ロシアとインドと日本で、中国の覇権主義を牽制を。 (親日派の)プーチン首相を大切に。


ブログ「中韓を知りすぎた男」の
記事「危ういロシア外交」 2009/05/14(木) の記事を読んで、考えました。


来道するロシアの人たちの様子や、
テレビで見る北方領土の島々やカラフトやウラジオストックの人々の様子から、
今のロシアの人たちは、日本に素朴なあこがれをもっているように感じます。
見ていてうれしくなり、こちらも思わず親しみを覚えてしまいます。
親日感情です。
また、プーチン首相(当時 大統領)が、故郷にトヨタ自動車の工場が進出したときや、
特に、柔道6段の段位を受けるときの感じから、
心の奥のほうに日本への親しみがあるように感じました。

記事「危ういロシア外交」を読んで、
ロシアとの過去のいきさつから、警戒せよ。油断するな。という指摘は確かにと思います。
ですが、個人としてのロシア人たちの親日感情を思うと、
違う角度からも考えてみたいと思いました。



歴史から振り返ってみたいと思います。

歴史を考える時に、もしも…という視点が大切かと思います。


もしも、日英同盟を継続できて、
アングロサクソン国家の一角と連携できていたなら…


もしも、第一次世界大戦のヨーロッパでの陸戦に
日本の陸軍が参戦できていて、陸戦兵器と運用のイノベーションを体験できていて、
補給の大切さを理解できた、軍や政府の上層部の人たちの数が多かったなら…


もしも、日露戦争のあと、満州鉄道の出資に
アメリカの鉄道王エドワード・ハリマンからの資本を受け入れて合弁として、
アメリカに門戸を分与し、日米の利害を一致させる箇所をつくって、
アメリカに中国進出のリスクを分担していたとしたなら…


もしも、ハルノートに期限がないことを見てとって、
ただの脅しと瀬踏みして、日本が開戦を急がずに、
ハルノートの非現実性と開戦した場合の両国の甚大な人的損害の可能性を
アメリカのマスコミと世論に訴えて、
アメリカ国内の世論と不戦の公約をしていたルーズベルトを縛ったなら…



 歴史の大きな分岐点はいろいろあります。

その中でも、分岐点として考えておかなければいけないのは、
日露戦争前の分岐点ではないかと思います。

伊藤博文は、最後までロシアとの戦争回避を模索していました。


伊藤博文は、ただ親露派、恐露派で頑迷だったから…
で済ませてしまっては、惜しいのではないでしょうか。


現在、日本は、大陸に権益は一つも持っていません。

それどころか、大戦終了後、50年間以上も、反日教育を子弟に続ける、
日本を怨む国を、大陸にいくつか作ってしまいました。

そのうちの一つは核保有国で、もうじき空母保有国になります。

また、一つは、核実験と弾道弾実験を繰り返しています。

また、一つは、竹島を武装占拠し実効支配し、対馬の土地を買いあさっています。


 という事実から、考えると、

伊藤博文の親露的な外交方針には、先見の明があった
ということが言えます。



ロシアがいっそのこと、
中国の東北区や朝鮮半島まで手を伸ばしたほうがよかったのです。

それからの日本の関与であれば、
解放という大義名分もたちましたでしょう。

圧制から解放されるというのは、現地の人には理解されやすいかたちです。
きっと、恨みではなく、感謝されている現在になっていたことでしょう

もしも、ロシアからの解放に関わらないとしたなら、
それらの地域への道路や鉄道、電力といったインフラ整備のための
日本の資金の投下分は、国内に向けれてたことでしょう。
持ち出しにならずに済んだのです。


外交とは、人道的な国と手を結ぶばかりではないです。
パワーのバランスを取るために結ぶものです。

アヘン戦争や南アジアでの植民地経営の実態を考えれば、
当時の英国が、ロシアに劣らず、人道的な国ではない感じです。



伊藤博文の、親露路線の外交でいけば、
日本の進路は大陸から遠ざかり、不要な戦争と国際的な孤立を招かずにすんだ
もう一つの繁栄への歴史があったのかもしれません。




アジア大陸とのかかわりを考える時に
ロシアとそこそこ手を結んでおくことという視点は、
かつての日英同盟からの教訓と同じぐらいに重要な視点かもしれません。

安全保障条約までは、ロシアとは無理としても、
経済的な協力の条約まではほしいと思います。

また、パール判事の故国、インドとは、
名目だけでも、安全保障条約を結んで、
同盟先の核保有国を、アメリカ以外にもう一つ、インドという形でつくっておくべきと思います。
(いざとなったら、購入先にもなります。)
(また、これなら核実験が必要ないですし、増産できないです)

また、将来、緊張が高まって
日本の企業が中国市場から追い出されるようになったようなことがあったとしても
中国につぐ人口大国のインドと手を結んであれば、
インド市場が経済的な面でのリスク分散になります。



中国が軍備を近代化させ、力をつけていくときに、

一番圧迫を感じる国は、海の向こうのアメリカではありません。
また、海峡をへだてている日本でもないです。

中国が軍備を近代化させ、力をつけていくときに、
一番圧迫を感じる国は、陸を接し、国境の未確定の地域をかかえるインドであり、
過去の歴史で何度も国境線が変わったロシアです。

日本が、中国に対抗するには、
日本はインドと安全保障条約を結ぶことだと思います。
石油の輸入の航路を確保することは、産業の生命線と思います。

また、日本が、中国に対抗するには、
日本はロシアと協商を結んで、協力し合う関係を結ぶことだと思います。

日本もロシアもインドも、中国が脅威という利害が一致しています。
そのうえで、アメリカとは親密な現在の関係を維持すべきと思います。

ロシアから、北方領土がいつ還してもらえるかのいつには
交渉を継続しながら、その結果にこだわらずに交渉継続するべきと思います。

今は、いま日本人が住んでいる国土が安全になるように、
ロシアに接近することが大切ではないかと思います。


陸を接した国の脅威というのは、実にやっかいなものです。

中国とベトナムの戦争のように、
いつ緊張が高まるかはわからないです。

海という天然の緩衝帯がないのです。

ロシアのプーチン首相は、権力を維持できているところからかなりのやり手です。
やり手のプーチンなら、中国の軍備の近代化と覇権主義への傾倒を
敏感に感じているはずです。


中国を制するには、毒を持って毒を制する発想で、
包囲網を築くことだと考えます。

中国の覇権主義が、周囲の国を呑み込み始める前に、
中国を包囲網を形成して、
中国のその気持ちを早い時期に 折る べきと思います。

人口が多いのですから
経済規模が大きくなってきたら、経済力においてもやがては
最強の国になってくのが中国です。

国威が高まります。
国民感情はとても積極的になります。
そういったときに、覇権を広げていく動きに出ます。

 覇権を広げることは、
 日本もロシアもインドも許さない。

と、メッセージを絶え間なく送り続けていかなくてはならないと思います。


アメリカは、もう共和党政権ではないのです。

アメリカ青年のライフルマンたちの血の値段は、さらに高くなっています。
他国のために、アメリカ兵の血は流したくないという気持ちが強いです。
中国の強気に押されていくのが見えています。

いつか来た道です。
日英同盟が切れたら、日本の危機が来ました。

日米同盟が有名無実化しそうな将来です。

日米同盟を堅持しつつも、
ロシア、インドと手を結んで中国を押さえるようにすることが大切と思います。


日本がロシアとインドを手を結ぶことは、
フィリピンやベトナムやインドネシアやマレーシアやオーストラリアの国々が支持してくれる政策です。
それは、中国の覇権主義が、みな迷惑だからです。

また、アメリカも、
道理が通り、アメリカの負担が少なくなっていくので
日本のこの政策を支持してくれるでしょう。






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


また、 そういった外交の成功を収める日本になら、
北方領土の返還も
ロシアは考えるかもしれません。

プーチン首相も、ロシア国民に、
「日本は友好国で、中国を押さえるうえで役に立つ。
北方領土を還してやれば、きっと、今後とも日本はもっとロシアを利するだろう」
と、自国民に話せるようになるからです。


交戦権を憲法で否定いるような 弱腰の国に
北方領土を返還したら、
プーチンは支持率が下がり、政敵を利してしまいます。

相手が強くそして、自分の仲間であってこそ、返還の名分が立つのです。


講道館柔道6段のプーチン。
出身地には、トヨタの自動車工場の進出で雇用の促進。
プーチンは決して表には出さないでしょうが、日本憎しの人ではありません。

プーチンが政界で権力を持っているうちに、
日本が、プーチンに「経済力以外でも日本は強く、そして、ロシアの仲間だ」と
返還の名分を与えれるように、取り組むべきと思います。



国の交戦権と武力を認めない よわっちい国に、
領土の返還などしたら、失脚の原因になりかねないですもの。


国土を増やした政治家は、英雄ですが

国土を失った王や政治家の人気は激減します。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ ロシアとインドと日本で、中国の覇権主義を牽制を。 
  (親日派の)プーチン首相を大切に。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 世襲議員はいない。日本は議員全員が選挙で選出! 嫉妬心を煽るな
・ 第9条の憲法改正が抑止力。 核実験、ミサイル発射の恫喝と侵略に備える
・ 選挙権があり社会参加が進み学歴がある現代の女性に求められること。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ IMFのストロスカーン専務理事が中川昭一財務相に「人類の歴史上、最大の貢献だ」と謝意
・ 韓国・浦項市、研修で全職員を福岡へ  2009年4月12日
・ 石垣市長が尖閣諸島への上陸認可要請。 日本政府は行動を!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 坂本剛二議員の「日本も核保有、国連脱退」発言は、言葉の力で抑止力。
    副題)民主主義なら、言論の自由。 自民・坂本組織本部長の発言を封じてはいけない。
・ 発言は、プライスフリー。 力社会では、おどしも守りの盾!善用です。
・ 3月22日の鹿児島県阿久根市の市会議員選挙の結果に注目!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ 環03 原子力発電所考。矛を止め平和維持が武の役目。武を軽視する国は繁栄しない。
 ・ 環02 不良の経済学は、ローコスト、ローリスク、ハイリターン。原子力発電所に警備を。
 ・ 環01 原子力発電所の安全のために自衛隊で警備を。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・健15 新型インフルエンザ 対策を「している」は37%。豚インフルはやがて毒性が変異する
 ・危機管理 インフルエンザワクチンの製造ラインは3つほしい。季節性と豚と予備(鳥)。
 ・健13 ・新型インフルエンザウイルスのワクチンは日本にない。人人感染で世界的な大流行パンデミックも
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・政治・経済・リンク集 他
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 

     モジックス Zopeジャンキー日記
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 「個人新聞」としてのブログ  2009.05.10
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ マスコミに対するブログの強み  2009.01.13 
  ■ なぜマスコミがネットに注目しているのか  2008.06.17 
  ■ パブリック空間が開放され、マスメディアの危機が訪れている  2005.10.31
  ■ 日本のブログ界にも政治ブームか / ホリエモンと小泉純一郎 /
     政治広報戦略も「マス」から「バズ」へ
 2005.08.10
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       buzzは、マーケティング用語で「クチコミ」を表す
関連記事
コメント
追記
「中国の脅威に対抗するためには、昨日の敵は今日の友という視点も大切」
と、ねずきちさんに、題していただきました。

なるほど と思いました。
2009/05/14(木) 23:19 | URL | いの #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。