富山化学工業の新薬T―705は、高病原性鳥インフルに効く(東大研)

2009.12

国産新薬、強毒インフルに有効 動物実験で確認 東大研   2009.12.22 朝日
   http://www.asahi.com/health/news/TKY200912210449.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、流行中の新型インフルエンザは、前座です。
予想していなかった豚からの新型インフルエンザで、季節性よりも弱毒です。

しかし、この前座のあとに出てくるであろう本命は、
死亡率75%とか6割ではないかと言われています。

それは、強毒性の鳥インフルエンザからの新型です。
これが、出てくるのはもう時間の問題…と、世界各国が注視しています。

インドネシアの豚の体内から、一部、人間への感染力を持ち始めた型が出てます。
 鳥インフルエンザからの新型、もうじき登場…。 免疫力アップで乗り切れ
 ■ インドネシア豚から鳥インフル、体内で変化「新型」の恐れ 2009.4.29 読売

 
アメリカ発の金融問題は表面化しましたが、
次に来る新型インフルエンザは、これから爆発する時限爆弾です。
そして、この強毒性の鳥インフルエンザに十分に効く薬がなく、世界は戦々恐々です。
そこに、富山化学工業が、新薬を開発したのです。


富山化学工業のT―705は夢の新薬です。
人類待望の薬。痛烈なイノベーション。
しかも、強毒の鳥インフルに効くだけでなく、耐性菌が出にくい構造です。
 「富山化学 T-705」の近況を速報    山本清治のクラブ9 2008/8/22
 富山化学 T-705 をヨーロッパで治験 山本清治のクラブ9 2009/3/23
 いきなりT-705     有機化学から医農薬探索から製造へと続く道のり 2009.8.23


おめでとうございます。
この新薬は間もなく、製品化されます。

人類が6割が死亡する危機はなくなりました。
日本の未来は明るい!




■ タミフル耐性の鳥インフル、国産新薬が効果    2009年12月22日 読売

臨床試験中の新しい国産インフルエンザ治療薬が、治療薬タミフルが効きにくい高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)にも効果があることを、東京大の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確認した。 このタイプが流行しても感染者の致死率を大幅に下げることができると証明したもので、22日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

新薬は富山化学工業が開発した「T―705」。
研究チームの木曽真紀研究員らは、H5N1型ウイルスの遺伝子を組み換え、タミフル耐性ウイルスを作製。マウスに感染させた上で、T―705を投与したところ、3週間以上生き残るなど治療効果が確認された。薬を与えられなかったマウスは7~12日で死んだ。  T―705は、ウイルスの表面たんぱくの機能を阻害するタミフルやリレンザと違い、ウイルスの遺伝子を複製する酵素の働きを妨げ、増殖を抑える。新型や季節性にも効果を発揮することが確認されている。早ければ来年秋からの流行期に市販される見通しだ。



国産新薬、強毒インフルに有効 動物実験で確認 東大研   2009.12.22 朝日
   http://www.asahi.com/health/news/TKY200912210449.html

人の感染で6割近くという高い致死率を示す高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に対して、国産の新しいインフル薬は死亡を防ぐ効果の高いことが、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らによる動物実験でわかった。今週の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表する。 この薬は、富山化学工業(東京都)が開発したT―705。 新型の豚インフルや季節性インフルへの効果についても、臨床試験の最終段階に入っている。 研究チームの木曽真紀研究員らは、H5N1を感染させたマウスに、T―705を投与、21日間観察した。感染1時間後から薬を毎日2回、8日間投与(1日に体重1キロにつき300ミリグラム)した場合、10匹のマウス全部が生き残った。比較のために、広く使われているインフル薬タミフルでもマウスの実験をした。こちらは生き残ったのは5割だった。 タミフルが効きにくい耐性ウイルスを感染させたマウスの場合、T―705投与では全部、生き残った。これに対し、タミフル投与では10日目までに全部死亡した。  インフル薬のタミフルやリレンザは人の細胞内で増殖したウイルスが外に出るのに必要なたんぱく質の働きを邪魔する。一方、T―705はウイルス増殖に欠かせない酵素の働きを阻害する。季節性インフルでタミフル耐性ウイルスが増えており、仕組みが違うT―705は治療の選択肢を広げると期待されている。(大岩ゆり)



インドネシア豚から鳥インフル、体内で変化「新型」の恐れ 2009.4.29 読売

インドネシアの豚が高い確率で、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を持っていることが、神戸大感染症センターの調査でわかった。 H5N1型は、アジアを中心に鳥から人への感染例が相次ぎ、250人以上が死亡しているウイルス。豚の体内で変化し、人から人へ感染する能力を獲得すると、今回の豚インフルエンザを上回る大きな被害を人類に及ぼす危険がある。 同大は、インドネシアの4州で402頭の豚を調査。1割を超える52頭の豚からH5N1型を検出した。 豚は、鳥と人のウイルスにも感染するのが特徴。世界保健機関(WHO)は、H5N1型が豚の体内で変化するパターンを、人から人へ大流行する新型インフルエンザ出現の有力な筋書きとして警戒している。 実際に、52頭の豚から検出されたH5N1型ウイルスを詳しく調べると、人への感染力を一部獲得したタイプが1株見つかった。 理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センターの永井美之センター長は「驚くべき結果だ。新型インフルエンザが感染力を獲得する過程を見ているのかもしれない。注視する必要がある」と指摘している。(2009年4月29日03時05分 読売新聞)




■ 富士フイルムのインフル治験薬、エボラ出血熱治療に有望か  2014. 8.7 bloomberg
   http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9X6ZO6S972F01.html
米政府機関はエボラ出血熱の治療に富士フイルムホールディングス のインフルエンザ用治験薬を利用できるよう承認手続きを急いでいる。西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱による死者は過去最悪水準に上っている。 米国防総省のエイミー・デリックフロスト報道官によれば、富士フイルムの米国での提携相手であるメディベクター(ボストン)はこの治験薬「ファビピラビル」をエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう申請する意向で、米食品医薬品局(FDA)と協議している。承認されれば、エボラ出血熱の感染者治療で米当局が承認する初の医薬品の一つとなる見通し。 ・・・ ファビピラビルは既にインフルエンザ感染者の抗ウイルス剤として治験が重ねられており、エボラ出血熱の治療に適用する上で優位性がある。現在はインフルエンザ治療薬として米国での治験の最終段階にある。 ・・・ 

ファビピラビルは 富士フイルム傘下の 富山化学工業 の古田要介氏によって1998年に発見された。 国防総省は2012年、ファビピラビルのさらなる開発を後押しするため1億3850万ドル(現在のレートで約142億円)をメディベクターに助成した。富士フイルムは同薬の権利を保持している。




関連記事
コメント
No title
.



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 鳥インフル、2カ所の遺伝子変異なら哺乳類で感染しやすく 2009.12..24 日経

 東京大医科学研究所の河岡義裕教授らは病原性の強い「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスの2カ所の遺伝子が変異すると、人間など哺乳(ほにゅう)類の間で感染を広げやすくなることを突き止めた。野鳥やニワトリなどの鳥インフルエンザウイルスを監視し、今回見つかった遺伝子変異の有無を調べれば、大流行の可能性を見極めるのに役立つ。

 神戸大、中国農業科学院ハルビン獣医研究所などが参加する日中共同研究チームの成果。米科学雑誌プロス・パソジェンスに24日発表する。(16:00)



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 季節性接種後に新型ワクチン、予防効果アップ 2009年12月24日 読売

【ワシントン=山田哲朗】季節性インフルエンザのワクチンを打っていると、新型インフルエンザのワクチンの効果が高まるという動物実験の結果を、オランダとイタリアの研究チームが23日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンで発表した。

 研究チームは、感染の仕方が人間と似ているイタチの仲間フェレットを使ってワクチンの効果を検証した。新型ワクチン接種の1か月前に季節性のワクチンを接種すると、新型だけを接種した場合より、新型ウイルスに対する免疫の反応が高まった。

 季節性ワクチンは新型ウイルスには効果がないとされ、当初、新型ワクチンは2回の接種が必要と予想されていた。しかし、各国の臨床実験の結果、健康な成人では1回で効果があることが分かった。詳しい仕組みは不明だが、過去に接種した季節性ワクチンが新型ワクチンの効果を増強する働きをしていると見られる。 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 人に感染しやすい特徴のウイルス発見 強毒の鳥インフル 2009年12月24日 朝日
http://www.asahi.com/health/news/TKY200912240113.html

人に感染すると6割近くという高い致死率を示す高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)について、人の間で感染しやすい特徴を持つ種類があるらしいことがわかった。H5N1の感染は、現状ではウイルスを持つ鳥と濃厚に接触した人などに限られているが、人から人に感染しやすくなれば、世界的な大流行(パンデミック)を起こす恐れがある。日本と中国の研究者が24日、米専門誌(電子版)に発表する。

 研究は、東京大医科学研究所の河岡義裕教授や中国農業科学院ハルビン獣医研究所のホアラン・チャン教授らが、日本の「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム」の一環として実施した。

 どんな特徴があると、ウイルスが人から人に効率よく感染するかを見極めるため、2001~05年に中国の野鳥や鶏から見つかった6種類のH5N1を、モルモットで調べた。

 モルモットは、インフルウイルスがまず最初に感染する、鼻やのどの細胞のウイルスとくっつく部位(受容体)が人と似ている。6種類のうち、2種類だけが、モルモット同士で感染を起こした。この2種類を調べたところ、ウイルス表面にあるたんぱく質(HA)に特徴があった。

 HAは受容体にくっつくために欠かせないが、一部のアミノ酸に変異があり、人型の受容体にくっつきやすいことがわかった。研究チームが遺伝子技術を使ってこの変異を元に戻すと、受容体にくっつかなくなり、変異がないと感染しにくいこともうかがわせた。

 研究チームの河岡さんは「人に感染しやすくなる特徴は複数考えられ、今回見つかったのはその一つ。今回の変異があるウイルスはすでに野鳥や鶏の間で感染しているので、人に感染しないかどうか、注意して観察する必要がある」と話す。(大岩ゆり)



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新型ワクチン、「細胞培養法」で製造増強へ  2009年12月15日 読売

厚生労働省は新型インフルエンザ対策として、国内のワクチン製造体制を増強する方針を決めた。

 今後3年をめどに、複数の企業に「細胞培養法」という技術を導入させ、全国民分のワクチンを半年間で製造できる工場を整備する。

 新型インフルエンザウイルスの感染力が強まったり、毒性の強い新タイプのウイルスが出現したりした時に備えた措置。今年度の2次補正予算案に950億円を盛り込んだ。

 国内のワクチンメーカーは「鶏卵培養法」と呼ばれる製造方法を利用しているが、卵の準備に時間がかかるため、新しいウイルスが出現してから全国民分を製造するまで1年半から2年間かかる。これに対し、細胞培養法は冷凍保存が可能な動物の細胞を培養してワクチンを製造するため、鶏卵培養法の3分の1にあたる半年間で全国民分のワクチンを準備できるという。

 厚労省は5社前後の企業に実験用の培養タンクや臨床試験用の研究費などを助成し、実用化に向けた研究を後押しする。そのなかで生産性の高い数社を選び、製造工場の建設費も補助する。対象は既存の国産4社に限定せず、広く参加企業を募る方針。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【新型インフル】消えた?! 季節性ウイルス 報告1例のみ 2009.12.21 産経

 「新型インフルエンザ」の流行が続く中、例年なら年末に流行入りする「季節性インフルエンザ」の発生報告(確定診断)が1件しかないことが20日、国立感染症研究所への取材で分かった。年末にこれほど季節性の報告がないのは、少なくとも過去10年は例がない特異な事態。詳しい原因は不明だが、猛威を奮う新型の流行が、季節性ウイルスの増殖や感染の機会を封じている可能性を専門家らは指摘している。

 季節性ウイルスには「Aソ連型」「A香港型」「B型」の3種類がある。感染研では全国の地方衛生研究所に対し年間を通じて、地域で流行しているウイルスを抽出検査し、種類を確定した上で報告するよう求めている。通常の病院の診察時に行われている「簡易検査」では、ウイルスの詳細な種類の判別はできず、流行の詳細な状況は分からないためだ。

 例年であれば季節性ウイルスは、11月ごろから報告が出始め、12月から1月にかけて流行入りするのが通常。しかし今季は、11月1日から今月18日までに全国から寄せられた4624件の報告のうち、季節性ウイルスは「B型」の1件のみで、ほかはすべて新型ウイルスだった。

 感染研のデータでは平成20年の同時期には958件。19年は1277件、流行開始が遅かった18年でも74件、17年は533件の季節性ウイルスの報告があった。厚生労働省でも「これまでの動きとは、明らかに異なる傾向を示している」と指摘している。

 季節性ウイルスが検出されない原因について、喜田宏・北海道大大学院獣医学研究科教授(微生物学)は「多くの人が免疫を持たない新型ウイルスは、季節性ウイルスよりも感染しやすい。新型ウイルスの増殖と感染の勢いにおされ、季節性ウイルスが淘汰(とうた)されてしまった状態にある」と説明する。

 例年の季節性ウイルスの流行でも、異なる種類のウイルスが拮抗(きつこう)して流行することはまれで、いずれかが優位性を持ちながら流行する。今季は新型が圧倒的な勢力を持ち、他を押さえ込んだ可能性があるという。

 季節性のワクチンが品薄になるほど広く打たれたことや、手洗い、マスク着用などを多くの人が徹底していることなどを原因の一つとして指摘する声もある。

 感染研によると、海外でも、季節性ウイルスが流行している国はない。北半球より半年早く新型の本格流行を迎えた南半球では、流行当初は一部で季節性が混在した地域もあったものの、最終的にはほとんどが新型一色になったという。

 ただ、季節性ウイルスは今季、もう流行しないかというとそうとも言えない。昨シーズンの流行が当初は「Aソ連型」が主流だったが、3月以降は「B型」に入れ替わったように、ひと冬の間に流行するウイルスが入れ替わることがあるからだ。新型ウイルスの流行状況が12月に入り減少傾向となっていることもあり、専門家らは「1月以降に季節性ウイルスが流行する可能性は十分ある」と注意を促している。




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ H1N1型ウイルス、肺組織の深部まで感染 NY市検視局調査 2009.12.09 CNN

ニューヨーク(CNN) 世界中で流行する新型インフルエンザ(H1N1型)ウイルスが、通常のインフルエンザと異なり、肺組織の深部まで感染し、炎症を引き起こしていたことが、流行初期に感染して亡くなった患者34人の病理組織検査結果で明らかになった。ニューヨーク市検視局が解剖所見などを元に調査した。

同市検視局は、流行初期の5月15日から7月9日までに、H1N1型に感染して死亡した患者34人の肺組織を調査。その結果、気管支からさらに深部にある肺胞まで、ウイルス感染による炎症や損傷が認められた。

この様子は、世界中で流行し多くの死者を出した1918年のスペイン風邪(H1N1亜型)、1957年のアジア風邪(H2N2亜型)と、よく似ているという。

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、「一般的に、インフルエンザウイルスは気道に感染して、そこにとどまる。しかし、H1N1型ウイルスは気管からさらに奥にある肺胞まで感染し、炎症を引き起こす」と話している。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医学博士・中原英臣インタビュー
“ワクチン争奪戦”は取り越し苦労?
流行期に大切な3つの「新型インフル対策」 
 2009年12月09日 ダイヤモンド
http://member.diamond.jp/series/dol_report/10028/

未だ感染拡大を続け、ついに国内死者数が100人を突破した新型インフルエンザ。輸入ワクチンの副作用問題などから、既に起きていたワクチン争奪戦が一層激化し、希望しても接種できない“ワクチン難民”がますます増加しそうだ。寒さが厳しくなり、通常の季節性インフルエンザも流行し始める季節となった今、新型と季節性インフルエンザに打ち勝つにはどうすればよいのだろうか。中原英臣・医学博士に流行期にこそ知っておくべきインフルエンザへの予防法と治療法を聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 林恭子)

――大流行をしている新型インフルエンザとこれからの流行が予想される季節性のインフルエンザに違いはあるのでしょうか?

新型インフルエンザと季節性のインフルエンザには、違いはほとんどありません。症状も、致死率もほぼ同じです。

 ただ、今回の新型インフルエンザでは、従来の季節性インフルエンザよりも小さなお子さんが亡くなる傾向があります。さらに脳症で亡くなるお子さんの年齢が通常より少し高くなっています。普通であれば脳症の患者さんは、5歳以下の乳幼児が多く、発症者の多くが7歳くらいまでです。それにも関わらず、今回の新型インフルエンザによって、現に16歳の高校生が亡くなっています。まだ原因はわかっていませんが、お子さんのインフルエンザ感染には、注意を払っていただきたいと思います。

ワクチンの効果は30~50%
接種しても100%安心ではない!


――輸入製のワクチンの副作用が問題となる中、多くの方が国産ワクチンを望み、“ワクチン争奪戦”になっているといわれています。実際にワクチンを接種すれば、安心なのでしょうか?

 今回の新型インフルエンザはまだデータが揃っていませんが、通常の季節型の場合、ワクチンが効果を発揮する可能性は30%~50%くらいだと言われています。つまり、ワクチンを打っても発症する人はいます。先日も新型インフルエンザワクチンを打った看護師が亡くなりました。

 基本的に、天然痘、日本脳炎、ポリオなどのワクチンは、打ったら病気にならないものです。ところが、従来のインフルエンザワクチンは打ったからといって100%の効果があるわけではありません。つまり、「重症化を防ぐ」ものであり、かかる可能性も十分あります。

 ですから、重ね重ね申し上げたいのが、「打ったから絶対にインフルエンザにならない」と油断しないでいただきたいということです。これは新型も季節型も同じです。しかも、ワクチンの副作用はゼロではありませんので、様々な要因を踏まえた上で、お医者さんに相談し、ワクチンを接種したほうがよいでしょう。

「インフルエンザかな?」と思ったら
半日以内に病院へ

――ワクチンを接種しても発症する可能性はゼロではないことがよくわかりました。では、実際に新型インフルエンザを発症してしまった場合は、どうすればよいのでしょうか。

 そう騒ぐ必要はありません。いつものインフルエンザと基本的には同じなので、発症してしまったら、抗インフルエンザ薬のタミフルを使って治療できます。

 発熱、咳、喉の痛みなどの症状を感じたら、普通の風邪だと思ってもなるべく早く医師の診察を受けてください。10年ほど前までは、普通の風邪かインフルエンザかの判別はなかなかできませんでしたが、今は迅速診断によって、数分で判断をすることができます。

 また以前は、「咳なら咳止め」「熱が出たら解熱剤」という対症療法しかなく、インフルエンザウイルスに対する特効薬はありませんでした。しかし今では、タミフルなどの抗ウイルス剤ができましたので、治療が可能です。

 そこで気をつけていただきたいのは、「症状が出てから半日以内に医師の診察を受ける」という点です。タミフルには「症状がでてから48時間以内に飲まなければ効果がない」という欠点があります。タミフルは、ウイルスを殺す薬でなく、ウイルスの増殖を抑える薬です。つまり、48時間経って、ウイルスが増殖してから薬を飲んだのでは効果がありません。

 これまで多くの方が、発熱などの症状があってもすぐ病院に行かずに、「1日か2日様子を見て、ひどくなるようだったら病院行こう」としている傾向にありました。しかし、もはや常識は変わり、風邪かインフルエンザかの判断がすぐにつき、さらにタミフルで直ぐに治せる時代です。タミフルは、使用した翌日に50%、2日目に90%の人が治ります。2人に1人は翌日に治る特効薬です。

 あまりにも早すぎると陰性反応が出てしまうことがありますが、重症化を防ぐためにも症状が出た場合、半日以内に診察を受けることをお薦めします。もちろん副作用がないわけではないので、それについても注意が必要です。

―― 一緒に生活をしている家族がインフルエンザを発症しても、他の家族は発症しないというケースがよくあります。これは、なぜなのでしょうか。

 多くの方が誤解していることがあります。それは、インフルエンザウイルスに感染したら、免疫がないので、全員が発症すると思っているのではないか、という点です。5月に新型インフルエンザが発生した段階では、地球上誰一人免疫を持っていませんでした。それが日本に上陸したことで、本来ならば冬に大流行するはずのインフルエンザが、夏に流行したのです。

 確かに、免疫を持っていなければ、発症する可能性は高いといえます。ただ、新型インフルエンザウイルスに感染したからと言って、全員が発症することは絶対にありません。感染者の80%~90%は不顕性感染で済み、何の症状も表れません。

感染していても症状が表れず、普通に過ごしていたら、気が付いたときに「いつの間にか免疫を持っていた」という人がたくさんいます。例えば、子どもがインフルエンザに感染して発症した場合、気をつけていても家族は皆感染します。しかし、家族が発症せずに終っているといるケースがよくあるのは、不顕性感染で済んでいるからです。そして、ワクチンを打たずとも、いつの間にか抗体を獲得している人も多いでしょう。

 感染症の最大の特徴は、「感染=発病ではない」ということです。ウイルスが身体に入ったら全員が発症するという感染病はありません。『はしか』は感染すると95%発症という非常に高い確率のものですが、インフルエンザ10~20%程度です。ですから、「感染しても発症しない」グループに入るようにすることが大切でしょう。

「規則正しい生活」こそ
最も効果的なインフルエンザ対策


――では、「発症しないグループ」に入るためにはどうすればよいのでしょうか。

 特別なことをする必要はありません。大切なのは、規則正しい生活習慣をおくることです。十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動で体力をつけることによって、免疫力は高まります。

 とても基本的なことですが、こうした心がけが1番重要です。健康的な生活を送ることによって、免疫力が働いて、ウイルスに感染する可能性や感染したとしても症状が軽く済む可能性が高くなります。これが、インフルエンザの対策として、最もふさわしいものでしょう。

 最後に、インフルエンザ対策3つの方法をまとめておきます。

①ワクチン接種で予防

 ワクチンも予防策として有効です。ただし、インフルエンザワクチンは「重症化するのを防ぐ」ものであって、効果を発揮する可能性は30%~50%です。また副作用もあるので、接種に当たっては、様々な要因を踏まえた上でお医者さんに相談することが大切です。

②発症したらタミフルで治療

 迅速診断によって、インフルエンザか風邪かの判断を数分で行なうことができます。そこでインフルエンザと診断された場合、タミフルで治療すれば、使用した翌日に50%、2日目に90%の人が治ります。ただ、タミフルが効果を発揮するのは48時間以内ですので、症状が出始めてから半日以内に病院へ行って治療することが大切です。

③規則正しい生活習慣で、感染・発症しない身体をつくる

 一番よいのが、感染しても病気にならないことです。規則正しい生活習慣をおくること、すなわち、十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動で体力をつけることによって、免疫力は高まります。免疫力をつければ、80~90%の人は発症しません。

不顕性感染の割合が高いこと、そして多くの方がタミフルによって治癒することから、必要以上に恐れることはありません。ぜひ、規則正しい生活を心がけて、対策に取り組んでいただきたいと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ タミフル耐性の鳥インフル、国産新薬が効果 2009年12月22日 読売
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20091222-OYT1T00738.htm
臨床試験中の新しい国産インフルエンザ治療薬が、治療薬タミフルが効きにくい高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)にも効果があることを、東京大の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確認した。

 このタイプが流行しても感染者の致死率を大幅に下げることができると証明したもので、22日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

 新薬は富山化学工業が開発した「T―705」。

研究チームの木曽真紀研究員らは、H5N1型ウイルスの遺伝子を組み換え、タミフル耐性ウイルスを作製。マウスに感染させた上で、T―705を投与したところ、3週間以上生き残るなど治療効果が確認された。薬を与えられなかったマウスは7~12日で死んだ。

 T―705は、ウイルスの表面たんぱくの機能を阻害するタミフルやリレンザと違い、ウイルスの遺伝子を複製する酵素の働きを妨げ、増殖を抑える。新型や季節性にも効果を発揮することが確認されている。

早ければ来年秋からの流行期に市販される見通しだ。



.
2009/12/24(木) 23:22 | URL | 記名なし #-[ 編集]
No title
こんにちは、いのさん。
実は富山化学には義理の弟が勤めているのですが、話を聞けば開発に当たったのはその義弟の研究チームだということでした。
身近な所に研究に携わった人がいてちょっと驚きでした。
2010/01/06(水) 15:15 | URL | kusmin #EHl2I0vM[ 編集]
No title
.


kusminさん
コメントありがとうございます。

弟さん すごいです。
この薬は、人類窮乏や滅亡を防ぐ大きな光です。
ただごとではないです。

.
2010/01/08(金) 22:09 | URL | いの #-[ 編集]
No title
.

大正富山医薬品、小児用抗菌剤を発売 肺炎や中耳炎治療 [2010年1月14日/日経産業新聞]
   http://health.nikkei.co.jp/news/top/

 大正製薬と富山化学工業の共同出資会社である大正富山医薬品は、肺炎や中耳炎を治療できる小児用抗菌剤「オゼックス細粒小児用」を発売した。小児用抗菌剤の種類が少ないため難しかった肺炎や中耳炎の治療に役立つと期待している。

 発売した抗菌剤は富山化学が1990年に発売した錠剤の抗菌剤「オゼックス」を小児向けに投与量を調節しやすいよう細粒に変えた。肺炎や髄膜炎を引き起こす肺炎球菌やインフルエンザ菌などに抗菌作用がある。


.
2010/01/14(木) 13:13 | URL | 記名なし #-[ 編集]
No title
.




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 富士フイルム、医薬品の新社設立へ 三菱商事などと合弁 2010年2月9日 朝日
 http://www.asahi.com/business/update/0209/TKY201002090336.html

富士フイルムは9日、三菱商事と医薬品卸大手の東邦ホールディングス(HD)と合弁で医薬品開発・販売の新会社「富士フイルムファーマ」を設立し、4月から後発医薬品を発売すると発表した。

 新会社には富士フイルムが80%、三菱商事が15%、東邦HDが5%出資。診断装置用フィルムなどの医療関連事業を手がける富士フイルムは2008年に富山化学工業を買収し、医薬品事業に本格参入した。

 新会社は当初、製薬会社から仕入れた約200品目の後発品を国内で発売するが、今後は富士フイルムが自社開発した後発品や新薬も販売する。三菱商事が薬の原材料の仕入れや海外市場の開拓、東邦HDが販売などで協力する。15年には売上高500億円を目標に掲げた。







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 富士フイルム 医薬品開発の新会社設立 売上高500億円めざす 2010.2.9 産経
 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100209/biz1002091829041-n1.htm

富士フイルムは9日、三菱商事や医薬品卸大手の東邦ホールディングスとの共同出資で、医薬品の開発や販売を手掛ける新会社を設立し、4月から営業を始めると発表した。

 新会社の名前は「富士フイルムファーマ」で、富士フイルムが80%を出資し、当初は後発医薬品約200品目を販売する。同社がフィルム事業で培ったナノテクノロジー(超微細技術)を生かし、後発薬を開発。将来的には新薬も手掛け、5年後に売上高500億円を目指す。

 三菱商事は原材料の供給と海外への輸出を、東邦ホールディングスは国内の物流を、それぞれ担当する。

 富士フイルムの親会社の富士フイルムホールディングスは平成20年に富山化学工業を子会社化し、グループとして新薬製造事業に参入。後発薬でも独自技術で販売を拡大できると判断した。






.
2010/02/09(火) 23:17 | URL | 富山化学 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
全記事表示

全ての記事を表示する

ご来訪 ありがとうございます

いの 01

Author:いの 01
家づくり ローコストで堅牢、健康 ローコストで健康、子供の将来の社会のために提言
がメインです。   全記事表示

リンク
このブログをリンクに追加する
家づくりの急所
ステキな記事へリンク♪2
子育てマンガ日記 (おちゃずけさん)
今日も元気で♪月~金 連載
 単行本化が間近か?
パパはエンジニアン (金)連載
  おちゃずけさん
■ この簡単なしつけで成績が上がる
小学生のときから勉強好きにさせる法』 灘校を東大合格NO.1にした勝山 正躬
■ 見える学力、見えない学力
子供に学力の土台をしっかりつくる

 単行本 発売中!!お弁当の名作の数々
  『ママからの小さな贈り物』 みさよさん

 愛・祈り・そして音楽 三谷結子さん
■ 『 愛ある仕事 』 2009/02/04
  ※ ブログ内記事: 『 妻の 愛ある仕事
■ 「 やる気スイッチ 」  のんきぃさん

 ちかおばちゃんに訊いてみて
■ 全国学力テスト結果公表 ちかさん
北海道は、教育改革に対する機動性に乏しい。
秋田県の小学校、宿題忘れは居残し
■ トラウマ     おかんさん
なぜ2万円を浮かせるために…
■ ほんとにその通りになっていく
くまたさん ※ 子供を伸ばす話し方   褒める
■ ほんとにその通りになっていく?
あくびさん 言葉の力を使って大きく伸ばす
■ 東大合格生のノートはかならず美しい      morinokaoriさん
※子供を伸ばす上手な話し方 間をおくこと
■ 会社に行こう! おちゃずけさん
男の子がまっすぐ育つために…
■ どんぐり      おちゃずけさん
日本のどんぐり22種。そのまま…
■ 食育から乳がんまで 幕内先生
   あっちゃん   おコメのチカラ
■ ポケモンと辞書引き  あっちゃん
子供を 図鑑 好きにの秘策
■ じゃがいも研究~その3「らせんの秘密♪」 ゆっかりん♪ 「世界を変えた野菜 読本」は食育におすすめ
■ 貧血改善の為に・・。 香織さん
カフェインと貧血の関係上手にコーヒーを
■ すぐれもの     みい☆さん
ブドウ の風味が凝縮し 香り気高く すっきり鋭く甘い白ワイン
■ 剣道帳 夢に向かって1本!みさよさん
■ 『失敗は子育ての宝物』 みいさん
■ ( ̄。 ̄)ホーーォ。  香織さん
■ ハイハイ☆ルーム  ひまちょさん
■ やってしまった~! oriseiさん
■ 親が病気になったとき モウコハンさん
■  初・圧力鍋   みゆめ*さん
■ 道路がスケート場  かたくりさん
■ リンクの貼り方講座 むっちさん
スパイダーウィック家の謎@みかづきさん
「スパイダーウィック家の謎」の なぞの5巻…
■ 世界を動かした塩の物語 ゆらゆらゆるり
■ 世界を動かした塩の物語 morinokaori
鱈(たら) 世界を変えた魚の歴史
   は、食育にぴったり!

■ ノンタン・タータンあそび図鑑マグロさん
絵本「ノンタン がんばるもん」を 読んで
■ 「トトロを楽しもう♪  ゆっかりん♪さん
三びきのやぎのがらがらどん を読んで
■ パプリカのぬか漬け』 ぬかlifeさん
■ とろける生キャラメルの作り方なめっぴ
Special Thanks
サイト紹介: Sun Eternity
→移転改題  3ET
http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/
→移転 http://3et.org/
プログラミング開発日記やゲームレビューやPCの役立ち情報などのさまざまなことを紹介&ネタのサイトでお薦めです。
管理人の(旧annkoku)サンエタさんは共有プラグイン・テンプレートの作者です。
(旧作は作者annkokuで検索)
先日、Firefoxを勧めていただき大感謝。
● IE6をFirefoxへは正解! 早い。安定。お気に入りがタグつきで便利。
■ テンプ(新緑): annkokuさん
   『Nature_Mystery_2culm
■ テンプ(金字桜): Chakoさん
   『beige_sakura-black
   『beige_sakura-white
■ テンプ(清楚な台所): meecoroさん
   『 kitchen01・02 』
   『gohan』 『beach』 『simple02』
■ テンプ(さくら): 杏さん
   『 anzu-tp2_13
読みやすく 美しく 感謝しています。
FC2 便利で使いやすい。