ITセキュリティへのリンク   自分用資料

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ TOP IT-PLUS (日経) 
■ セキュリティー IT-PLUS  (日経)
■ セキュリティー ネット&デジタル YOMIURI ONLINE(読売新聞)
■インターネット・セキュリティ・ナレッジ(トレンドマイクロ)http://is702.jp/partner/12_t/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ゲーム機ネット接続に保護者不安 2010年4月9日 読売
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ ウイルスに感染したらこうなる! (2009年6月19日 読売新聞)
   http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20090619-OYT8T00596.htm?from=yoltop
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ セキュリティー IT-PLUS  (日経)

システム管理者を通じ感染する「コンフィッカー」の脅威 [2009年4月21日]
西本 逸郎 ラック サイバーリスク総合研究所 取締役 所長、CISSP
映画「ボディガード」に学ぶ情報セキュリティー 
   「危機意識のない人は守ることができない」 ケビン・コスナー
西本逸郎のセキュリティー表ウラ  「CISSP」などの国際的資格
またまた進化したSQLインジェクションの脅威 クッキーを悪用 
   国内最高レベルであると自負しているJSOC
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ USBメモリーからのウイルス感染を防ぐ (2009年5月8日 読売新聞)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 子どものケータイ契約のポイント 2009/02/26 ちかおばちゃんに訊いてみて
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.











  リンク切れ、記事削除のときの自分用控え
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ゲーム機ネット接続に保護者不安 2010年4月9日 読売
 http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20100409-OYT8T00843.htm?from=os4

子供による携帯ゲーム機での通信対戦やネット接続に不安を感じる保護者が増えてきた。
(テクニカルライター/三上洋)

 子供の初めてのネット機器はゲーム機

フィルタリング事業のネットスター社がこのほど、ゲーム機や携帯電話などのネット接続について保護者と子供に対してアンケート調査した。結果が、「家庭でのインターネット利用実態調査(第11回)」だ。

 それによると、子供の多くが通信やネット接続できる機器を持っていることがわかった。

 「子供だけで使っている機器は?」という質問に対しては、ニンテンドーDSが71.9%で圧倒的に多く、Wii(35.0%)と携帯電話(29.3%)が続いている。DSやWiiには通信機能があり、対戦ゲームができるほか、WiFiが使える環境ならインターネットのサイトも閲覧可能だ。例えば、自宅の無線LAN、マクドナルドなどの無線LANスポットで使えば、そのままサイトを見られる。

 では子供たちは、ゲーム機の通信機能をどのくらい使っているのか? 「ゲーム機の通信機能(WiFi)を使って遊んだことはありますか?」という質問に対しては、55.9%が「ある」と答えている。子供たちの多くが、通信対戦やネット接続を楽しんでいるようだ。

 最近では、公園やファミリーレストラン、ハンバーガー店などで、子供たちが集団で黙々とゲームをしているのをよく見かける。その多くは通信対戦のゲームに夢中になる子供たちだ。友達同士や、場合によっては知らない人と通信対戦で同じゲームを楽しむこともあるようだ。


  中学生の2割「知らない人と通信対戦」

 「ゲーム機の通信機能では誰と遊んだことがありますか?」という質問に対しては、友達が38.9%、兄弟姉妹が19.3%、そして16.5%が「知らない人と」と答えている。年齢別に集計したのが右のグラフで、知らない人と通信対戦したことがあるのは、小学校低学年で8.2%、高学年で16.6%、中学生で20.7%となっている。

 中学生の2割が、知らない人とゲーム機で通信対戦したことがあるわけで、保護者は不安を感じているようだ。保護者に対して「知らないうちにゲーム機からサイト閲覧できることについて不安に思うことがありますか?」と聞いたところ、70.9%が「ある」と答えている。子供が自分で通信機能の設定をする場合もあり、親が知らないうちにネット閲覧していることもあるだろう。

 その不安を解消するために、ゲーム機の一部ではサイト閲覧に制限をかける「ペアレンタルコントロール機能」付属している。しかし、ペアレンタルコントロール自体の認知度が低いためか、利用者はそれほど多くないようだ。


  保護者が望む一括型フィルタリングソフト

このように、子供が遊んでいるゲーム機には通信対戦機能、ネット接続機能があり、その悪影響を心配する親が多い。また携帯電話やパソコンなどでもフィルタリングが必要なため、設定の手間が面倒、費用がかかるという心配もあるようだ。

 「フィルタリング製品・サービスはどのようなものを利用したいと思いますか?」という質問に対して、保護者の49.2%が「プロバイダーなどで一括管理できる製品・サービス」と答えている。

 このようにゲーム機の通信機能とネット接続への不安が高まる中、子供の安全を守るためのペアレンタルコントロールやフィルタリングサービスが望まれている。

 子供がゲーム機を使っている場合は、保護者はどんなサイトを見ているのかをチェックし、ペアレンタルコントロールやフィルタリングの導入を考えるべきだろう。無線LANスポットなどでの接続では各ゲーム機会社が提供しているペアレンタルコントロールを利用するのが望ましい。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第11回「家庭でのインターネット利用実態調査」:ネットスター
 http://www.netstar-inc.com/press/press100331.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ウイルスに感染したらこうなる! (2009年6月19日 読売新聞)
   http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20090619-OYT8T00596.htm?from=yoltop

 コンピューターウイルスに遭遇したら、どんな被害・トラブルに巻き込まれるのだろうか? ユーザーの報告によるウイルス被害例とその原因を詳しく紹介しよう。(テクニカルライター・三上洋)

 セキュリティーソフト大手のトレンドマイクロが、「ウイルス感染被害実例」としてユーザーからの感染報告をまとめた資料を出している。サポートセンターに寄せられた声を基に、被害に遭った人の同意を得て公開しているものだ。ウイルスが侵入した経緯と被害、どう対処したのかまで具体的な例が取り上げられているので見てみよう。
5000種類以上のウイルスに感染(埼玉県Aさん)


・気づいた経緯:起動に2時間も
5000種類以上の不正プログラムに感染したAさんの被害例(トレンドマイクロの資料による。以下同じ)。迷惑メールからウイルスに感染し、そのウイルスがほかの不正プログラムを次々とダウンロードしてしまった

 パソコンの起動と反応速度がだんだん低下し、なんだか変だなと思っていたところ、とうとう起動するまでに2時間もかかるようになってしまった。プロバイダー提供のウイルス対策ソフトを導入したつもりでいたが、実際はメモリー不足で導入できていなかったようだ。詳しい原因は不明だが、無料で取得できるメールアドレスから送信されたメールを開いたときにパソコンが固まったことがあるので、それが原因かもしれない。

・具体的な被害と復旧方法:データがすべて消滅

 ウイルス対策ソフトを導入したところ、トロイの木馬やスパイウエアなどを5000種類以上も発見した。データだけは救おうとバックアップを試みたが、データファイルにもウイルスが感染し、すべて消滅してしまった。復旧に費やした時間、メモリの購入費などで甚大な被害を受けた。

・感染の原因と対処策:一つのウイルスから次々と感染

 トレンドマイクロによれば「迷惑メールを開いたときに感染し、そのウイルスが別のウイルスをダウンロードしたのではないか」と分析している。最初に感染したウイルスが引き金となって、次々とほかの不正プログラムをダウンロードしてきた可能性が高い。

 またAさんの場合、ウイルス対策ソフトを導入したつもりでいたが、実際には入っていなかったことが大きな原因だ。トレンドマイクロでは「ウイルス対策ソフトのリアルタイム検索機能や迷惑メール対策機能を有効にすることも大切」と呼びかけている。またウイルス対策ソフトがあると思っていても、実際には契約期間が切れていて被害に遭うパターンも多い。特にパソコン購入時に付属してきたウイルス対策ソフトを使っている人は、契約期間が切れていないか確かめる必要がある。
ウイルス対策ソフトが動かない!(岐阜県Bさん・68歳)



・気づいた経緯:CNNというタイトルのメールから
CNNをかたったメール経由で偽セキュリティーソフトが侵入。本来のウイルス対策ソフトが起動しないほか、困った時の頼みの綱であるウィンドウズの「システムの復元」も無効になってしまった

 「CNN Alerts」という件名のメールを受信した。CNNのアラートメール(設定したキーワードに関連したニュースがあるとメールで知らせてくれる機能)を装ったものだ。CNNのタイトルを半ば信頼、半ば怪しいと思いつつメールを開いたら、不正プログラムに侵入されてしまった。さらに偽セキュリティーソフトがインストールされてしまった。

・具体的な被害と復旧方法:「システムの復元」も動作せず

 非常に困ったことにウイルス対策ソフトが動作しなくなり、ウィンドウズの「システムの復元」すらも利かなくなってしまった。問題の偽セキュリティーソフトも削除できず。パソコンメーカーのサポートに相談したところ、必要なデータをバックアップし、工場出荷状態に戻すことを勧められた。今まで使っていたソフトもすべて再インストールするなど、かなりの時間を費やすことになってしまった。

・感染の原因と対処策:迷惑メール対策が必要

 このウイルスは2008年8月に流行したもので、以前の記事「『キャメロン・ディアス』で誘うウイルスメール」で取り上げている。CNNのアラートメールを装ったウィルスでは、偽セキュリティーソフトを導入させるパターンもあった。Bさんは怪しいと思いながらも、このメールにだまされて被害に遭っている。

 トレンドマイクロによれば「だまされないという心がけも大切だが、今後も別の件名で送ってきたり、より巧妙な偽装をしてくることが考えられる。心がけだけで被害を防ぐのは難しい」として、ウイルス対策ソフトの迷惑メール対策を使うことを勧めている。トレンドマクロのウイルスバスターを例に取ると、アウトルックエクスプレスやアウトルック、ウィンドウズメールなどのメールソフトで「迷惑メール/詐欺メールの判定」機能を有効にできる。
アダルトサイトでウイルス感染(山口県Cさん・60代)


・気づいた経緯:アダルトサイトでクリック
トレンドマイクロ・ウイルスバスター2009の「有害サイト規制」機能。ユーザーを指定して特定のジャンルのサイトをブロックできる

 検索をしていたら、いつの間にかアダルトサイトへ。危ないと思ったが、好奇心からそのままクリックを続けてしまった。するとウイルスバスターがウイルスを発見した。そのまま駆除できたので具体的な被害はなかったが、アダルトサイトが危険というのは本当だと実感した。

・感染の原因と対処策:有害サイトブロック機能を

 ウイルス対策ソフトを導入していて、かつ普段から気をつけている人でも、ウイルスに感染する可能性があるという実例だ。最近の不正プログラムの多くは、ウェブサイト経由で侵入するため、常に警戒が必要になる。

 トレンドマイクロでは「不正プログラムなどが仕込まれている危険なウェブサイトが、検索サイトの結果に表示されることもある」として注意を呼びかけている。
ウイルス対策ソフトの設定を見直したい

 今回紹介した例は、いずれもウイルス対策ソフトが入っていればシャットアウトできたパターンだ。トレンドマイクロのウイルスバスターでの対策をとりあげたが、他社のウイルス対策ソフトでもほぼ同様の機能がある。無料のウイルス対策ソフトや低価格版では対応していないこともあるが、大手の有料対策ソフトであれば大丈夫だろう。

 そこで自分のウイルス対策ソフトについて、以下の3ポイントを改めてチェックしておきたい。
1:有効期限内か?(お金を払っているか? パターンファイルは最新か?)
2:リアルタイム検索機能は有効になっているか?(動作が重い旧型パソコンでは、手動で無効にしてしまっている可能性がある)
3:迷惑メール対策機能、有害サイトブロック機能が有効になっているか?

 いずれもウイルス被害を防ぐために欠かせないことなので、改めて見直そう。自分のパソコンだけでなく、家族のパソコンや昔のパソコンも再点検しておきたい。トレンドマイクロでは下記のサイトで、被害例と具体的な対処策をまとめているので参考にしよう。

●参考サイト
インターネット・セキュリティ・ナレッジ(トレンドマイクロ)http://is702.jp/partner/12_t/
(2009年6月19日 読売新聞)



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ セキュリティー ネット&デジタル YOMIURI ONLINE(読売新聞)
・ 携帯フィルタリング、親が実行すべき3ポイント(2009年4月3日 読売新聞)

  新入学・進級で子供にケータイを持たせる親もいるだろう。子供に危険なサイトを利用させないためのフィルタリングの知識をまとめておこう。(テクニカルライター・三上洋)

1:フィルタリングが適用されているか、親が必ず確認する
 青少年のケータイサイトでのトラブルを防止するために、ふさわしくないサイトをカットする「フィルタリング」が行われている(以前の記事「携帯フィルタリング適用がようやくスタート」を参照)。2009年4月1日から「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が施行され、青少年の携帯電話ではフィルタリングが必須となった。

 具体的には、2009年2月から18歳未満の名義の携帯電話で、自動的にフィルタリングがかかるようになっている。昨年末からフィルタリングの案内が郵送されており、特に意思表示をしなければ、強制的にフィリタリングがかかるしくみだ。

 ただし18歳未満のユーザーすべてにフィリタリングがかかるわけではない。親の名義で契約して子供が使っている場合には、フィルタリングは自動適用されないので注意が必要だ。携帯電話会社側では、誰が使っているのかを把握できないからだ。

 NTTドコモとソフトバンクでは中学生未満、auでは小学生未満だと子供の名義では契約できない。NTTドコモとソフトバンクを例に取れば、小学生が持つ携帯電話はすべて親名義になっている。そのためフィリタリングは自動適用されず、親が自分でフィルタリングを申し込む必要がある。自分の子供の携帯電話でフィルタリングが有効になっているかどうか、親がきちんと確かめるべきだ。

2:フィルタリングの内容を確かめる

 自動適用されるフィルタリングの内容は、下記の表の通りだ。原則としてふさわしくないジャンルのケータイサイトを表示しない「ブラックリスト方式」を採用している(auの小学生以下では「ホワイトリスト方式」を自動適用)。

 フィルタリングの仕組みは2段階となっている。まず最初はジャンルごとの分類だ。分類を行うネットスター社が、趣味、旅行、広告、政治、不法、ギャンブル、成人嗜好といった約70種類のカテゴリにケータイサイトを分類する。そのカテゴリを携帯電話会社が受け取って、18歳未満にふさわしくないカテゴリをカットするしくみだ(参考:携帯フィルタリングのカテゴリ分類情報サイト:ネットスター株式会社)

 これだけでは子供たちがよく使うサイトが遮断されてしまうため、第三者の認定機関であるEMA(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)が認定したサイトは通すようになっている。3月31日現在で認定されているサイトは以下の通りだ。
・EMAによる「コミュニティサイト運用管理体制認定サイト」(3月31日現在)

 GREE、gumi、MySpaceモバイル、魔法のiらんど、大集合NEO、モバゲータウン、アルスタ、占い広場、きき放題!うた仲間♪、モバレボ、キラキラ☆ストリート、ハンゲ.jp、The☆TableGames、ちぷやタウン、高校生のコミュニティ[クラスブック]、ポケゲー、ixen、ソーシャル・ネットワーキングサービス「mixi」、blogri、ヤプログ!、みなくる、ゲームスタウン、コミュタウンめるっぱ!、フラモ

 これらのサイトは、カテゴリーにかかわらず、18歳未満の携帯電話でも表示できるようになっている。いずれも掲示板やSNSなどのコミュニティーサイトであり、EMAが管理体制などをチェックしたうえで問題ないと認定したものだ。

3:小学生では子供向け携帯、ホワイトリスト方式も考慮
 EMAが認定しているサイトは誰もが書き込めるコミュニティーサイトなので、管理体制がしっかりしているとはいっても、子供への悪影響がゼロとはいえない。例えば警視庁では「モバゲータウン」「GREE」「mixi」「大集合NEO」などのサイトに、出会い系サイト同様の書き込みがあるとして削除要請を行っている(参考記事)。EMA認定サイトであっても問題のある削除すべきものがあったことになる。

 そのため、子供が小学生で携帯電話を初めて使うのなら、フィルタリングの方式を「ホワイトリスト方式」にしたほうが安全だろう。

 NTTドコモでは「キッズiモードフィルタ」、auでは「EZ安心アクセスサービス接続先限定コース」、ソフトバンクでは「Yahoo!きっず」というホワイトリスト方式のフィルタリングサービスも提供している。いずれも自社のコンテンツを中心にして、子供にふさわしいサイトだけを通すものだ。自動適用されるブラックリスト方式に比べて、より安全性が高まるので、小学生の場合にはホワイトリスト方式にしたほうがいい。

 また初めて携帯電話を持たせるのであれば、子供向けに安全性を高めた機種を勧めたい。例えばNTTドコモでは「キッズケータイ」、auでは「ジュニアケータイ」ソフトバンクでは「コドモバイル」などの名称で、子供向け携帯電話を発売している。サイト表示の制限、メール送信先の制限などができるので、より安全に使うことができる。




■ USBメモリーからのウイルス感染を防ぐ (2009年5月8日 読売新聞)

 USBメモリー経由で広がるウイルスが猛威をふるっている。感染を防ぐにはUSBメモリーの「自動実行機能」を無効にすることが重要だ。(テクニカルライター・三上 洋)

止まらないUSBメモリー経由のウイルス感染
 以前の記事「USBメモリーウイルスの被害拡大」でもとりあげたように、昨年春ごろから「オートラン」などUSBメモリーを使ったウイルスが流行しているが、いまだに感染被害報告が多くある。


 また最近では、新種のウイルスがUSBメモリー経由での感染機能を持つようになった。警視庁のシステムが感染した例(「警視庁も感染、「ダウンアド」の実態」)でも、ウイルスの亜種がUSBメモリー経由の感染機能を持ったため被害が拡大した。


 USBメモリー経由でウイルス広まる原因は、大きく分けて三つある。

1:USBメモリーをパソコンに挿すと、設定ファイルが自動的に読み込まれる(自動実行)
2:USBメモリーでのファイルのやり取りは、ネット経由に比べて警戒感が薄い
3:対策ソフトがないなど、セキュリティーが甘いパソコンとのファイルのやり取りに利用される


 このうち「1」の自動実行については、ウィンドウズの設定を変更することで防止できる。IPA(情報処理推進機構)が「USBメモリのセキュリティ対策を意識していますか?」として、自動実行機能を無効にする方法を詳しく紹介したリリースを発表した。


ビスタとXPでのUSBメモリーの自動実行を無効化
 USBメモリーや、ソフトウエアのCD-ROM、DVDなどには、パソコンに入れただけで実行する「Autorun.inf」という設定ファイルがある。ウイルスはこの内容を書き換えて、不正なプログラムを実行してしまうのだ。ウイルス感染を防止するには「Autorun.inf」を自動的に読み込まないように設定すればよい。ただし通常のコントロールパネルでは変更はできず、ウィンドウズの設定の大元となっている設定ファイルのレジストリーを変更する必要がある。



ウィンドウズビスタ・ホームやXPホームで自動実行機能を無効にするには、「レジストリエディタ」での変更が必要。レジストリを誤って変更するとパソコンの動作がおかしくなることがある。IPAの説明方法をよく読み、間違いのないように変更作業をしよう 自動実行機能を無効にする方法は、IPAの以下の記事でバージョンごとに詳しく紹介されている。
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[4月分]について「USBメモリのセキュリティ対策を意識していますか?」―USBメモリの安全な使い方を知ろう―

●バージョンごとの設定変更方法

・ウィンドウズ Vista Ultimate/Business
方法A:ローカルグループポリシーエディタ(Gpedit.msc)での変更

・ウィンドウズ Vista Home Premium/Home Basic
方法B:レジストリエディタ(Regedit.exe)での変更

・ウィンドウズ XP Professional、ウィンドウズ2000
方法C:ローカルグループポリシーエディタ(Gpedit.msc)での変更

・ウィンドウズ XP Home
方法D:レジストリエディタ(Regedit.exe)での変更


 IPAの記事をよく読んで、自分のバージョンに合った方法で自動実行機能を無効にしよう。変更するにあたって注意したいことが二つある。


 一つはUSBメモリー以外でも自動実行機能が無効になること。例えばソフトインストール用のCD-ROMやDVDでも、自動実行機能が使えなくなる。やや不便にはなるものの、ダブルクリックしてファイル一覧を開いてから使えばよいだろう。もう一つは、設定変更でトラブルが起きたときのために、復元できるようにしておくこと。IPAの記事にも書かれているが、設定変更する前に「システムの復元」のポイントを作っておこう。復元ポイントを作っておけば、万が一失敗した場合でも元に戻せるからだ。

USBメモリーの扱いに注意して感染を防ぐ


 最初に挙げたUSBメモリーウイルス感染の原因のうち、「2:USBメモリーでのファイルのやり取りは、ネット経由に比べて警戒感が薄い」「3:対策ソフトがないなど、セキュリティーが甘いパソコンとのファイルのやり取りに利用される」への対策は、人為的な問題となる。USBメモリーを扱う前に、以下のポイントを頭に入れておきたい。

・USBメモリーの持ち主のセキュリティー対策を確かめる
 USBメモリーを誰が使っていて、その人がどの程度セキュリティー対策に注意しているか確かめること。ウイルス対策ソフトなしのパソコンを使っている人のUSBメモリーは危険だ。また、複数の人がグループで使っている場合も要注意。別の手段でファイルの受け渡しをするか、上記の方法で自動実行を無効にしてから使おう。

・自分のセキュリティー対策に気を配る
 ウイルス対策ソフトを導入し、パターンファイルを最新にすること。パソコン購入時に付いてきたウイルス対策ソフトをそのまま使っている人は、期限切れになっている可能性がある。必ず更新料を支払い最新のパターンファイルへ更新するようにしたい。また、ウィンドウズアップデートを自動的に行う設定にすることも大切だ。

・ネットに接続していないパソコンこそ警戒すべき
 インターネットにつながっていないパソコンは、ウィンドウアップデートやウイルス対策ソフトの更新が遅れるため、最も危険な状態にある。ネットにつながっていない=ファイルのやり取りの手段がないため、USBメモリーを使う機会が多いが、これがウイルス感染を広げる原因となる。ネットに接続していないパソコンと、USBメモリー経由でファイルのやり取りはできるだけ避けたほうがよい。








 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。