県に配備した移動式レーダーからの情報を北米航空宇宙防衛司令部(NORAD、米コロラド州)で集約し、日本などと共有する態勢をとっている。
 北朝鮮が06年にミサイルを連続発射した際は、7発すべての探知・追尾に成功。テポドン2号の発射失敗も即座に確認した。ただ、発射情報は直ちに公表せず、ホワイトハウスが会見で全容を公表するまで4時間をかけた。
 国務省高官によると、今回は発射が確認され次第、政府の声明を発表する予定。発射スピードや軌道の分析によって、数分で弾道ミサイルか人工衛星打ち上げ用ロケットか判別できるという。
 一方、韓国は日米韓による情報収集と、主に米韓共同の情報分析に重点を置いている。
 韓国軍当局は、多機能レーダーを備えたイージス艦「世宗大王」を出動させ、日米のイージス艦と共同で北朝鮮の発射場を監視。北朝鮮全域の無線信号を捕捉可能な偵察機も出動させている。
 3カ国共同で収集された情報は米国中心に分析され、韓国政府はその結果を基に危機管理を計画・実施しているとみられる。4日、日本が「飛翔(ひしょう)体の発射」を誤発表した後も、韓国当局者は「そうした情報は入っていない」と慎重に発言した。
==============
■ことば
 ◇ 早期警戒情報(SEW)
 Satellite Early Warning 弾道ミサイルが発射された際の主な第一報として、米軍の早期警戒衛星から伝えられる情報。ロケットの噴射で出る大量の赤外線を衛星が感知し、ミサイルが飛び出した直後に「発射の可能性が高い」と判断する。この情報を受信したことを「入感」と言い習わす。日本はこの衛星を保有しておらず、衛星の米軍情報をミサイル防衛での迎撃の前提と位置付ける。





   Securityとは、「生命と財産を守ること」。

 ・天災や人災の危険な状態から守り、安全を保つこと。
 ・社会の秩序を守ること。治安。防災、防犯。
 ・安全保障(国家) 警備(企業・場所・人・貴金属) 保安(鉄道・山岳 ) 護衛(人 ) 治安(社会)

   国と政治家の最低限の仕事が、安全保障 (Security)です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
No title
私もそう思います。
今の政治家は何をやるにも「なぁなぁ」
な感じが強く世界各国に甘く見られている
と思えて悲しいです。
相続税の時も思いましたが、ガツンと
言ってくれる政治家の方に大統領を
して欲しいです。いのさんなっちゃってください☆
2009/04/06(月) 07:44 | URL | 香織 #-[ 編集]
No title
香織さん
コメントありがとうございます♪

これって 岡目八目なんです。

碁や将棋を、横で見ている人(岡目)は、
達人のごとく 8手先まで見通せることがある。(八目)
って 要素が入ってます。きっと(笑)

現場の首相や大臣や議員さんは、
日々、分刻みの仕事できっと、
大局観や戦略眼や、そして肝っ玉を 見失うのかもです。

残される手は、選挙民です。
ガツンと言ってくれそうな候補者に1票を入れることで、間接的にガツンと言っていただくことになります。
よい候補者が、選挙区からお立ちになるといいですね。
2009/04/06(月) 23:22 | URL | いの #-[ 編集]
威嚇とは
弱いほうがするから効果があるのであって、
強いほうがするのは卑怯なことかと思います。

軍事力だけじゃなく、
情報力とか、経済力とか、力にもいろいろあって・・・。

北朝鮮をみてると、
一方的に登録を完了したといって不当に高額な料金を請求し、
払わなければ提訴するだの自宅まで取り立てに行くだのと脅す、
「有料サイトの不当請求業者みたい」と思います。

対処法は「相手にならないこと」と「毅然と対処すること」であることも似てるかと。

言いがかりをつけてくるような相手に対しガツンとでるのは、
窮鼠猫を噛む事態を触発してしまう可能性があります。
国民の安全保障を重視していればリスクはとれないでしょう。

理解し合えない相手と、
均衡をとりながら策を講じるプロセスが、
政治なのではないでしょうか。
2009/04/10(金) 23:12 | URL | ちかおばちゃん #-[ 編集]
No title
ちかおばちゃん
コメントありがとうございます。

うーん。

拉致されている人が何人もいることが判明していて、

竹島の問題があったりして(日本の船が近づくと砲撃される)

 対馬の問題では、
韓国の地方自治体から「対馬は韓国領土」の条例が出されていて、
対馬の土地が韓国に買い占められ始めていて(自衛隊駐屯地の横も)

 竹島と対馬は韓国領という看板や垂れ幕がどこに行っても建っていて
 竹島は韓国領という歌は幼稚園で習って
 竹島は韓国領という歌を先日のアメリカでの世界の野球大会のオープニングでかけたりして

 1970年代から 尖閣諸島は中国領とか台湾領と言い始めて、それまで中国と台湾の地図帳に尖閣諸島は日本領という表示だったりして
 
 尖閣諸島の近くの日本の領海では、中国が石油の採掘を自国領だからと開始して こういうの 実効支配と言って、その国のものということを実証する行為だったりします。
 (莫大な石油が埋蔵されている可能性があるそうです)

 って、いう段階ですから、

もう、領土も、領海も、国民の生命も、盗られていますから。

 毅然というのは、ガツンと言う事でしょう。

>窮鼠猫を噛む事態を触発してしまう可能性があります
 と、日本の官僚はびびっているし、政治家も国民もびびってます。
 と、相手国に、日本の足もとを見られてしまってます。

 足もとを見られたら どうなるか。
中学生や高校生の男の子なら、悪い同年齢の子達に、お金をたかり続けられることになるわけで、
 いったん、足もとを見られたあとの対処は、

相手国に、「窮鼠猫を噛む事態を触発してしまう可能性があります」と 思っていただけるように、ガツンというしかないのです。
 
 なりゆきを上手にコントロールしなくてはなりませんが、それが胆力と言うものです。
 今は、胆力とか、肝っ玉とかいうような言葉は、ほとんど語られない世の中ですが、
 家庭の外に出て他人と接する時には、相手が善意とは限りませんから、胆力が必要なのは、むかしもいまも変らないのではないかな…と思います。

 これから、国の対応に、胆力を期待するのであれば、
胆力のある政治家や官僚による交渉や駆け引きを期待するなら、胆力のある選挙民でなくては、 胆力のある世論や支持者数(得票数)にはならないのです。

 「窮鼠猫を噛む事態を触発してしまう可能性があります」とおそれつつ、、「窮鼠猫を噛む事態を触発しても構わない」と割り切って交渉に臨んで初めて、相手に「窮鼠猫を噛む事態を触発してしまう可能性があります」と怖れていただけるのです。
 
 もし、「窮鼠猫を噛む事態」になったら、どうするのか?
という問いかけには、
 人を拉致されたり、国土を盗られた時点で、ふつうは、その事態にもうなっているのが普通です。
 アメリカでも、
 ロシアでも、
 斜陽なイギリスでもです。
なぜなら、国の主権を侵害されたからであって、
国民を拉致されてどれだけ要求しても帰さない場合には、戦争して取り戻すのです。
 5人帰すのに、5000人死ぬかもしれません。
でも、帰してもらう5人というよりも
今後、1億人の国民の誰もが拉致されないようにするための行動です。

 拉致されて、人を帰してもらわず、そのまま「毅然とした態度」をとり続ける国というのは、実は、腰抜けです。
 一家に置き換えたらわかります。
家族の誰かを、誘拐されて、犯人がわかったのに、警察が
犯人に対して「毅然とした態度」を取り続けていたら、やがては、お父さんもお母さんも高齢であの世に還ってしまいます。
 警察官に被害はでるかもしれませんが、どこかの時点で突入するしかないです。

 この覚悟や胆力が、選挙民にいる段階に来ているのではないでしょうか。

 戦争と紛争は違います。
紛争は、小競り合いです。
小競り合いを恐れていたら、舐められる。
これが、力社会だし、時には男社会と言われることもありますが、女性が社会進出していますから、もう男社会の特色と言うのはどうかとは思います。
力社会は、植物の生存競争でも、動物の群れの中でも、自然のルールです。

 問題の解決は、
 正義(法)(ルール)がしてくれないときには、
 力でするのです。

教科書では習わないことですが、
普遍的な真実です。
幼稚園の砂場から、いじめ問題から、ご近所との問題から、家族の問題も、会社の中も、NPOの中も、
 OS(PCのウインドウズのようなもの)は、
力社会です。その上に、法社会があって、人々は集団で暮らしています。

 侵略はしてはいけませんが
侵略をはねのけるときには、力しかないときがあります。
力の行使を怖れては、力を抑止力にすら使えません。
 足もとを見られるからです。

戦争と小競り合いの紛争は、別次元です。
小競り合いの紛争までなら安心して行使してよし。
と、国民が世論の形で
、政治家と官僚に与えないと、彼らも何もできません。

紛争を恐れる国民は当然ですが、
それもやむなしと思うだけは思える胆力が国民には必要です。なぜなら、そうでなければ民主主義の国の選挙では、そういう考え方ができる胆力のある代表者が選出されないからです。
 
 などと、思いました。
2009/04/11(土) 08:55 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。