スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国 裁判所  対馬で仏像を盗んだ韓国人逮捕も、仏像は日本へ戻すな

  
2013. 3.4

■ 韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分  2013年2月27日 NHK

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分01

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分02

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分03

長崎県の寺から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の裁判所は、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。


            ↑
            ↓


■ 「韓国人から感謝されることはあっても、『略奪』呼ばわりするとは、怒りを通り越して空いた口がふさがらない…」 長崎・対馬の仏像返還差し止め問題で観音寺・前住職  2013.2.28 産経

「韓国人から感謝されることはあっても、『略奪』呼ばわりするとは、怒りを通り越して空いた口がふさがらない…」「観世音菩薩坐像」を盗まれた観音寺=長崎県対馬市=の田中節孝・前住職(66)は、こうため息をついた。

伝承によると、この仏像は李氏朝鮮時代、朝鮮半島に吹き荒れた仏教弾圧から逃れるため、対馬に持ち込まれたという。 朝鮮半島では仏教が盛んだった新羅、高麗時代(7~14世紀)に多くの仏像が制作された。だが、14世紀末に李氏朝鮮時代に入ると、一転して儒教が国教となり、仏教は弾圧の対象となった。仏像の没収や破壊が繰り返された。

そんな時代に、交易などで朝鮮半島に渡った日本人が惨状を見かね、仏像を救出するために日本に持ち帰った。古来、日本と朝鮮半島を結ぶ交易の中継点だった対馬には、その仏像が多く残されている-。田中氏はこう指摘した。 実際、対馬市教育委員会文化財課によると、対馬の寺社には新羅、高麗時代の朝鮮半島で制作された仏像が数十点も安置されている。このうち黒瀬観音堂の「銅造如来坐像」(国指定重要文化財)など十数点は、国や県、市の文化財に指定されている。 持ち込まれた年代や経緯は記録が残されておらず不明だが、市教委文化財課も「朝鮮での弾圧の過程で持ち込まれたと考えるのが妥当です」と主張した。

それらの仏像は 現在に至るまで、信心深い 対馬の各集落の寺社や島民たちの手で、大切に 守られてきた。 焦げた仏像も多く、田中氏は「仏教弾圧により焼かれた寺から、持ち出されたものだと考えられる。それを日本人が略奪したというのは、あまりにも失礼だ」と憤った。

25年ほど前には、今回、所有権を主張している韓国・浮石寺の関係者が対馬を訪れ、田中氏に「私たちのものだから返してほしい」と要求。田中氏は当然断った。 その後、仏像は平成24年10月に盗まれる。今年1月に韓国国内で窃盗団が検挙された。

今回の裁判所の決定について、田中氏は「常識が通用しない国なんだと再認識した。盗み出して、そのまま自分の物だと主張するへ理屈は、北朝鮮による日本人拉致事件と同じですよ」とあきれ顔だ。 このまま返還差し止めが正式決定し、手元に戻らない公算も大きい。 田中氏は「何としても取り返したい。拉致事件と同様、政治家の外交力に期待するしかないのか…」と政府の対応に望みを掛けた。一方、菅義偉官房長官は27日の記者会見で「国際法に基づき、外交ルートを通じて速やかに返還を求めていきたい」と述べた。




すでに 700年も 対馬にあって人々の信仰の対象だった仏像を、
韓国人が盗んだにも関わらず、韓国は日本には返さない と言っています。

それに 韓国人の仏教徒のかたがたは、対馬の仏像の由来を聞いています。
「李氏朝鮮の時代に儒教が国教となり、仏教は弾圧され、仏像の没収や破壊が朝鮮半島に吹き荒れ、その難を逃れるため 仏像が対馬に持ち込まれた…」 と。 この対馬のお寺に伝わる伝承を、韓国の裁判官も、韓国の仏教徒も、韓国の学者も韓国のマスコミも一顧だにしないというのは どういうことなのでしょう。 

口頭での伝承はかろうじて残ってはいたとしても、
かくかくしかじかで難を逃れた仏像が対馬に伝わりました… なんて
700年前の預り証なんかそうそうあるものではないでしょうから、
返還する気はないということでしょうか?


北朝鮮は、日本人を何十人も拉致したまま返さないですが

韓国人犯罪者が 対馬のお寺から盗んだ仏像だというのに、
韓国は 恥じるどころか 返そうとしません。



信仰心への敬意がない韓国。
無神論に近い人たちが多く住まう国ということなのでしょうか。
その上、国際法の道理も通らない国 韓国です。

朝鮮半島が統一されたあと、となりの国は、
100万人以上の過剰な兵士と 核兵器と生物兵器と 弾道ミサイルと巡航ミサイルを
多数持ち、日本に深い怨念を持つ、軍事大国になります。

信仰心への敬意がなく、
無神論に近い人たちが多く住まう隣国は怖いです。

神仏の心である 慈悲の心や愛の心を尊重していないということですから。
力任せに 非道で暴虐なことをしでかす可能性があるということですので。


   




  



  
■ 重文の如来像盗まれる = 朝鮮 新羅時代の作品 長崎・対馬 2012.10.9 時事

8日午後0時20分ごろ、長崎県対馬市の海神神社で、神社関係者が仏像がなくなっていることに気付き、110番した。仏像は国指定重要文化財「銅造如来立像」で、敷地内にある「峰町ふるさと宝物館」に展示してあった。宝物館出入り口の鍵が壊されていたことから、県警対馬北署は窃盗事件とみて捜査している。 同署によると、宝物館には郷土資料などが展示され、普段は施錠されているが、観光客らから見学の申し入れがあれば、その都度受け入れている。8日も見学のため、神社関係者が宝物館の鍵を開けようとしたところ、壊されていることに気付いた。6日の見学終了時には異常はなく、施錠していた。宝物館には市指定や県指定の文化財もあったが、盗まれたのはこの仏像だけだった。  長崎県などによると、銅造如来立像は高さ38.2センチ。朝鮮半島統一新羅時代に作られ伝来した仏像で、1974年6月に国の重要文化財に指定された。95年にも盗まれたことがあったが、容疑者が逮捕され戻ってきたという。

銅造如来立像
盗まれた国指定重要文化財の「銅造如来立像」
(海神神社)(長崎県のホームページより)



■ 対馬で仏像盗んだ疑い = 韓国で窃盗団摘発 2013.1.29 時事

【ソウル時事】韓国の大田地方警察庁は29日、長崎県対馬市の寺社から仏像や仏教経典を盗み、売りさばくために韓国に運び込んだとして、韓国人窃盗団を摘発し、主犯格の男(69)ら5人を立件、残り3人の行方を追っていると発表した。盗まれた仏像2点は確保したが、経典の行方は不明という。  窃盗団は2012年10月6日深夜、対馬市の海神神社から国指定重要文化財「銅造如来立像」を、別の寺社から、それぞれ県指定文化財の仏教経典「大蔵経」の一部と、「観世音菩薩坐像」を盗んだ。銅像2体を旅行かばんに入れ、福岡からのフェリーで釜山まで運んだ上、韓国内で売ろうとした疑い。  銅造如来立像は高さ約38センチ。盗まれた仏像や経典はいずれも朝鮮半島から伝来したとみられる。聯合ニュースによると、釜山税関は仏像を「偽物」と誤って鑑定し、そのまま通関させたという。

観世音菩薩坐像
長崎県対馬市の寺社から盗まれ、韓国に運ばれた
「観世音菩薩坐像」(韓国大田地方警察庁提供)



■ 2013年01月29日 時事通信社
観世音菩薩坐像02_convert_20130301124139

韓国の大田地方警察庁は2013年1月29日、長崎県対馬市の寺社から仏像や仏教経典を盗み、売りさばくために韓国に運び込んだ韓国人窃盗団を摘発した。盗まれた仏像2点は確保したが、経典の行方は不明。写真は、対馬市の寺社から盗まれ、韓国に運ばれた「観世音菩薩坐像」(韓国大田地方警察庁提供)。  窃盗団は12年10月6日深夜、対馬市の海神神社から国指定重要文化財「銅造如来立像」を、観音寺から県指定文化財の「観世音菩薩坐像」を、さらに別の寺社から同じく県指定文化財の仏教経典「大蔵経」の一部を盗んだ。このうち仏像2体を旅行かばんに入れ、福岡からのフェリーで釜山まで運んだ上、韓国内で売ろうとした。  盗まれた仏像や経典はいずれも朝鮮半島から伝来したとみられる。聯合ニュースによると、釜山税関は仏像を「偽物」と誤って鑑定し、そのまま通関させたという。
 日本側は盗品の返還を求めているが、韓国の大田地裁は13年2月26日、このうちの「観世音菩薩坐像」について、寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで韓国政府は日本側に返還してはならないとする仮処分決定を下した。窃盗団が摘発され、仏像が押収された後、観世音菩薩坐像は忠清南道のプソク寺で造られたと主張する市民団体がプソク寺への返還を求める仮処分を申請していた。



■ 韓国の窃盗団、日本で仏像を盗んで国内に持ち込み…鑑定員が模造品と間違え非難 2013.1.29 中央日報

新羅~高麗時代の国宝級の仏像2点を日本で盗み、韓国内に密搬入した一党が検挙されたと29日、韓国内のメディアが報道した。  韓国の警察と文化財庁によると、昨年10月、日本の長崎県対馬市の海神神社に保管中だった国宝級の仏像「銅造如来立像」と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」を盗んだ疑い(文化財保護法違反等)でキム容疑者(69)が拘束され、妻のチャン容疑者ら4人が書類送検された。 「銅造如来立像」は統一新羅時代(8世紀)に、「金銅観音菩薩座像」は高麗時代末期(14世紀)に製作された仏像であることが確認された。「銅造如来立像」は日本の重要文化財に指定され、1974年にはおよそ1億円の鑑定額がついていた。  一方、この仏像2点は釜山港での通関過程で、文化財鑑定委員が「100年未満の模造骨董品」と鑑定して搬入を許していたことが伝えられ、非難が起きている。



■ 日本から盗んできた国宝級仏像を…「偽物」判定で税関通過 2013.1.30 中央日報

昨年10月8日午後6時、釜山中区国際旅客ターミナル入国場。日本福岡から入った旅客船を降りたS(61)の旅行用バッグが、X線検査で引っかかった。バッグの中には金属製の仏像1点が入っていた。Sは「日本骨董品店で購入した模造品」と説明した。  これを疑った税関員はターミナル内の文化財鑑定官室に精密鑑定を依頼した。鑑定委員2人は保税倉庫で約30分間、肉眼で検査した後、「制作から100年も経っていない偽作」と通知した。現行法上100年を経過していない骨董品は関税を支払えば国内に持ち込める。高麗・新羅時代に作られた国宝級文化財が「偽物」判定を受けたのだ。Sは仏像をバッグの中に入れて悠々と釜山港を去っていった。

それから約2カ月後の12月17日、韓国警察にインターポールを通じた日本政府の捜査依頼が入った。長崎県対馬市の神社に保管されていた仏像2点が盗まれたという内容とともに、盗難品の写真も添付されていた。日本政府は公文書で特定国を指定していなかったが、韓国警察は地理的条件上、国内に持ち込まれた可能性があるとみて捜査に入った。釜山税関に鑑定依頼記録と仏像の写真、通関記録が残っていたため、Sの犯行ということがすぐに確認された。警察は骨董品商などを通じて、盗んだ仏像を巨額で売却しようとしていた窃盗団を今月22日に逮捕した。

調査の結果、Sは運搬担当で、Sの背後にはリーダー格のK(69)を含め、窃盗・流通・資金調達などを担当する8人がいた。文化財窃盗前科13犯のKは インターネットで対馬に国宝級文化財があることを知り、現地踏査など緻密に準備した。Kの一行は昨年10月6日、警備が手薄となる未明に3カ所の寺と神社を回りながら、仏像2点と大蔵経1点を盗んだ。大蔵経を盗む際は神社の瓦を外し、屋根に穴を開けて侵入した。Kらは警察で「仏像は検査が相対的に少ない福岡から船便で運んだ」とし「大蔵経は対馬現地で捨てた」と供述した。

通関後に馬山(マサン)の冷凍倉庫に保管されていた仏像2点は警察に押収された。
「偽物」鑑定を受け、今回「贓物」に分類された国宝級仏像2点は現在、文化財庁が保管中だ。警察が精密鑑定を文化財庁に依頼した状態だ。文化財当局は仏像2点がいつ、どういう理由で日本に渡ったかを調べている。

一方、事件を捜査中の大田(テジョン)地方警察庁広域捜査隊はKを拘束、運搬担当のSら4人を書類送検したのに続き、残りの共犯4人の所在を追っている。

海神神社の「銅造如来立像」(左)と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。_convert_20130301124927
海神神社の「銅造如来立像」(左)
と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。



■ <対馬の仏像窃盗>倭寇の侵略が深刻だった地域…略奪品だった可能性も 2013.1.30 中央日報

文化財窃盗団が日本・対馬から盗んできた新羅・高麗仏像は、韓国国内に残っていれば国宝に指定されるほど価値が高い作品だと、専門家は評価している。仏像2点の価値を金額に換算すれば数百億ウォンにのぼると推定される。

海神神社に保管されていた高さ45センチの銅造如来立像は、統一新羅時代の8世紀に韓半島で作られたと推定される。当時流行した如来立像の中でも秀作であるうえ、保存状態がよい。いつ、どのような理由で日本に渡ったかは不明だが、1974年に日本で重要文化財に指定されている。重要文化財は韓国の宝物に該当する等級だ。当時、日本国内で1億円と鑑定されたという。

仏像専門家である東亜大博物館のチョン・ウンウ館長(56、女性)は「ボリューム感があり、法衣のしわがよく表現された8世紀統一新羅時代の仏像の典型的な姿をしながらも、同じ時期の他の仏像(高さ20-30センチ)より大きいのが特徴」と説明した。

観音寺にあった金銅観音菩薩座像(高さ60センチ)は制作年代と場所が分かっている。仏像を作る際に内部に入れておいた発願文に、高麗末の1330年に瑞山浮石寺で制作されたことが明記されているからだ。この仏像は長崎県指定の有形文化財に登録されている。

チョン館長は「似た時期の仏像のうち年代が正確に分かった仏像は、1333年に作られて、現在は国立中央博物館に保管されている銅造菩薩立像2点など数えるほどしかない」とし「身体の表現など作品性が優れ、対馬に残っている韓国の仏像の中では最高レベルの作品」と評価した。

両仏像は盗まれるまで、普段は一般人が接近するのが容易でないところに保管されていた。ファン・ベクヒョン対馬研究院理事長(63)は「銅造如来立像は海神神社境内の左側の2つの鉄門を通過しなければ入れない宝物庫に所蔵されていた。観音菩薩座像は観音寺本殿にあったが、普段は施錠されていて一般人が簡単には見ることができなかった遺物」と話した。

これら仏像が韓国から日本に伝来したのか、それとも略奪または取引で搬出されたのか、正確な経路は確認されていない。ファン理事長は伝来の可能性が高いとみている。ファン理事長は「過去、対馬は韓半島と往来が多かったが、僧侶が護身仏または布教を目的に仏像を渡した可能性がある」と話した。

これに対しチョン館長は「観音菩薩座像が作られた年代は1330年だが、20年後から外敵の侵略が本格化した」とし「瑞山などは倭寇の侵略が激しかった地域の一つで、略奪の可能性も排除できない」と述べた。

海神神社の「銅造如来立像」(左)と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。_convert_20130301124927
海神神社の「銅造如来立像」(左)
と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。



■ <対馬の仏像窃盗>返すべきか… 「その前に流出経緯の確認が必要」 2013.1.30 中央日報

韓国の窃盗団が日本で盗んだ仏像2点は、それぞれ統一新羅・高麗時代に韓半島で制作された仏像であることが確認された中、仏像が日本に返還されるかどうかに関心が集まっている。この仏像が略奪または取引などで日本に渡った文化財と明らかになる場合、略奪文化財返還レベルで別の話になる可能性もあるからだ。外国から韓国に返還された韓国の文化財は1月現在9751点にのぼる。仏像が正常な経路で日本に渡ったのか、それとも略奪や取引で持ち出されたかは、現在のところ確認されていない。

文化財庁は29日、「この仏像が日本に不法的に渡ったという証拠は探せない。略奪の根拠がない場合は、関連法令に基づき仏像を日本に返さなければならない」と明らかにした。 今回のように国外文化財が韓国に搬入された場合、文化財保護法第20条の外国文化財保護関連条項と1970年にユネスコ総会で採択された「文化財の不法な輸入,輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約」に基づき、返還すべきかどうか決定される。 関連法令によると、大韓民国に搬入された外国文化財が該当国から不法に流出したことが証明され、搬出国が正当な手続きを踏んで返還を要求する場合、韓国政府は手続きに基づいて返還措置を取らなければならない。 しかし仏像が過去に韓半島から日本へ渡った経緯に対する徹底した検証が必要だという主張もある。仏像をすぐに日本に返すのではなく、略奪文化財かどうか確認されるまで返還を猶予すべきだということだ。 韓国文化遺産政策研究所のファン・ピョンウ所長は「盗難犯は法に基づいて厳正に処理するものの、仏像の過去の流出経路が明らかになるまで日本に返還してはならない」とし「韓日両国の共同調査を通じて仏像の伝来過程を明らかにし、調査期間中はユネスコの仲裁を経て第3国に遺物を預ける案などを検討してみる必要がある」と述べた。 問題はこれを立証する資料が残っているかどうかだ。文化財庁は1980年代から収集した資料をもとに計14万9126件(2013年1月基準)の海外にある韓国文化財を把握しているが、今回日本で盗難された仏像はこの目録に載っていないという。



■ 対馬の盗難仏像 韓国仏教宗派「日本返還に反対」 2013.2.4 ワウコリア

【瑞山聯合ニュース】長崎県対馬市の寺社から仏像2体が盗まれ韓国に持ち込まれた問題に関連し、うち1体が製作された忠清南道・瑞山市を中心に仏像の日本返還に反対する声が上がっている。 2体のうち「観世音菩薩坐像」(長崎県指定有形文化財)は瑞山市の浮石寺でつくられたことが分かっている。 韓国最大の仏教宗派、大韓仏教曹渓宗の瑞山市住持評議会は4日に声明を出し、「文化財の不法略奪、不法流出、盗難経行為ついては、歴史的・時代的状況を遡及(そきゅう)して適用すべきだ。窃盗団は法に従い厳重に処罰されるべきだが、仏像は過去の(朝鮮半島からの)流出経路が明らかになるまで日本に返還してはならない」と述べた。 声明はまた、韓日両国の合同調査団によって仏像の伝来過程を明らかにするべきだと述べた上で、「調査の間は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の仲介を通じて、遺物を第三国に預けることを検討すべき」と主張した。 韓国政府に対しては、「ギリシャやトルコ、エジプトなどと連携し、国連レベルで積極的に文化財返還のためのコンセンサスづくりに乗り出すべきだ」と強調した。



■ 「対馬の盗難仏像は倭寇の略奪品」 韓国学者が主張 2013.2.7 ワウコリア

【ソウル聯合ニュース】長崎県対馬市の神社と寺から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像2体のうち、「観世音菩薩坐像」は1330年に韓国中西部の忠清南道・瑞山の浮石寺でつくられ、1370年ごろ倭寇(わこう)に略奪されたという研究結果が発表された。韓国にある東国大学の文明大(ムン・ミョンデ)名誉教授が瑞山文化発展研究院の機関紙「瑞山文化春秋」で発表した論文で明らかにした。  同像は「造像記」(仏像などの由来を記すもの)が1330年2月に書かれたことから、同時期に製作されたとみられる。 文氏は略奪の根拠として、造像記に仏像を浮石寺に納めるとの内容が書かれているが、同像があった対馬の観音寺と関連した言及はないことを挙げている。合法的に日本に渡ったとしたら、記録が残っているはずだと指摘する。瑞山の町外れに位置している小さな寺が対馬の観音寺と付き合いがあったとは考えにくく、仏像が寄贈された可能性はないという。

 文氏は倭寇の侵略が本格化した1350年前後から1400年ごろに略奪されたと推定している。なかでも、倭寇の侵略が最も激しかった1370年前後に略奪された可能性が高いと主張する。「当時、黄海の海岸はもちろん内陸まで倭寇が侵入し、村や寺に火をつけ、多くの文化財や食料を略奪した」とした上で、「閑散とした山の斜面に位置する浮石寺が略奪の的になったのは当たり前」と説明した。

 文氏は同像について、「つくられた時期が明白で、高麗王朝時代後期の彫刻史の基準になるだけでなく、高麗時代後期の仏像の中でも最高水準の傑作」と強調した。その上で、「略奪がほぼ確実な仏像は元の場所の浮石寺に戻してほしい」との考えを示した。



■ 韓国の学者「対馬の盗難仏像、倭寇が略奪したもの」 2013.2.7 中央日報

文明大(ムン・ミョンデ)東国大学名誉教授は最近発表した論文で、日本・対馬で盗まれて韓国に搬入されたと推定される韓国古代の仏像2体のうち、高麗時代の観世音菩薩坐像は1330年に浮石寺で制作され、1370年代ごろ倭寇が略奪していったものだと主張した。

文教授はその根拠として、「造像記」に仏像を浮石寺に永遠に納めるという内容がある半面、対馬観音寺に関する言及はどこにも見られず、合法的に日本に渡ったとすればその記録が残っていなければならないという点を挙げた。 文教授はこの仏像が倭寇の侵入がピークだった1370年前後に略奪されたとみている。

海神神社の「銅造如来立像」(左)と観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。_convert_20130301124927
海神神社の「銅造如来立像」(左)と
観音寺の「金銅観世音菩薩坐像」。



■ 盗難仏像の日本返還 韓国政府は判断示せず=地裁決定  2013.2.26 聯合ニュース

【大田聯合ニュース】長崎県対馬市の寺社から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像2体のうち、観音寺が所蔵していた長崎県指定有形文化財の観世音菩薩坐像について、韓国政府が返還に関する判断を示してはならないとの韓国裁判所の決定が出された。
 大田地裁は26日、韓国最大の仏教宗派、大韓仏教曹渓宗の浮石寺が請求した韓国政府に対する有体動産の占有移転禁止の仮処分について、原告の請求を認めた。同地裁は、観音寺は正当な手段で同仏像を取得したことを裁判で確定する必要があると指摘。確定するまで、同仏像を保管している韓国政府は占有をやめ、浮石寺が委任する執行官に引き渡さなければならないとした。
 この決定により韓国政府は仏像を日本に返還するかどうかの判断を示せなくなる。ただ、裁判所関係者は「仮処分なだけに絶対に返還してはならないという状況ではない。国際法上でもこの決定が適用されるか検討が必要だ」と述べた。 観世音菩薩坐像については忠清南道・瑞山市の浮石寺で製作された事実が明らかになり、市民団体を中心に日本返還に反対する声が上がっていた。裁判所の決定に対し浮石寺は「仏像の流出経路について調査委員会を発足することを政府に強く要請する」とコメントした。 観世音菩薩坐像は現在、大田市内の国立文化財研究所に保管されている。



■ 対馬から韓国に持ち込まれた国宝級仏像、日本への返還認めず 2013.2.27 中央日報

文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)は日本の寺刹側が仏像を正当に取得したということを訴訟で確認するまで返還してはならないという裁判所の決定が下された。大田(テジョン)地方裁判所は26日、大韓仏教曹渓宗浮石寺(プソクサ)が国を相手に出した「有体動産占有移転の禁止仮処分申請」で原告の請求を認めた。対馬の観音寺に保管されていた仏像は先月窃盗犯が韓国に持ち込み摘発され文化財庁が保管中だ。金銅観音菩薩座像は14世紀の高麗時代末期に作られたと推定される。

文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)_convert_20130301130342
文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)





■ 韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分  2013年2月27日 NHK

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分

長崎県の寺から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の裁判所は、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで、日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。

長崎県対馬市で、去年10月、朝鮮半島から伝来したとされる文化財が、神社や寺から相次いで盗まれた事件で、韓国の警察は、先月、韓国人の窃盗団を検挙して仏像2体を回収しました。
この仏像2体について韓国政府は、本物と確認されれば国際法に基づいて日本側に返還するとしていました。
しかし、中部テジョンの地方裁判所は26日、2体のうち観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」について、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が観音寺に渡った経緯が明らかになるまで、韓国政府は日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。 この結果、韓国政府は、「観世音菩薩坐像」を日本側に返還するためには、観音寺が韓国の寺から正当に取得したことを証明しなければならず、今後、難しい対応を迫られることになり、返還に時間がかかる可能性が出ています。



■ 対馬で盗難の仏像、返還差し止め … 韓国の地裁   2013年2月27日 読売

【ソウル=門間順平】聯合ニュースによると、韓国・大田(テジョン)地裁は26日、昨年10月に長崎県対馬の寺社から盗まれ、韓国で見つかった仏像2体のうちの1体について、返還を当面差し止める内容の仮処分決定を出した。 問題の仏像は、観音寺 対馬市 豊玉町 が所蔵していた県指定有形文化財の「観世音菩薩坐像」。韓国中部・瑞山(ソサン)の寺が、像は14世紀に略奪されたものだと主張して、保管している韓国政府に移転禁止を求める仮処分を申請していた。 仏像は当初、国際法に基づいて日本への返還手続きが行われるとみられていたが、同地裁は決定で「観音寺は(菩薩坐像を)正当に取得したことを訴訟で確定させなければならない」などとした。




■ 韓国「もともと倭寇が奪った」と“反日”逆ギレ、 
  日本仏像窃盗団 摘発の行方は…   2013.2.9 産経

新羅や高麗時代に作られた日本の重要文化財の仏像などを長崎県対馬市の寺社から盗んだ韓国人窃盗団が1月末に韓国当局に摘発された。ただ、一件落着とはいかなかった。韓国税関が「模造品」と思い込み、犯人が大手を振って韓国に持ち込んでいた“不手際”が発覚。「仏像はもともと倭寇が奪ったもので、返す必要はない」との声まで持ち上がった。図らずも韓国お家芸の「反日」騒動に巻き込まれた仏像の行く末はいかに…。(桜井紀雄)

数十億円の“国宝”が「模造品」?ベテランがまさかの失態
盗難に遭ったのは、いずれも対馬市にある海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」と、観音寺の長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」、多久頭魂神社の仏教経典「大蔵経」の3点。大蔵経については、窃盗団の一人が「犯行直後に山に捨てた」と供述しているが、仏像2体については1月22日に韓国南部、慶尚南道・馬山(マサン)の古い冷凍倉庫に隠されているのが見つかった。

聯合ニュースや中央日報など韓国メディアによると、発覚の経緯はこうだ。

銅造如来立像などは昨年10月6日夜に境内からこつ然と消えた。日本の警察が昨年12月、盗難後に韓国に渡った可能性もあるとみて被害品の写真を付けて捜査協力を韓国に依頼。釜山税関に仏像の写真や通関記録が残っていたため、あっさり運び役の男(61)の足が着いた。 男は仏像を旅行バッグに詰め、博多-釜山間のフェリーに乗り込み、堂々と通関したのだ。ところが金属製なため、エックス線検査で引っかかり、検査はその道30年のベテラン文化財鑑定員らに委ねられることになった。 「日本の骨董(こっとう)品店で買った模造品だ」と男は言い張った。鑑定員らは30分かけて肉眼でチェックした結果、「人為的に作ったような青サビがあり、仏像を立てる台座や固定するピンが新しい」として男の言うまま、「制作から100年もたっていない偽物だ」と判断する失態を演じた。 銅造如来立像は高さ38・2センチで、8世紀の統一新羅時代に作製されたと推定される。もう一方の観世音菩薩坐像は高さ50センチで、高麗時代の1330年に韓国中部、瑞山(ソサン)の浮石寺(プクソクサ)で作られたと仏像内部の発願文に記されている。 韓国メディアは、いずれも韓国では「国宝」に指定されるほどの第一級品で、合わせて時価数百億ウォン(数十億円)に相当すると色めきだった。

「日本が根拠示せ」 理性に勝る「反日」世論
韓国警察は、文化財保護法違反などの容疑で、同種の文化財窃盗で前科が13犯あったリーダー格の男(69)の身柄を拘束するとともに4人を書類送検し、逃走中の4人の行方を追っている。立件された男らの供述からは寺社側の管理の甘さも浮かび上がった。 朝鮮日報によると、観世音菩薩坐像が安置された観音寺や大蔵経が収められた多久頭魂神社には居住者はおらず、無人の寺社が狙われた可能性が高い。 観音寺は施錠されていたが、本堂近くに隠していた鍵が犯行に使われた。銅造如来立像があった海神神社を含め、3寺社ともに防犯センサーを設置していたが、いずれも故障していたともいう。 いずれにせよ、仏像が無事見つかり、窃盗団が摘発されたことで事件は幕切れ-とはならなかった。通常、文化財不法輸出入禁止条約などに基づき、不法に国外に流出した文化財が見つかれば、速やかに返還される。しかし、韓国の専門家や仏教界から「日本に略奪された疑いが強く、日本に流出した経緯が明らかになるまで返すべきでない」との声が巻き起こったのだ。 仏教美術史の専門家の一人は韓国メディアに「倭寇によって略奪されたことはほぼ確実だ。何度も日本で観世音菩薩坐像を調査し、論文で略奪された文化財だと提示してきた」と主張した。この仏像が制作された14世紀は、日本発祥の海賊集団の倭寇が朝鮮半島や中国沿岸に活発に進出していた時代で、瑞山は倭寇の活動が盛んだった地域というのがこれら主張の論拠となっている。

観世音菩薩坐像が作成されたとされる浮石寺の信徒会は「不当に強奪された」と日本への返還反対を表明。一方で、強奪の根拠を示さず「日本が正当に取得したことを証明しなければならない」と“逆ギレ”ともいえる強弁を持ち出している。 文化財を管轄する韓国文化財庁は「目立った強奪の痕跡がなく、布教活動を通じて日本に渡ったとみられる」とし、「略奪の根拠がない限り、法令に従って日本に返さなければならない」との理性的な立場を示している。 同庁が把握している海外にある韓国文化財約15万件に2体は含まれておらず、歴史をさかのぼって略奪を証明するのは事実上不可能だ。 ただ、「反日」世論の前に理性や法令が覆されることは韓国で度々見られてきた。生みの親より育ての親ともいうが、2体の仏像が長年、安置された対馬の地に無事に戻ることはできるのだろうか。





■ 韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分  2013年2月27日 NHK

長崎県の寺から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の裁判所は、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで、日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。

 長崎県の寺から盗まれ → 対馬の寺から盗まれ
 韓国で見つかった仏像 → 韓国人が盗み韓国に持ち込んだ仏像

長崎県対馬市で、去年10月、朝鮮半島から伝来したとされる文化財が、神社や寺から相次いで盗まれた事件で、韓国の警察は、先月、韓国人の窃盗団を検挙して仏像2体を回収しました。この仏像2体について韓国政府は、本物と確認されれば国際法に基づいて日本側に返還するとしていました。 しかし、中部テジョンの地方裁判所は26日、2体のうち観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」について、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が観音寺に渡った経緯が明らかになるまで、韓国政府は日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。この結果、韓国政府は、「観世音菩薩坐像」を日本側に返還するためには、観音寺が韓国の寺から正当に取得したことを証明しなければならず、今後、難しい対応を迫られることになり、返還に時間がかかる可能性が出ています。


韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分11

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分12

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分13

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分15

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分16

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分17

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分18

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分19

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分20

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分21

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分22

韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分23




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 長崎県対馬市の観音寺から盗まれ、韓国で回収された観世音菩薩坐像をもともと所有していたと主張する韓国の浮石寺の円牛僧侶は15日、滞在中の対馬市で ・・・ 円牛僧侶は今回の訪問について「世俗的な欲は捨て、(観音寺の)住職には仏の教えに従って行動してほしかった」と話した。 2013.3.15 産経
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『略奪』呼ばわりするとは、怒りを通り越して空いた口がふさがらない
「観世音菩薩坐像」を盗まれた観音寺=長崎県対馬市=の田中節孝・前住職(66)は、こうため息をついた。伝承によると、この仏像は李氏朝鮮時代、朝鮮半島に吹き荒れた仏教弾圧から逃れるため、対馬に持ち込まれたという。  朝鮮半島では仏教が盛んだった新羅、高麗時代(7~14世紀)に多くの仏像が制作された。だが、14世紀末に李氏朝鮮時代に入ると、一転して儒教が国教となり、仏教は弾圧の対象となった。仏像の没収や破壊が繰り返された。  そんな時代に、交易などで朝鮮半島に渡った日本人が惨状を見かね、仏像を救出するために日本に持ち帰った。古来、日本と朝鮮半島を結ぶ交易の中継点だった対馬には、その仏像が多く残されている-。田中氏はこう指摘した。 実際、対馬市教育委員会文化財課によると、対馬の寺社には新羅、高麗時代の朝鮮半島で制作された仏像が数十点も安置されている。このうち黒瀬観音堂の「銅造如来坐像」(国指定重要文化財)など十数点は、国や県、市の文化財に指定されている。  持ち込まれた年代や経緯は記録が残されておらず不明だが、市教委文化財課も「朝鮮での弾圧の過程で持ち込まれたと考えるのが妥当です」と主張した。 それらの仏像は現在に至るまで、信心深い対馬の各集落の寺社や島民たちの手で、大切に守られてきた。焦げた仏像も多く、田中氏は「仏教弾圧により焼かれた寺から、持ち出されたものだと考えられる。それを日本人が略奪したというのは、あまりにも失礼だ」と憤った。  2013.2.28 産経
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 対馬にやってきた 韓国・浮石寺の僧服姿の男たちをみて わが甘さを思い知らされた。対馬から盗まれた「観世音菩薩坐像」を「自分たちのものだ」と言い張って韓国人による盗みを正当化し、仏像と称する夜店のオモチャのような代物を置いていこうとした。 彼らは仏教の十戒のひとつである不偸盗(ふちゅうとう)(盗んではならぬ)も知らぬのだろう。李氏朝鮮時代に仏教が弾圧され、辛うじて難を逃れた仏像が対馬の人々に大事にされてきた歴史も知らない。無知蒙昧な人々ではあるが、このままでは、対馬さえ盗まれかねない。 2013.3.16 産経
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。