◆木の記事.2 森林・釘・建築基準法の推移の自分用資料

   自分用資料
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 木の記事・釘・ツーバイフォーの歴史・鵜野日出男さんの木の記事へのリンク
● 木の記事・森林・釘・建築基準法の推移の自分用資料2
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   目次リスト 新しい順
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 東レ、植物を原料にした断熱材 電気代節約、CO2少なく 2009.6.20日経
■ 二酸化窒素 吸収力、1.8倍の植物の事 2007/8/3
   http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/50219986.html
■ 人生が面白くてたまらなくなる!空想・科学
■ 【 2007年 8月 3日 イオン照射でNO2吸収する壁面緑化植物育成 】
                       サイエンスポータル編集ニュース
   http://scienceportal.jp/news/daily/0708/0708032.html
■ イオンビームによって大気浄化能が向上した植物育種の開発 
   Science&Technology Trends September 2007 topics
   http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt078j/0709_02_topics/200709_topics.html
■ 森林もメタボ化…排ガス窒素「食べきれず」渓流に影響 2009年6月14日asahi
   http://www.asahi.com/eco/OSK200906110150.html
■ Songs for 4 Seasons : Merry Christmas Baby by Otis Redding
■ 木はフランスの古くて新しい建築素材 (09/06/05)
     デュボワのeco methode NIKKEI NET 日経Ecolomy:連載コラム
http://eco.nikkei.co.jp/column/eco_methode/article.aspx?id=MMECz5000004062009
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   建築基準法の木造住宅の耐震基準の推移
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 建築基準法等に見る木造住宅の耐震基準の変遷
■ 時代別評点比較  ホームズ君.com
  建築基準法の改正されたポイントの、各平面計画における評点に対する影響を比較
■ (FJ)古橋住建の家造り建築基準法と木の住まい 2009年02月21日
■ 建築基準法の木造住宅の耐震基準の変遷 アンハウス
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   リンク先がリンク切れで読めなくなった時の引用 新しい順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 東レ、植物を原料にした断熱材 電気代節約、CO2少なく 2009.6.20日経

 東レはナノテクノロジー(超微細技術)を使い植物を原料とする高性能断熱材を開発した。部屋の熱の出入りを抑える断熱性能が高く、冷暖房機器の電力消費を減らせる。試算では一般家庭の電気料金を20年間で約50万円節約でき、二酸化炭素(CO2)の排出量も15%減らせる。2012年の実用化を目指す。

 開発したのは植物系断熱材で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受けた。構造は従来品と同じく樹脂に熱を伝えにくい物質の気泡を封入してある。東レは樹脂に植物を原料にしたポリ乳酸を採用し、製造工程でCO2が出ないよう配慮。封入する物質には、熱を伝えにくいCO2を使った。 (16:00)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 二酸化窒素 吸収力、1.8倍の植物の事 2007/8/3
   http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/50219986.html

 植物に人工的に突然変異を起こさせる方法で、
街路樹に使われる「つる性植物」の二酸化窒素の吸収能力を1.4~1.8倍に高めることに、
広島大学などの研究チームが成功、2日に文部科学省で発表した。
二酸化窒素は自動車などの排ガスに含まれる大気汚染物質の一つ。
高速道路の壁面など道路脇に植えれば、浄化に役立ちそうだ。

広島大の高橋美佐助教と日本原子力研究開発機構の長谷純宏研究員らは、
本州から沖縄に分布するつる性の常緑樹「ヒメイタビ」に、
イオンを加速させたイオンビームを照射して、人為的に突然変異を起こさせた。

この結果、ヒメイタビの二酸化窒素の吸収量が増大、植物体内の代謝も高まった。
ヒメイタビは吸収した二酸化窒素の7割を栄養にしてしまうという。
研究チームは「KNOX」と名付け、新品種の登録を出願した。

画像:「KNOX」と名付けられた二酸化窒素の吸収力を高めたヒメイタビ=文部科学省



■ 【 2007年 8月 3日 イオン照射でNO2吸収する壁面緑化植物育成 】
                       サイエンスポータル編集ニュース
   http://scienceportal.jp/news/daily/0708/0708032.html

 壁面の緑化に適したつる性常緑樹であるヒメイタビにイオンビームを照射、大気汚染物質である二酸化窒素(NO2)を効率よく吸収する突然変異株をつくりだすことに、広島大学と日本原子力研究開発機構の研究チームが成功した。

広島大学大学院理学研究科の高橋美佐助教と日本原子力研究開発機構の長谷純宏研究員らは、ヒメイタビに突然変異を起こすため、日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所イオン照射研究施設のイオンビームを照射した。その結果、大気中のNO2の取り込み能力が親植物に比べて40~80%向上した突然変異株を得ることができた。この突然変異株を挿し木で増やしてもNO2を取り込む能力は変わらないことから、「KNOX(ノックス)」(仮称)として農林水産省に品種登録出願した。

「KNOX(ノックス)」は、親のヒメイタビと見た目は変わらず、NO2吸収能力以外の性質も同じ。高速道路の壁面や工場周辺などの緑化植物として使うことで、自動車の排ガスなどに含まれるNO2を除去する効果が期待できると研究チームは言っている。



■ イオンビームによって大気浄化能が向上した植物育種の開発 
   Science&Technology Trends September 2007 topics
   http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt078j/0709_02_topics/200709_topics.html

 米自動車や工場、火力発電所などから発生する窒素酸化物(NOx)は、大気汚染物質であることから、現在は主に触媒などを利用して浄化されている。

 この度、広島大学と(独)日本原子力研究開発機構(以下、原子力機構)の研究チームは、イオンビーム育種(イオンビームを植物に照射して突然変異を誘発する品種改良手法)によって、二酸化窒素(NO2)の吸収能と代謝能を高めたヒメイタビの育種に成功した。ヒメイタビ(図表1)は、数あるつる性常緑樹のなかでも比較的容易に培養でき、本州以南に広く分布し壁面緑化に適した植物である。また、比較的高い大気浄化能(70種の樹木の中で4番目)をもっている。

 実験は、原子力機構のイオン照射研究施設「TIARA」にて、ヒメイタビに炭素イオンビームを1分間照射した25,000株のなかから生育のよい約500株を選び、実施した。この実験試料を都市大気中の10~20倍の濃度に相当する1ppmのNO2中に8時間暴露し、葉に取り込まれた全窒素量と体内で代謝された有機窒素量を抽出した。NO2由来の窒素を定量的に親株と比較したところ、親ヒメイタビに比べてNO2吸収/代謝能が1.4~1.8倍に向上した突然変異株を確認した(図表2)。これまでもイオンビーム育種が植物の形質の向上に有効な育種法であることは知られていたが、植物の大気浄化能の向上を目的にイオンビームを用いたこと、また、NO2吸収能を定量化するだけではなく、代謝能まで定量化したのも今回が初めてである。この突然変異株を挿し木で増殖した場合も同様のNO2吸収/代謝能をもつヒメイタビが得られ、形質の安定性が確認できたことから、研究チームはこのヒメイタビを「KNOX」(仮称)と名付け、品種登録を出願した。

 ヒメイタビは、その形状から壁や屋上への設置も容易である。今回の実験で得られたヒメイタビの突然変異株(KNOX株)を、高速道路の壁面に設置することによってファイトレメディエーション(Phytoremediation:植物による環境浄化)効果が得られるだけではなく、環境緑化や大都市部のヒートアイランド現象などの緩和対策としても使用できることから、普及が望まれる。



■ 森林もメタボ化…排ガス窒素「食べきれず」渓流に影響 2009年6月14日asahi
   http://www.asahi.com/eco/OSK200906110150.html

 大都市周辺の渓流に高い濃度の窒素が流入していることが、群馬高専や大阪工業大などの調査でわかった。排ガスに含まれる窒素酸化物が長年降り注いだ結果、窒素を栄養分として吸収している森が窒素飽和の状態になり、吸収しきれない窒素が川に流れ出ている可能性がある。この「森のメタボ化」による窒素流出は、森の衰退や湖などの水質悪化につながるおそれがあるとして、森林総合研究所(茨城県つくば市)も調査に乗り出した。

 群馬高専の青井透教授(環境工学)らのグループが、首都圏の水源となる利根川の上流(群馬県安中市)で水質を計測したところ、窒素成分のひとつ、硝酸態窒素が1リットルあたり最大3.7ミリグラム、平均1.6ミリグラム検出された。湖沼などで定められている窒素の環境基準は同1ミリグラム以下。08年の1年分を積算すると、雨で降ってくるより1.5倍以上多い窒素が、森林から渓流に流れ出したことがわかった。

 調査地点周辺にはゴルフ場や畑など窒素の供給源がなく、山を越えた新潟県側や福島県側では濃度が3分の1から10分の1になることから、「首都圏から流れてくる自動車や工場の排ガスが原因だろう」と青井教授はみている。

 関西も同様だ。大阪工業大の駒井幸雄教授(水環境学)らが、六甲山最高峰の南斜面にあたる神戸市の住吉川上流の約38ヘクタールの森で雨水や渓流水を測定。02年から2年間で渓流の硝酸態窒素濃度は最大2.16ミリグラム、年間総計でも雨で降るより約2倍多い窒素の流出を確認した。

 08年7月から12月にかけて、流域に人家や田畑などの人為的な窒素の供給源がない大阪府内の渓流でも硝酸態窒素濃度を測った。その結果、212カ所のうち78カ所で1ミリグラムを超えていた。

 森林総研は、東京方面からの排ガスがぶつかる筑波山近くの実験林で、07年秋から窒素飽和が起きる仕組みや対策の研究を始めた。吉永秀一郎・土壌特性研究室長は「森から安全な水供給を続けることができるのか、詳しく調べる必要がある」と言う。

 窒素飽和になると、根が弱って森の活力が失われ、生態系にも影響が出かねないという。ダムや湖沼などでは富栄養化が起き、プランクトンの異常発生などによる水質悪化を招くおそれがある。(添田孝史)

 〈水環境問題に詳しい国松孝男・滋賀県立大名誉教授(環境化学)の話〉 まだ排ガスが原因と決まったわけではないが、森から高い濃度の窒素が流れ出す原因を解明する必要がある。琵琶湖の周辺の森でも、濃度が高い場所が見つかっている。森はどこでも「きれいな水の源」とはいいきれなくなってきた。

 〈窒素酸化物〉 石油などの燃料を燃やす際、空気中や燃料そのものに含まれる窒素が酸化されて発生する二酸化窒素など。排出された窒素酸化物は大気中で硝酸に変わり、雨や雪にとけ込んで地上に降る。化石燃料の利用増加とともに森林に降る窒素の量が増え、北米の東海岸や欧州で80年代から窒素飽和が報告されている。





■ Songs for 4 Seasons : Merry Christmas Baby by Otis Redding

「むちゃくちゃにいい気分だ、ラジオの音楽もあるし、すごくご機嫌さ、あのヤドリギの下でおまえにキスしたい気分だよ」

「あのヤドリギ」といっても、いま、語り手が外にいるとはかぎりません。セイヨウヤドリギはクリスマスの飾りに用いるからです。世界大百科には「欧米では、セイヨウヤドリギ V. album L.(英名common mistletoe、European mistletoe)がクリスマスの飾りに珍重され、その枝の下では女性にキスすることが許される習慣がある。しかし、祭礼での使用の起りはキリスト教以前の神話にもとづくもので、ヤドリギは古くから神聖な植物とされていた」とあります。したがって、「I feel like I'm gonna kiss you」は、そうした習慣を前提としたラインだということになります。

わが愛読書『花の文化史』の著者、湯浅浩史は、「ニッポニカ」百科事典のヤドリギのエントリーに、以下のように書いています。

落葉した木に着生し常緑を保つヤドリギは、古代の人々にとって驚きであったとみえ、ヨーロッパ各国でセイヨウヤドリギの土着信仰が生じ、儀式に使われた。その諸例はフレーザーの『金枝篇』で取り上げられている。古代ケルト人のドルイド教では年初の月齢6日の夜、ヨーロッパナラに着生したセイヨウヤドリギを切り落とす神事があった。北欧では冬至の火祭りに光の神バルデルの人形とセイヨウヤドリギを火のなかに投げ、光の新生を願った。常緑のヤドリギを春の女神や光の精の象徴として室内に飾る風習は、クリスマスと結び付き、現代に残る。



オーティス・レディングから、『金枝篇』だの、ドルイド教だのにジャンプするとは思いませんでした。




伝説上の樫
たとえばカレワラでは、作物を育てる前にまず樫の木を植えたが、これが育ちすぎ、世界を覆うようになったので、それを切り倒すものを呼び出し、切り倒し、焼いてしまう話がある。



■ 木はフランスの古くて新しい建築素材 (09/06/05)
     デュボワのeco methode NIKKEI NET 日経Ecolomy:連載コラム
http://eco.nikkei.co.jp/column/eco_methode/article.aspx?id=MMECz5000004062009

 建築業界で「新しい」と言えば、より軽く丈夫で燃えにくい建築素材の登場などを思い浮かべるのが通常だと思います。ところが、今フランスの建築業界で新しい素材といえば、なんと木材を指すのです。

 つい先日、サルコジ仏大統領が建築素材としての木材の使用を、現状の10倍にするとの声明を発表しました。これがフランスの建築業界で話題になっています。

 大統領は声明で、木材を使用した建築は「将来性のあるセクターである」とし、「フランスは欧州で第3位の森林保有面積を誇る。しかも、その面積は毎年増加傾向にあり、いまだに未開発の部分が多い」。つまり、手つかずの森林資源を有効活用しようという試みなのです。

 フランス全土で、多くの伝統建築物は骨組みに木材を使用しています。そして壁を石で積み上げるのが、基本的なパターンです。たまに、アルザス地方のように、壁にも石と木材を混ぜ合わせる独特の建築方法が存在します。家造りで最もポピュラーな素材はオーク材です。梁(はり)や骨組みの部分を木材にすると、木材が常に視界に入るので家全体に温かい印象を与えます。

 ブルゴーニュ地方の僕の生家も典型的な伝統建築物でした。築1000年の石壁を持つ家なので、父いわく「壁は放っておいても問題がないが、年月と共に損傷が発生する梁や床板は定期的に交換しなければならない」。このメンテナンスがあまりにも大変で、とうとう家を売りに出してしまいました。

 しかし、次に引っ越した家はシロアリ対策(木造建築には付き物ですね。ここは日本もフランスも変わりません)が大変で、これまた家のメンテナンスに大変苦労したと聞きました。

 そのような過去の体験から僕の実家では、木材のような自然の素材を敬遠するようになり、丈夫で軽く、虫食いの心配もいらない樹脂系の素材を重宝がっています。でも正直言って、自然の素材でできた重厚な造りに比べると、外観的にも見劣りします。しかし、父にとっては建物を評価するときの優先順位が、実体験を基に決まっているので、変えようがありません。

 父のような考え方をする人は非常に多いと思います。その影響もあるのでしょう。フランス全土で木造建築は次第に少なくなっていきました。

 木造建築の見直しは、僕のような少し若い世代から始まったのではないかと思います。個人的にも木材は大好きで、東京の家は床のフローリングをはじめ、家具も木材のものがほとんどです。東京のような大都会に住んでいると特に、家では木の温もりにほっとしたくなるのは確かです。

 ただ、いくら木材を使った建物が心地いいといっても、活用する際に魅力的な制度がないと実際に行動を起こしにくいでしょう。そうならないためにサルコジ大統領が考えているアイデアは「木材を使用した改装や修理に関しては、変更許可を免除しよう」というものです。

 日本の皆さんは何のことだろう、と思うかもしれません。というのも、フランスではどんなに小さな規模の建物でも、建てたり壊したり、あるいは改装したりする場合は、すべて変更許可を必要としているのです。

 これはフランスで景観を守るために設けられている制度です。例え何十年も住んでいる自宅の壁に小窓を開けるような、日曜大工の延長のような工事であろうと、必ず自治体に申請しないといけません。景観を守るのにとても重要な決まり事であると同時に、非常に煩雑で時間のかかる制度として、国民の間でも議論の的になっています。法に触れると、もちろん刑罰が下ります。

 実際、僕の生家も村の文化遺産に登録されていたために自由に改装できず、不便を覚悟で住み続けなくてはいけませんでした。今回、木材使用に際して、このような申請をいちいちしていたら、時間がかかりすぎて、らちが明かないのと、手続きの煩雑さで国民の動きが鈍ってしまうのを恐れての提案です。

 もちろん、この新しい制度はまだ国会を通っていません。

しかし、フランスの場合、大統領の権限が強大なので施行にあまり時間はかからないでしょう。
すでに600万ユーロの予算を出すという話も出ています。

 このようにフランスでは今、木材建築への回帰が始まろうとしていて、結果を見るのが楽しみです。ただ、熱帯雨林の無駄な伐採につながらないことを願っています。自然のサイクルやバランスを欠かないための森林の手入れ、植林そして間伐の管理を厳しくする必要もあるでしょう。

 森林問題といえば、日本でも戦後の植林計画で植えられた大量の杉に困っている自治体が多いのは周知の通りです。成長した杉は大量の花粉をまき散らし、やがて汚染された大気などと混じり花粉症をはじめとするアレルギーを引き起こすといわれています。

 杉の間伐材を建築材として活用する話はよく耳にしますが、どうしても安い輸入材に市場を奪われてしまいます。日本の気候で育った木材を、その土地で加工し建築物として生かしていくという地産地消のサイクルを取り戻すのも、エコロジー活動の1つといえます。コストや利便性だけでは計れない、別の大きな価値観が存在します。

 誰かが大きな決断をしないと前に進まないのも事実です。今回のサルコジ大統領の決定は、評価できるのではないでしょうか。


ノルマンディー地方にある伝統的なフランス建築。
 木材で骨組みを作り、壁は石でできている(筆者の親戚宅)

伝統的なフランス建築で、柱に木材を使っている(筆者の親戚宅)
梁に木材を使っているのが分かる(筆者の親戚宅)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  建築基準法の木造住宅の耐震基準の推移
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 建築基準法等に見る木造住宅の耐震基準の変遷 

 ●1920年(大正09年)市街地建築物法施行
   日本ではじめての建築法規。
   30年後に制定される建築基準法の原型といえる。
 ●木造住宅においては
   構造基準などが定められる。
   耐震規定は少ない。
   筋違については、規定なしと思われる。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1924年(大正13年)市街地建築物法の大改正
  佐野利器が提唱した「設計震度」が採用される。
   耐震規定が法規に初めて盛り込まれる。
   鉄筋コンクリート造など水平震度0.1以上とする地震力規定が新設される。
 ●木造住宅においては
   筋違などの耐震規定が新設された。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1950年(昭和25年)建築基準法制定
   建築基準法が制定された。
   これに伴い市街地建築物法は廃止された。
   建築基準法施行令に構造基準が定められる。
   許容応力度設計が導入される。
 ●木造住宅においては
   床面積に応じて必要な筋違等を入れる「壁量規定」が定められた。
   この時に、床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が定義された。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1959年(昭和34年)建築基準法の改正
   防火規定が強化された。
 ●木造住宅においては
   壁量規定が強化された。
   床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が改定された。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1971年(昭和46年)建築基準法施行令改正
   1968年の十勝沖地震を教訓に、鉄筋コンクリート造の柱のせん断補強筋規定が強化された。
 ●木造住宅においては
   基礎はコンクリート造又は鉄筋コンクリート造の布基礎とすること。
   風圧力に対し、見附面積に応じた必要壁量の規定が設けられた。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1981年(昭和56年)建築基準法施行令大改正 新耐震設計基準
   1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後、耐震設計法が抜本的に見直され
   耐震設計基準が大幅に改正された。
   現在の新耐震設計基準が誕生した。

   この、新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても
   被害は少なかったとされている。
   これを境に、「1981年昭和56年以前の耐震基準の建物」や
   「1981年昭和56年以降の新耐震基準による建物」といった表現がされるようになる。

 ●木造住宅においては
   壁量規定の見直しが行われた。
   構造用合板やせっこうボード等の面材を張った壁などが追加された。
   床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が改定された。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1995年(平成07年)兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)

 ●1995年(平成07年)建築基準法改正
    ・接合金物等の奨励
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●1995年(平成07年) 建物の耐震改修に関する法律制定(耐震改修促進法)

   1995年(平成7年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の教訓を活かし、
   その年の12月に耐震改修促進法が施行され1981年(昭和56年)以前の
   建物(新耐震基準以前の建物)には耐震診断が義務づけられた。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●2000年(平成12年)建築基準法改正

 ●木造住宅においては
   1)地耐力に応じて基礎を特定。地盤調査が事実上義務化に。(施行令38条)
    改正の要点
   ・地耐力に応じた基礎構造が規定され、地耐力の調査が事実上義務化となる。
   ・地耐力20kN未満・・・基礎杭
       20~30kN・・・基礎杭またはベタ基礎
       30kN以上・・・布基礎も可能

   2)構造材とその場所に応じて継手・仕口の仕様を特定。(施行令第47条 告示1460号)
    改正の要点
   ・筋かいの端部と耐力壁の脇の柱頭・柱脚の仕様が明確になる。
   ・壁倍率の高い壁の端部や出隅などの柱脚ではホールダウン金物が必須になる。

   3)耐力壁の配置にバランス計算が必要となる。
    (簡易計算、もしくは偏心率計算 (施行令第46条 告示1352号))
    改正の要点
   ・壁配置の簡易計算(四分割法、壁量充足率・壁率比)、もしくは、偏心率の計算が必要となる。
   ・仕様規定に沿って設計する場合、壁配置の簡易計算を基本とする。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●建築基準法以外での耐震関連の最近の動向
  2001年(平成13年)09月 国土交通省、既存住宅の倒壊危険性を判別する為の
  耐震等級評価指針を公表した。

  2001年(平成13年)10月 品確法性能表示制度スタート 
  構造において耐震等級が盛り込まれる。

  2001年(平成13年)10月 住宅の耐震性能や建設年代に応じて
  地震保険料を割り引くという制度が10月1日スタート。   




■ (FJ)古橋住建の家造り建築基準法と木の住まい 2009年02月21日  

 建築基準法にみる耐震基準改正の流れ

 濃尾地震 (M8.0)    1891年   日本の耐震研究がスタートする
(全壊約 140,000棟  1920年   市街地建築物法 施行
  関東地震 (M7.9) 1923年
(全半壊254000棟)    1924年  市街地建物法 大改正
 東南海地震 (M7.9)   1944年 
(全壊17,599棟)  
 三河地震  (M6.8)   1945
(全壊7,221棟)
 南海地震   (M8.0)   1946年 
(全壊11,591棟)
 福井地震   (M7.1)    1948年
(全壊36,184棟)      1950年  建築基準法 制定
                          「壁量規定」 
                  1959年  建築基準法 改正
 新潟地震   (M7.5)    1964年  「防火規定・木造住宅壁量規定の強化」  
(全壊1,960棟)
 十勝沖地震   (M7.9)  1968年
(全壊673棟)         1971年  建築基準法 改正
                          木造住宅では基礎コンクリート造又は
                          鉄筋コンクリート造の布基礎とす
 宮城県沖地震  (7.4)  1978年   
(全壊1,183棟)       1981年  建築基準法施行令  大改正
                          (新耐震設計基準制定)
                          壁量規定の見直し構造用合板や
                          石膏ボード等面材を張った壁等が
                          追加
 兵庫県南部地震 (M7,3) 1995年   建築基準法 改正
(全壊104,906棟)                            接合金物奨励 耐震改修促進法施行
                            耐震診断を推進
                  2000年  建築基準法 改正
                         ①地盤調査の事実上義務化
                         ②構造材とその場所に応じた継手・仕口の仕様を特定
                         ③耐力壁の配置にバランス計算が必要




■ 建築基準法の木造住宅の耐震基準の変遷 アンハウス 

 建築基準法により、それぞれの構法毎にその「耐震基準」が示されています。現在の耐震基準は、「新耐震設計基準」と呼ばれているもので、 1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後耐震設計法が抜本的に見直され、 1981年(昭和56年)に大改正されたものです。この、新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても被害が少なかったとされており、その耐震基準が概ね妥当であると考えられています。 阪神・淡路大震災の教訓をもとに 1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。 ■1950年(昭和25年)建築基準法制定
建築基準法施行令に構造基準が定められる。許容応力度設計が導入される。
●木造住宅においては床面積に応じて必要な筋違等を入れる「壁量規定」が定められた。この時に、床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が定義された。
■1978年(昭和53年)の宮城県沖地震  
 マグニチュード7.4(震度5)の地震が仙台市を襲いました。死者16人,重軽傷者10,119人,住家の全半壊が4,385戸,部分壊が86,010戸という多大な被害が生じました。この地震は,当時の人口50万人以上の都市が初めて経験した都市型地震の典型といわれました。
■1981年(昭和56年)建築基準法施行令大改正 新耐震設計基準  
1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後、耐震設計法が抜本的に見直され耐震設計基準が大幅に改正された。現在の新耐震設計基準が誕生した。この、新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても被害は少なかったとされている。
●木造住宅においては壁量規定の見直しが行われた。構造用合板やせっこうボード等の面材を張った壁などが追加された。床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が改定された。
■1995年(平成07年)兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)
 マグニチュード7.2(震度7)の地震で、神戸・淡路島・芦屋・西宮で被害大。死者6433人,重軽傷者43,792人,住家の全半壊が460,357戸,部分壊が263,702戸。木造住宅の倒壊が大量死に結び付いた。
■1995年(平成07年) 建物の耐震改修に関する法律制定(耐震改修促進法)
1995年(平成7年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の教訓を活かし、その年の12月に耐震改修促進法が施行され1981年(昭和56年)以前の建物(新耐震基準以前の建物)には耐震診断が義務づけられた。
■2000年(平成12年)建築基準法改正
●木造住宅においては
1)地耐力に応じて基礎を特定。地盤調査が事実上義務化に。
 改正の要点
  ・地耐力に応じた基礎構造が規定され、地耐力の調査が事実上義
   務化となる。
  ・地耐力20kN未満・・・基礎杭
       20~30kN・・・基礎杭またはベタ基礎
       30kN以上・・・布基礎も可能
2)構造材とその場所に応じて継手・仕口の仕様を特定。
 改正の要点
  ・筋かいの端部と耐力壁の脇の柱頭・柱脚の仕様が明確になる。
  ・壁倍率の高い壁の端部や出隅などの柱脚ではホールダウン金物
   が必須になる。
3)耐力壁の配置にバランス計算が必要となる。
 改正の要点
  ・壁配置の簡易計算(四分割法、壁量充足率・壁率比)、もしくは、
   偏心率の計算が必要となる。
  ・仕様規定に沿って設計する場合壁配置の簡易計算をする。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  2009.06.13の記事map1
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家38 鵜野日出男さんに大工さんを目指す若者たちへの教科書を書いてほしい。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  一条工務店のi-cubeは未来性能   耐震と省エネと価格対性能のトップ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 家47 一条工務店のi-cube03 地震に強く、躯体は100年から200年と家の寿命が長い!
・ 家46 一条工務店のi-cube02 真冬に一晩で風呂が2℃しか下がらない家
                 副題) 最高の省エネ性能が、健康で長寿へ。 幸せの家。
・ 家45 一条工務店のi-cube、 最高水準の省エネの家。 今後の5つの課題
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家37 水道光熱費が半減できた、お母さんの省エネ技とは ?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家29 脱衣室が寒いと 脳卒中や心筋梗塞で年間3000人が死亡。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家42 タマホーム。長期優良住宅仕様に。 
   タマホームは、大手ゼネコンのマンションより耐震性があってエコで高性能。
 ・家41 木造なら、地震にとても強い ローコストの家は可能。
 ・家31 インスペクターの活躍と工務店のレベルアップ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家36 なぜ、2万円を浮かせるために2000万をダメにするのかな?
 ・家25 釘の種類を間違うと家の耐震性が30%減。 大工さん、しっかり! 
 ・家30 ローコストの哲学。  ローンの金利が複利で何百万円も違う。(kappa さん)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家28 鵜野 日出男さんにあてた書簡  2009年3月6日(金)
 ・家15 ツーバイフォーと 機関銃    ツーバイフォーの歴史
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  アメリカカンザイシロアリの問題
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・幸福実現党に政策提言 アメリカカンザイシロアリ対策を
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家44 アメリカカンザイシロアリとヤマトシロアリ・イエシロアリ対策の家づくり
 ・家43 アメリカカンザイシロアリは、今後 大きな社会問題に。 2009年05月01日
 ・家39 太陽の光と 木々と 鮭と シロアリと。 乾燥した木は腐らない。築600年の家。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   マンションの問題  鉄筋コンクリート(RC)なのに地震に弱い
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・家40RC  マンション(RC)の大半が 耐震等級 1 。震度7に耐えられない
   副題) 大手ゼネコンが建てるマンションのほとんどが最低の耐震等級1。
 ・家35RC これからのマンション(RC)は 震度7に耐える 耐震等級 3 がほしい
 ・家34RC マンション(RC)は、耐震等級3と外断熱と日射の遮光が必要!
 ・家33RC これからの新しいマンションの耐震性と省エネ性能は激変する!
        副題) マンションの性能は、日本の富そのもの。
 ・家32RC 鉄筋コンクリのマンションの多数は耐震性が最低の等級! (お金の知識⑪) 
        副題) 東京財団からの提言
 ・(お金の知識⑩)10 家が資産として100年残っていく時代の投資と家づくり  
 ・(お金の知識⑨)09 貯蓄のあとの投資を考える。大きな損を避ける。投機と家に注意。  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       家づくり  過去の記事
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 家27 家を建てたい(改築)時の相談先 「いい家を作る会の談話室」
・ 家26 iBookさん ありがとうございます。
・ 家24 手抜きをしない 誠実な工務店の選び方
・ 家23 富士山頂の最寒-38.0℃より寒かった旭川と帯広(小禿げさん)
・ 家22 糸魚川―静岡の活断層、北部がずれただけでM8級地震に
・ 家21 耐震性の強い家をローコストで。4つのポイント!(オショーさん)
・ 家20 高性能な家のポイント。高性能をローコストでのポイント

・ 家19 家の寿命を長くする 工務店の選び方
・ 家18 ローコストの家は家の値段が約1000万円ちがいます。
・ 家17  「信頼」の家づくりのホントの重み。 「愛 ある仕事」
・ 家16 「十勝2X4協会の30周年記念で考えたこと」 鵜野 日出男さん2008年10月25日

・ 家14 関東大震災のあと すじかいが普及
・ 家13 幸せを感じる家の条件
・ 家12 地元の工務店の中から最先端の技術の所を探す
・ 家11 伝説のライン川の妖精 ローレライ
・ 家10 耐火性がよい、耐震性がよい、機密性がよい木造の家づくり

・ 家09 木造の家の最新の技術は、スキマを少なくする技術
・ 家05~08 スキマのない高気密な木造の家は、地震に強くて 安い
  寿命の長い 最高の家。
 
 
    家05 すきま風のない家は、高性能で省エネの家。
    家06 鉄筋コンクリート造りと木造の長所の違い。
    家07 スキマのない高気密な木造の家は最高。
    家08 RC造でも、スキマの多い家は多い。
・ 家04 冬のすきま風がない家は、最新の技術の家。
・ 家03 広い床下の空間と堅い2階の床、そして新住協の発行の小冊子
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ 家02 家の見学会がきっかけでした。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・  はじめまして
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     リンク
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・ リンク01 家づくり系のリンク
 ・ リンク02 家づくり記事へのリンク
 ・ リ10 鵜野 日出男さんの今週の本音へのリンク集2001年~2008年
 ・ リ11 大下達哉さんの記事へのリンク
 ・ り13 ネットフォーラム(鵜野 日出男さん主宰)
 ・ ネットフォーラム(鵜野 日出男さん主宰)2 自分用資料
 ・ リ15 太陽光発電と太陽熱温水器とエコキュートと省エネエアコン
 ・ リ16 木の記事・釘・ツーバイフォーの歴史・鵜野日出男さんの木の記事へのリンク
 ・ 木の記事・森林・釘の自分用資料2
 ・ 家30 ローコストの哲学。 ローンの金利が複利で何百万円も違う。kappa さん
 ◆ リ14書評01 鵜野日出男の独善的週刊書評への記事リンク 題名リスト1~176・176感想
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     記事マップ
 ● 記事map1 ・ 家づくり
 ● 記事map2 ・子供に身につけさせたい お金の知識・ 家族・ 子育て・ 夫婦
    子供に学力の土台をつくる・ 子供の意欲を伸ばす・ 子供の学力を伸ばす

 ● 記事map3 ・健康 ・食育 ・書評 ・環境 ・政治・経済・リンク集 他
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   家の設計の前に、資金設計が重要
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「1000万円台のローコスト高気密・高断熱住宅って?」kappa さん 
    「家賃払うより建てた方が得なんてウソウソ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   木造の家の理想の性能の考察  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  鵜野 日出男の今週の本音より
■ オープンな木軸壁工法の可能性(上) 2009年03月15日 
■ オープンな木軸壁工法の可能性(中) 2009年03月20日
■ オープンな木軸壁工法の可能性(下) 2009年03月25日 
  日本の木造の家の将来像 140mmハイブリッド木構法の提示
● 鵜野日出男さんに大工さんを目指す若者たちへの教科書(副読本)を書いてほしい。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   木造の家の性能に革新的な進歩 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  鵜野 日出男の今週の本音より
■ 省エネ住宅のトップランナー・一条工務店の挑戦状(上)  2009年04月15日
■ 一条工務店の挑戦状・何が低価格を実現させたのか(中) 2009年04月20日 
■ 一条工務店の挑戦状 ・ グローバル化の対抗策(下)    2009年04月25日


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   家づくりのときの手抜きの注意点
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  インスペクター大下達哉 の「建物調査日記」より
 ■ 釘の間違いをしていませんか?  ■ 釘を知らない大工さんが多い
 ■ 「筋かい」なんて要らない。      ■  地 震
 ■ 筋かい と 面材の比較 2009-01-14
 ■ マンションよりも耐震性が高い一戸建て 2008-09-24
 ■ 大下達哉のコラム    どうなる?!ニッポン建物事情(まぐまぐメールマガジン)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。