中国からPM2・5と黄砂がきて日本を覆う。 鳥インフルとか原発放射能は?

    
■ 黄砂が日本列島包み込む恐れ PM2・5と結合「外出に注意」 2013.4.10 産経

気象庁は9日、中国大陸から飛来する黄砂が10日にも、全国の広い範囲で観測される恐れがあると発表した。黄砂が日本列島をすっぽりと覆うのは今年初めてという。同庁によると、黄砂は10日午前には列島全域に飛来。西日本のほか、東北の一部や南西諸島など、濃いところで視界が10~7キロに悪化する可能性がある。今回の黄砂は、中国大陸内陸部のゴビ砂漠で強風によって巻き上げられた砂とみられる。黄砂が日本列島を包み込むケースは「年に数回ある」(同庁担当者)が、今年はこれまでなかった。視界が10キロ未満になると風景がぼんやりとかすみ、5キロ未満になると車や洗濯物への付着が目立ち始めるといい、同庁は「予測より飛来量が多くなることもあり、最新の情報を確認するようにしてほしい」としている。また、健康被害が心配される中国発の微小粒子状物質「PM2・5」は、黄砂と結びつくことで、より遠くまで飛来しやすくなるメカニズムが働くという。一部自治体は呼吸器疾患を持つ人にマスク着用を促している。PM2・5は、大気中に漂う微粒子のうち直径2・5マイクロメートル以下と特に小さいもの。環境省によると、風に乗って黄砂が運ばれる途上で、大気汚染物質である硫黄酸化物や窒素酸化物が、中国の大都市を通過する黄砂に付着する可能性があるという。東京農工大の畠山史郎教授(大気化学)は「こうした大気汚染物質はガス状だが、黄砂の粒の表面にまとわりつき、黄砂の成分と反応してPM2・5と同じような成分が黄砂の表面に生じることで、ガス状の状態よりも遠くまで運ばれやすくなる」と解説する。また、この時期はスギやヒノキの花粉が飛ぶ季節とも重なる。花粉と大気汚染物質が相互作用してアレルギーが悪化するとの指摘もあるという。

黄砂



■ 中国、再び原発推進にカジ 15年までは沿海部でのみ 2012.10.25 産経

【上海=河崎真澄】中国国務院(政府)は24日、温家宝首相が主宰する常務会議を開き、原子力発電所に関する2020年までの「中長期発展計画と安全計画」を採択した。昨年3月の東京電力福島第1原発事故を受け、中国政府は新規の原発計画の審査や認可を凍結してきたが、同計画の策定により、新規建設計画の承認手続きを再開する。同計画では、国際水準の安全基準適用を求める一方、15年までは沿海部でのみ原発を建設、原子炉冷却用の大量の水資源確保が困難な内陸部での原発建設は認めない方針を示した。中国では15基の発電用原子炉が稼働、26基が建設中となっている。



ちなみに、日本で脱原発しても、お隣の中国ではこれから建設ラッシュで、
東シナ海沿岸に原子炉 26基 がどんどん建つそうですから

超安全な原発の技術を日本で開発しないと・・・
黄砂に乗って、中国の事故原発からの放射能
日本にふりそそそぐかもです。

黄砂 気象庁 地図_convert_20110506082233
  黄砂 気象庁地図

黄砂でかすむ大阪中心街 2011年5月2日  黄砂でかすむ東京ドーム
黄砂でかすむ大阪中心街 2011年5月2日 読売
黄砂でかすむ東京ドーム



隣国の中国で建設ラッシュになるのだったら

日本で安全な原発をどんどん増設し、優秀な学生を集め研究者に育て、
日本で、最高に安全な原子炉技術を開発し輸出して、
これらの問題を 発展的に解消していくことが大切ではないでしょうか。

そうなると、世界的に高い日本の電気代も ぐんぐん下がります。



日本で一番古い1970年代の米・ゼネラル・エレクトリック製の
福島第一の原子炉ですら 緊急停止できてます。

これ以降の原子炉は国産で改良が積み重ねられています。

福島第一の原子炉の問題は、津波で緊急冷却装置の電源が流されたことであって、そのあと外部から電気を送ろうとしても、コンセントの型が違っててつなげれなかったことです。

緊急冷却装置とかその電源の位置を
津波の来ない高さに移動しておけば、どの原発も再稼動OKでしょう。


わたしは、原発を再稼働し、電気代をしっかり下げてほしいです。
それどころか原発を増設し、フランス並みに原発で70%発電して、韓国並みの電気代1/3とはいかなくても、毎月の電気代が半額まで下がってほしいです。

そして、日本で、原発の最新の安全技術をガンガン開発して、日本で、超安全な原子炉を設計し、これから多量に原発を建設する計画のある中国やインドやアジア諸国へ輸出して、日本は大儲けし、諸外国は安全な原発に大満足で、地球の環境もニッコリの、三方よしの精神でいってほしいです。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 温家宝「安全第一宣言」でも拭いきれない 将来230基増設の大建設ラッシュ!
   「中国原発」で危惧される「3つの不安」  SAPIO  2011年5月

稼働中の原発は古くても85年着工であり、福島第一原発のような70年代着工の旧式とは世代が違う。現状では安全に運転されていると考えるのが妥当だが、真の問題はそれ以外にある。現在、中国では13基の原子炉(総設備容量は1080万kW)が稼働中だが、中国国務院はすでに32基の新規建設を承認(内28基は建設中)、建設承認の前期作業に入った原発は38基ある。建設・計画中だけで計70基で、20年までに現在の7倍の約7000万kWと、日本を上回る規模になるが、中国政府は50年までに230基(3億2400万kW)まで増やし、世界最大の原発大国となる計画である。 世界的にも例のないスピードで建設を進めているわけだが、なぜこれほど急ぐのか。中国の原発事情に詳しいエネルギーアナリストの窪田秀雄氏はこう説明する。「中国では電力供給の約7割を石炭火力が担っています。… 窪田氏によれば、原子力発電開発の一つのネックとなっているのが「人材不足」。中国では多数の大学で原子力工学科が設立されているが、開発のスピードが速すぎるため、とくに経験を積んだ人材の不足が恒常化している。原発の増加に人材供給が追いつかなくなると安全な運転に支障をきたすという側面も否定できない。 もう一つは「品質のムラ」だ。中国で建設・計画中の原子炉は、フラマトム(現アレバ)の炉をベースに改良したCPR1000と、ウェスチングハウス(東芝の傘下)の最新型AP1000が主体で、前者の国産化率は80%に達し、後者も国産化を進めている。原子炉の部材には極めて高い品質が要求されるが、品質保証システムが十分でないうえに工期を急ぐため、品質問題がたびたび発生していると国務院研究室は指摘している。「AP1000をベースにした国産化では、出力を100万kWから140万kW、170万kWへアップしようとしています。開発にあたってはウェスチングハウスもかかわっており、将来的には輸出も視野に入れています」(窪田氏)・・・


■ 「PM2.5」よりもはるかに恐ろしい 危険地域で建設進む中国原発 2013.3.4 産経

福岡県民にとってPM2.5よりもはるかに恐ろしいものがある。中国からの放射性物質の飛散である。遼寧省の渤海湾周辺など原発ラッシュが続く中国沿岸部から、福岡県や佐賀県といった北部九州までの距離は1000キロ足らず。特に渤海湾で建設が進む紅沿河原発周辺は中国でも有数の地震地帯で、玄海原発よりもはるかに危険な地域に立地が進んでいるのに情報が全くない。紅沿河原発の第1号機の建設が始まったのは2007年。現在、4号機まで着工済みだ。だが、この原発の立地する渤海湾には中国でも最も地震を引き起こしやすいとされる2つの地震帯があり、その地震帯のほぼ真上に建設中であることが九州の関係者を敏感にさせている。


■ 中韓が狙う日本の原発技術 国内低迷、ノウハウ流出懸念 2013.4.8 産経

原発の増設を目指す韓国と中国が、日本の原子力技術や研究者に触手を伸ばしている。東京電力福島第1原発事故の影響で、日本国内の原子力産業は低迷しており、海外へ活路を見いだしたい日本側の事情とも合致する。しかし、世界レベルの技術が海外へ流出することに懸念の声も出ている。 … 韓国は23基の原発が稼働中で、国内の総発電量の約3割を占める。2030年までにさらに約20基増やし、発電比率を6割に引き上げる方針も。中国では16基が稼働し、29基が建設中。20年までに約50基増やす計画がある。中国は使用済み燃料の再処理を独自に行う考えで、フランスの会社と共同で再処理工場を建設する案も浮上している。



■ 世界の原発426基…中国3基増・日米で6基減 2014.5.10 読売
   http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140510-OYT1T50117.html

日本原子力産業協会のまとめによると、全世界にある原子力発電所は今年1月時点で、31か国・地域で426基だった。 中国などで3基の運転が始まったが、東京電力福島第一原発5、6号機の廃炉など日米で6基が閉鎖され、1年前に比べ3基減った。一方、経済成長で電力需要が増える新興国や中東を中心に、建設中と計画中の原発が計181基に上っている。 原発が最も多かったのは米国の100基で、フランスの58基、日本の48基、ロシアの29基、韓国の23基、インドの20基、カナダの19基、中国の17基などが続いた。中国で2基、イランで初の原発1基の運転がそれぞれ始まった。
 建設中が最も多いのは、中国の31基だった。
計画中の23基を含めすべて完成すると、中国は71基の原発保有国になる。建設中と計画中の合計では、ロシアが28基、インドが13基、トルコが8基などとなっている。



■ 東電料金、沖縄抜き全国最高に 原発事故後の値上げ響く 2014.5.11 朝日
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140511-00000007-asahi-bus_all

東京電力の家庭向け電気料金が6月、沖縄電力を抜いて全国で最も高くなる。離島の沖縄は発電や送電の費用がかさみ、原発もないことから、これまで本土より1~2割高かった。しかし、福島第一原発事故後の値上げで差が縮まった。業界関係者は「本土と沖縄の料金が逆転するのは、聞いたことがない」と驚く。 電力10社が公表するモデル家庭の1カ月の料金を、朝日新聞が集計した。東電の6月分は、前月より26円高い8567円。9円下がった沖縄電力の8558円を上回った。 原発事故前の2011年1月をみると、発電の98%を火力で賄う沖縄が7270円と全国で最高だった。一方で、原発の比率が約3割だった東電は、沖縄より14%安い6257円。10社の中で3番目に安かった。

電気料金
 モデル家庭の1カ月の電気料金



■ ドイツ:脱原発…進む石炭依存 電気代1.7倍に 2014.5.10 毎日
   http://mainichi.jp/select/news/20140510k0000e030137000c.html

 ◇ 閣議決定から3年 再生エネ普及、安定送電に影
2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、ドイツが22年までに国内17基の全原発を順次停止する「脱原発」を閣議決定してから、今年6月で3年になる。風力や太陽光発電など再生可能エネルギーの割合は順調に伸びているが、原発停止に伴う電力の供給源確保には不安も残る。温室効果ガスを排出する石炭や褐炭(水分や不純物が多く低品質の石炭)への依存度はむしろ高まっており、電力供給の不安定化など多くの課題も表面化している。 スキー場のような巨大な斜面が視界の果てまで広がる東部ウェルツォウの褐炭露天掘り採掘場。気温4度の早春の寒さが、黒い大地の荒涼感を際立たせる。整地作業を行う重機の横では火が燃やされ、作業員が暖を取っていた。 炭田は旧東独時代の1966年に最初の試掘が行われ、72年に商業採掘が始まった。年間採掘量は2000万トン。採掘場を運営する電力大手バッテンファル社事業所委員会代表のウィルフリート・シュレック氏(58)は「わが社の生産量は90年代前半の水準まで戻った。原発に代わるエネルギー源として、褐炭は最も魅力的になっている」と話す。
 ドイツは2013年、総発電量のほぼ4分の1に当たる23.9%を再生エネでまかなった。
だが、再生エネは気象条件に左右されやすいため、安定確保が見込める石炭・褐炭への依存も進む。13年の石炭・褐炭の割合は45.2%と3年連続で上昇。褐炭のみを使った電力生産量も13年は1620億キロワット時に上り、91年以来最大となった。
 ◇ 削減目標黄信号
だが、石炭・褐炭の活用が進めば、温室効果ガスを90年比で2020年までに40%削減するとの政府目標に黄信号がともる。野党・緑の党や環境団体は石炭・褐炭の削減を求めるが、「45%もの電源を放棄できない。むしろもっと活用すべきだ」(欧州連合エネルギー担当のエッティンガー欧州委員)との意見も根強い。加えて、天然ガスに頼れない事情も浮上している。ドイツはガス輸入の約4割をロシアに依存するが、ウクライナ危機の影響で今後は対露依存度を下げる方針。このため、石炭・褐炭は「消せない選択肢」(独商工会議所幹部)なのだ。ドイツの火力発電所は現在、温室効果ガスの排出を抑制する最新技術の導入などに取り組むが、政府は石炭・褐炭を「当面は不可欠」(与党の連立協定書)と位置付けている。
 ◇ 「強風は要注意」
再生エネの普及に伴い、送電会社の負担も増えている。
発電が天候に左右される分、需給調整に気を配る必要があるからだ。大手送電会社「50ヘルツ」がベルリン郊外に設置した送電管理センター。正面の巨大パネルにはドイツ東部の送電網や発電所が縦横に表示されている。センターは、風が弱く風力発電が難しい日には管内の石炭火力発電所などに連絡し、発電ペースを上げてもらう。逆に強風で電力を過剰に生産すると、今度は「発電ストップ」も依頼する。ケーブルに過度な負担がかかり、停電の恐れが高まるためだ。取材に訪れた日も、送電網を示すラインの上に時折、黄色のマークが現れた。「これが送電ケーブルに負担が増えている場所です」。システム運用部長、グンター・シャイプナー氏が説明する。室内には4人の職員が詰め、正面パネルと1人あたり6台のパソコン画面を見つめる。8時間ごとのシフト制で、24時間態勢で周波数などを監視する。 部屋には空調がよく利いていたが、画面を凝視する職員の額には汗がにじむ。12年、発電の増減を依頼した回数は過去最多の年間262日に上った。脱原発決定前年の10年は年間160日だった。職員の負担は増える一方という。「強風の時期は要注意。昨年12月上旬、巨大ハリケーンがドイツを襲った時は対応に追われた」(シャイプナー部長)。嵐など特別な天候状況を想定した「模擬訓練」も頻繁に行い、常に冷静に対処できる人材育成に力を注いでいるという。
 ◇ 地域差も課題に
送電網の整備も遅々として進んでいない。政府は22年までに、風力に恵まれた北部から産業拠点が集中する南部まで、計約2800キロの送電線を整備する計画だ。だが、大消費地の南部バイエルン州では、自然破壊や健康被害への懸念から高圧送電線建設の反対運動が起き、ゼーホーファー州首相が「建設阻止に全力を挙げる」と建設予定地の住民に約束。同氏はメルケル政権を支える連立与党の実力者のため、「バイエルンの反乱」などと騒がれている。反対運動はドイツ各地で展開されている。住民側は主に送電線の地下埋設を求めているが、電力会社側はコストの増大を理由に拒否。工事は年間数十キロしか進まず、このままでは22年の脱原発に間に合わない計算だ。 イツ経済研究所のクラウディア・ケンフェルト教授は「ドイツ北部は褐炭や風力発電が過剰だが、西部は再生エネが少ない。南部は太陽光は多いが風力が足りない。ドイツの地図を見れば、(エネルギーの需給バランスは)見事にバラバラ」と現状を説明する。地域差を是正する送電網の整備が急務だ。


再生エネ普及のコストは電気代に上乗せされるため、消費者の負担も増加している。
標準世帯(3人家族)の電気料金は03年に月額平均50.1ユーロ(約7000円)だったが、10年後の13年には83.8ユーロ(約1万1800円)約1.7倍に上昇した。メルケル政権は電気代の上昇抑制策にも頭を悩ませている。【ベルリン篠田航一】

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。